<   2018年 10月 ( 22 )   > この月の画像一覧

| Instagram | homepage
d0351435_04082070.jpg

クリーム色はあったかい。

部屋の片隅に、ちょっとだけクリーム色。

ふんわりとした優しげな色味に、ほっこり^^

d0351435_04082047.jpg

単色だと甘くなりがちなクリーム色やピンクは、グレイッシュカラーを合わせるのがおすすめです。

明度差のあるツートンは落ち着いた大人シックな印象。

捕らえどころが無いような曖昧な配色は大人可愛いさを演出します。

ご紹介しているツートンボックスは、0円リメイク。

d0351435_04082007.jpg

チョコレートの空き箱です^^

内面にグレ-、外面に淡色をペイントしました。

d0351435_04352599.jpg

使った塗料


・ミルクティーグレージュ
・バタークリーム
・モルタルグレ-

d0351435_04374249.jpg

落ち着いた色味が揃う、ミルクペイントforガーデンシリーズ。

ベーシックカラーは組み合わせて使うのもおすすめです^^

d0351435_04431970.jpg

普段捨ててしまうような空き箱もペイントするだけで大変身!

内面の明度を低くすることで、高級感のある佇まいに。

誰かにプレゼントしたくなるような、おしゃれなギフトボックスに生まれ変わりました^^

d0351435_04431742.jpg

淡泊でのっぺりしがちな色味は、グレーで引き締めて。

黒だとコントラストが強すぎるけど、グレーだとほどよく大人可愛いのです^^











by pinkpinkolife | 2018-10-31 06:30 | エコリメイク雑貨 | Instagram | homepage
d0351435_08211020.jpg

夏の終わりに息子と一緒に浜辺で拾った貝殻。

中でもお気に入りを、手作りフレームに並べました^^

繊細な色合いと造形美・・・

芸術作品のようにも見える海の漂流物は、見飽きることがありません。

d0351435_08400065.jpg


フレーム内に貝殻を接着するだけで「標本風フレームボード」の出来上がり♡


d0351435_08211057.jpg


ジュエリーパーツのような貝殻は、既製品にはない美しさや面白みがあります。


まだまだ現役~~~!

d0351435_08211081.jpg

今年の夏は異例の厚さで、海や川に遊びに行かれた方も多いのではないでしょうか?

水辺で拾った小さな宝物をインテリアアイテムとして部屋に飾れば、その思い出をいつまでも楽しめますね^^


d0351435_08395617.jpg

こちらは、海の宝石とも言われる「シーグラス」。

まるで氷砂糖のようなかわいらしい形とやわらかな色合いは、子供だけでなく大人をも魅了します。


d0351435_08463303.jpg


乙女ごころをくすぐる「ワックスオブジェ」をつくったのは3年前のこと。


d0351435_08475913.jpg

河原で拾った小石も、ちょっと一工夫で立派なインテリアアイテムに!


d0351435_08490945.jpg

色も形も、みんなちがって みんないい!


d0351435_08514825.jpg

ペーパーウエイトやストーンボードなど、市販では手に入れることのできない思い出オブジェ。

部屋を彩りながら、楽しかった夏の思い出をふり返ることができます^^

もちろん、お金もかかりません!

d0351435_08565824.jpg

夏がシーズンの水遊びですが、ビーチコーミングするならこれからの季節がおすすめ!

シーズンオフの海や川は人混みもなく、ゆっくりじっくり散策することができます。

皆さんも是非、海や川で拾った宝石をインテリア活用してみてください^^

日刊住まいsumaiの連載では、そんな思い出の欠片アートの作り方をご紹介しています。

是非そちらもご覧下さい!













by pinkpinkolife | 2018-10-30 06:30 | エコリメイク雑貨 | Instagram | homepage
d0351435_07111440.jpg

ジャケットを羽織った制服姿の娘を見て、

もしかして・・・・・

姿見の前で背比べをしてみました。

d0351435_07282773.jpg

!!!!!!!!!!!!!!!



全く同じ・・・・・!!



ついに娘と身長が並ぶ日が来てしまいした。

それを見た旦那と息子もわいのわいのと大騒ぎ。


        「 ふ・・・双子や! 」

「 クローンや! 」

   「 一緒すぎてなんか気持ち悪い! 」


・・・ほんとに。

しわとシミの数、そして体重を除いては。


d0351435_07111437.jpg

さてさて、そんなクローン繋がりで今日ご紹介するのは、先週の「フェイク紫陽花ドライ」の続編。

フェイクフラワーをステイン染めしたなんちゃって紫陽花をアレンジします。

↑ 

作った本人も衝撃級のリアル。

d0351435_07425551.jpg

この時の枝は、これのため。

標高1,275mの山梨産!

d0351435_07425565.jpg

水性ウッドステイン(チーク)でアンティーク色に染めたセリアのフェイクフラワー。

詳しい作り方はコチラをご覧下さい。

d0351435_07394579.jpg

枝の先端を束ねた房で覆います。

結束部分(輪ゴム)を隠すように、房の向きを調節すれば完成です。

d0351435_07394555.jpg

簡単☆スグデキ!

本物さながらの紫陽花ドライが、わずか300円でできました^^

ほんのり淡いアンティークグリーンが白壁によく映えます。

しわとシミの数が増えて・・・

味わい深くなりました!











by pinkpinkolife | 2018-10-29 06:30 | 100円リメイク雑貨 | Instagram | homepage
d0351435_09012999.jpg

カフェやショップ、美容院などでも最近よく見るドライフラワーディスプレイ。

素朴な風合いと女性らしい色彩はインテリア使いにも大人気!

部屋のコーナーにそっと添えて置くだけで、大人かわいい空間を演出してくれます。

d0351435_09013047.jpg

特にアンティークカラーの紫陽花は不動の人気。

ボリュームがあるのでリースやスワッグ作りにもぴったりの花材です。

フリルのように広がっているので、ガラス容器に入れておくだけでこのとおり^^

d0351435_09151290.jpg

アレンジの仕方はとっても簡単!

小分けにした房をガラスカップに差し込むだけ。


d0351435_09151643.jpg

難しい工程は一切ありません!


d0351435_09324453.jpg

無造作に小箱に詰め込んでも♡

アイデア次第でいかようにも楽しめる紫陽花ですが

ただ・・・

乾燥後壊れやすくなるのが、玉に瑕。

丁寧に扱わないと、パリパリとガクが割れてしまうんですよね・・・。
(そんな経験ありません?)

繊細なミモザの葉なんて、触っただけでハラハラとこぼれ落ちてしまう。

扱いが乱暴なのか、これまで破壊してしまったドライフラワーは数知れず(汗)。

ドライフラワーはとってもデリケート。

丁寧に扱わないと一瞬にして砕け散ってしまいます。


d0351435_09332099.jpg

ですが、こちらの紫陽花ならご安心!

多少のことでビクともしない、紫陽花です。

実はこれ、一見ホンモノにも見えてしまうほどリアルなフェイクフラワーなんです。

すごいぞ!100均のフェイクフラワー!!
(セリア商品です)

d0351435_09331987.jpg

しかも小房が軸から取り外せるという気の利きよう!

すごいぞ!セリア!!

アレンジの幅がグンと広がります!

d0351435_09573890.jpg

リアルなドライ紫陽花にするため、水で薄めたステインで着色します。

花房に揉み込むかんじ。

使った塗料

水性ウッドステイン(チーク)


d0351435_09484138.jpg

before


d0351435_09595059.jpg

after


d0351435_10004174.jpg


ピンクの紫陽花も同じくステイン染め。


d0351435_10003755.jpg


今回はホワイト、ピンク、グリーンを試してみました。

水性ウッドステインは、木材だけでなく紙や布にも使える万能塗料。

茶染みの風合いを表現する時にはに欠かせません。


d0351435_10042542.jpg

小房をまとめてやると、ボリュームアップ!


d0351435_10031470.jpg

ボタニカルな要素が欲しい時にポンッと投入するだけ。

少々雑に扱っても壊れることはありません^^


d0351435_10071225.jpg

口の小さい入れ物に押し込んだって大丈夫!

本物ドライだと、瓶の中で向きを変えようと思ってもパラパラ崩れちゃうんですよね。

ですがフェイクグリーンだと、こねくり回したところでびくともしません^^

d0351435_10113432.jpg

人気の紫陽花ドライは、お値段もそこそこします。

ですが100均のフェイクグフラワーを使えば、憧れの紫陽花リースなんかも気負わず作れちゃいますね!

アンティークカラーはステイン染めで♡

是非お試し下さい^^











by pinkpinkolife | 2018-10-26 10:29 | 100円リメイク雑貨 | Instagram | homepage

山梨日記(2)

d0351435_04155110.jpg

山梨旅行2日目は、雲ひとつない真っ青な空^^

初日は清里駅周辺を観光し、2日目はいよいよ、憧れの作家さんのお宅に伺います!

ウォーキングを終えてペンションに戻ると、すでに車で迎えに来て下さっていて=3=3

実は清里駅に着いた時も駅まで出迎えて下さり、観光するのに荷物は重いだろうと、旅行バックを預かって下さっていたのです。

もちろんペンションまでも、車で送り届けてもらったという。

ペンションを探して下さったのも、カフェをオススメしてくれたのも・・・

お宅におじゃまさせて頂くだけではなく、何から何までお世話になってしまっていたのでした・・・・。


d0351435_04155117.jpg


清里を案内してもらいながら、お宅に向かいます。

「 RIKAさん!お馬さんですよ!!」

車を止めてもらい、RIKAさんに写真を撮らせる(笑)。

「 あとでお写真下さいね♡ 」

都会の日常にマンネリ化している私たちは、目に映る全てのものが新鮮。

別世界です!


d0351435_04504639.jpg

コンビニもない、スーパーもない、自販機も信号も。

見えるのは青空と山の木々だけ。


d0351435_04520611.jpg

車で走ること数10分、

「 もう、すぐそこですから 」

d0351435_04535629.jpg

そしてとうとう、

とうとう・・・・・・

やってきてしまいました!!


d0351435_04553635.jpg


夢を見ているのではないかしら。

ステージで見るだけだった人の家の前に、今自分が立っているんですから!

なぜこんなことになったのかは後ほどお話しますが、キーワードは、RIKAさんです。

d0351435_04553610.jpg

夢なら冷めないで欲しい。

あの方が創作に没頭されるアトリエです。

三角屋根が可愛い絵本のような木の家は、元からあった別荘を改装されたのだとか。


d0351435_04553631.jpg


窓の外に見える大自然、そして差し込む光が明るいアトリエ。

3人の娘さんと奥様、東京から清里に移住してきたのは5年ほど前のことだそう。

赤ちゃんのオブジェ(写真右)は一番上の娘さんが生まれる時に作られたそう。

大切に飾られてありました^^

d0351435_05203097.jpg

シュールな絵になる、動物の骨。

なんと「豚」の頭蓋骨だそうです。

豚の頭を煮て身をほぐし、骨を取り出したのだそう。

骨格を知るために、豚の作品を作る為に・・・・・・

超絶カオスな舞台裏!

d0351435_05351980.jpg

こんなにもメルヘンな作品なのに、メイキングストーリーは想像を絶するものでした。

ますます、ますます、ますますますます

山羊のメリーさんのファンになってしまいました!


d0351435_05401046.jpg

そう、「憧れのあの方」とは、山羊のメリーさんこと、中村正さんでした^^

憧れが募りすぎて、山梨まで押しかけて行ってしまったんです!

d0351435_05420326.jpg


今日このブログをご覧下さっている方はとてもラッキー☆

イベントでも大人気の、メリーさんのアトリエを見ることができるんですから^^

アートパフォーマンスで使われるメリーさんのマスクもありました。

か・・・かぶってみたい!!

ですが17時の電車に乗らないとならない為、この日のスケジュールは分刻み=3

これは来年の夢にしましょう。

d0351435_05445457.jpg

昔の作品集も見せてもらいました。

今の作風とはまたひと味違ってかわいい♡

イベントでは見られないような大型作品も拝見でき、現地まで足を運んだ甲斐がありました。


d0351435_05493044.jpg

「 けっこう簡単に作れちゃうんですよ 」

目の前でちゃっちゃっちゃっと・・・・・

ゾウの頭を造形して見せてくれました。

恐ろしいほど手際がいい。

まさに神の手。

d0351435_05571917.jpg

清里の大自然からインスピレーションを受けながら創作されるアトリエ。

高層マンションもなく、排気ガスの臭気やスモークもなく、ただただ明るい。

夢のような時間を過ごさせて頂きました。


d0351435_06033276.jpg

ご自宅の方では、料理家でもある奥様の手作りスイーツ「甘酒チョコアイス」を頂きました。

私が甘酒とチョコレートが好物だということを、ご存じで!?

まさか頭の中を読まれている!?

中村ご夫妻と話ししていると、この人たちは宇宙人なのかもと思ってしまったり(笑)。

d0351435_06033278.jpg

ポルカちゃんの作品も可愛く並んでいて♡

いつまででも、こうやって過ごしていたいけど、電車の時間まであと5時間。

先を急がねば!

と、ランチに案内して下さったのが

d0351435_06071533.jpg


イタリアンレストラン「 Cucina Italiana 幸せのかけら」


d0351435_06104978.jpg

中村さん、奥様、お嬢様と一緒に頂いた「幸せのかけら」ランチ。

かけらどころじゃない、巨大な塊です。

憧れの方の隣で、オイルパスタ食べちゃっているのですから=3

実は、カフェやペンションなどを探して下さったのは、奥様。

私たちの山梨ツアーがよい思い出になるようにと、ご尽力下さいました。

山羊のメリーさんのブログでは「ナッキー」さんの愛称でご登場されているので、こちらでも「ナッキーさん」と呼ばせて頂くことにします^^

d0351435_06205787.jpg

ランチ後は、素敵なショップや観光名所に連れて行って下さいました。

素敵なフラワーショップを営んでいられる方も、大阪から移住してこられたのだとか。

都会でいろいろ見て、経験して、センスを磨いた人達が集結する清里、北杜市。

もはやここは・・・都会以上の都会です。

d0351435_06211213.jpg


先日作ったスワッグの花材は、こちらで購入したもの。


d0351435_06265651.jpg

「黄色い橋」から眺める大パノラマに感動!

北に八ヶ岳、南には富士山、壮大な景観に息を呑みました。

d0351435_06403484.jpg

橋の上から下を覗けば、川俣川の渓谷が。

高所恐怖症の旦那は絶対無理な、スリル満点の絶景です。

d0351435_06342474.jpg

そしていよいよ、宴もたけなわのお時間です。

最後に連れて行ってくれたのはギャラリーなどが点在する、夢宇谷と呼ばれるエリア。

d0351435_06421223.jpg

ゴン太くんのような可愛い建物は、メリーさんの作品も見られるショップ「 innadi tune 」。

なんと、店主さんは愛媛から移住されてこられた方でした!

d0351435_06480817.jpg

大自然に生息する植物や動物からインスパイアされた作品が並びます。

大阪ではイベントくらいでしか見ることができません。

d0351435_06520035.jpg

とにかく大迫力の「ウィークエンドギャラリー 夢宇」

店内が広すぎて、方向音痴の私達・・・・

リアルに迷子になってしまいました(汗)。

様子を見に来た中村さんに救出されましたが、建物の中で遭難するところでした。

この時タイムリミットが迫っており、残念ながら店内の写真は撮れませんでした。

興味のある方はネット検索を。

すごいです。

d0351435_06594618.jpg

美しい八ヶ岳を中村さんご家族と一緒に感動できたこと・・・

私はこの日のことを一生忘れません。

d0351435_08222783.jpg

新大阪に着いたのは、21時。

地下鉄を乗り継いで帰途に就きますが、疲れなどは一切ありません。

d0351435_08242314.jpg

夕飯は電車の中で。

電車の中で、この日の幸せを噛みしめながらいただくまる天^^

中にはチーズがとろ~り♪最高においしかったです。

中村さん、ナッキーさん、本当に本当に、ありがとうございました。

そしてRIKAさん、いつも素敵な写真を本当にありがとう!!


さてさて、そうそう。

今回この夢のような話が、なぜ、どのようにして実現したかと言いますと・・・・・・・


d0351435_08304117.jpg

それは先月、阪急梅田で行われたイベントでの出来事でした。


d0351435_08324824.jpg

もっと遡れば今から4年前

同じく阪急梅田で行われていた山羊のメリーさんのメイキングパフォーマンスに、私はこの時一瞬にして心を奪われました。

この日の有り金を全てはたいて、3体を購入。

ちょっとした清水買いでしたが、一週間飲まず食わずでも、それでも欲しいと思いました。

山羊のメリーさんとの最初の出逢いは、この時。

実はこの時少しだけ、ナッキーさんとお話をさせて頂いています。

ナッキーさんはお客さんの対応をされていて、私も客の一人として、お世話になっていたのでした。

d0351435_08323287.jpg

そして4年後、再びメリーさんが来阪するという情報をゲット。

パフォーマンス前は山羊のメリーさんこと、美術作家 中村正さんとお話できるチャンスがあるという。

開店ダッシュで駆けつけたあの日のことが、もう遠い日のことのように思えます。

この時、中村さんが「もしかしてpinkoさんですか?」と声をかけて下さらなかったら、私は山梨の地を一生踏むことはなかったでしょう。

ナッキーさんが「ずっと連絡を取りたかったんです!」と仰って下さらなかったら、あんな図々しい発言はしなかったでしょう。

RIKAさんも合流し、すっかり気をよくしてしまった私。

「 いつか、メリーさんのアトリエを見てみたいなぁ~ 」

叶わぬ夢として、そんな言葉をポツリとこぼしたのです。

そうすると、ナッキーさんが是非いらっしゃって下さいと優しくお返事してくれ


ところに突然、


「 pinko ちゃん!来月本当に山梨行っちゃおうよ!」



RI・・・

RIKAさん!?

なんて強引な・・・!

それ、社交辞令で仰ってくれているだけだから!

一ヶ月後に山梨なんてどう考えても無理でしょ!?


「清里ご案内しますね!きっと紅葉もきれい!」


ナ・・・ナッキーさん!?

私にとっては願ってもない話だけど、RIKAさん、ナッキーさん、中村さん・・・

ほんとにいいんですか!?

d0351435_09063587.jpg

というわけで、清里!

というわけで、キーワードはRIKAさん!


なぜ、このような夢が実現したのかというと、それは


「勢い」と「行動」のみ!


RIKAさんのあの時の勢いが、今回私の夢を叶えてくれのです。


勢いがあれば・・・・・

行動を起こせば・・・・・


夢は叶えられる!


それができないのは、怖じ気付いているだけなのかも。

それを教えてくれたRIKAさんに感謝しながら、、もうひとつの夢を今年中に叶えたいと思います!











by pinkpinkolife | 2018-10-25 10:24 | インテリア | Instagram | homepage

山梨日記(1)

d0351435_09151069.jpg

先週の土曜日のこと。

片道5時間の電車旅で、山梨県に行ってきました。

WITH RIKAさん ^^

降り立ったのは山梨県で一番高い駅、清里駅。

標高は1,275メートル。

d0351435_09151072.jpg

どのくらい大阪と気温差があるのかと心配していましたが、お天気がよかったせいか午前中の時点ではさほど変わらず。

明らかに違うのは空気の鮮度。

    ス~~~~~

ハ~~~~~

何度も何度も深呼吸しました^^

d0351435_09151073.jpg


駅からすぐに向かったのは、この日ランチを頂く、パン工房レストラン「megane 」

駅から歩くこと15分ほど、見えてきた見えてきた、看板が♡

d0351435_09303906.jpg

羊がいたり、牛がいたり、道中何度も立ち止ってしまう誘惑が。

RIKAさんがもうすっかり撮影モードに入ってしまって(笑)。

「RIKAさん、予約時間に間に合わなくなっちゃいますから!」

d0351435_09331413.jpg

女子校生の看板・・・?と思ったら

安池興男さんは清里開拓に尽力された方だそうです。

失礼いたしました。

d0351435_05232174.jpg

思わず息子に見せてあげたくなる光景に遭遇しながら、目的地を目指します。

・・・が、なかなか辿り着けない(汗)


d0351435_05232113.jpg

あった・・・!

ようやくふたつめの看板に辿り着きました。

そういえば、ひとつめの看板に「 ↑450m 」と表記されていたような。

清里駅から歩くこと30分、カフェはもう目の前です^^

d0351435_05232054.jpg


パン工房レストラン megane 到着!


d0351435_05291850.jpg

入店前から居ても立ってもいられない景観に、RIKAさんがまたまた撮影モード!

「 RIKAさん、とりあえずお店に入りましょうね! 」


d0351435_05291167.jpg

店内はカントリー調の優しい雰囲気。

テーブルは4席で、全て予約で満席でした。

窓の外に見える大地と空が美しいこと・・・!

料理を待っている間、スマホを見ている人は誰もいませんでした。

d0351435_05422888.jpg

牛蒡のポタージュ、レバーパテで食べるパン、真鯛のムニエル・・・

どれも、とても丁寧なお味で美味しかったです。

「 RIKAさん、あとでお写真下さいね♡ 」

RIKAさんの写真を完全にあてにして、食べることに専念(笑)。

d0351435_05463919.jpg

ランチを終えた後は「萌木の村」で行われていたカントリーフェスタへ。

清里に到着した時はまだ上着を脱いでいられたのに、午後からグンと気温が下がりました。

マフラーと手袋が欲しいくらい。

もう少しすれば木々は真っ赤に染まり、銀世界へと姿を変えていくんだろうな・・・。

大阪では見ることの出来ない大自然の四季。

都会から移住される方が多いのも頷けます。

d0351435_06004414.jpg

そして今回の宿になるペンション「銀の森」へ。

まだ5時だというのに、この暗さ。

外灯のない山道にポツリポツリ見える一軒家は全てペンションで、もはや絵本の中の世界。

d0351435_06004420.jpg

フレッシュな高原野菜たっぷりのディナーに舌鼓♡

おかわりしたくなる美味しさの人参のスープは、トロリとした食感が気になって。

聞けば「お米」だそうで、セロリが隠し味。

体の芯から温まる、心づくしのディナーを頂きました^^

d0351435_06004429.jpg

貸し切りできるお風呂も気持ちよく、枕が変わると眠れない体質なのですがこの日はぐっすり!

驚くほど気持ちの良い目覚めで、清里最高!

d0351435_06131378.jpg

優雅なモーニングから始まる、のんびりとした朝。

罰が当たりそうなくらい贅沢です。

d0351435_06150531.jpg

配膳もいちいち、かわいい♡

ご主人と奥様、おふたりで経営されているペンション「銀の森」。

キッチンからはご夫妻の楽しそうな会話が聞こえてきて、羨ましくなってしまいました^^

都会からの移住者の多いという清里。

やはりこちらのオーナーご夫妻も東京から移住されてきたそうで、都会人を経験したからこそ、都会人を癒やす術をご存じのような気がしました。

次に来る時も、是非こちらに泊まりたい♡

d0351435_06313242.jpg

RIKAさんとふたりで一番驚いたのが、埃ひとつない真っ新な清潔さ。

私たちは主婦なので、どこが汚れやすいとか、掃除しにくいとかには敏感です。

掃除はプロを雇っているのかな!

RIKAさんと噂していると、HPには「オーナー兼そうじ係」という挨拶文が。

ご主人自ら・・・!

雑誌やグラスなども、乱れることなく整っていて。

これは、うちの旦那以上かもしれない(笑)。

見えないところにもおもてなしの心が宿った、とても気持ちの良いペンションでした。

d0351435_06385265.jpg

チェックアウトまでの時間は、森林浴を楽しみました。


d0351435_06393621.jpg

山麓の静かな森に囲まれた朝ウォーキング

・・・のつもりが

d0351435_06420792.jpg

ひとっこ一人いないので、小心者の二人はビビリまくり。




キャァァァァーーーー!!!

    熊!?

イノシシ・・・!?


カサッという音がしただけで大パニック。

ふたり揃って、ノミの心臓です。

d0351435_06533642.jpg

何かに遭遇してもすぐに逃げ込めるよう、結局ペンション周辺を散策。

ビーチコーミングならぬウッドコーミング♡

d0351435_06562176.jpg

貫禄のある山小屋を発見!

絵になりすぎでしょ・・・!

d0351435_06574280.jpg

迫力満点、ワイルドなハンティングトロフィーが掛けられた小屋は倉庫のよう。

買ったんじゃなくて、獲ったんだろうな!!


d0351435_06585488.jpg

ペンション周りの半径200mの散策を終え、いよいよ・・・・・・

いよいよ・・・・・!!

d0351435_07013977.jpg


憧れのあの方のお宅へ!


続きはまた明日、綴ります^^











by pinkpinkolife | 2018-10-24 07:16 | カフェ | Instagram | homepage

想定外の月曜日

d0351435_15131843.jpg

スーパースローな月曜日。

朝に更新するはずのブログも、こんな時間に・・・(汗)。

d0351435_15450648.jpg

お腹がぐるぐる痛い・・・・・

朝から息子がそう言うので、今日は学校を休ませました。

am8:00

腹痛で休むことを学校に伝え、先生からはゆっくりお休みさせてあげて下さいとお言葉を頂きました。

「ちゃんと大人しく寝ておくんだよ、先生も心配してたからね!」

そう言い聞かせて再び押し入れから布団を出し、一時間後・・・

am 9:00

「治ったみたいだから、遊んでいい!?」

って・・・・・・

その後、息子が腹痛を訴えることはありませんでした(--:)

今回も「やっぱり行かせりゃよかった」の月曜日。

d0351435_15252625.jpg

pm 3:00

「 ぽ ん た く ~~~ ん 」

同じマンションに住む同級生が、宿題プリントを届けにきてくれました。

「 は ~~~~~ い !」

ドドドドドドドドーーーーーーーーーーーーーーーー!!!

お友達の声に反応し、玄関に飛び出る息子。

コラコラコラ、、、

あなた今日、学校をお休みするほどの腹痛ってことになってるんだから(--:)

d0351435_15131756.jpg

学校で授業を受けているはずの息子が、なぜか家にいる月曜日。

学校を休んだはずのなに、いつも通りとっても元気です。

朝の心配はなんだったんだ(--:)

d0351435_15344724.jpg

お花屋さんで見つけた花材で、スワッグを作りました。


d0351435_15355344.jpg


息子と一緒にブロックで遊び、花遊びをし、今日は振替休日のような1日でした。

買い物に出れなかったので、夕飯は・・・

旦那に会社帰り、何か買ってきてもらおう(喜)!

d0351435_15380386.jpg


一週間が始まる月曜日って気持ち的にも大事なのに、こんなやんわりとしたスタートでは・・・

明日の朝は気を引き締め直さねば(汗)。

d0351435_15450626.jpg


実は昨日と一昨日、RIKAさん山梨に出掛けておりました^^


d0351435_16163136.jpg

大自然の壮大なパノラマに大感動。

人生の中で、これほどまで美しい景観は見たことがありません。

d0351435_16235457.jpg

宿泊先はおしゃれなペンションが立ち並ぶ、山梨県北杜市。

澄んだ空気が気持ちよすぎた朝。

ペンション周辺を散歩するだけで、感動が転がりまくりでした。

d0351435_16163130.jpg

お天気もよく、白帽をかぶった富士山がくっきりと見えました。

何枚も何枚も写真を撮り、この感動を家族にも共有して欲しくて、写メを連投。
(あまり感動してもらえなかったけど)

d0351435_16195560.jpg

今回山梨に向かったのは、ある方にお会いするためでした。

片道5時間かけ、ヘソクリをはたいてでも会いたかった、あのお方。

↑ 


ご自宅です。

d0351435_16220571.jpg


こちらは数々の作品が生み出されてきたアトリエ。

わざわざ、はるばる、それでも会いたかったあの方のいる山梨へ、行ってまいりました。

とても勇気のいる決断でしたが、人生は1度きり。

行ってよかった、心からそう思います。

そして感謝の気持ちでいっぱい。

山梨日記はまた後日綴ります^^

d0351435_16322089.jpg

ペンションでいただいたサーロインステーキのおいしかったこと!

ウルトラまいう~!

家族に写メを連投すると、お返しとばかり送られてきた画像がこちら









d0351435_16412413.jpg

想定内ですが・・・・・

ママがいない今のうちにとばかり、父と子のジャンクディナー。


d0351435_16425346.jpg

腹痛の原因は・・・もしかして・・・・・(ーー:)











by pinkpinkolife | 2018-10-22 17:00 | 花モノづくり | Instagram | homepage

d0351435_13023835.jpg

家の中に居るのが勿体ないくらい、いいお天気^^

ポカポカのふかふかです。

お昼ごはんを食べ終え、窓際の席で本を読んでいると、瞼が重く、重くなってきて・・・

d0351435_13023805.jpg

30分だけ昼寝を・・・

と思いましたが、あと30分もすれば息子が学校から帰ってくるので踏ん張りました。

眠気覚ましにコーヒーを飲んで(効果なし)、洗濯物を取り入れたりしてみるけど、眠い時は何をやったって眠い(汗)。


d0351435_13203303.jpg

今週も頑張ろう!と意気込める月曜日と違って、金曜日はどうも気が抜けてしまっていけない。

あと一歩がなかなか頑張れないんだなぁー・・・


d0351435_13295685.jpg

昨日はママ友が経営するカフェで、モーニングの会でした^^

中学二年生ママの悩みは尽きません。


d0351435_13240359.jpg

カフェの入り口横には、期間限定の「ハロウィンコーナー」が!

めちゃめちゃ凝ってる!

d0351435_13422473.jpg

自由に写真を撮れる、フォトブースなんだそうで。

インスタを見て遠方から来るお客さんも多いのだとかで、この日も次から次へと若いママさんたちが子連れで入店。

かわいい仮装ルックのおチビちゃんたち。

そしてカメラ目線を必死に向けようと注意をひくママさんたち。

ママも、おチビちゃんたちも、かわいい ~ ♡

ホットドックにかぶりつきながら、目を細める3人組なのでした。





















by pinkpinkolife | 2018-10-19 14:05 | ベランダガーデン | Instagram | homepage
d0351435_06405338.jpg

今年こそは新しいコートが欲しい・・・。

もう5年くらい同じことを言ってますが、これといったものになかなか出逢えません。

コートもブーツも鞄も、若い頃は毎年新しいものを買い足していたのに。

d0351435_06405499.jpg

アイテムを沢山揃え、着回すことを楽しんでいた20代。

出産、加齢で体型が変わり、ゆるいラインを好むようになった30代。
(ゴム製のボトムスばかり(汗))

そして40代に突入した今、クロゼットには同じようなシルエットが並んでいます。

色は黒、グレー、紺、赤、白の5色。

どれを組み合わせても同じような雰囲気になって、代わり映えはしないけど・・・

自分にフィットしているのがわかるから、体も心も楽チンです。


「白いシャツは白髪になるまで待って」


本屋さんの店頭で見つけ、そのままレジに向かった本は、大好きな一田憲子さんのブログでもご推薦されていた光野 桃さんの御著書。

60代になっておしゃれが楽しくなったという光野 桃さん。

年齢を重ねたからこそ・・・

自分にあったおしゃれのヒントに気付かせてくれるエッセイです。


d0351435_08545642.jpg

「色」の取り入れ方や「素材」の選び方・・・・

若い頃には考えもしなかったような、地に足が着いた大人のおしゃれ術。

もう少し大人の女性向けの本かもしれないけど、今の私にぴったりの言葉が連ねられていて、夢中で読んでしまいました。

ストンストンと落ちてくる言葉に、背中を押してもらったような気がします。

d0351435_09080040.jpg

服の数を少なくし、着回しをやめ、調理しやすいワードローブを心がける・・・

自分のシルエットバランスを知ることも、失敗のないおしゃれを楽しむコツなのだと。

なるほどなぁ・・・

読みながら何度も何度も頷きました。

d0351435_06405326.jpg

いつもはラフなユニクロ着用で行くスーパー。

今日はお気に入りの、赤いロングスカートを履いて行きました。

自転車をこぐ時の姿勢がシャキッとしたのは気のせい?

普段通り食材を買いにいっただけなのに、なんだかいつもよりおしゃれな時間だったように思えます^^。

d0351435_13174882.jpg

今年5月に一掃しジャングルから再起したクロゼット。

「片付けの祭り」を行ってから、リバウンドしていませんよ(笑)。

妥協して求めたものは、愛着を持てないまま終わってしまう。

そのことを知っているので、30代後半からは物選びに慎重になりました^^

d0351435_13175154.jpg

今年こそはコートが欲しいと思っているけど・・・

慎重すぎて今年も買い逃してしまいそうな予感が(汗)。

ここは「勢い」も大事なところだけど、きっとまた同じ色になっちゃうんだろうな。

「 大人のおしゃれ 」 も、なかなか難しい^^











by pinkpinkolife | 2018-10-18 14:19 | インテリア | Instagram | homepage
d0351435_16354490.jpg

「 淡路島でキャンプするから! 」

旦那のアウトドア号令も、もう毎月のようになってきました。

でも今回はいつもの突然発令ではなく、1ヶ月も前から緻密な準備が進められていました。

実行日は先週の土曜日と日曜日。

お天気にも恵まれ、絶好のアウト日和^^

d0351435_16354426.jpg

だけど今回は「釣り部(&キッズ)」会員のみのキャンプ。


妻、連れていかれず!!


※「釣り部」とは、釣り好きのパパ社員で結成されたサークルのようなもの

d0351435_16354399.jpg

旦那から送られてくる写メで、息子の楽しそうな姿を確認


d0351435_16484279.jpg


「 おかあさま

すごく気になるざます・・・!」


d0351435_16484213.jpg


「 ぽんたちゃま・・・・! 」


d0351435_16493044.jpg


「 その娘は一体だれざます!! 」


d0351435_16502422.jpg


「 だれざますーーーーーーーーー!!」


d0351435_16505134.jpg

ちょっと姑気分になったところで・・・


「 1ヶ月前から計画していたはずなのに

すごく色気ない食卓ざますね・・・ 」


d0351435_16515575.jpg

「 え・・・!!

キャベツそのまま!?

まさかのサラダバイキング!? 」

「 男の人だけだとやっぱりそうなっちゃうざますね。

諸々のバランス完全無視ざます。 」

d0351435_16545640.jpg

今回は子連れで爆釣ならずだったようですが、

淡路島は釣り部のイカ釣りの聖地。


d0351435_16585207.jpg


「 見事な手さばきざます・・・! 」


d0351435_16591340.jpg


「 調理法も実にワイルド!! 」


d0351435_16530140.jpg


そして宴もたけなわの頃・・・・・


d0351435_17000118.jpg


グゥ~~~

                グゥ~~~~


   グゥ~~~~

         グゥ~~~~


d0351435_17025724.jpg

「 翌日の写真は早速これ・・・

朝日とかグッモーニンのぽんたちゃまの

お写真はどこざますか?」

「 いきなり岩山をかち割る写真からって・・・」

「 ・・・・・・

きっと前夜はへべれけになったに

違いないざんす。」


d0351435_17055191.jpg

両日お天気もよく、念願の化石掘りも楽しんだようで^^

父と子の、秋の思い出作りができたみたいです。

パパ達は息子を本格的な釣りバカにしたいようで、

最近数を増してきた釣り部(&キッズ)の活動。

こども達もパパと楽しい時間を過ごせてなにより!

男だけの肉食系アウトドアもいいですね。

小うるさいママがいると、そうはいきませんから(笑)


置いてけぼりにされた

ママはその頃







d0351435_17161478.jpg


超開放感!


d0351435_17170964.jpg


平日仕事で会えないママ友とランチタイム♡

娘も友達とショッピングに出かけたので、

束縛一切なしの2日間。

 釣り部(&キッズ)のおかげで、

まるごと自由時間を楽しめた休日なのでした^^

パパたちの疲労感というと・・・・・(笑)

育児の大変さを思い知った2日間だったでしょうよ(笑)











by pinkpinkolife | 2018-10-17 06:30 | ぽんた | Instagram | homepage