カテゴリ:100円リメイク雑貨( 588 )

| twitter | facebook
d0351435_05023952.jpg

長かった冬もそろそろ・・・・?

お日様の光がようやく、まぶしい♡

d0351435_05023927.jpg


だけど三寒四温という罠が待ち受けているこの季節。

まだまだ油断なりません。

雪だって降るし、インフルエンザだって鳴りを潜めているに違いない・・・。

そう簡単に冬は終わらないことはわかっているけど、来週はベランダガーデンの模様替えをしようか、ウォーキングの解禁日はいつにしようか、頭の中はもうすっかりお花畑の私です^^

d0351435_05283618.jpg

春は一年のうちで一番、ガーデンニングが楽しい季節。

球根花とのお戯れも、今だけの季節限定です。

d0351435_05412299.jpg

園芸ショップ(コーナン)で購入した芽出しムスカリも見頃を迎えました。

土から掘り出して根と球根を水洗いし、透明ボールに春のあしらいを。

球根を倒れないように支えているのは、毎年夏に川辺で拾ってくる小石。

d0351435_05385693.jpg

花器にはセリアのアクアプランツポールを使いました。

ベレー帽型がかわいらしい、ペット容器です。

d0351435_05480350.jpg

そのまま使うのではなく、涼しげな気泡入りガラス風にひと加工。

気泡をどうやって表現するのか?

ええ、ええ、魔法の塗料「ガラスペイント」を使えば簡単に作ることができるんです。

作り方はとっても簡単!ガラスペイント(泡玉)をスポンジで抑えるように塗布するだけ!

d0351435_06033762.jpg

「泡玉」は粘度の高い塗料で、表面に生まれた気泡は壊れることなく残ります。

乳白色の塗料は乾燥後透明になり、気泡の部分だけ浮いたように。

散りばめられた美しいバブルは、春の装いにもぴったり♪

インテリア、ウォーキング、そしてまだまだ続く断捨離も・・・

春に向けて少しずつ進めていきたいと思います^^









by pinkpinkolife | 2018-02-22 12:04 | 100円リメイク雑貨 | twitter | facebook
d0351435_05394427.jpg

部屋の中で広い面積を占める壁。

見た目と暮らしやすさ・・・

使い方次第で部屋の雰囲気をがガラリと変えてしまう、壁。

よいお付き合いをしていきたいものですね^^

d0351435_05394468.jpg

さて、今日はそんな壁面アレンジをひとつ。

「飾り」と「収納」どちらも同時に取り入れた100均DIYをご紹介をしたいと思います。

d0351435_05394541.jpg

シンプルなスケルトンポケットが3つ並んだ、壁掛けレターラック。

こちらが今日の100均DIY。

材料はALLセリアで、材料費はわずか数百円。

作り方もとっても簡単です^^

d0351435_05394487.jpg

壁掛けだけでなく立て掛けて使うこともできるレターラックは、奥行きがタイトなので幅を取ることがありません。

ちょっとした空きスペースにもぴったり^^

d0351435_06124500.jpg

紙モノだけでなくドライフラワー、小瓶などの小物をあしらったショーケース風ディスプレイも楽しめます。

中に入っているものが一目で確認できるスケルトンクリアなポケット。
清涼感のある佇まいで、部屋の中を明るく開放的に演出してくれます。

d0351435_06104324.jpg

幅の狭いコーナーではレターラックの向きを変えて。

お気に入りのイラストカードを並べると、まるで雑貨屋さんのような雰囲気に。

ディスプレイ&収納に活用できる壁は、暮らしを彩ることのできる、キャンバス!

使い方次第で空間が生き生きとしてきます。

これを活用しない手はありません!

例えばスケルトンポケットの壁掛けレターラック。

作り方は大人女性向けライフスタイルメディア folk で公開していますので、是非お試しください^^










by pinkpinkolife | 2018-02-20 06:46 | 100円リメイク雑貨 | twitter | facebook
d0351435_10235240.jpg


果てなく続く、断捨離ストーリー。

「祭りの片づけ」は落ち着きつつありますが、まだまだ道のりは長い・・・。

d0351435_10235279.jpg

さて、またまたの救出劇です。

今回捜索中(断捨離)にレスキューしたものはこちら。

d0351435_11084242.jpg

・電球型瓶

どこで購入したかは覚えていませんが100均グッズです。
多分セリア・・・か、キャンドゥ。

チェーンはホームセンターで量り売りのやつです。

d0351435_10235127.jpg


ペイントするだけで簡単☆スグデキ!

スモークガラスと鉄サビチェーンがノスタルジーな、電球型オブジェができました^^

d0351435_11104445.jpg

使った塗料はコチラ

電球型瓶


蓋とチェーン


d0351435_11103132.jpg

スモークガラスの作り方

1 ガラスペイント(曇り)を全面に塗布してベースをつくる
(ここでは3回塗り重ねています)

2 クリームバニラを筆で薄くのばす

3 ティッシュで着色面を叩き、余分な塗料を拭き取る

d0351435_13311769.jpg

蓋とチェーンは錆風ペイントを施す。

ウッドビーズを結んだ天蚕糸を蓋の内側から

天辺の穴に通し、チェーンに結ぶ。

d0351435_13343778.jpg

太陽の光が届く窓際に吊したら完成!

うっすら曇りがかったスモーキーな質感が、ノスタルジックな空間を演出してくれます。

チェーンの長さを変えて複数個並べるのもオススメ。

d0351435_13393861.jpg


まるで砂糖菓子のような、優しい光をまとうスモークガラス。

あえてハードな素材を組み合わせるのも大事なポイントです。

無骨な錆色が淡さをグッと引き締めて。

スイカに塩を振るように、空間にも対比効果を取り入れることで、メリハリが生まれます。

d0351435_11084242.jpg

before

d0351435_13470139.jpg

after

d0351435_13560503.jpg

今回はホワイトスモークをご紹介しましたが、上塗りする色を変えることで、さまざまなスモークカラーを作ることができます。

d0351435_14073417.jpg


この時はまだガラスペイントが発売されていなかったため、スプレーを使ってベースを作りましたが、
下地作り以外の作り方は同じです。

d0351435_14073680.jpg

コーヒー液などで染みや汚れを加えると、風合いがさらにアップ!

ガラスペイントでつくるスモークガラス、是非お試しください^^









by pinkpinkolife | 2018-02-19 06:30 | 100円リメイク雑貨 | twitter | facebook
d0351435_11015190.jpg

100均ショップクルーザーの皆さんにお聞きします。

「毎月何回、100均ショップに行きますか?」

d0351435_11042843.jpg

ますます進化し、全国に広がる100均ショップ。

私の自転車圏内だけでも「セリア」「ダイソー」「フレッツ」「キャンドゥ」、大御所は全て揃っており、セリアとダイソーなんて大型店が2店もあるという充実ぶり。

週に一度はいずれかの店に入店しますし(はしごもする)、諭吉が羽ばたいていく月も珍しくありません。

なぜ、人は100均ショップに向かうのか?

なぜ、人は100均ショップで買い物をするのか・・・?

これはもはや病気です。

日常に100均ショップがないと不安になってしまう。

断捨離月間にもかかわらず100均クルーズだけはやめられない。

これは、重度の100均病。

d0351435_11072635.jpg

お店に入るとまず、手前の陳列棚から物色を開始します。
(買い物かごはすでに腕に引っかかっている)

商品の入れ替わりもたいしてないだろうに、先週と同じルートを辿って店内を散策。

「片づけ」スイッチがONになっている今は、収納コーナーが楽しくてなりません。

メジャーと寸法をひかえたメモ用紙を持って、陳列棚にベッタリ。

新生活が始まるような、なんだかとても新鮮な気分なのです。

d0351435_11180830.jpg

お店を入ったすぐのところには大抵「季節モノ」が並んでいますね。

クリスマスとかハロウィンとか、先日までは「バレンタイングッズのコーナー」でした。

娘は今月何度セリアに通ったことでしょう。
一度で済ませればいいのに、チョコチョコチョコチョコ・・・・と。

買い忘れとかではなくて彼女もきっと、病なのです。
(なぜ、こどもまでも100均病にかかってしまうのか・・・?)

私はこの「シーズンもの」にあまり興味がないので、ほぼ素通りですが、

年に一度だけ ・・・ のチェックは欠かしません!

なぜなら


d0351435_11261398.jpg

風鈴が発売されるから!

d0351435_11291740.jpg

窓辺に吊して涼やかな音色を聞くためではありません。

そんな風物詩的な理由ではなく、ただ単純に、風鈴の形が好きだから・・・。

まるっこい、薄いガラスで、天辺には小さな穴が空いている。

少しの衝撃で割れてしまうもろさもありますが、雑貨は見た目が100%。

何度割っても、その美しい誘惑には勝てません。

シーズンオフは店頭に並ばないこともあり、それもまた購買欲を駆り立てられるんです。

夏限定のお楽しみ。

d0351435_11471692.jpg

前述したように購入した風鈴はそのまま使うのではなく、インテリア雑貨として楽しみます。

例えば「クランプ」と「クリップ」と「枝」と組み合わせると

d0351435_11565357.jpg

静寂さをまとったオブジェのようになったり。

d0351435_11540783.jpg

風鈴には、短冊の吊り紐を通すための小さな穴が空いています。

d0351435_12002765.jpg

これをネジ穴として使うことができるため、難しいガラス工作も可能になるんです。

d0351435_12073751.jpg

しっかりとネジを締めると垂直に固定されますが、ゆるめに締めておくと、風鈴は傾いた状態で360度向きを変えることができます。

d0351435_11330053.jpg

ポンと咲いた花のような姿が、なかなかよい^^

d0351435_12123610.jpg

なぜこんな時期に風鈴ネタなのかというと・・・

アトリエ(断捨離中)の、ストックボックスからひょっこりと出てきたんです。

去年の夏に購入したまま、忘れてしまっていたよう(汗)。

出てきた3つの風鈴のうち、ふたつは天地を接着させて雪だるま型に。

本物の雪を入れたら、かわいいでしょうね^^

透明感があり見た目にも美しい風鈴は、ドームや吊り飾りなどにもぴったりのアイテム。
過去にもさまざまな「風鈴リメイク」を紹介してきました。

d0351435_14191754.jpg
d0351435_14251648.jpg



d0351435_14281478.jpg


d0351435_14303767.jpg


d0351435_14322871.jpg



d0351435_14382805.jpg

ガラスの光沢感が失われることない内面ペイントに対して

表面を塗膜で覆う外面ペイントは、ガラスの素材感を隠します。

ちなみに写真(外面ペイント)は、くもりガラススプレーを

吹き付け、その上に薄く塗料をのばしたスモーキーペイント。

d0351435_14443020.jpg


d0351435_14472049.jpg

ガラスは光が差し込む窓辺が、一番美しく輝いて見えます。

d0351435_14491834.jpg

毎年発売されるのを楽しみにしている、夏の風物詩。
(使う目的はハズれていますが)

季節はまだ先ですが、夏の100均クルーズには是非チェックしてみてください。

私はなぜ、100均に通うのか?

d0351435_08423197.jpg

それは単純に、

100均アイテムにわくわくするから!









by pinkpinkolife | 2018-02-16 08:25 | 100円リメイク雑貨 | twitter | facebook
d0351435_06014132.jpg


普段やらないことをやってみたら、なんか「よかった!」という話。


d0351435_06014189.jpg

ペイントするなら黒か白かブルーグリーンか・・・いつもだいたいそんなかんじ。
似たようなテイストのものばかりを作っています。

青、黄、赤とか、そんなコントラストの強い選択肢は存在しません。

いつもなら。

だけど、これも断捨離効果なのか(?)いつもとは違う色使いに挑戦したくなりました。

青と黄と赤の、カラフルな信号色で!

d0351435_06014159.jpg


そしたら、なんか・・・「よかった!」んです。

写真でご紹介している「カフェトレイ」はそんな冒険心から生まれた100均DIY。

いつもならステインで古材風にするか、アイボリーまたはブルーグリーンを塗り重ねてアンティーク風にするかの二択ですが、今回は「黄」と「赤」をチョイスしてみました。

普段の雑貨作りでは、まず使わない色です。

ワンパターンな「古物風」から離れてみようと思ったのはなぜか?

わからないけど、断捨離で部屋から色数が減ったことに関係しているのかも。

なんだか最近、以前より自由度が高くなってきた感じがします。

d0351435_09570626.jpg

使った塗料

(クラウディーブルー・ミモザイエロー・クランベリーレッド)

(オバンコール)

d0351435_09431711.jpg

板が並んでる風にしたかったので、色の境界線をカッターの背で押しなぞり、浅い溝を掘りました。

ステインを溝に染み込ませることで、板をつなぎ合わせたかのような視覚効果が得られます。

d0351435_10094608.jpg

これは木材だけでなく紙素材などにも応用可能。

写真のフォトフレームは「段ボール」で作ったものですが、45度カットされた4枚の板が組み合わされているように見えませんか^^

d0351435_10122206.jpg

青果物などに使われる厚みのある段ボールは、雑貨作りに重宝する素材です。

強度がしっかりとしているので耐久性もあり、さまざまな用途に使えます。

d0351435_10095129.jpg

カッターで溝を作ってペイントすれば・・・

d0351435_10095963.jpg

このとおり!

古材風パッチワークフレームの作り方はコチラをご覧下さい

d0351435_10223940.jpg

写真上)溝を掘らず、ペイントしただけのもの

写真下)溝を掘り、ステイン仕上げしたもの


わざわざ板を切断しなくても、溝を掘るだけで

簡単☆スグデキ!

d0351435_10241220.jpg

今回思い切った色使いに挑戦してみましたが、リンドベリのティーカップとも好相性♡

カラフルな色合わせが目を引く、カフェトレイができました。

d0351435_10274130.jpg

アイスドリンクは一層爽やかに、そして寒い冬のホットタイムにも。

テーブルの上を華やかに演出してくれるカラフルなカフェトレイの作り方は、日刊住まいsumaiの連載でご紹介しています。

普段使わない色で、是非お試しください^^

d0351435_10313203.jpg










by pinkpinkolife | 2018-02-13 06:30 | 100円リメイク雑貨 | twitter | facebook
d0351435_05343124.jpg

子供の成長とともに増えていく「おもちゃ」。

絵本とか、ぬいぐるみとか・・・

子供をダシにして購入したものも多数(笑)。

ただ、母が欲しかっただけ。

d0351435_05343153.jpg

息子がセレクトするのは、典型的な男の子おもちゃで、車、虫、恐竜、・・・
戦隊ヒーローモノを卒業して、今はベイブレードに夢中です。

ュフゥウ~!

     ィシャァァ~~~~!

絶妙な擬音語で(母には発声できん)、何やらひとり楽しそう。

d0351435_05343191.jpg

遊び方も派手ですが(見ていて楽しい)、遊んだ後の後始末も大ざっぱな息子。

お片付けというより、ほぼ「投げ入れ」です(汗)。

男と女の違いなのか、はたまた性格なのか・・・
くどいほど分別収納したがる姉とは大違い。

d0351435_05524853.jpg


箱の中に入れるだけの「ザックリ収納」なら、できるでしょ?

ガサツな息子のために作った、母お手製のキャスター付きコンテナボックスは段ボール製!

これにポンポン投げ入れて、ひとまとめにしてくださいよ。

壊されるのは覚悟の上、だけど、良質な段ボール箱を見るとじっとしておれません。

息子に与えてきた「段ボール箱」は数知れず。

d0351435_06091579.jpg


d0351435_06034889.jpg

お片付けの苦手な子供も、まとめてポン!

移動もらくらくなキャスター付きコンテナボックスは、かざばるブランケット類や衣類の収納にもぴったりです^^

材料は「段ボール箱」と100均アイテムだけ!

作り方は大人女性向けライフスタイルメディア folk で公開しています。



by pinkpinkolife | 2018-02-06 06:50 | 100円リメイク雑貨 | twitter | facebook
d0351435_09011687.jpg


我が家は賃貸マンション、住居歴は今年で14年になります。

入居当初はまだお腹にいた娘も、もう中学生。

ひとり部屋が欲しい、欲しくないを繰り返してようやく、ひとり部屋が完成しつつあります^^

d0351435_09011565.jpg


娘のひとり部屋作りと同時進行しているのが、「祭りの片づけ」。

「持ち物を極限まで減らす」を念頭に、ワッショイワッショイ☆

こんまり先生のおかげで私はもう、「捨てられない人」ではありません。

一ヶ月で物を捨てた人選手権、人格が変わった人選手権があるならば、優勝間違いなし。

d0351435_09555258.jpg

ポイントコーナーを一気に片づける「祭りの片づけ」と、日々の「捨てる」習慣が身についてきた今日この頃。

動けるスペースも随分広がり、足取りがとても軽やかです^^

d0351435_10073317.jpg

でも空いたスペースを見ると何か飾りたくなってしまうのは、、、

これはしょうがない、職業病です。

思いついたアイデアは試さずにはいられません^^:>

d0351435_10085747.jpg

今回作業部屋で目が合ってしまったもの

・ウッドケース 桐(セリア)
・アイアンブラケット(セリア)

作り方はとっても簡単!

d0351435_10105067.jpg

ウッドケースを水性ウッドステイン(オバンコール)で着色

d0351435_10134421.jpg

アイアンブラケットを壁にネジ止めし

d0351435_10131513.jpg

ブラケットの上にウッドケースを乗せたらできあがり^^

ブラケットの存在は隠したいので、ケースの蓋は開けておきます。

d0351435_10211596.jpg

直接壁にくっついているように見えますが、ブラケットが支えてくれています。

余計なラインを隠すことで、すっきりとした空間イメージに。

d0351435_10242595.jpg

ブラケットの上は自由に乗せ替えすることができます。


d0351435_10332315.jpg


セリアコレクションケースが廃盤になってはや4年、セリアファンが愛したレジェンドアイテムです。

初代セリアコレクションケースの再販を願っているのは、私だけではないはず・・・。

拝啓 セリア 様

どうぞコレクションケースの復活をお願いいたします。

d0351435_10332355.jpg

断捨離中に物を増やすという矛盾したサイクルにも見えますが、学びはちゃんと活かしております。

それは「文字」。

ウッドケースに英文字を加えたいところを、グッとこらえてみました。

こんまり先生によると、「いくらすっきりさせても「文字情報」が漂っていると、空間がうるく感じられる」のだそうです。

教訓

「情報の多さを侮ってはいけない」


「文字は無意識のうちに情報として処理され、頭の中にざわざわと響きます。文字情報を減らすことで、家全体の雰囲気がグッと静かで落ち着いた空気になります」

こんまり先生のこの着目点には脱帽です。

「人生がときめく片づけの魔法」は一冊まるごと血肉になりますが、この章はとくに感銘を受けました。

減らすものもあれば、新しく加わるものもある、これはもうしょうがないこと。

でも、こんまり先生のおっしゃる「文字情報」を減らすやり方なら、できそうな気がします。

引き算も足し算も、良いい加減にバランスをとりながら・・・^^

来週もこの調子でワッショイ!









by pinkpinkolife | 2018-02-02 06:30 | 100円リメイク雑貨 | twitter | facebook
d0351435_17533188.jpg

朝ベランダに出てみると、バケツに残った水が凍っていました。

d0351435_08232906.jpg

あまりに寒いんで、昨晩は入浴中に歌ってしまいましたよ。

d0351435_08232952.jpg

上野発の夜列車

        降りた時から ~

 青森 駅は 雪の中 ・・・・・・

ァ~ァ ア~~~~

d0351435_08232807.jpg


「 ママ!やめて!その歌怖い!」

気持ちよく歌っているのに怖いだなんて、ぽんたちゃま!

おかあさまがぽんたちゃまくらいの時は、大人も子供も皆こぶしを回して歌った名曲ざます!

怖いというのなら・・・仕方が無いから違う歌にするざます。

この歌はおかあさまが子供の頃、カラオケ好きの曾おじいさま(祖父)とマイクを持ってよくデュエットした思い出の歌ざます。

この歌を歌うと、カラオケ大会で仮装して歌う曾おじいさま(祖父)のハチャメチャな姿が懐かしく思い出されるざます・・・。
天国でもきっとカラオケ大会で熱唱してるに違いないざます・・・!

きっさまっと俺と は  ~

     同期の桜 ~

同じ兵学校の 庭に咲く

    咲いた花なら ・・・・・


「 ママ!それも怖いからやめて!! 」


怖い怖いって!失礼ざますね!

じゃあこれはどうざますか?

この歌はおじいさま(父)がママが子供の頃よく歌ってくれた歌だから、ぽんたちゃまもきっと気に入るはずざます!

テンポがいいからぽんたちゃまもすぐに覚えられるざます♡

ズビズバー! パパパヤー!

    やめてケレ やめてケレ 

 やめてケ ~ レ 

        ゲバゲバ ~ ・・・

「え?最後まで聞かせろって?」

どうやらこれはお気に召したようざます!

ラララ ランランラン ラララ ゲバゲバ ~

意味不明な歌詞が笑える歌の名前は「老人と子供のポルカ」。

ゲバゲバは「内ゲバ」、ジコジコは「交通事故」、ストストは「ストライキ」のこと・・・。
意味を知らなければただおかしなだけだけど、歌詞の内容を知れば笑えない、社会風刺の歌です。
(知らない人はYouTubeで検索を)

ストストパパヤ ~ ・・・

石川さゆりさんから始まり軍歌、そしてやめてケレ~・・・
昨晩は息子にのせられて、危うくゆでダコになってしまうところでした。

d0351435_09382559.jpg

さてさて、今日は100均グッズの寄せ集めで作ったスタンドライトをご紹介します^^

スタンドの部分はキッチンペーパーホルダー(セリア)、工作用ブロック(ダイソー)

d0351435_09411294.jpg

照明部分は、2年前に作った「壁掛けランタン風」をそのまま使いました。

材料は漏斗とパイプブラケット。

今回使った材料は全て、アトリエの断捨離で救出したものたちです。

d0351435_09491742.jpg

スタンドの作り方はとっても簡単!

キッチンペーパーホルダーの支柱とブロックをブラウンに着色し、パイプブラケットをブロックに固定します。

漏斗シェードの作り方は「壁掛けランタン風」の記事をご参照ください。

d0351435_09514109.jpg

ステップルのビニールカバーを油性ペンで黒く塗り(コードと同色にするため)、コードをブロックに止めます。

スタンドの裏面にコードを這わせれば完成です!

d0351435_09580556.jpg

風合いある鉄製(風)のシェードと木の温もりあるスタンドの組み合わせは、昭和ちっくな古道具風。

寒い冬の日にほっこり、素朴な灯りをともします^^

d0351435_10064610.jpg


照明スタンドに使ったセリアの「キッチンペーパーホルダー」は、アイデア次第で幅広く活用できる優れもの^^
支柱の丸棒は簡単にカットできるので、いろいろ使えます!

作例その1


d0351435_09572206.jpg

作例その2


d0351435_10113063.jpg


そして今回、漏斗との出逢いで、スタンドライトができました^^

とても寒い冬の日のことでした。

昭和っぽさがまた、こぶしを回したくなりますね!

ァ~ァ ア~~~~

 津軽海峡 ~ ・・・冬景~色

ご清聴ありがとうございました!








by pinkpinkolife | 2018-01-26 06:30 | 100円リメイク雑貨 | twitter | facebook
d0351435_10182822.jpg

皆さんは「何が好き」ですか^^?

食べ物なら私は餃子といくらとチョコレートと・・・パスタなら和風明太子!

飲み物ならもちろん珈琲で、アルコールなら梅酒です。
オロナミンC割りとかも大好きで、若い頃はよくやりました。

d0351435_10182840.jpg

好きな色は明るい灰みのグリーンで、ペイントする時は大抵この色。

なぜこの色が好きなのかと聞かれても・・・

なぜ師匠と結婚したのかと問われても・・・(笑)

「好き」という気持ちはなかなか言葉では表現することができませんね。

理由はいらないんだと思います。

幸せは、知らず知らずのうちに集まったそんな「好き」で形成されているのではないでしょうか^^

d0351435_10182774.jpg

さてさて、「色」部門で好き度NO.1のグレイグリーンですが、数年前まではコレといった商品がなく、混色して色をつくっていました。

ですが2年前にターナーミルクペイントシリーズの「ピスタチオグリーン」が発売されてからはその必要もなくなり、今ではこのボトル1本!

手軽に「好き」を楽しめる、幸せです^^

d0351435_11580095.jpg

ピスタチオグリーンにホワイトを組み合わせると、ほっこりとした北欧テイストに。


d0351435_12022687.jpg

ブラックとの組み合わせはハードなアウトドアなイメージにもぴったり!


d0351435_11023084.jpg

水で薄めた水性ウッドステイン(チーク)を塗装面に塗布すれば、古びたアンティーク調のグリーンに。

ちょい渋のアンティークグリーンが簡単にできあがります!

かわいい、かっこいい、渋い・・・

組み合わせる色によって、さまざまなテイストが表現できるのもこの色ならでは。

d0351435_11055511.jpg


そんな大好きなピスタチオグリーンでペイントDIYしたのが、写真でご紹介しているディスプレイラック。

材料費はわずか500円で、平置きだけでなく壁掛けにも使えるという優れものです^^

ラックの側面は透明窓になっているので、お気に入りの小物を開放的にディスプレイすることができます。

d0351435_11145844.jpg

作り方は大人女性向けライフスタイルメディア folk で公開しています。


お好きな色で、是非お試しください^^








by pinkpinkolife | 2018-01-23 06:39 | 100円リメイク雑貨 | twitter | facebook
d0351435_08592497.jpg

息子の学期末懇談で先生に言われたひとこと。

「 ぽんたくんに本をたくさん読ませてください 」

d0351435_08592523.jpg

算数は得意だけど苦手な国語には全く興味を示さない息子、小学1年生。

もらってくる国語のテストは20点とかでひどいもんです(汗)。

■次のひらがなを漢字で書きましょう

きゅう( )

答えは( 九 )ですが

息子の回答用紙

きゅう( り )

■次の絵を見て誰が何をしているか書きましょう

息子の解答用紙

「 お十三が十すを九ている 」

答えは

「 お父さんがジュースを飲んでいる 」

■お母さんが切っているものは何でしょう

「おかあさんがストンストンと、ほうちょうでやさいをきっています」

答えは( 野菜 )ですが

息子の回答蘭は

となりの犬


珍回答に家族は大うけですが、そうも言ってられず母は「うんこドリル」を買いに本屋に走りました。

これはもう、日本一楽しい教材と噂される「うんこドリル」様にお頼みするしかない。

メディアでも店頭でも大きく取り上げられるだけあり、それは想像以上に徹底した学習内容でお見事でした!驚愕です。

作者は「うんこ川柳」でも名高い古屋雄作さん。
「うんこドリル」は、この「うんこ川柳」がルーツになっているのだとかで、HPの例文を見てもわかるように見事な発想です。

芸術とも言える問題集に心から感心した母でしたが・・・考え、見送ることにしました。

クレヨンしんちゃんがこのドリルを手にとったら・・・

集中して学習するはずありませんがな =3

d0351435_08592461.jpg

息子の悩ましい国語力問題ですが、実は私も文章を読んだり書いたりするのがが苦手で、国語の偏差値は飛び抜けて陥没しておりました(汗)。
(息子が国語嫌いなのは、もしかしたら私の遺伝なのかも?)

ですが不思議なこともあるもので、30歳を越えたあたりから活字本の面白さに目覚め、今ではすっかり読書女子の一員。

許される時間の全てを本の為に費やし、稼いだお金のほとんどは本代に消えてゆきますが、それも喜びです。

蔵書が増えていくのも嬉しく、一冊一冊が私の大切な宝。

この本をどうやって並べようかと考えを巡らすのも幸せな時間で、板を見るとまず「本立て」を作りたくなってしまうんですね。

これはもう、本の病気です。

今年は本立てを100個くらい作っちゃうんじゃないかという勢いですが、新春第一弾目!

今日は単行本や文庫本を倒さず、おしゃれに収納!

レトロ可愛い、仕切り付きブックスタンドの作り方をご紹介しようと思います^^

今日の材料はコチラ

d0351435_10054793.jpg

・ ミニ桐まな板(キャンドゥ)×2
・ 板材 45×15cm(セリア)×2
・ 板材45×3.8cm(セリア)×1

d0351435_10181424.jpg

■ 仕切り付き 本立ての作り方

1枚の板材(15cm幅)を三等分にカットする。
これが「仕切り板」になります。

d0351435_10212591.jpg

全ての材料をステインでブラウンに着色する。

ペイント時に使えるおすすめアイテム

・豆腐の空きカップ・・・塗料の移し容器
・すのこ・・・塗装後の立て掛け乾燥
・ゴミ袋・・・養生シート

d0351435_09083359.jpg

使った塗料
水性ウッドステイン(チーク・ブラック)

d0351435_10275150.jpg

まな板で板材(15cm幅)を挟むように固定し、本立ての本体をつくる。

本体の台座に仕切りを垂直に立ててネジ止めし、仕切りの背面に背(板材(3.8cm幅))を付けて完成です!

d0351435_10321777.jpg

昭和レトロな風合いがどこか懐かしさを感じさせる、卓上ブックスタンドができました^^

ブラウンカラーのブックスタンドはどんなカバーデザインとも相性がよく、すっきりとした印象の空間に。

仕切りのおかげで、本が雪崩をおこす心配もありません。

底板を地から1cmほど浮かせるのも重要なポイントで、見た目のクオリティーがグンとあがります。

d0351435_09092336.jpg

何度も読みたくなるお気に入りの本は、いつでも取り出せる位置にスタンバイ。

キャンドゥの桐まな板とセリアの板材で簡単☆スグデキ!

材料費はわずか500円!昭和レトロなブックスタンド、是非お試しください^^

d0351435_11300248.jpg


今はスマホで本を読める時代ですが、私は1枚1枚ページをめくる、紙の本が好きです。

装丁、紙質、本立てに並んだ佇まい、、、本の全てにときめきます。

「 本のある暮らし 」

今年はこれが、最大のキーワードです^^








by pinkpinkolife | 2018-01-12 06:30 | 100円リメイク雑貨 | twitter | facebook