カテゴリ:ハンドメイド( 367 )

| twitter | facebook
d0351435_14094876.jpg

透き通る、氷のような夏のガラス雑貨。

熱気を帯びた部屋の中をクールダウンさせくれるような、、、

ガラス雑貨にはそんな冷却効果があるに間違いありません。

d0351435_14094895.jpg

ガラスのプレートは夏のテーブルコーデには欠かせない涼アイテム。

食欲のない時も、爽やかな見た目に気分が違ってくるから不思議です。

ドット柄のガラスプレートの上にのせたのは、なんてことはない「アイスの実」。

いつものおやつがオシャレに見えちゃうのも、ガラスマジックです。

d0351435_14094812.jpg

ドット柄に合わせて「アイスの実」を添えてみましたけど・・・

「アイスの実」、おいしいなぁッ!

「アイスの実」を食べたのは、かなり久しぶり。
(何十年ぶり?)

チョコ味しか食べたことなかったけど、フルーツ味もいけますね!

これはおもてなしにも喜ばれそう♡
(冷凍庫にストックしておこう)


「アイスの実」はさておき、今日着目して頂きたいのはガラスプレートの「ドット柄」。

本題はこちらです。

「ガラスにドットペイントしてみよう!」


d0351435_14094922.jpg


ドット柄に使った塗料は「ガラスペイント」。

こちらのブログではもうお馴染み、ガラスに直接透明塗りできる、魔法の塗料です。

筆は使いません、道具は「割り箸」1本だけ!

d0351435_14094872.jpg

割り箸の先にガラスペイントをつけて、プレートの底裏に一滴ずつ塗料を落としていきます。

箸の先でプレートをそっと触ると、塗料が円を描くように広がります。

ドットの大きさや間隔はあまり気にせず、ラフに仕上げるのがポイント。
手作り感があって、かわいらしい表情になります^^

d0351435_14394453.jpg


ペイントしているのは裏面なので、表面は水に塗れても大丈夫。

食べ物を直接のせるのも、水を張るのもOK!

d0351435_14445576.jpg


「ガラスペイント」は着色後も水で洗い流すことができます。

ペイントに失敗しても何度でも再チャレンジすることができるので、気負う必要なし^^

塗料が乾燥した後は密着しますが、水にしばらく浸けておけばペロリと塗料が剥がれます。

「ガラスペイント」は何度もリセットすることができる、魔法の塗料なんです^^

d0351435_15093518.jpg


ゴールドやシルバーが映える、アクセサリープレートにも^^

ドットのキュートなアクセントカラーが、女子力を高めてくれるかも?

d0351435_15110578.jpg

ガラスは「光」と相性がよい素材です。

インテリアとして飾る時は、窓際や照明の側に置くのがおすすめ。

ちなみに、今回使ったガラスプレートはシャーレです。

理系アイテムは、とってもおシャーレ!

d0351435_15143567.jpg


無地のガラスプレートや透明板があれば、是非「ドットペイント」を楽しんでみてください^^

今年の夏は、クールダウンDIY!

「ガラスペイント」と割り箸1本で、簡単☆スグデキです!









by pinkpinkolife | 2018-07-27 06:30 | ハンドメイド | twitter | facebook
d0351435_14163802.jpg

「 各地で強い雨風に注意が必要です 」

狙ったかのように意地悪な天気予報が出ておりますが!

d0351435_14164670.jpg

それでも日程変更できないのが、旅行というもの。

雨風になんてくじけている場合ではない。
注ぎ込んだヘソクリをしっかり楽しみ尽くさないと!

門司港といえば、カフェ!

1日や2日でなんて回れ切れないくらいの、カフェ激戦区。

なんておしゃれな街なんだー!

d0351435_14271985.jpg

「今是」は絶対行く!

お並び覚悟で「bion」も絶対!

あとはプリンセスピピの焼きカレー食べて、cafe Uminekoのバナナ・クリーム・コーヒーもはずせない!

d0351435_14302210.jpg

初日のランチはこちらに決定!

途中下車しても食べたい「お福」の唐揚げ!!

d0351435_14315406.jpg

検索するほどにテンションマックスの「門司港」クルージング!

あ~!ならない!

楽しみでならない!!

お決まりのアナログマップも完成したところで、いよいよ出発です!

旅行と言ったらご当地カフェでしょ!

いってきま~す^^ ノシ









by pinkpinkolife | 2018-05-02 17:00 | ハンドメイド | twitter | facebook
d0351435_07002363.jpg

天気も良好!暖かい春の日差しが気持ちよい日が続いていますね。
皆さん、G・Wいかがお過ごしでしょうか^^?

今日もこんなにいいお天気なのに・・・旅行の日だけが雨予報だなんて。

ガビ~ン・・・・・><

d0351435_07002328.jpg

さて、我が家のG・Wはと言いますと・・・

それぞれがそれぞれで、各自別行動になっております。

全員一致で「混雑」が嫌いなので、連休は大抵そんなかんじ。
人の集まる場所には行きません。

娘は大量に出された公文の宿題漬け、男組は近所をブラブラ、そして私はクロゼットの片づけ祭りに奮闘中です=3

「捨てる」を抵抗し続けたクロゼットはすごかった。
とてもbeforeの写真を撮る気にはなれませんでした。

こんまり先生もビックリのジャングルクロゼットですが、既に断捨離は終えていましたので、あとは整えていくだけ。

手放した衣類はゴミ袋数にすると30袋分ほど。

リサイクルショップにも先月今月と、足繁く通いました。
(その日の晩ご飯代くらいにしかならなかったけど・・・)

d0351435_07235114.jpg

クロゼットの中に鎮座し続けた箪笥は、小学生の頃から使っていたもの。
箪笥の中も、衣装ケースの中もスッカラカンになりました。

d0351435_07261976.jpg

片づけのスイッチが一旦入ってしまうと、じっとしていられません。

捨てるマシーンの次は、作るマシーンにへ~んしんッ!

リサイクルショップで買った100円すのことセリア角材で簡単DIY。

d0351435_07373555.jpg

材料費500円でラックふたつ完成^^

d0351435_07392336.jpg

衣装ケースと段ボールで埋め尽くされていたクロゼットの上段。
15年ぶりに気持ちの良い風が通りました。

「なんとかしなければ」と思い続けようやく、憑きものが取れたような、そんな清々しい気分です。

d0351435_07491904.jpg

収納上手さんのクロゼットで絶賛されているMAWAハンガーは、10本セット1200円を大人買い^^

購入先はコチラ

d0351435_07562096.jpg

こんまり流「祭りの片づけ」を始めて4か月が経ちました。

こんまり先生のおかげで「なんとなく」やり過ごしてきた部屋の中は劇的に変化し、頭の中もすっきりとした状態が続いています。

収納・断捨離・ミニマリスト系の本は沢山読んできましたが、これほど突き動かされる本もありません。

「捨てられない」私が「捨てるマシーン」になれるだなんて、これはまさに魔法。

「人生がときめく片づけの魔法」は、もはや私のライフバイブルです。

実はこのブログを読んで下さっている方の中にも、こんまり先生に魔法をかけられた方が沢山おらるようで、「祭りの片づけ」を始めてブログに書いた今年1月、驚くことに沢山の方からメールをいただきました。

本に書かれていない情報やお勧めの収納法も惜しみなく教えて下さり、ある方から教えて頂いた「人生がときめく片づけの魔法2」は、すぐに(古本屋に)買いに走りました。

「人生がときめく片づけの魔法2」ではクロゼットや押し入れ収納がクローズアップされた内容だったので、今回大変役に立ちました。

d0351435_08433687.jpg

G・Wが終わる頃には閉幕しているであろう「クロゼットの片づけ祭り」。

予算は20000円。

DIYとプチプラグッズを駆使してやりきるぞッと!









by pinkpinkolife | 2018-04-30 08:59 | ハンドメイド | twitter | facebook
d0351435_11110461.jpg

光と色、見る角度によってガラスの表情は変わります。

気温が上がるこれからの季節に是非取り入れたい、ガラス素材のアイテム。

今年はオリジナルカラーのガラス雑貨なんていかがでしょうか^^?

d0351435_11110484.jpg

素人にそんなものは作れないと思っていたけど?

ガラスペイントシリーズ 」の登場ですっかり、ガラスアレンジは身近なリメイクになりました。

ガラスペイントの関連記事はコチラ






d0351435_11110492.jpg

「曇り」を全面に塗布した後、メラミンスポンジで「墨色」と「瑠璃」を調合したものを撫でるようにして着色。
最後に水で溶いた白い塗料を筆で付着させ、ティッシュで抑えるように拭き取ります。
 
d0351435_11195169.jpg

曖昧なグラデーションが織りなす、幻想的な曇りガラスができました。

ガラスペイントは塗膜をつくらず着色させることができる塗料。
半透明な「曇り」を施したあとに色をのせ、さらにうっすら白い濁りを加えることでマットな静寂さを表現することができました。

d0351435_11271752.jpg

もとの姿は、食器棚の断捨離から抜擢されたコチラ。

d0351435_11285735.jpg


オレンジ色のボウルに使ったのは「飴色」

グリーンのグラスは「翡翠」です。

d0351435_11343164.jpg

ひやりと凍り付いたような、フロストガラス風^^

以前は「くもりガラス仕上げスプレー」を吹き付けてくもりガラスを作っていましたが、「ガラスペイントシリーズ」が発売され、作業が随分楽になりました^^


いちいち室外で作業しなくてはならないスプレータイプ。
室内で「塗れる」液状塗料。

どちらが使いやすいかは、言うまでもありません。

d0351435_14063711.jpg

ガラスの透明感を封じつつも、透過する光の陰影を感じられる曇りカラーガラス。

ペイントするだけで簡単に作れます。

夏の先取りインテリアに、是非お試しを^^









by pinkpinkolife | 2018-03-30 06:30 | ハンドメイド | twitter | facebook
d0351435_09365567.jpg

100均グッズやホームセンターの材料を組み合わせて作る、簡単DIY。

チープな材料だからこそ、簡単に作れてしまうからこそ・・・

これだけは手抜きしてはいけないというものがあります!

それは、作品の仕上がりを大きく左右する

「ペイント」!

作品のクオリティーは「ペイント」にかかっている・・・!

カッコよくそうキメたいところですが、実際はこう。

作りが雑でも、ペイントでごまかせるから(笑)。

今日は不器用な人にも、塗料を検討している人にも是非読んでいただきたい。

ぶきっちょDIYはペイントでごまかせる!

ごまかしの達人(私)が自信を持ってオススメする、魔法の塗料陣をご紹介したいと思います^^

d0351435_09365600.jpg

■ターナーミルクペイント

まずはこちら。DIYをする人なら誰しもご存じ、ターナーミルクペイント

ミルクが原料になっているので安全に、そして気軽にペイントを楽しめる、DIY女子には大人気の水性塗料です。

イヤな臭いがしないというのも、女子にとっては大きなポイント。

有毒な成分が、などと気にする時代はとっくに終わりました。

ソフトで落ち着いたカラーバリエーションが豊富なのも、女子に人気の秘訣^^

キュートなミルク缶型の塗料ボトルは、雑貨感覚で手元に置いておきたくなるかわいさです♡

d0351435_09365529.jpg

肝心の塗り心地はと言いますと、滑らかで伸びがよく、その名の通りミルキーな質感。

ぶきっちょさんもDIY初心者さんも失敗なく塗れる、女子にやさしい塗料です^^

ホームセンターにズラリと並ぶ塗料缶を見て、一体何を基準に、どれを選べばよいのか・・・
そう迷ったことはありませんか?

私もさまざまなメーカーの塗料を試しましたがどれも大差なく、コレ!と選びきれずにいました。

ですがその塗料迷走劇も、ターナーミルクペイントの出現であっけなく閉幕。

そう、何を隠そう私は愛用歴20年以上のターナーファン。
学生の頃から使い続けている商品もあり、ターナー色彩は絶大な信頼を置いているメーカーです。

DIYのための塗料ができたと言うのだから・・・

それ以上塗料で迷うことはなくなりました。

d0351435_11050231.jpg

やわらかい色合いが特徴的なミルクペイントシリーズですが、他の塗料と組み合わせることで表現の幅は無限に広がります。

(ステインは表面に塗膜を作らず内部に浸透し、木目を活かしたまま着色することができる塗料)

木工DIYで広く知られている塗料ですが、実はエイジングペイントにもオススメの塗料なんです。

ミルクペイントで着色した塗膜の上にステインを塗布すれば、まるで日焼けしたような茶染みに。

アンティーク風ペイントに是非お試しいただきたい合わせ技です^^

d0351435_11161463.jpg

■メディウム(ミルクペイントシリーズ)

お次にご紹介しますは、これまた知らないと損!

リアルな質感ペイントに効果を発揮する、メディウムシリーズです。

塗装をひび割れたように見せるもの、凸凹感を演出するもの、ざらついた質感など、着色に加えさまざまな表情をサポートしてくれるのが「メディウム」です。

d0351435_11380807.jpg

こちらはメディウムによって、ザラっとしたジャンクな質感を加えたもの。

d0351435_11403975.jpg


雨ざらしにされて風化した、テラコッタ&モスポットをイメージして作りました。

塗装前は、白い「紙コップ」。

もちろん着色するだけでは、このような質感は表現できません。

そこで活躍するのが、メディウムなんです!

d0351435_11335138.jpg

アンティーク風ポットに使ったのは、漆喰のような質感が表現できる「プラスターメディウム(漆喰風)
細かい粒子が含まれていて、ザラザラとした質感が特徴的なメディウムです。

小麦粉液のようにもったりとした粘りがあり、スポンジやティッシュペーパーで叩くように塗布すると角が立ち、立体感のある表情に。

テラコッタポット、モスポットのつくり方はコチラ

d0351435_11530588.jpg

100均の調味料入れやトイレットペーパーの芯も、「プラスターメディウム(漆喰風)」を使えばこのとおり!



d0351435_11594082.jpg

こちらは埃をかぶったような、白っぽい汚れを表現できる「ダストメディウム」。

d0351435_12094855.jpg

水で薄めた「ダストメディウム」を着色面に塗布すると、滲みだけでなく粉っぽい質感に。

ただ色を付けるだけでなく表情豊かなテクスチャーを作れるのが、メディウムなんです。

そしてテクスチャ加工を入れるほど・・・

粗は隠せるんです(笑)!





d0351435_12233172.jpg

■ミルクペイントforガーデン

お次は、これからの季節に最もオススメな「ミルクペイントforガーデン」をご紹介します。

「for ガーデン シリーズ」はガーデニング使いにもぴったりな、屋外用に開発された水性塗料です。

ミルクペイントと同じミルクを原料とした水性塗料ですが、既存のミルクペイントよりも耐候性があるので、ベランダや屋外でも使うことができるんです。

春の若葉を連想させる、グリーンのラベルが目印です^^

d0351435_12254137.jpg

ミモザイエロー、クランベリーレッド、ナチュラルミント・・・
カラーバリエーションも豊富で、フレッシュな色が全14色!

花畑を連想させる色揃えに、ウキウキとした明るい気分になりますね!

ガーデニングだけでなくもちろんお部屋のDIYペイントにも。

メディウム類も、屋内向けのミルクペイントと共通で使えます。
(耐水性のないクラッキングメディウムは使用できません。)

※ 塗料は直射日光、高温多湿を避けて保存してください

d0351435_12465430.jpg

アウトドアー気分も高まるこの季節、ガーデニングを始めてみたいと考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

何か新しいことをはじめたくなる春♪

DIYペイントで楽しむガーデン作りなどはいかがでしょうか^^

※ガーデンシリーズ同士の混色はOKですが、ミルクペイント(屋内用)と調色すると耐候性が弱まってしまう可能性があります。野外でのご使用にはご留意下さい。

d0351435_12504514.jpg

■ラストメディウム

まだまだあります、不器用DIYを格上げしてくれる魔法の塗料!

お次はサビ風ペイントならおまかせ!

その名もそのまま「ラストメディウム」をご紹介します。

d0351435_14021262.jpg


ラストメディウムは塗るだけで本物さながらのサビ色が作れちゃう、サビマニア必須の塗料です。

テクスチャの作り方はとっても簡単!

赤茶のサビを表現できるレッドブラウンと、こげ茶のサビを表現できるダークブラウン、この2色を組み合わせるだけ!

面倒な手間なく迫力のあるサビ風雑貨が簡単に作れるので、ペイント初心者さんでも簡単☆スグデキ!です。

d0351435_14113208.jpg

どんなものも塗るだけであっという間にサビものに。

ラストメディウムを塗れば100均のプラスチック製のゴミ箱も、味気ない100均カトラリーも、でヴィンテージ感漂う佇まいに。



d0351435_14141762.jpg

これらは全て100均グッズに、ラストメディウムでサビ風ペイントしたもの。

プラスチック、紙、発泡スチロール、ステンレス、素材もさまざまな100円グッズですが、元の姿は一体何でしょう^^

正解はコチラ





無機質なインダストリアル系アイテムは、ガラクタのように見えるその無骨さが魅力です。

錆や汚れ、欠けや朽ちなど長年使われてきたような風合いはラストメディウムにお任せ!

味わいのあるサビ雑貨は、無造作に置いておくだけでワイルドな雰囲気を高めてくれますよ^^

d0351435_14405040.jpg


■アイアンペイント

さて、最後にご紹介する塗料は、これまた男前インテリアには欠かせない・・・

塗るだけで鉄や金属のような質感が表現できる「アイアンペイント」です。

これ1本で、ハードなアイアン作品が驚くほど簡単に作れちゃうんです。

d0351435_14592437.jpg

パッケージデザインもとってもおしゃれ!

ボトルは8角形になっていて、手から滑り落ちないようになっています。
ジャム瓶の蓋を開けるように、開閉もスムーズ!

DIYツールは今やインテリア雑貨に引けを取らない、おしゃれな時代です。

d0351435_14474516.jpg

憧れのアンティークシルバーの雑貨も、100均グッズにペイントするだけでこのとおり!

ラストメディウムと組み合わせることで、よりリアルな経年感を表現することができます。


d0351435_14562142.jpg


重厚感のある鉄製プロダクツは、周りの空気を巻き込んでしまうほどの存在感。

この感覚を覚えてしまったら・・・病み付きになること請け合いです^^



d0351435_14563530.jpg

普段何気なく使っている日用品もペイントを施すことで、本来の用途を越えた新しい使い方が見えてきます。

チープな素材も、作りが多少雑であっても、、、

不器用なDIYを格上げしてくれるのは、他でもないペイントです。

今日ご紹介したミルクペイントシリーズ、ラストメディウム、アイアンペイントは、そんな格上げアイテムの代表選手。
私の不器用なDIYを底上げしてくれる、頼もしい存在なんです。


ぶきっちょDIYはペイントでごまかせる!

是非、魔法の塗料陣でペイントの力をお試し下さい^^


さて、最後にお知らせです。

日本テレビ「スッキリ!」内のコーナーにて、ターナーミルクペイントが紹介されます。

放送予定日は 3月15日

ミルクペイントの魅力を是非、映像でもご覧ください^^

※生放送のため放送内容が変更になることがあります









by pinkpinkolife | 2018-03-14 06:01 | ハンドメイド | twitter | facebook
d0351435_12115345.jpg


透明感のあるカラーペイントが楽しめる「ガラスペイント」!

ガラスだけでなくアクリルやプラスチックにも塗れるというのだから、それを試さない手はありません!

今日もターナーさんのお声と共にお届けしてまいりたいと思います。

本日もよろしくお付き合いくださいませ!

d0351435_12115326.jpg

「早速ですが、まずはこちらをご覧ください!」

「「曇り」カラーを使ってみたんですが、ターナーさんこれはどういったものなんですか?」

「「曇り」は、くもりガラス調に仕上げることができる、半透明タイプの塗料です。

くもりガラスのような、上品なマットホワイトが表現できますよ!」

「今までスプレータイプのものを使っていましたが、室内で使えないのでベランダで作業していました。

これなら室内で使えますね!すごく嬉すぃです!」

d0351435_15013509.jpg

「「曇り」と「琥珀」でアンティーク風ボトルを作ってみました!」

「口の狭いボトルは首の長い草花とも相性がいいですね、ところでこれは何にペイントされたものですか?」

d0351435_15053403.jpg

「はい、「ペットボトル」に塗ってみました!」

d0351435_15063323.jpg

「「ガラスペイント」はガラスだけでなく、アクリルやプラスチックにもペイントすることができます。

カラーバリエーションは全11色、透明素材にペイントして、是非いろいろなアイデアをお試しください!」

d0351435_15093113.jpg

「もとが自販機に並んでた飲料水だとは思えません!」

「本来ゴミになるはずのペットボトルがこうも変身するとなると・・・

ゴミ箱をまた漁ってしまいそうで心配です・・・!断捨離中なのに!」

「発見のチャンスは、準備のできた者だけに微笑む」

「それは一体どういう意味でしょうか!うちがゴミ屋敷ということでしょうか!」

「ある偉人の格言です。」

d0351435_15174686.jpg

「ところで、これはどういった手法で塗られましたか?」

「教えていただいたとおり「筆で薄くのばして乾燥させる」を3回繰り返しました」

「少しムラが気になりますが、まぁよいでしょう・・・
表面が乾ききらないうちに何度も塗り直すと筆跡がでやすくなりますので、ご注意くださいね!」

d0351435_15495493.jpg

「見てください!色とりどりのアンティークボトルができました!」

「色も形もバリエーション豊かなカラーガラスができましたね!手のひらサイズのミニボトルはどこで入手されたものですか?」

d0351435_15540412.jpg

「行きつけの100均ショップ、セリアで購入したものです!」

「どうやって経年の風合いを表現されましたか?」

d0351435_15564246.jpg

「ガラスペイントでそれぞれ着色したあと、水で薄めた「琥珀」をスポンジで抑えるようにしてのせ、そのあと水で薄めた白い塗料を付着させました。」

d0351435_16041724.jpg

「お得意のムラが功を奏して、雰囲気が出ていますね!
でも、お手間ではないのですか?」

「フラット塗りより断然、簡単です!」

「汚れや濃淡をわざと表現するアンティーク風ペイントは「ごまかし」が効くんです。

私が「アンティーク風ペイント」ばかりしているのは、そういう理由もあったりします。」

「なるほど、性格がペイントに表れるいうことですね?」

「え?それはどういう・・・ 」

d0351435_16141263.jpg

「清涼感溢れるフルーティーな小鉢を作ってみました!」

「厳寒のこの時期にまた、季節感のない作例ですね!
これは一体どうやって作ったんですか?」

「トチ狂っちゃってすみません!スイカ小鉢はかわいくできたと思うのですが・・・」

「まず小鉢の外面にアクリルガッシュで種を描き、縁周りを残して「林檎飴」で着色します。縁周りに「翡翠」で着色すれば完成です!」

「小鉢の外面にペイントしたので、器の中には実際に食べ物を入れることもできます。水に浸さずサッと水拭きすれば、何度も使うことができます!」

「果物やゼリーなど、デザート鉢にもいいですね!
フリーハンドのイラストはお子供でも簡単に描けそうなので、親子工作にもいいですね!

d0351435_16305031.jpg

「これはまたエキゾチックな作例ですが・・・」

「ベースはガラスペイントで着色し、エンボス柄の凸部分にアクリルガッシュで模様を描きました。
ザ・モロッコグラス風です!」

「頭の中がハッピーでないとこんな発想でませんね!」


「 え? 」

d0351435_16390060.jpg

「色ムラはアンティーク風ペイントでごまかせですね?」

「 お・・・おっしゃるとおりです! 」

一人二役の落語風もいよいよおかしくなってまいりましたよ(笑)

「ではターナーさん、最後に一言お願いします!」

d0351435_16573031.jpg

「 是非お試しください! 」

※ターナーさんは架空のキャラクターです


ターナー色彩から発売されている「ガラスペイント」は、
クリアなカラーペイントを楽しめる塗料です。

ガラスやアクリルなどの透明素材に塗ることができ、
カラーバリエーションは全11色!

ガラスペイント同士の混色も可能で、「泡だま」や「曇り」と
組み合わせて使うのもオススメです^^

コスメのようなおしゃれなパッケージも女性心をくすぐりますね!

アイデア次第で、ステンドグラスやガラスの絵付けなど
ステキなカラーガラスが作れそうです!

皆さんも是非「ガラスペイント」を体験してみてくださいね^^


商品内容はコチラをご覧ください









by pinkpinkolife | 2018-01-30 06:30 | ハンドメイド | twitter | facebook
d0351435_05333613.jpg

こっくりとした飴色がアンティークを連想させる、アンバーガラス。

窓際に置くと太陽の光が差し込み、映し出された影色さえも美しく見えます。

アンバーとはメディソンボトルでもお馴染みの、琥珀色のこと。

深みのある落ち着いた色はコーナーにひとつ置いておくだけで不思議と、こなれ感が生まれます。

たったひとつで、窓辺がブラッシュアップ!
そんな透明感のある爽やかな色ガラスが簡単に作れたらなぁ・・・

なんて、思ったことありませんか?

ええ、ええ!そんな塗料はないと思いますが、ペイントマニアを代表して質問してみますね!

「ターナーさん、アンバーガラスを作る塗料なんてありませんよね?」


d0351435_06002416.jpg


ございます!!


d0351435_06073886.jpg


アンバーだけでなくブルーやグリーン、
曇りガラス風や気泡風も作れる

「ガラスペイント」をご用意しております

カラーバリエーションは全11色

是非お試しくださいませ!


d0351435_05333609.jpg

「なんとぉーーーーーーーーーーーーーーーーーー!」

「そこまで塗料開発が進んでいたとは知らず・・・愚問をお許しください!」

「ガラスペイントは昨年末に発売が開始されたばかりの新商品でございます。
どうぞお試しくださいませ!」

「ありがとうございます!それでは早速・・・!」

「こうやって筆で塗ればいいんですか?」

「ハイ、やわらかい毛の筆がおすすめです。

始めに薄く塗って、徐々に厚みを増していくとうまくいきますよ」

「薄くですね?」

「厚塗りしてしまうと、塗料が垂れてしまうことがあるんです。」

「色の濃さは重ね塗りで調節するんですか?」

「薄く塗って乾かす、を繰り返します」

「塗膜を乾燥させず重ね塗りすると、筆後が出やすくなります。

焦りは禁物です、表面が完全に乾くまで待ってくださいね。

ガラスペイントはフラットに仕上げることこそが最大のポイントです!」

d0351435_06312872.jpg

「できました!「薄く塗って乾かす」を3回繰り返しました!」

「密着性の高い塗料ですが、水に浸すと塗膜がめくれてしまう可能性があります。
花器として使う場合は、瓶の内側には塗らないでくださいね!」

d0351435_06392415.jpg

「見た目も使った感じも、水性塗料と同じようなかんじですね」

「見た目にはわかりませんが、少し粘度が高い塗料です。
塗りにくいと感じた時は水で薄めて調整してください。
ただし、薄すぎると筆ムラが出てしまうので、5%程度までを目安にして下さいね!」

d0351435_06472511.jpg

「アンビリバボーーーーーー!」

「塗料に残った筆筋が、少しずつ消えました!」

「実際にお使いただいて、見ていただければと思います。」

d0351435_08201753.jpg

「筆筋と言えば、私はよく「スポンジ」で叩いて塗料を馴染ませるのですが、この手法は使えますか?」

「目の粗いスポンジで塗装面を抑えると、小さな気泡ができてしまうので加減が難しいです。

目の細かいメラミンスポンジだと、ダマになりにくいですよ!」

d0351435_08480061.jpg

「キッチン周りを磨いてる激落ちくんでやってみました!」

「ちょっとへたくそですけど、失敗した時ってどうすればいいんでしょうか?」

「水で洗い流せるので焦らなくても大丈夫ですよ。

乾燥後も水に浸けておけば、塗膜がふやけて剥がれやすくなります。
気負わず、気楽にお試しくださいね!」

「それはペイント初心者さんでも安心して使えますね!」

「ペイントの失敗はやり直しができますが、完成品をうっかり水に濡らしてしまった・・・
そんな失敗には充分ご注意くださいね!」

d0351435_09464208.jpg

「それにしてもおしゃれなパッケージですね!」

「ミルクペイント、アイアンペイント、そしてガラスペイント、、、塗料という枠を越えてどんどん進化していきますね!」

「女性の皆様にペイントをもっと楽しんでいただきたいと思いまして・・・」

「このコスメのように美しいパッケージは、女性スタッフさんのアイデアで?」

「いいえ」

「では、どなたの・・・・・!」

「社長です!」

「なんとぉ・・・・・・・・・・・・・・・・・!」

d0351435_10142562.jpg


「乳液のような色ですが、こちらはどんな色ですか?」

「そちらは「泡玉」といって、着色するのではなく小さな「気泡」をつくる塗料です。

ガラスの表面に塗布してスポンジでトントンと叩くだけで、泡ガラスのようになります!」

d0351435_10145542.jpg

「これは新しいですね!レボリューション!」

「スポンジの目の粗さや塗膜の厚みで気泡の大きさが変わるので、いろいろと楽しんでみて下さいね!」

「無色透明の塗膜を作れるということは、波ガラス風とかも作れちゃうんですか?!」

「是非お試しくださいませ!」

d0351435_10320516.jpg

「ペイントで色ガラスが作れてしまうなんて、これはDIYペイントの革命ですね!」

「ガラスだけでなく、アクリルやプラスチックなどにも使えますよ!」

d0351435_06002416.jpg

ガラスに直接塗れる透明感のあるペイント
「ターナーガラスペイント」

是非お試しください!

「 さすがはターナーさん、

ペイントマニアの期待を裏切りません!

ペイントするだけで色ガラスが作れるなんて・・・

プラスチックにも塗れるとはますます面白いですね!

早速試してみたいと思います!」

続はまた明日^^

詳しい商品内容はこちらをご覧ください










by pinkpinkolife | 2018-01-29 06:30 | ハンドメイド | twitter | facebook
d0351435_08152602.jpg

連日の木箱ネタで飽きちゃった~

なんて仰らず。

今日も最後までお付き合い頂けますと幸いでございます。

d0351435_08152507.jpg


一昨日はボックスを重ねた小家具使い、昨日は仕切りを付けたラック使いのアレンジ法をご紹介しました。



今日は収納とはちょっと離れ、照明と組み合わせたインテリア使いをご紹介したい思います^^

d0351435_09052835.jpg


温かみのある幻想的なライトですが実はこれ、木箱の中に照明を吊しただけ。

たったそれだけなのに、いい感じ=3

それは背面がメッシュだからこその、いい感じなんです!

d0351435_09342728.jpg

コンセントプラグは持ち手穴から通せます。

たったそれだけだから、いい感じ!

d0351435_09382248.jpg


部屋全体を明るくするシーリングライトとは違い、灯りを閉じ込めた照明は印象的な空間をライトアップしてくれます。

箱の中に映し出された奥行きのある陰影は、まるでオブジェのよう。

d0351435_09492311.jpg

部屋の雰囲気を変えたくなったら簡単☆スグデキ!

木箱と照明を組み合わせたボックスライトなんかはいかがでしょうか^^

手軽に、そして気軽に扱えるからこそ、キャベツボックスの使い道は驚くほど多種多様です。

d0351435_09553446.jpg

収納だけでなく、空間の雰囲気作りにもおまかせ!

キャベツボックスで作るボックスライト、是非お試しください^^









by pinkpinkolife | 2018-01-18 10:31 | ハンドメイド | twitter | facebook

君の名は・・・

d0351435_09563822.jpg

便利な収納グッズは数あれど、これほど使い手思いの物も、ないと思うのです。

入れ物の役割だけに留まらず、立てて並べて、ご自由に。

ユーザーの都合に合わせて七変化する、君の名は・・・

d0351435_08445691.jpg


キャベツボックス!

d0351435_09563816.jpg

本好きの人の発想だと、まずはこう来るのではないでしょうか^^
(私は何にでも本を入れたくなるので)

本を並べて眺める幸せ・・・
木箱ひとつでトキメキスペースが作れるなんてステキです♡

古くからヨーロッパで使われてきた収穫用のキャベツボックスは、その大きさから小家具使いにもぴったり。
雑誌30冊なんてすっぽり収まっちゃう、充分な収容力があるんです。

ですがその大きさ故に、小物や書籍類では余分なスペースが出て不向きなのでは?

なんて心配ご無用です!

木箱の中に仕切りをつけて段使いすれば、もったいないスペース問題は即解決!

今日は簡単DIYで仕切りを付けた、キャベツボックスのアレンジ使いをご紹介します^^

d0351435_06354350.jpg

「仕切り」の付け方はとっても簡単!

・木箱の内寸にカットした板材

・板材の奥行き長さににカットした角材

材料はこれだけです。

ちなみに板材も角材もセリアのもので、水性ウッドステインで古材色に着色しました。

d0351435_06351370.jpg

角材を木箱の内面にネジ止めして固定し、その上に板材を乗せるだけ!

d0351435_06444877.jpg


木箱の中に仕切りが付き、収納スペースが一段増えました^^

仕切りの数を2枚3枚と増やせば、置けるスペースはさらに広がります。

d0351435_09563814.jpg

本棚を置きたいけどこれといったものに出逢えない、ブックカフェのようなおしゃれな本収納をしてみたい、、、そんな悩みはキャベツボックスにおまかせ!

仕切りの数や向きはシチュエーションに応じて自由にカスタマイズすることができます。

スタイリスト気分でレイアウトできるのも、また楽しいもの。

木箱を重ねれば憧れの大型ブックシェルフも、夢じゃありません^^

d0351435_08332727.jpg

本も雑貨も食器も、仕切りを付けるだけで

いちいち使える・・・!

背面がメッシュなところもいいんです、通気性もよく開放的。

使い手のどんな要望にも応えてくれる

君の名は・・・

d0351435_08535608.jpg

キャベツボックス!

d0351435_08554690.jpg

本棚も靴箱も食器棚も、まとめておまかせ☆

木箱の中に仕切りをつけて簡単☆スグデキ ボックスラック!

どうレイアウトして遊ぶかはあなた次第♡お試しください^^









by pinkpinkolife | 2018-01-17 06:30 | ハンドメイド | twitter | facebook

母、娘の画材に夢中

d0351435_12195029.jpg

贅沢にも娘(12歳)はこんなものを使って絵を描いています。

プロの漫画家さんも御用達のカラーマーカー、コピック!!

d0351435_12195021.jpg

美術部のお友達が使ってるのを見て欲しくなったというのですが、なんせコピック。
ホイソレと買える代物ではありません。

なんたって1本400円近くするのですから、じ、、、自分のお小遣いでなんとかしなさいな。
お母さんそんなに甘くありませんよ!

そんな時に頼りになるのはやっぱりおばあちゃん。

先日大阪に遊びに来た母は孫にロフト連れてゆかれ、ねだられるままお目当てのコピックを買わされてしまいました。
(しかも24色セットの諭吉コース!)

子供の頃どれだけスクリントーンをねだっても買ってくれなかったのに、孫には甘いもんだ。

d0351435_12195046.jpg


さくらんぼが学校に行っている間、内緒で使ってみました。

d0351435_12500788.jpg

まるで紙の上を泳ぐかのような、滑らかな塗り心地・・・

ちょっと試し塗りするつもりが、手がとまらなくなってしました。

ちなみにイラストはぽんたと世話焼き女房のねねちゃん。

d0351435_12534370.jpg

あまりにもスムーズに塗れちゃうもんだから、

気がつけばぽんた&ねねの夫婦漫画を描き出していました。

描いた漫画はねねちゃんママにラインで送信。

d0351435_12582967.jpg
ぽんたの憧れはリヴァイ兵長。

サンタさんへの注文は昨年に続き

立体起動装置 ・・・ 。

さくらんぼにはコピックのカラーバリエーションを増やしてやろう!
(私も使えるから(内緒で♪))


d0351435_13000855.jpg

母は只今、娘の画材に夢中です!
( 内緒で^^ )









by pinkpinkolife | 2017-11-02 06:30 | ハンドメイド | twitter | facebook