人気ブログランキング |

カテゴリ:花モノづくり( 49 )

| Instagram | homepage

空き缶×ドライフラワー

d0351435_06133327.jpg

いよいよ明日から開催されるG20サミット。

会場は先日お騒がせ事件があったばかりの大阪。

どこへ行っても警官が目をギラギラと光らせています。


d0351435_06133434.jpg

ただならぬ雰囲気が漂う中で子供たちは大喜び。

府立市立の学校は今日明日と休校で、なんと4連休!

政治に関心のない娘も息子も「G20」という言葉をしっかり覚えました(笑)。


d0351435_06133371.jpg


外国人観光客の数も急増中、2025年の万博会場も決定されている大阪。

グローバルに盛り上がっております!


d0351435_06352372.jpg


さて、今日の本題はこちら。

アイアン風ペイントした空き缶のドライフラワーアレンジです^^


d0351435_06362511.jpg

使った塗料は男前リメイクに欠かせないこの二種。




d0351435_06380561.jpg

塗料は刷毛ではなくスポンジ叩くようにして塗ります。

たっぷり付着させることで、ゴツゴツとした重厚な表情に。

ドライフォームを缶の中に入れて枝をさせば、高低差のあるアレンジが作れます。

表面は実モノでカバーすれば、見えてな~い。


d0351435_06413219.jpg

花材はリースやスワッグつくりで余った端材です。

寄せ集めてアレンジすれば立派な一品に。


d0351435_06423819.jpg

無骨な金属性の器にアンティークカラーのドライフラワーがベストマッチ。

相反する素材の組み合わせには個性が生まれます。


d0351435_06494578.jpg

空き缶も花材もひと手間加えることでインテリアの一部に。

余った材料で是非お試し下さい^^


d0351435_06504999.jpg

100パーセントの悪天候が予報されている今日。

子供たちの休校に伴い旦那は随分前から有給申請をしております。

宿泊先も予約済み。

そう・・・

今日はこんな日だからこそ堂々と平日旅行できる絶好日!

周辺でも大阪脱出計画は早いうちから進んでいて、ねねちゃんファミリーは早朝から和歌山へ。

ある家族は東京ディスにーランドへ。

休日と平日ではいろいろ全然違うから、この機を逃す手はありません!

我が家は憧れのグランピングを体験するため今から三重に向かいます。

雨が降ろうが風が強かろうが、キャンセルする気はいっさいなし。

どうなるのかわからないけど(笑)

行ってきます=3=3=3










by pinkpinkolife | 2019-06-27 07:39 | 花モノづくり | Instagram | homepage
d0351435_08470939.jpg

雨が似合う花といえば紫陽花。

曇天予報が続いていますが、まだ関西の梅雨入り発表はありません。


d0351435_06292731.jpg


梅雨入りを待たず、既に紫陽花は見切り品の扱い。

ホームセンターコーナンにて伊予獅子てまりをゲットしました^^


d0351435_06295597.jpg

枯れ始めているので観賞する間もなく、即日剪定。

もう少し花見を楽しんでから・・・

躊躇してしまうときれいなドライにならないのバッサリといっちゃいます。

今回の目的は「ドライフラワー」用。

ポットの株は植え替えして、来年また花を咲かせてもらいしょう^^


d0351435_06295574.jpg

伊予獅子てまりはドライフラワー向きのヤマアジサイ。

ミントグリーンが少しずつ色褪せてアンティークな風合いに仕上がります。


d0351435_06450366.jpg

逆さ吊りにしてドライ化するのを待ちます。

水分がほどよく抜けてカサカサ、手触り良好です^^


d0351435_06454111.jpg


華奢な伊予獅子てまりは小さなスワッグなどのミニアレンジ向き。


d0351435_06475259.jpg


鉢植えの見切り品はドライフラワー好きには絶好商品。

少し手間はかかりますが、自力で作るドライフラワーはウンと格安です。


d0351435_07004956.jpg

紫陽花はドライにしやすいものとそうでない品種があります。

花房が大きな秋色紫陽花は高額ですが、伊予獅子てまりは比較的にお手軽価格。

小さいので小瓶アレンジにもぴったり。

d0351435_06503056.jpg

3日後にはもうドライ。

剪定した株は翌年のお花見も楽しめるし、見切り品は二度美味しいのです♡

園芸ショップで是非チェックしてみてください^^









by pinkpinkolife | 2019-06-20 07:15 | 花モノづくり | Instagram | homepage
d0351435_17021516.jpg

クリスマスローズの見頃もそろそろ・・・

タイミングを見計らい、花茎を潔く切り落としました。

素人判断ですが^^:>

d0351435_17021519.jpg

贅沢なミニブーケが沢山できました^^


d0351435_17104385.jpg

切り花として楽しみながら、ドライ化するのを待ちます。


d0351435_17115917.jpg

吊して乾燥させればまっすぐなドライフラワーに。

花器に添えたままだとうつむいたまま、平置きしても美しいドライになります。


d0351435_17210190.jpg

クリスマスローズは水にさしたままドライ化させるのが簡単でおすすめです。

これも素人見解ですが。

d0351435_17235339.jpg

放置しているだけでいつのまにか・・・・・

アンティーク感たっぷりに仕上がります^^









by pinkpinkolife | 2019-04-03 06:30 | 花モノづくり | Instagram | homepage
d0351435_09072699.jpg


晴れたり曇ったり雨がふったり・・・

すっきりしないお天気が続いていますね。

珍しく雷なんかも鳴ったりして。

d0351435_09072602.jpg

寒暖の差はありますが、春らしく気温上昇中^^

冬期休業中のベランダガーデンも活発になってきました。

新芽や蕾が見られるようになり、日毎に春らしい景観に。


d0351435_09152831.jpg

先日スーパーでクリスマスローズを購入しました。

立派な大株がなんと50%OFF!!

いつもは手が出ない値段だけど、これなら買える!


d0351435_09205100.jpg

クリスマスローズは切り花にすると美しさが更に際立ちます。

うつむいて咲く姿は高貴な気品があって、ピッチャーに入れるとたちまちテーブルがエレガントな雰囲気に^^


d0351435_09352602.jpg

くすんだ花色でアンティーク雑貨とも好相性なクリスマスローズは、ドライフラワーにしても。

茎を紐で束ねて逆さ吊りにしておき、後は乾燥するのを待つだけ^^


d0351435_09380454.jpg

以前育てていたクリスマスローズのドライです。

クリスマスローズの枝は四方にうねっているので、立体感のあるドライフラワーができあがります。

踊るような姿がキュート^^

d0351435_09431024.jpg

お花屋さんで見切り商品として扱われているのは、ちょうど開花期真っ盛りの草花。

購入後すぐに切り花にして飾れるので、二度美味しい♡

この時期は掘り出し物チェックが欠かせません^^


d0351435_09432320.jpg

見頃を終えそうな花は束ねて逆さ吊り。

ガーデニングに、切り花に、そしてドライフラワーに。

春本番まで、クリスマスローズのフルコースを楽しみたいと思います^^










by pinkpinkolife | 2019-03-20 06:30 | 花モノづくり | Instagram | homepage
d0351435_08173704.jpg

まだまだ寒さ厳しい季節ですが、園芸ショップには一足先に春が並んでいます^^

ヒヤシンス、ムスカリ、ラナンキュラス、、、

待ちに待った球根花シーズンの到来です♡


d0351435_08173738.jpg

冬に入る前に植え付けをし、開花期を心待ちにしていた方も多いのではないでしょうか?

ガーデニングに目覚めた頃は成長の過程を観察しながらやっていましたが、如何せん気短な性格(汗)。

球根から育てる長期栽培は性に合いませんでした。

今はもっぱら「芽出し苗」を購入。

ビニールポットの苗を適当な容器に移し替え、見頃を終えたものは切り花にして・・・

既存をアレンジするお手軽スタイルが定着しています^^:>

d0351435_08173728.jpg

甘く漂うヒヤシンスの香り。

我が家の住人は皆これを「トイレの臭い」だと言う。


d0351435_08352311.jpg

花はしつらえる器によって印象が大きく変わります。

葉の形状も楽しみたいなら透明なガラス容器がおすすめです。


d0351435_08382781.jpg

チューリップやアネモネ、頭でっかちな球根花は口径が小さなとっくり型が好相性。


d0351435_08411014.jpg

純白の小花が愛らしいスノードロップに鈴蘭。

そっとうなだれるような姿に品がある、うつむき美人です^^


d0351435_08425755.jpg

球根花の中でも一番好きな「ムスカリ」は、毎年ポット苗を大量に購入します。

茎が細いのでコンパクトにアレンジできるのもお気に入り。

束ねた葡萄色の房は見応えがあり、この季節限定です。


d0351435_08472315.jpg

球根から伸びた姿を楽しみたい時は、土から掘り起こすという手もあり。


d0351435_06360064.jpg

多少強引ですが、球根周りの土を洗い落とせば即席水栽培が楽しめます。

長期間に渡る水耕栽培が面倒だという人には、この方法がてっとり早くておすすめです。


d0351435_08525592.jpg

たまねぎではありません。

正解は、冬の寒さを耐えてこそ美しい花を咲かせるヒヤシンスの球根。


d0351435_09013171.jpg


ガーデニングだけでなくインテリアとの相性もよい「球根花」は、植木鉢だけに限定せず、身の回りにあるのをフラワーベースとしてアレンジできるのも嬉しいところ。


d0351435_09013175.jpg

ガーデニング初心者さんでも簡単にできる「球根花アレンジ」は、大人女性向けライフスタイルメディア folk で公開しています。


園芸ショップでは見頃の終えた球根花が既に値下げされ始めています。

球根花はこれからが旬!

是非チェックしてみて下さい^^












by pinkpinkolife | 2019-02-04 06:39 | 花モノづくり | Instagram | homepage
d0351435_04384283.jpg

切り花の姿を楽しんだ後は、吊してドライブーケに。

ユーカリ(葉)、ミモザ(葉)、ビオラ、葉牡丹・・・

庭で育てている素朴な草花の集合体ですが、束ねると存在感ある佇まいに。


d0351435_04384276.jpg

アンティークレースで束ねてスワッグのように壁に掛けてみたり


d0351435_04384197.jpg

瓶の中に閉じ込めたり。

飾り場所を選ばないドライフラワー。

楽しみ方に決まりはありません^^










by pinkpinkolife | 2019-01-14 06:30 | 花モノづくり | Instagram | homepage

想定外の月曜日

d0351435_15131843.jpg

スーパースローな月曜日。

朝に更新するはずのブログも、こんな時間に・・・(汗)。

d0351435_15450648.jpg

お腹がぐるぐる痛い・・・・・

朝から息子がそう言うので、今日は学校を休ませました。

am8:00

腹痛で休むことを学校に伝え、先生からはゆっくりお休みさせてあげて下さいとお言葉を頂きました。

「ちゃんと大人しく寝ておくんだよ、先生も心配してたからね!」

そう言い聞かせて再び押し入れから布団を出し、一時間後・・・

am 9:00

「治ったみたいだから、遊んでいい!?」

って・・・・・・

その後、息子が腹痛を訴えることはありませんでした(--:)

今回も「やっぱり行かせりゃよかった」の月曜日。

d0351435_15252625.jpg

pm 3:00

「 ぽ ん た く ~~~ ん 」

同じマンションに住む同級生が、宿題プリントを届けにきてくれました。

「 は ~~~~~ い !」

ドドドドドドドドーーーーーーーーーーーーーーーー!!!

お友達の声に反応し、玄関に飛び出る息子。

コラコラコラ、、、

あなた今日、学校をお休みするほどの腹痛ってことになってるんだから(--:)

d0351435_15131756.jpg

学校で授業を受けているはずの息子が、なぜか家にいる月曜日。

学校を休んだはずのなに、いつも通りとっても元気です。

朝の心配はなんだったんだ(--:)

d0351435_15344724.jpg

お花屋さんで見つけた花材で、スワッグを作りました。


d0351435_15355344.jpg


息子と一緒にブロックで遊び、花遊びをし、今日は振替休日のような1日でした。

買い物に出れなかったので、夕飯は・・・

旦那に会社帰り、何か買ってきてもらおう(喜)!

d0351435_15380386.jpg


一週間が始まる月曜日って気持ち的にも大事なのに、こんなやんわりとしたスタートでは・・・

明日の朝は気を引き締め直さねば(汗)。

d0351435_15450626.jpg


実は昨日と一昨日、RIKAさん山梨に出掛けておりました^^


d0351435_16163136.jpg

大自然の壮大なパノラマに大感動。

人生の中で、これほどまで美しい景観は見たことがありません。

d0351435_16235457.jpg

宿泊先はおしゃれなペンションが立ち並ぶ、山梨県北杜市。

澄んだ空気が気持ちよすぎた朝。

ペンション周辺を散歩するだけで、感動が転がりまくりでした。

d0351435_16163130.jpg

お天気もよく、白帽をかぶった富士山がくっきりと見えました。

何枚も何枚も写真を撮り、この感動を家族にも共有して欲しくて、写メを連投。
(あまり感動してもらえなかったけど)

d0351435_16195560.jpg

今回山梨に向かったのは、ある方にお会いするためでした。

片道5時間かけ、ヘソクリをはたいてでも会いたかった、あのお方。

↑ 


ご自宅です。

d0351435_16220571.jpg


こちらは数々の作品が生み出されてきたアトリエ。

わざわざ、はるばる、それでも会いたかったあの方のいる山梨へ、行ってまいりました。

とても勇気のいる決断でしたが、人生は1度きり。

行ってよかった、心からそう思います。

そして感謝の気持ちでいっぱい。

山梨日記はまた後日綴ります^^

d0351435_16322089.jpg

ペンションでいただいたサーロインステーキのおいしかったこと!

ウルトラまいう~!

家族に写メを連投すると、お返しとばかり送られてきた画像がこちら









d0351435_16412413.jpg

想定内ですが・・・・・

ママがいない今のうちにとばかり、父と子のジャンクディナー。


d0351435_16425346.jpg

腹痛の原因は・・・もしかして・・・・・(ーー:)











by pinkpinkolife | 2018-10-22 17:00 | 花モノづくり | Instagram | homepage
d0351435_09415020.jpg

「 色褪せない愛 」

千年の愛のように、枯れることなく美しく咲き続ける・・・

薔薇のような華美な姿ではないけれど、口説き文句のようにロマンチックな花言葉を持つ千日紅。

d0351435_09415080.jpg


終焉に向かう夏の影響か、心なしか気力がなくなり、色褪せてきました。

土に植えたまま枯れると色味が失われてしまうので、先日思い切って摘み取りました。

d0351435_09415059.jpg

もう少し生花の姿を楽しみたいところですが、タイミングを逃すと・・・


d0351435_09553326.jpg

こうなってしまうと手遅れです。

愛のない、ただ枯れただけのドライフラワーになってしまいますから・・・。

d0351435_17202871.jpg

色褪せないうちに摘み取って乾燥させれば、千日紅は色や形がそのまま残ります。

ユーカリの枝を主軸に、小分けした千日紅の枝を天蚕糸で結びました。

d0351435_17230360.jpg

先端のボリュームだけでなく、リズミカルな動きのあるスワッグが完成です^^

d0351435_17251012.jpg

ガーリーなピンク色の花房が白い空間によく映えます♡

d0351435_17280716.jpg

開花後のタイミングを逃してしまうとそのまま枯れてしまう草花も、逆さに吊してドライフラワーにすればインテリアの一部に。

空いたスペースにハンギングしておくだけで、ボタニカルなムードが漂います。

新たな魅力で空間を彩ってくれるドライフラワー。

d0351435_09553326.jpg

枯らすかどうかは・・・

「愛」にかかっています。











by pinkpinkolife | 2018-09-15 06:30 | 花モノづくり | Instagram | homepage

色あせぬ愛

d0351435_15170016.jpg


『 色あせぬ愛 』



d0351435_15170093.jpg


花名どおり、長く、美しく、色褪せることなく咲き続ける・・・

千日紅のステキなステキな花言葉です。

その鮮やかな花色は乾燥後も失われることはありません。

ミモザとユーカリの葉と一緒に束ねたプチブーケは、三週間ほど前に作ったもの。

d0351435_15271780.jpg



d0351435_15170004.jpg

帰省前に、こうやって逆さ吊りにしておきました。

d0351435_15312145.jpg

ミモザもユーカリも千日紅も、簡単にドライフラワー化できる植物です。

帰省していた5日間でほどよく水分が抜けてよい塩梅に^^

「色あせぬ愛」

干されても、乾ききっても、それは変わらぬ愛なのです。


さて、

千日紅ブーケを吊すと同時に、帰省前に旦那にお願いしていたことがありました。

「ベランダガーデンの水遣りよろしくね!」


こちらの愛は ・・・









d0351435_15411037.jpg


カラッ カラ・・・!









by pinkpinkolife | 2018-08-18 06:30 | 花モノづくり | Instagram | homepage
d0351435_10081923.jpg

内も外もキラキラ☆街はクリスマス一色!

イオンモールのトイザラスもいつもに増して大賑わい、芋洗い状態でした。

世のサンタさんの動きもいよいよ慌ただしくなってきましたね!

d0351435_10081955.jpg

うちに来るサンタさんはアマゾン経由です。
(発注はパパ・包装はママ)

真相を知っている娘が楽しみに待つのは、祖父母から届くクリスマスプレゼント。

そして息子が待ち焦がれているプレゼントはアマゾン待ちです(笑)。

d0351435_10081819.jpg

日増しに高まるクリスマスモード。

息子がキャンドルを喜ぶので、クリスマス用の即席リースを作りました。

d0351435_10261157.jpg

材料は庭で育てているミモザ。

ユーカリやオリーブでもできますが、今回はあっちこっち伸び放題だったミモザの枝を使いました。

d0351435_10291844.jpg

ベースは、あさがお観察に使う行灯支柱。
(枝が長ければ枝を丸めて輪を作れます)

d0351435_10322579.jpg

作り方はとっても簡単で、枝の先端を針金でベースに固定し、しならせながらベースに巻き付けていくだけ。

d0351435_10372007.jpg

ボリュームのある葉が針金を隠してくれるので、多少ガサツに巻き付けても大丈夫(笑)。

もみの木のリースにも似ているので、ミモザのリースはこの季節にぴったり^^
(乾燥すると落葉してしまうのが難ですが・・・)

d0351435_10435915.jpg

リースの中央にキャンドルを灯せば、クリスマスツリーにも劣らない存在感。

大きな飾りつけは苦手な、ミニクリスマス派にもおすすめです^^

d0351435_10462843.jpg

壁にかけるとまた違った雰囲気に。

ところどころ立ち上がった葉もご愛敬^^

無造作感がナチュラルな雰囲気を演出してくれます。

d0351435_10492221.jpg

クリスマスカラーのオーナメントを添えれば、女子会にもぴったり!
ダークカラーのテーブルクロスでコントラストをつければ、より華やかな印象に。

テーブルの上にフレッシュなグリーンリースがあるだけで、ワンランク上のテーブルコーデが完成です!

今回はミモザをリースにしましたが、オリーブやユーカリでつくるリースもオススメです。

去年オリーブで作ったリースはコチラ

d0351435_10543641.jpg


難しい道具も手順もなし!

枝を丸めるだけで簡単☆スグデキ!

フレッシュなグリーンリース、是非おためしください^^










by pinkpinkolife | 2017-12-12 06:30 | 花モノづくり | Instagram | homepage