<   2018年 01月 ( 18 )   > この月の画像一覧

| twitter | facebook

あなたの虜

d0351435_09263483.jpg


いつものスーパーに、いつものように食材を買い出しに出掛けた日。

バチッ☆と目が合ったヨーグルトがありました。

d0351435_09263427.jpg

それが、これ。
明治ブルガリアヨーグルトの「葡萄&白桃+カシスポリフェノール」。

フルーツミックス、ブルーベリー、ストロベリーは食べたことあるけど、これは初めて。

ヨーグルト好きの娘と一緒に、早速その日のおやつにいただくことに。

d0351435_09263488.jpg

ブルガリアヨーグルトはやっぱり


「ツイテナ ーーー イ!」

食す前に、まずひと感動。

ブルガリアヨーグルトのツイテナイ記事はコチラ


d0351435_09491724.jpg

「 それで娘よ、お味はいかが? 」

d0351435_09495008.jpg

次の日。

スーパーで母、買い占め!

(↑冷蔵庫の中)

これは感動レベルに

ウルトラマイウー!!

母娘で絶賛「葡萄&白桃+カシスポリフェノール」の虜中です。

是非お試しを!









by pinkpinkolife | 2018-01-31 06:30 | さくらんぼ姫 | twitter | facebook
d0351435_12115345.jpg


透明感のあるカラーペイントが楽しめる「ガラスペイント」!

ガラスだけでなくアクリルやプラスチックにも塗れるというのだから、それを試さない手はありません!

今日もターナーさんのお声と共にお届けしてまいりたいと思います。

本日もよろしくお付き合いくださいませ!

d0351435_12115326.jpg

「早速ですが、まずはこちらをご覧ください!」

「「曇り」カラーを使ってみたんですが、ターナーさんこれはどういったものなんですか?」

「「曇り」は、くもりガラス調に仕上げることができる、半透明タイプの塗料です。

くもりガラスのような、上品なマットホワイトが表現できますよ!」

「今までスプレータイプのものを使っていましたが、室内で使えないのでベランダで作業していました。

これなら室内で使えますね!すごく嬉すぃです!」

d0351435_15013509.jpg

「「曇り」と「琥珀」でアンティーク風ボトルを作ってみました!」

「口の狭いボトルは首の長い草花とも相性がいいですね、ところでこれは何にペイントされたものですか?」

d0351435_15053403.jpg

「はい、「ペットボトル」に塗ってみました!」

d0351435_15063323.jpg

「「ガラスペイント」はガラスだけでなく、アクリルやプラスチックにもペイントすることができます。

カラーバリエーションは全11色、透明素材にペイントして、是非いろいろなアイデアをお試しください!」

d0351435_15093113.jpg

「もとが自販機に並んでた飲料水だとは思えません!」

「本来ゴミになるはずのペットボトルがこうも変身するとなると・・・

ゴミ箱をまた漁ってしまいそうで心配です・・・!断捨離中なのに!」

「発見のチャンスは、準備のできた者だけに微笑む」

「それは一体どういう意味でしょうか!うちがゴミ屋敷ということでしょうか!」

「ある偉人の格言です。」

d0351435_15174686.jpg

「ところで、これはどういった手法で塗られましたか?」

「教えていただいたとおり「筆で薄くのばして乾燥させる」を3回繰り返しました」

「少しムラが気になりますが、まぁよいでしょう・・・
表面が乾ききらないうちに何度も塗り直すと筆跡がでやすくなりますので、ご注意くださいね!」

d0351435_15495493.jpg

「見てください!色とりどりのアンティークボトルができました!」

「色も形もバリエーション豊かなカラーガラスができましたね!手のひらサイズのミニボトルはどこで入手されたものですか?」

d0351435_15540412.jpg

「行きつけの100均ショップ、セリアで購入したものです!」

「どうやって経年の風合いを表現されましたか?」

d0351435_15564246.jpg

「ガラスペイントでそれぞれ着色したあと、水で薄めた「琥珀」をスポンジで抑えるようにしてのせ、そのあと水で薄めた白い塗料を付着させました。」

d0351435_16041724.jpg

「お得意のムラが功を奏して、雰囲気が出ていますね!
でも、お手間ではないのですか?」

「フラット塗りより断然、簡単です!」

「汚れや濃淡をわざと表現するアンティーク風ペイントは「ごまかし」が効くんです。

私が「アンティーク風ペイント」ばかりしているのは、そういう理由もあったりします。」

「なるほど、性格がペイントに表れるいうことですね?」

「え?それはどういう・・・ 」

d0351435_16141263.jpg

「清涼感溢れるフルーティーな小鉢を作ってみました!」

「厳寒のこの時期にまた、季節感のない作例ですね!
これは一体どうやって作ったんですか?」

「トチ狂っちゃってすみません!スイカ小鉢はかわいくできたと思うのですが・・・」

「まず小鉢の外面にアクリルガッシュで種を描き、縁周りを残して「林檎飴」で着色します。縁周りに「翡翠」で着色すれば完成です!」

「小鉢の外面にペイントしたので、器の中には実際に食べ物を入れることもできます。水に浸さずサッと水拭きすれば、何度も使うことができます!」

「果物やゼリーなど、デザート鉢にもいいですね!
フリーハンドのイラストはお子供でも簡単に描けそうなので、親子工作にもいいですね!

d0351435_16305031.jpg

「これはまたエキゾチックな作例ですが・・・」

「ベースはガラスペイントで着色し、エンボス柄の凸部分にアクリルガッシュで模様を描きました。
ザ・モロッコグラス風です!」

「頭の中がハッピーでないとこんな発想でませんね!」


「 え? 」

d0351435_16390060.jpg

「色ムラはアンティーク風ペイントでごまかせですね?」

「 お・・・おっしゃるとおりです! 」

一人二役の落語風もいよいよおかしくなってまいりましたよ(笑)

「ではターナーさん、最後に一言お願いします!」

d0351435_16573031.jpg

「 是非お試しください! 」

※ターナーさんは架空のキャラクターです


ターナー色彩から発売されている「ガラスペイント」は、
クリアなカラーペイントを楽しめる塗料です。

ガラスやアクリルなどの透明素材に塗ることができ、
カラーバリエーションは全11色!

ガラスペイント同士の混色も可能で、「泡だま」や「曇り」と
組み合わせて使うのもオススメです^^

コスメのようなおしゃれなパッケージも女性心をくすぐりますね!

アイデア次第で、ステンドグラスやガラスの絵付けなど
ステキなカラーガラスが作れそうです!

皆さんも是非「ガラスペイント」を体験してみてくださいね^^


商品内容はコチラをご覧ください









by pinkpinkolife | 2018-01-30 06:30 | ハンドメイド | twitter | facebook
d0351435_05333613.jpg

こっくりとした飴色がアンティークを連想させる、アンバーガラス。

窓際に置くと太陽の光が差し込み、映し出された影色さえも美しく見えます。

アンバーとはメディソンボトルでもお馴染みの、琥珀色のこと。

深みのある落ち着いた色はコーナーにひとつ置いておくだけで不思議と、こなれ感が生まれます。

たったひとつで、窓辺がブラッシュアップ!
そんな透明感のある爽やかな色ガラスが簡単に作れたらなぁ・・・

なんて、思ったことありませんか?

ええ、ええ!そんな塗料はないと思いますが、ペイントマニアを代表して質問してみますね!

「ターナーさん、アンバーガラスを作る塗料なんてありませんよね?」


d0351435_06002416.jpg


ございます!!


d0351435_06073886.jpg


アンバーだけでなくブルーやグリーン、
曇りガラス風や気泡風も作れる

「ガラスペイント」をご用意しております

カラーバリエーションは全11色

是非お試しくださいませ!


d0351435_05333609.jpg

「なんとぉーーーーーーーーーーーーーーーーーー!」

「そこまで塗料開発が進んでいたとは知らず・・・愚問をお許しください!」

「ガラスペイントは昨年末に発売が開始されたばかりの新商品でございます。
どうぞお試しくださいませ!」

「ありがとうございます!それでは早速・・・!」

「こうやって筆で塗ればいいんですか?」

「ハイ、やわらかい毛の筆がおすすめです。

始めに薄く塗って、徐々に厚みを増していくとうまくいきますよ」

「薄くですね?」

「厚塗りしてしまうと、塗料が垂れてしまうことがあるんです。」

「色の濃さは重ね塗りで調節するんですか?」

「薄く塗って乾かす、を繰り返します」

「塗膜を乾燥させず重ね塗りすると、筆後が出やすくなります。

焦りは禁物です、表面が完全に乾くまで待ってくださいね。

ガラスペイントはフラットに仕上げることこそが最大のポイントです!」

d0351435_06312872.jpg

「できました!「薄く塗って乾かす」を3回繰り返しました!」

「密着性の高い塗料ですが、水に浸すと塗膜がめくれてしまう可能性があります。
花器として使う場合は、瓶の内側には塗らないでくださいね!」

d0351435_06392415.jpg

「見た目も使った感じも、水性塗料と同じようなかんじですね」

「見た目にはわかりませんが、少し粘度が高い塗料です。
塗りにくいと感じた時は水で薄めて調整してください。
ただし、薄すぎると筆ムラが出てしまうので、5%程度までを目安にして下さいね!」

d0351435_06472511.jpg

「アンビリバボーーーーーー!」

「塗料に残った筆筋が、少しずつ消えました!」

「実際にお使いただいて、見ていただければと思います。」

d0351435_08201753.jpg

「筆筋と言えば、私はよく「スポンジ」で叩いて塗料を馴染ませるのですが、この手法は使えますか?」

「目の粗いスポンジで塗装面を抑えると、小さな気泡ができてしまうので加減が難しいです。

目の細かいメラミンスポンジだと、ダマになりにくいですよ!」

d0351435_08480061.jpg

「キッチン周りを磨いてる激落ちくんでやってみました!」

「ちょっとへたくそですけど、失敗した時ってどうすればいいんでしょうか?」

「水で洗い流せるので焦らなくても大丈夫ですよ。

乾燥後も水に浸けておけば、塗膜がふやけて剥がれやすくなります。
気負わず、気楽にお試しくださいね!」

「それはペイント初心者さんでも安心して使えますね!」

「ペイントの失敗はやり直しができますが、完成品をうっかり水に濡らしてしまった・・・
そんな失敗には充分ご注意くださいね!」

d0351435_09464208.jpg

「それにしてもおしゃれなパッケージですね!」

「ミルクペイント、アイアンペイント、そしてガラスペイント、、、塗料という枠を越えてどんどん進化していきますね!」

「女性の皆様にペイントをもっと楽しんでいただきたいと思いまして・・・」

「このコスメのように美しいパッケージは、女性スタッフさんのアイデアで?」

「いいえ」

「では、どなたの・・・・・!」

「社長です!」

「なんとぉ・・・・・・・・・・・・・・・・・!」

d0351435_10142562.jpg


「乳液のような色ですが、こちらはどんな色ですか?」

「そちらは「泡玉」といって、着色するのではなく小さな「気泡」をつくる塗料です。

ガラスの表面に塗布してスポンジでトントンと叩くだけで、泡ガラスのようになります!」

d0351435_10145542.jpg

「これは新しいですね!レボリューション!」

「スポンジの目の粗さや塗膜の厚みで気泡の大きさが変わるので、いろいろと楽しんでみて下さいね!」

「無色透明の塗膜を作れるということは、波ガラス風とかも作れちゃうんですか?!」

「是非お試しくださいませ!」

d0351435_10320516.jpg

「ペイントで色ガラスが作れてしまうなんて、これはDIYペイントの革命ですね!」

「ガラスだけでなく、アクリルやプラスチックなどにも使えますよ!」

d0351435_06002416.jpg

ガラスに直接塗れる透明感のあるペイント
「ターナーガラスペイント」

是非お試しください!

「 さすがはターナーさん、

ペイントマニアの期待を裏切りません!

ペイントするだけで色ガラスが作れるなんて・・・

プラスチックにも塗れるとはますます面白いですね!

早速試してみたいと思います!」

続はまた明日^^

詳しい商品内容はこちらをご覧ください










by pinkpinkolife | 2018-01-29 06:30 | ハンドメイド | twitter | facebook
d0351435_17533188.jpg

朝ベランダに出てみると、バケツに残った水が凍っていました。

d0351435_08232906.jpg

あまりに寒いんで、昨晩は入浴中に歌ってしまいましたよ。

d0351435_08232952.jpg

上野発の夜列車

        降りた時から ~

 青森 駅は 雪の中 ・・・・・・

ァ~ァ ア~~~~

d0351435_08232807.jpg


「 ママ!やめて!その歌怖い!」

気持ちよく歌っているのに怖いだなんて、ぽんたちゃま!

おかあさまがぽんたちゃまくらいの時は、大人も子供も皆こぶしを回して歌った名曲ざます!

怖いというのなら・・・仕方が無いから違う歌にするざます。

この歌はおかあさまが子供の頃、カラオケ好きの曾おじいさま(祖父)とマイクを持ってよくデュエットした思い出の歌ざます。

この歌を歌うと、カラオケ大会で仮装して歌う曾おじいさま(祖父)のハチャメチャな姿が懐かしく思い出されるざます・・・。
天国でもきっとカラオケ大会で熱唱してるに違いないざます・・・!

きっさまっと俺と は  ~

     同期の桜 ~

同じ兵学校の 庭に咲く

    咲いた花なら ・・・・・


「 ママ!それも怖いからやめて!! 」


怖い怖いって!失礼ざますね!

じゃあこれはどうざますか?

この歌はおじいさま(父)がママが子供の頃よく歌ってくれた歌だから、ぽんたちゃまもきっと気に入るはずざます!

テンポがいいからぽんたちゃまもすぐに覚えられるざます♡

ズビズバー! パパパヤー!

    やめてケレ やめてケレ 

 やめてケ ~ レ 

        ゲバゲバ ~ ・・・

「え?最後まで聞かせろって?」

どうやらこれはお気に召したようざます!

ラララ ランランラン ラララ ゲバゲバ ~

意味不明な歌詞が笑える歌の名前は「老人と子供のポルカ」。

ゲバゲバは「内ゲバ」、ジコジコは「交通事故」、ストストは「ストライキ」のこと・・・。
意味を知らなければただおかしなだけだけど、歌詞の内容を知れば笑えない、社会風刺の歌です。
(知らない人はYouTubeで検索を)

ストストパパヤ ~ ・・・

石川さゆりさんから始まり軍歌、そしてやめてケレ~・・・
昨晩は息子にのせられて、危うくゆでダコになってしまうところでした。

d0351435_09382559.jpg

さてさて、今日は100均グッズの寄せ集めで作ったスタンドライトをご紹介します^^

スタンドの部分はキッチンペーパーホルダー(セリア)、工作用ブロック(ダイソー)

d0351435_09411294.jpg

照明部分は、2年前に作った「壁掛けランタン風」をそのまま使いました。

材料は漏斗とパイプブラケット。

今回使った材料は全て、アトリエの断捨離で救出したものたちです。

d0351435_09491742.jpg

スタンドの作り方はとっても簡単!

キッチンペーパーホルダーの支柱とブロックをブラウンに着色し、パイプブラケットをブロックに固定します。

漏斗シェードの作り方は「壁掛けランタン風」の記事をご参照ください。

d0351435_09514109.jpg

ステップルのビニールカバーを油性ペンで黒く塗り(コードと同色にするため)、コードをブロックに止めます。

スタンドの裏面にコードを這わせれば完成です!

d0351435_09580556.jpg

風合いある鉄製(風)のシェードと木の温もりあるスタンドの組み合わせは、昭和ちっくな古道具風。

寒い冬の日にほっこり、素朴な灯りをともします^^

d0351435_10064610.jpg


照明スタンドに使ったセリアの「キッチンペーパーホルダー」は、アイデア次第で幅広く活用できる優れもの^^
支柱の丸棒は簡単にカットできるので、いろいろ使えます!

作例その1


d0351435_09572206.jpg

作例その2


d0351435_10113063.jpg


そして今回、漏斗との出逢いで、スタンドライトができました^^

とても寒い冬の日のことでした。

昭和っぽさがまた、こぶしを回したくなりますね!

ァ~ァ ア~~~~

 津軽海峡 ~ ・・・冬景~色

ご清聴ありがとうございました!








by pinkpinkolife | 2018-01-26 06:30 | 100円リメイク雑貨 | twitter | facebook
d0351435_16213640.jpg


「片づけは祭りであって、毎日するものではない」

こんまり先生の仰るとおり、部屋の中に新しい風が吹き始めました。

「片づけの習慣を少しずつ身につけようとするから、あんたはいつまでたっても片づけられないんだよ!」

仰るとおりで!!

d0351435_16213626.jpg

夢の中でもこんまり先生の声が聞こえてくるようになってきた今日この頃。

祭りだワッショイワッショイ!

次なるターゲットはここ、ショーケースの下部に積み重ねられた雑誌類をやっつけていきますよ=3

今の私には、これくらいお茶の子さいさい!

d0351435_16213623.jpg

そう思って始めたリビングの一角は、メンズ雑誌を集めたコーナー。

積み重なった雑誌を本棚に移動させるだけだから、1時間で終了よ!

~~~ んなわけはなく、

殿堂入りと捨て用の分別に、半日以上かかりましたね(汗)。

d0351435_16404445.jpg

捨て本から切り取ったページは資料用のファイルに保存。

残った本は本棚に棚差しで、取り出しやすく並べました。

これだけでその日の祭りは終了、チーーーーーーン。

d0351435_17062599.jpg

想定外なロスタイムでしたが、気になっていた箇所がひとつクリアできました。

今までは置き場がなくて不自然な位置に転がっていたものも、もう安心。

それぞれにちゃんと「居場所」を与えてあげることができそうです^^

d0351435_17091847.jpg

雑誌類を1カ所にまとめる作業が終わりました。

すっきり片付いたスペースでやりたいことは、ひとつ!

ソファーに腰掛けて(できれば寝そべれるやつ)、ゆっくりとテレビを見たいんです。
(ちなみに今ハマっているのは朱豪(韓国ドラマ))

でもそうなるとまた大きな物が増えてしまうのか・・・

ハッ!

なんと「ソファーはいらない」という考えが、よぎりましたよ。

「物を捨て、片づけることでマインドが変わる」

こんまり先生の仰るとおりに!

そもそもソファーが欲しいからという理由で片づけ始めたのに、世にも奇妙な話です。

「物を持たない暮らし」とか「ミニマリスト」なんて縁の無い話と思っていましたが、あらま。

そのお気持ちがわかるようになってまいりました・・・!

この感覚が一度わかってしまうと、生きることがグッとラクになるのだそうで、どんどん決断力が磨かれていくのだとか。

お・・・仰るとおりで!

先生、次なる断捨離コーナーも既に決定済みにてございます!

片づけはちまちまするもんじゃない、祭りなのですね!

ワッショイ!









by pinkpinkolife | 2018-01-25 06:30 | インテリア | twitter | facebook

大阪のおばちゃん

d0351435_12264760.jpg

大阪暮らしも今年で22年になります。

高校を卒業してすぐに田舎を出たので、生まれ育った愛媛よりも、大阪で過ごした日々の方が長くなりました。

愛媛弁丸出しだった田舎娘も、いまやすっかり

大阪のおばちゃんです!

22年も大阪で暮らしていたら、愛媛人も大阪弁になるんちゃいますのん?

と思われるかもしれませんが、私は結局なりませんでしたね。

「 ちゃう ちゃう 」

   「 なんでやねんな 」

「 せやねんなぁ ~ 」

「 かまへん かまへん! 」

そんな王道な大阪弁すら使えまへん。

ガッツリと愛媛弁を使うこともなくなりましたが、大阪弁でもないので、喋るのは変な標準語です(笑)。

東京暮らしが長かった旦那なんかは変に大阪弁を使おうとするので、これまたよくない。
中途半端な大阪弁は聞き苦しいっちゅーもんですわ。

d0351435_12264784.jpg


私の周りのおばちゃんたち(ママ友)は、とにかくよく喋ってよく笑います。

会った瞬間から、手をふりながら笑っていますよ。

放映中のNHK連続テレビ小説「わろてんか」の舞台も大阪ですが、ほんまそんなかんじ。
「笑いの神様」は本当に、大阪にいるんだと思いますよ。

おばちゃんたちのエネルギッシュなパフォーマンスと人なつっこいコミュニケーション力と言ったら・・・

一緒にごはん食べるだけで、悩みも一発で吹き飛びますのや。

困ったことあったら、大阪のおばちゃんに話してみ!

「 なんとでもなるねんて ~ !」って言ってくれはるわ^^

d0351435_12264766.jpg

両親は大阪弁喋れませんが、さすがは大阪育ちの子供たち!

娘も息子も大阪言葉を駆使して喋りますよ~。


d0351435_12264605.jpg

またまた登場シャトルのメロンパン

焼きたては大阪でしか食べれませんで~
アツアツを車ん中でハフハフして食べるんが、たまりませんのや~。

美味しいものも、安いスーパーも、ご近所さんの噂も・・・
大阪のおばちゃんたちの情報網は、探偵業並み。

人情にも厚く、お声がかかれば自転車に乗って、ひとっ飛び=3

おばちゃん達のそんな自由な笑顔が、きっと大阪を明るくしているんですね^^

そう思うと「大阪のおばちゃん」を名乗るには、私なんかまだまだ、みね子並みの「ひよっこ」です。

「わろてんか」の万丈目歌子さんくらいにならんと、大阪のおばちゃんとは言えません!

んだな!頑張っぺ!

みね子の声が突然聞こえてきたところで、今日もおおきに~^^









by pinkpinkolife | 2018-01-24 06:30 | FOOD | twitter | facebook
d0351435_10182822.jpg

皆さんは「何が好き」ですか^^?

食べ物なら私は餃子といくらとチョコレートと・・・パスタなら和風明太子!

飲み物ならもちろん珈琲で、アルコールなら梅酒です。
オロナミンC割りとかも大好きで、若い頃はよくやりました。

d0351435_10182840.jpg

好きな色は明るい灰みのグリーンで、ペイントする時は大抵この色。

なぜこの色が好きなのかと聞かれても・・・

なぜ師匠と結婚したのかと問われても・・・(笑)

「好き」という気持ちはなかなか言葉では表現することができませんね。

理由はいらないんだと思います。

幸せは、知らず知らずのうちに集まったそんな「好き」で形成されているのではないでしょうか^^

d0351435_10182774.jpg

さてさて、「色」部門で好き度NO.1のグレイグリーンですが、数年前まではコレといった商品がなく、混色して色をつくっていました。

ですが2年前にターナーミルクペイントシリーズの「ピスタチオグリーン」が発売されてからはその必要もなくなり、今ではこのボトル1本!

手軽に「好き」を楽しめる、幸せです^^

d0351435_11580095.jpg

ピスタチオグリーンにホワイトを組み合わせると、ほっこりとした北欧テイストに。


d0351435_12022687.jpg

ブラックとの組み合わせはハードなアウトドアなイメージにもぴったり!


d0351435_11023084.jpg

水で薄めた水性ウッドステイン(チーク)を塗装面に塗布すれば、古びたアンティーク調のグリーンに。

ちょい渋のアンティークグリーンが簡単にできあがります!

かわいい、かっこいい、渋い・・・

組み合わせる色によって、さまざまなテイストが表現できるのもこの色ならでは。

d0351435_11055511.jpg


そんな大好きなピスタチオグリーンでペイントDIYしたのが、写真でご紹介しているディスプレイラック。

材料費はわずか500円で、平置きだけでなく壁掛けにも使えるという優れものです^^

ラックの側面は透明窓になっているので、お気に入りの小物を開放的にディスプレイすることができます。

d0351435_11145844.jpg

作り方は大人女性向けライフスタイルメディア folk で公開しています。


お好きな色で、是非お試しください^^











by pinkpinkolife | 2018-01-23 06:39 | 100円リメイク雑貨 | twitter | facebook

決別の時

d0351435_09222196.jpg

先日夢の中にまで、こんまり先生が出てきました。

「収納場所は分散させてはいけないのよ!」

そう叱咤され、家中のガラス瓶を1カ所に集めるという夢でした(笑)。

寝ても覚めても絶賛「祭りの片づけ」開催中です!

d0351435_09222225.jpg


年明け早々行ったリビングの「祭りの片づけ」に続き、ダイニングの断捨離に入りました。

いよいよ決別の時・・・。

ダイニングのシンボルでもあるカップボードは、9年前旦那に始めて作ってもらったDIY大型家具。

飾り棚に雑貨を並べて眺めるのが嬉しくて、この9年で何十回もディスプレイ替えをしてきた大切な家具です。

拭き掃除も全く苦にならず、頻繁にカップボードまるごと清掃を行っていたほど。

我が子同然、手塩に掛けたDIY家具です。

d0351435_09222172.jpg

今でも側に置いておきたいくらいのお気に入りですが、これからの自分にとって何が必要か、何を求めているかを考えると、これ以上迷うことはありませんでした。

d0351435_10162187.jpg

幸いすぐに引取先が決まったので、解体せずにすみました。

必要としてくれる場所で新しいスタートを切らせてもらえるなんて幸せなこと!

心なしか、カップボードがキラキラ輝いているように見えます(涙)。

d0351435_10242867.jpg


巣立つ日がやってまいりました。

カップボードにとっても、新たな門出です。

「いってらっしゃい!」

d0351435_10262233.jpg

そしてこちらもすぐに嫁ぎ先が決まったルーバー棚。

d0351435_10272087.jpg

ルーバー棚は旦那にとって、カップボード以上に思い入れのある作品だそう。

玄関先に出してフィンを1枚1枚拭いていると、納得・・・・

フィンの数はおよそ60枚、そして支え棒の数は360本、全て同じ角度に斜断されています。

どれだけの時間と手間がかかったのかを思うと、作り手にも物にも申し訳なくなりますが、、、
これからは必要とされる場所で輝いて欲しい。

d0351435_10375555.jpg


「いってらっしゃい!」

ルーバー棚にとっても、新たな門出です。

d0351435_10394075.jpg

10年変わらず過ごしてきた、ダイニングの光景です。

「飾る」上段と、「収納する」下段に徹底した、見栄え重視の空間でした。

ダイニングで何をしたいか、これからはそれが大事なポイントです。

引き算も終わり完成イメージはもうできているので、あとは足りない部分を付け加えていくだけ。

d0351435_10404829.jpg

夢の中では「捨てなさい!」とこんまり先生に断捨離をあおられ、現実の世界では「あんたは飽きやすいんや!」と旦那に叱責され・・・

人の意見を聞いていてはなかなか先には進めませんが、どちらも貴重なご意見で、これからの暮らし作りに反映させていきたいと思います。

手放した分だけ新しい何かが入ってくると信じて。

今週も引き続き「祭りの片づけ」で乱舞したいと思います=3

ワッショイ!









by pinkpinkolife | 2018-01-22 10:15 | インテリア | twitter | facebook
d0351435_14210794.jpg

一目惚れで清水買いした、憧れの作家もの

欲しかったあの雑貨は、探し歩いてやっと見つけたもの

何度読み返しても飽きないビジュアル本・・・

この半月で多くの物を手放しましたが、今残っているのはそんなワケありです。

部屋の中には、今の自分の全てが詰まっています^^

d0351435_14210719.jpg

今週はみどりの雑貨屋さんで発売が開始された、キャベツボックス(コラボ第3弾)のアレンジ使いをご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか^^

おすすめしているのは、ワケありだからです!

d0351435_14210776.jpg


d0351435_14383657.jpg


d0351435_14404989.jpg


d0351435_14440680.jpg


d0351435_14475966.jpg

ボックスを重ねて並べれば大型家具顔負けの収容力で、本棚や靴箱にも最適です。

これはショップやカフェでもよく見られる、ディスプレイと収納を兼ねた活用法。

アイデア次第で何通りも使えるキャベツボックスは、まさにワケありです^^

d0351435_14475855.jpg


これまではとにかく色んなものを作りたくて、試したくて、あれもこれも・・・
ワケもなく欲張りでした。

この10年で手作りしてきた雑貨は 1250点以上。

よくもまぁと過去記事を遡って見てみると、心境は懐かしいを通り越して削除したい・・・
それほどの粗末さです(汗)。

旦那が私の作った物を見て「こんなものはゴミや」とよく言いますが、返す言葉もありません。

その時は「ひどい!一生懸命作ったのに」と反論しますが、時間が経って見てみると、師匠の仰るとおり。
今までゴミと罵られてきたほとんどは、先日捨てました。

d0351435_16004155.jpg

部屋の中も頭の中もキャパオーバーに達し、新しいスタートのために行った「祭りの片づけ」。

「変化があるからこそ楽しい」10年の節目です。

写真に写っているのは14歳の娘、只今の身長155cm。

before


d0351435_16070834.jpg

before afterが一番変わったことと言えば、この人でしょう(笑)。

d0351435_16091503.jpg

この10年で「いろいろとやりたい」を経験し、沢山の物を吸収して出た答えは、やはりワケありでした。

「これがやりたい!」は、ズバリ「これが好きだから!」

重視すべきは

ワケありです!









by pinkpinkolife | 2018-01-20 16:41 | インテリア | twitter | facebook
d0351435_14011693.jpg

DIYの魅力は、色も形も大きさも、その空間にぴったり合う物に仕上げられるところ。

その場所の為だけに作る、世界にひとつだけのオンリーワンです。

手間も時間もかけてつくる大型家具なんかは愛着もひとしおで、まさに一生物。

そう思って10年前、旦那に作ってもらったカップボードとルーバー棚ですが、実はもうありません。

リビングの祭りの片づけと同じく、先日我が家を巣立っていきました。

完全オーダーメイドで作ってもらった家具は申し分なく、いつも嬉しい気持ちでいられました。
ですが8年が経ち、「変化を求める気持ち」が積もり始めてしまったんです。

家具に不満があるわけではなく、変わらないその光景に飽きてしまったんです。

そのコーナー限定で作った大型家具なので、移動させることはできません。
作り手(旦那)のことを考えると撤去したいなんて言えず、いつの間にかそれは小さなストレスに。

お願いして作ってもらった家具なのに、それを手放したいなんて勝手な話です(汗)。

だけど、この先もこんな気持ちではいられないと、新年のスタート、40代デビュー、ブログ11年目、三拍子揃ったこのタイミングで、新しい一歩を踏み出す決意をしました。

新しいスタートを切るには、古い物への執着心を断ち切ること。
こんまり先生の「ときめく~」本の後押しもあり、家具も雑貨も振り返ることなく断捨離しました。

ファッションや化粧の仕方が変わるように、10年も経てばライフスタイルも変わるもの。

過去との決別は、これからのエネルギーに転換されるんだと信じて・・・。

d0351435_14011648.jpg

DIYでつくる暮らしを始めて10年、大小さまざまな家具を作ってきました(旦那が)。

低コストで思い通りの物を作ることができ、達成感や満足感が得られる、そんなメリットの多いDIY家具ですが、使ってみてわかった最大のデメリットは

「手放せない・・・!」

作ることよりも、手放すことの方が大変です。

d0351435_14011552.jpg


ちなみに写真に写っているライトは、6年前に作ってもらった旦那のDIY

こちらはどこへでも移動させることができてので、飽きることなく使えます。

そして背面に見える「本棚」は、キャベツボックスを重ねただけのもの。

こちらも思い立ったらすぐに変化させることができるので、アレンジ自由。

変えたい時に変えれるって、大事なんだなぁ。




d0351435_06424724.jpg

さて、ここからが今日の本題で、キャベツボックスアレンジ最終話です^^

簡単DIYでスグデキ!
今日はフレキシブルに活用できる、キャスター付きミニテーブルをご紹介します。

おひとり様のはんなりタイムにもぴったりどすえ~

d0351435_06372806.jpg

キャスターが付いているので、移動もらくらく!

テーブルとして使わない時は、部屋の隅っこにスタンバイ。

d0351435_06483856.jpg

天板は蓋になっていて、開けるとその中はたっぷりとした収納スペース。

作り方はとっても簡単!

d0351435_06475349.jpg

1 木箱の底裏面の四角にキャスターを取り付ける

2 木箱の開口部に板材を乗せ、木箱と板材を蝶番で繋ぎ合わせる

d0351435_08224095.jpg

10分で完成です。

拍子抜けするほど簡単に作れますが、ルックスは抜群=3

キャスターを取り付けて天板を乗せるだけで、男前ッ☆

d0351435_13192334.jpg


シチュエーションに応じた使い方ができるので、ちょっと変化の欲しい時にもぴったり。

しかも収納付き。

d0351435_13201610.jpg

こちらはキャスターを取り付けたダリアボックス。

ベッドや家具下の隙間にスゥッと、気持ちよく収まります。

ちなみに我が家では、塗料や布物のストック箱に愛用中。

d0351435_13311173.jpg

DIYで作った大型家具はそれだけで完成してしまうけど、自由にカスタマイズできるのもDIYの醍醐味。

暮らしながら使い道を探すことができるキャベツボックスは、まさにその模範選手!
ちょっとしたアイデアが無限の可能性繋がります^^

インテリアは、

変化があるから楽しい!

皆さんも是非、みどりの雑貨屋オリジナルボックスで、DIYアレンジを楽しんでみてください^^









by pinkpinkolife | 2018-01-19 14:27 | インテリア | twitter | facebook