カテゴリ:100円リメイク雑貨( 618 )

| twitter | facebook

愛しき古道具

d0351435_08145568.jpg

これは一体何に使う物だろう・・・

古道具さんに行くと、見たこともない不思議な形に心を惹きつけられます。

持ち帰っても、ただ置いて飾ってみるだけ。

用途がわからないので、置物にすることしか考えつかないのです。

だけど、古道具の魅力はそこ。

使いこなすことはできないけど、なにげない風景にある、その姿がいいんです^^

d0351435_08145546.jpg

そっけなくて素朴な質感、いつも落ち着いていて、でしゃばった主張もしません。

あくせくせずいつも冷静沈着なのは、まるで誰かさんのよう^^

d0351435_08565233.jpg

オブジェのような不思議な形をした古道具が好きで、気ままに集めています。

写真でご紹介しているのは、正真正銘・・・

古道具ではなく、セリアグッズ。

d0351435_08145481.jpg

・マスキングテープホルダーの台座
・両面フォトフレーム

(写真には写っていますが、ボルトは使いませんでした)

全て家にあった寄せ集め。

d0351435_09050356.jpg

両面フォトフレームは、2年前に作った「スタンドフォトフレーム」を解体したもの。

d0351435_09061465.jpg


マスキングテープホルダーの台座は5年前に作った「糸巻き」から。

d0351435_09073449.jpg

フレームをL字に解体して、台座を接着しただけ。

d0351435_09104159.jpg

棚受けのような形をした、スリムな飾り棚です。

既にペイントしていたので、塗る手間なし。

わずか5分で完成です。

何に使う物なのかは、作った本人にしかわからない(笑)。

d0351435_09125738.jpg

複雑な形をしているわけではないけど、気になる不思議なもの。

なぜだか大切に飾っておきたくなるような・・・
そんな気持ちになってしまうのも、古道具マジック。

d0351435_09194407.jpg

紙粘土で作ったウマの首回りが、台座にジャストミート^^

d0351435_09212549.jpg

エアプランツが台座の穴にすっぽり、ぴったり賞!

シンプルな構造だけに使い道の可能も広がります。


何気ない風景の中にあるのがいい、

愛しき古道具。









by pinkpinkolife | 2018-08-03 06:30 | 100円リメイク雑貨 | twitter | facebook

40代のライフスタイル

d0351435_08164096.jpg


目の前にあるもの、今持っているもので暮らしを楽しみ尽くす。

40代はそんなシンプルなライフスタイルを目指したいと思っています。

無駄なものをこれ以上増やしてはいけないし、お金もそろそろ貯めていかないと・・・。

娘の塾代がやばい(汗)。

息子は自力でやってもらわねば(汗)。

d0351435_08164077.jpg


今部屋の中にある手作り雑貨は思い入れのあるものだけで、10年前の作品から最近のものまで。
年代もテイストもバラバラです。

一番の古株は私が手作り雑貨に目覚めるきっかけともなった「キュービストライト」。
クリスマス用の電飾と100均の和紙で手作りしたものです。
ブログを始めたばかりの11年前のこと。

d0351435_09022581.jpg
d0351435_09023321.jpg

娘がまだ2歳の時。部屋は無機質なモダンインテリア期でした^^

d0351435_08571048.jpg
d0351435_08555831.jpg


部屋の雰囲気が変わるにつれて飾り場所も移動。

リビング → ダイニング → 子供部屋

子供部屋に飾っていたらボロボロになっちゃったんで、現在メンテナンス中。


d0351435_08464058.jpg


使わなくなった手作り雑貨は「片付け祭り」で全て廃棄しました。

まだ使えそうな物は再利用できるように解体ストック。
スペースの関係もあるので、それも最小限に。

d0351435_09071443.jpg

脚付の木箱(ゾウヘッド付き)は、解体したパーツの寄せ集めです。

セリアの桐箱とアニマルマグネット、LEDろうそく、木製コースター。

既に着色済みだったので接着しただけ。

目の前にあるもの、今持っているもので簡単☆スグデキ!

珈琲を飲みながら本を読んで、ヨガとウォーキングは健康のために、そして何かを作りたくなったら今あるもので・・・。

必要なものを必要な分だけ。

地に足をつけて、これからはシンプルに生きていきたいな!










by pinkpinkolife | 2018-07-26 06:30 | 100円リメイク雑貨 | twitter | facebook
d0351435_05142606.jpg


こんなにも「インスタ映え」時代なのに、少しも動じることがない・・・

なぜもっとお洒落なデザインにしないのだろう。

「ティッシュペーパー」を買いに行く度そう思ってしまうのは、私だけでしょうか。

メーカーのロゴをドドンと印刷したパッケージはザ・ティッシュ!という貫禄。
どれだけ部屋を装ってもその存在感は絶大です。

ボックスデザインを見せたくないからと使われる「ティッシュケース」に抵抗しないのかと思うほど。
たまにキャラクターものの限定デザインが出ますが、花柄とか縞模様とか・・・
そのテイストは一貫してブレません。


パケ買いしたくなるようなティッシュペーパーもあればいいのにな・・・

もう何十年もそんなことを思っています。

d0351435_05310967.jpg

「隠しておきたいけど絶対使う」、ダイニングテーブルのティッシュペーパー。

インテリアの一部として見せれるようなティッシュペーパー求む!


食品保存用のタッパーの蓋に穴を空けて色を塗っただけ。
簡易な作りですが、今もバリバリ現役です。

布製や枝で編まれアジアン風の市販品も試してみましたが、DIYするのが一番の近道でした。

d0351435_05142699.jpg

タッパーのティッシュケースを量産しようと思ったのに、商品が絶版になってしまったよう。
横幅も高さも丁度よかったのに、実に残念!

そこで今回はこちらの材料で簡単☆スグデキ!

切って貼って塗るだけ!

オリジナルティッシュケースを作ってみよう~!

d0351435_05142630.jpg

100均の工作用紙を使います。

丈夫な紙質で加工にも便利な方眼罫入り。

d0351435_06464974.jpg

ティッシュケースの寸法に合わせて「箱」をつくります。

箱の本体はティッシュケースのサイズに縱、横、それぞれ+2mm。
蓋は本体の箱にさらに+2mm。

のりしろ部分も忘れずに展開図に加えます。

ティッシュペーパーの取り出し口は、パッケージの蓋から切り抜いた部分に沿ってトレースします。

そのまま切り取ってしまうのはNG。
ケースの取り出し口から中のパッケージがチラ見えしちゃうので、トレースラインより-3mm内側を切り抜きます。

d0351435_06464926.jpg

のりしろに強力両面テープを貼り、しっかりと側面を固定して箱を組み立てます。

厚みのある紙を直角に折り曲げる時は、曲げたい辺にカッター刃の背で軽く筋を入れておきます。
そうすると丸みを帯びることなくきれいに折り曲げることができます。

※ 力を入れすぎると紙が切れてしまうので注意

d0351435_08223108.jpg

好みの色に着色して完成です。

箱の中に市販のボックスティッシュを入れて蓋をすれば、このとおり!

d0351435_08223185.jpg

使った塗料

ミルクペイント(ヘンプベージュ・クリームバニラ・ピスタチオグリーン)
ミルクペイントforガーデン(モルタルグレー)
水性ウッドステイン(チーク)

d0351435_08330942.jpg

実用性重視の日用品だってインテリア映えすれば、堂々と表舞台に立つことができます。

ですが、待てども待てども・・・
ビジュアルのよいティッシュペーパーには出逢えません。

ティッシュペーパーの質にこだわりはないので、スーパーやドラッグストアで5パック入りのものを買ってますが、デザインがよければ50円増しでも買いますよ。

「パケ買い」マニアの願いは・・・

インテリア映えするティッシュペーパー!
(5パックセットで198円がいいな)

d0351435_08465164.jpg

悩ましいティッシュペーパー問題は自作で解決。

まぁ、これはこれで楽しいけど・・・・・。

d0351435_08543139.jpg


どうしても生活感が出てしまうティッシュペーパー。

来客時には、見られては困るような扱いになってしまうこともしばしば。
(そんなことありません?)

それならインテリアの一部にしてしまいましょう!

本当はタッパーで作るティッシュケースが一押しなのですが、肝心のタッパーが店頭で見当たらないので、今日は「工作用紙」でつくるティッシュケースをご紹介しました。

夏休みの工作にも、お子様のかわいいイラストで是非お試しください^^









by pinkpinkolife | 2018-07-11 09:42 | 100円リメイク雑貨 | twitter | facebook
d0351435_17532396.jpg


梅雨明けよりセミの鳴き声が早いか・・・今日も朝から夏絶好調の暑さですね!

いよいよ夏本番の季節、7月がスタートしました^^

d0351435_17532321.jpg

一週間後にはいよいよ花の40歳。
30代もついに99%のところまでやってきました。

思い起こせば30代、子育てとブログであっという間の10年でした。

時間や気持ちに余裕がなくて発狂したこともありましたが、今になればどれも笑い話。
全力で駆け抜けた、充実した10年でした。

d0351435_18184774.jpg

ブログで繋がったご縁も沢山ありました。

手作りインテリアに関するお仕事も沢山頂き、おかげさまで今では家の中にあるほとんどのものが、自分の手で作ったもの。

壁も、家具も、雑貨も、10年間で作った作品数は数え切れません。

d0351435_18323283.jpg

ちなみに、写真でご紹介している「バードゲージ」も、100均グッズを組み合わせて作った手作り雑貨。

キャンドゥのまな板とセリアのフレーム、格子は「焼き串」を使いました^^

d0351435_05243239.jpg

正面と背面がパタパタ式の扉になっているので、扉を持ち上げるだけで中の物を入れ替えることができます。

お気に入りの雑貨を入れるだけで、アーティスティック!

d0351435_05311364.jpg

天板に吊り金具を取り付けると、おしゃれなハンギングディスプレイも楽しめるバードゲージ。

宙に浮かぶオブジェのようなレイアウトは、ワンランク上のインテリアを手軽に実現してくれます。

d0351435_05310600.jpg

今回作ったバードゲージは「ショーケース」のように、雑貨を魅せる為のもの。

アンティーク雑貨や色褪せたドライフラワーとも相性がよいので、アートな世界感を作り上げる演出にもぴったり。

光や酸素も取り込めるので、グリーンをアレンジしたテラリウム使いにもオススメです。

d0351435_05332276.jpg

置いてよし、吊してよしと、様々なレイアウトを楽しむことのできるショーケース風のバードゲージ。
材料は全て100均アイテムで作れちゃいます!

クローズされたボックスとは違いどの方向からも中を見ることができるので、レイアウトの場所も選びません。

「バードゲージ風ショーケース」の作り方は、大人女性向けライフスタイルメディア folk で公開しています。

是非お試し下さい^^












by pinkpinkolife | 2018-07-02 06:30 | 100円リメイク雑貨 | twitter | facebook

おひとり様休日

d0351435_14324321.jpg

「お昼ご飯、友達と外で食べるからいらない~」

期末テストも終わり、朝から娘は意気揚々と遊びに出掛けました。

旦那と息子、昼過ぎに男ふたり組も出て行きました。

こんないいお天気なのに・・・


ぽつーん。

d0351435_14324322.jpg

のんびり過ごすおひとり様休日も、静かでよいものだわ~。

最初はそんな風に思っていましたが、最近はこんなんばっかり。

娘は「私はパス」と言って誘いにのってくれなくなったし、男組みは釣りとかメカばっかりだし、家族で休日出掛けることがなくなってきました。

少し前までは皆で公園ピクニックしたり、ドライブしたりしてたのに。

寂しいわ ~ (遠い目)・・・。

d0351435_14324274.jpg

今日も居残りになってしまったので、ひとり寂しい休日を過ごしています。

アトリエの断捨離でもしますか。

掘り出しモノはないかと捜索していると、発見!

d0351435_14581871.jpg

エッグスタンドとマスキングテープホルダーの台座を組み合わせて簡単☆スグデキ!

ヴィンテージ風オブジェのできあがり^^

使った塗料

水性ウッドステイン(チーク)
ミルクペイント(クリームバニラ・ピスタチオグリーン)

d0351435_15025550.jpg

エッグスタンドの天地を逆にすることで下部が安定し、小ぶりながら存在感のある佇まいに。
ギャラリーに展示されていそうなユニークなオブジェ風雑貨になりました。

d0351435_15170999.jpg

エッグスタンド(多分セリア)の底面は空洞になっています。

小さな小物を乗せたりホールドできるので、使い方はアイデア次第。

d0351435_15191732.jpg

アクセサリーの収納にも。

6月30日。

今日は15回目の結婚記念日なんですが・・・・・。

家族の好物である「鶏の唐揚げ」の下ごしらえを終わらせ、皆の帰りを待つおひとり様休日。
(寂しいなぁ)


果たして旦那は今日が結婚記念日だと、覚えているのでしょう・・・か。










by pinkpinkolife | 2018-06-30 15:29 | 100円リメイク雑貨 | twitter | facebook
d0351435_14014086.jpg

一昨日、月曜日に大阪府で発生した震度6の地震、怖かったですね。
皆様、地震の被害は大丈夫でしたでしょうか?

痛ましい事故もあり、被害を受けられた方々を思うと本当に言葉になりません。

1日も早く、普段の日常と笑顔を取り戻せますように・・・・・。

d0351435_14014080.jpg

私が住んでいる場所では震度5強でしたが、とても大きな揺れでした。

丁度旦那と息子が家を出たところで、階段を下りていく2人を玄関先の廊下で見送っていた時でした。

ガラガラガラ・・・!

何かが崩れ落ちるような大きな音がしたと思ったら、突然旦那の叫び声が。

と同時に目の前がグッラグッラと揺れ動き、あちこちから警報音が鳴り出しました。
マンションや向かいのアパートから一斉に人が飛び出てきたので、

あ、地震か・・・・やばい!

若干気付くのが遅かったのは、崩壊音と旦那の叫び声に驚いたから。
まさかと心配になり下に下りようとすると、手を繋いでふたりが階段から上ってきたのでひと安心。

「あの音とあなたの叫び声は何!?」

崩壊音はどうやら建物の振動音で、叫び声はスマホの緊急地震速報に慌てた旦那が

「ぽんた!地震や!早く※★△♂※〃@§〒〆◎∥~・・・・・!」

息子に避難を促す声にならない声だったようです。

普段冷静で動じない旦那ですが、この時ばかりはプチパニック。

その姿は階下のマンション友にもバッチリ目撃されておりました(笑)。

d0351435_14522703.jpg

大きな揺れだったので、さぞかし家の中は・・・!

覚悟して家の中に入りましたが、ハンギング雑貨が振り子のように揺れていただけで、奇跡的に落下物はひとつもありませんでした。

写真の天秤風「クリアドーム」もブランコのようにしばらく揺れていました。

d0351435_14564061.jpg

あれから大きな揺れはありませんが、しばらくは警戒が必要とのこと。

皆様、くれぐれも余震にご注意下さいね。

さて、今日ご紹介する100均DIYは、左右に浮かぶ涼しげなクリアドームがこの季節にぴったりの「クリアドームのハンギングスタンド」。

フォルムからもお分かりかと思いますが、「天秤」から着想を得たものです。

d0351435_14552532.jpg

清涼感のあるクリアドームを活かしたインテリアを楽しめる「クリアドームのハンギングスタンド」は日刊住まいsumaiの連載で作り方をご紹介しています。

夏インテリアに是非お試しください^^













by pinkpinkolife | 2018-06-20 06:30 | 100円リメイク雑貨 | twitter | facebook
d0351435_05580289.jpg

今月前半は完全OFFモードでしたが、ようやくスイッチが切り替わりました。

ひとりバケツリレーでベランダガーデンを丸洗い。

この調子で今週はアトリエもやっつけてしまおう=3

体を動かすと脳みそまで活性化されるようです^^

d0351435_05580267.jpg

シンデレラのようにデッキや雑貨類もピカピカに磨きました。

体を動かすって気持ちいい!

この気持ちよい季節に体を動かさないでどうする!

やる気ゼロモードだった自分にそう言って聞かせてやりたい。
d0351435_05580260.jpg

放置していたムスカリやヒヤシンスのミイラも救出、不要な物も全撤去しました。

また今度使えるかも・・・・・

意味の無い邪念も全て水に流しました。

d0351435_06073961.jpg

ガーデン歴10年。

このベランダガーデンで過ごした時間は決して少なくないはずなのですが・・・

なかなか初心者ステッカーがはずせません。

肥料とか・・・・・気にしたことないし(汗)。

d0351435_06091106.jpg

植え替えすら面倒だというズボラっぷりも、10年前と変わりません。

購入した植物をそのまま鉢カバーに入れる目隠し術は、今もよく使う手。

ビニールポットやプラスチックポットの苗は、マグカップなどにスポッと収まるサイズが多いんですよね。

植え替えしなくてもそのまま入れちゃえばよくない?
(本当はよくないんだろうけど)

そんな鉢カバーからヒントを得て、今回100均DIYで作ったのが「コンテナガーデン」。

このコンテナガーデンの特徴はなんといっても開閉式の蓋が付いているというところで、天板を開き、購入したグリーンをコンテナの中に入れるだけで、寄せ植えのようなアレンジが楽しめちゃうんです。

正面からだけでなく上から見下ろした時も、天板蓋が中をシャットアウト!

バレてな~い^^

d0351435_06221661.jpg

ガーデン使いだけでなく、ドライフラワーを使ったコンテナアレンジもおすすめです。

ドライフラワーをどうやって自立させているのかって?

実はある不要品を台座に使っていますが、正面からも上からもそのチープな正体を見破られることはありません^^

d0351435_06281710.jpg


天板の蓋を閉めることによって中のものが見えなくなるので、植物のレイアウトや移動も自由自在です。

わざわざ植え替えをしなくてもスタイリッシュな寄せ植え風アレンジを楽しめる「コンテナガーデン」。
作り方は、大人女性向けライフスタイルメディア folk で公開しています。

見えない部分は手抜きでOK!是非お試しください^^













by pinkpinkolife | 2018-06-18 06:03 | 100円リメイク雑貨 | twitter | facebook
d0351435_05144723.jpg

ブログを開設してもうすぐ12年になります。

このブログのメインカテゴリでもある100円リメイク雑貨の記事数は600本を越え、不要品など他分類DIYも含めると1000記事以上。

総記事数は3750本になりました。

もはや「pink pinko life」は私の半生、大切な財産です^^

d0351435_05144794.jpg

今でこそDIYブロガーという肩書きでお仕事もさせて頂いていますが、このブログはDIYとは全く関係ないところからスタートしました。

「pink pinko life」というブログタイトルも開設当時の名残です。

pink は娘の名前からとったもので、pinko は高校生の時のあだ名。

娘と自分の呼び名のゴロがよかったからそうしただけで、「さくらんぼ日記」でも「子育て記録」でも「娘と私」でも、何でもよかったんです。

ブログを開設したのは2007年6月23日。
その頃私は子育てに疲れ果て、絶望のどん底にいました。

育児が楽しいなんて思う余裕なかったし、毎日が辛くてしかたなかった。
トイレに籠もって泣き叫ぶこともしょっちゅうで、仕事を抜けて旦那に帰ってきてもらったのも一度や二度ではありません。
一種の育児ノイローゼだったのかも・・・
今はそうやって軽く流せますが、当時は本当にどうにかなっちゃうんじゃないかと周りも心配していたほどです。

そんな私を救い出してくれたのがブログ「pink pinko life 」。
破滅寸前の私を見かねた旦那が提案してくれた、育児ブログでした。


d0351435_06152878.jpg


「夏の始まり」というタイトルで、記念すべき第一投目の写真はスイカを食べる娘。

絵日記を綴る感覚で、毎日子育てのネタを探しました。

愛媛と福岡にいる祖父母にも孫の写真を見てもらおうと、使命感も芽生えました。

ブログに写真をアップして簡単な文章を添える。

たったそれだけなのに、不思議と少しずつストレスが解消されていきました。
投稿する写真を撮るために暮らしの隅々を見渡し、見直すようにもなりました。

手作り雑貨の記事は読者さんからの反響が大きく、頂くコメントは何よりの励みになりました。

ブログに夢中になり、あれほど長く感じた1日、1年があっという間に過ぎていくようになりました。

そして気付けば11年が経ち、娘は現在14歳。
身長も私に並び、色付きリップを塗ってお出かけするような年齢になりました^^

d0351435_06240901.jpg

ブログ3年目には愛息誕生♡

ブログのおかげで大儀な妊婦期間もあっという間でした。

入院中は旦那のブログジャック「匠のpink pinko life」が大盛況。

この頃「pink pinko life」は私だけでなく周辺の人を巻き込み始め、100均リメイクに目を付けて下さった編集部さんからの取材依頼がピークだったのもこの頃でした。

d0351435_06465116.jpg

子育ても仕事にもやりがいを感じ、今は充実した毎日を過ごしています。

苦痛しかなかった12年前には、想像すらできなかったことです。

「ブログでもやってみれば?」

きっかけは旦那が言い放った、何気ない一言。

12年前の私に足りなかったのは、夢中になれることでした。

d0351435_05144694.jpg


さて、ブログスタートの経緯はそんなところですが、11年もブログを続けられているのはメインカテゴリ「100円メイク雑貨」の支えがあってこそ。

100均DIYの貢献がなければ、こんなにも長くブログを続けられているとは思えません。

3冊の自著本出版、インテリア雑誌の連載、テレビ出演も経験させて頂きましたが、どれも100均グッズなどプチプラDIYをテーマにしたもの。
現在3社のブログメディアで100均DIYの連載を持たせて頂いていますが、お声掛け頂く仕事内容のほほとんどが「100均DIY」で、毎度おおきに☆100均DIY!なのです。

d0351435_09220512.jpg

写真でご紹介しているインテリアフレームももちろん100均DIY。

もとの姿はコチラ

        ↓

d0351435_06472237.jpg

before



d0351435_09283842.jpg
d0351435_09240769.jpg
d0351435_09283569.jpg
d0351435_09291295.jpg

ごくごくありふれたフレームですが、アンティーク風ペイントを施せばこの通り!


古びた木材のような、木の素朴な風合いを表現した「アンティークウッド風ペイント」。

塗装が剥がれたり汚れたりしたようなダメージ感をイメージして塗り上げる「ヴィンテージ風ペイント」。

ゴールドラインを際立たせ、気品や高級感を演出する「モダンシック風ペイント」。

女性らしい柔らかな色調と塗装の擦れ具合が印象的な「フレンチシャビー風ペイント」。

色や質感が異なるテイストを組み合わせ、がらくたのような風合いを楽しむ「ジャンクミックス風ペイント」。

d0351435_09291172.jpg


100均アイテムなどの安価な材料を使うと、どうしても見た目がチープな作品になってしまうのが悩ましいところ。
特にインテリア雑貨として使うのであれば、見た目のクオリティーは大事にしたいですよね。

そこで今日ご紹介するのが、簡単☆スグデキ「ペイントテクニック」!

100均DIYのクオリティーアップの決め手は、なんといってもペイントです。

色を塗り重ねるだけですが、その効果は一目瞭然!

色だけでなく質感までも変わったように見せることができるペイントテクニックをマスターすれば、DIYの可能性が確実に広がります。

さまざまな創作に役立つペイントテクニックを「もの、ごと。」連載コラムでご紹介していますので、是非ご覧下さい^^













by pinkpinkolife | 2018-06-11 12:02 | 100円リメイク雑貨 | twitter | facebook

100均DIYは化学である!

d0351435_10122834.jpg

元素記号とか分子量とか化学反応式とか、、、

覚えている人います?

水平リーベぼくの船・・・・・・・・
今思い出せと言われても、私はせいぜい船止まり(汗)。

d0351435_10122941.jpg

普通に暮らしていたら化学などは縁の無い話。

と思いきや、そうでもないんですね。

「料理は化学」だとも言われているように、調理法や温度の法則があったり、ちゃんと計量しないと美味しくできなかったり。
最近では女子会で作ったベシャメルソースでそれを痛感いたしました。

定義に従って求める化学はやっぱり難しい。苦手です。

d0351435_10122863.jpg

ついでに長文を読むの苦手なので、説明書とかも大嫌い。
最後まで読んだ試しがありません。

なぜパパの遺伝子を受け継がなかったのか・・・・・

これは娘の中間テストの結果を見てガクリと項垂れてしまった、先週末のはなし。

d0351435_10405453.jpg

化学は嫌いですが、なぜか実験は大好きです。

これとこれを組み合わせるとどんな反応を見せてくれるのか。
好奇心だけは旺盛です。

言わば100均DIYも実験で、成功すれば化学式だってできあがります。

d0351435_10561624.jpg

写真でご紹介している実験器具のようなオブジェは、もちろん100均DIY。

みっつの100均グッズを組みあせて作ったものです。

d0351435_11020190.jpg

化学式は

キッチンペーパーホルダー+カロリースプーン+木製コースター

3つの100均グッズの競演により、新たな化学反応が生まれました。(全てセリア商品)

d0351435_11033031.jpg

今日の実験テーマは「ラボラトリースタンドを作ってみよう」

作り方は、大人女性向けライフスタイルメディア folk で公開しています。

教科書どおりの化学が苦手な方も、是非100均DIYの化学反応を楽しんでみてください^^













by pinkpinkolife | 2018-06-04 05:53 | 100円リメイク雑貨 | twitter | facebook
d0351435_20185101.jpg

「HEROS」の鮮烈なボディーペイントが脳裏に焼き付いて離れません。

d0351435_20350809.jpg

中でも「スリ族」の色彩感覚や抜群のデコレーション術は、真似したくてもできない。

世界一ファッショナブルな民族と言われるだけあって、さすがのセンスです。

奇抜なこのアイデアは一体どこから・・・。

d0351435_20185152.jpg

すっかり「スリ族」に魅せられてしまった私の頭の中は、お花畑とドットが飛び交うという、実にめでたい状況。

これは早くアウトプットしなければッ=3
(いつまでもおめでたいままでは・・・)

d0351435_20474634.jpg

早速「スリ族」風作品を作ってみることにしました。

今回ベースカラーになるのは、mt CASA「ペイントウッド」

ピート・ヘイン・イークのスクラップウッドシリーズを連想させるような、板継ぎデザインのマスキングテープです。

d0351435_20473614.jpg

本当は分割ペイントしたいところですが、今回だけは手抜きで先を急ぎます。

とにかく、早く絵柄を付けたいのです。

早く「スリ族」柄を作りたいのです。

セリアの板材にmtをカットしてベースを作ったら、あとは絵柄タイムに突入です♡

d0351435_20590494.jpg

「スリ族」柄の魅力はなんと言ったって、超絶かわいいドット柄!

ウッドプッシュピンやヤクルトカップを使ってスタンプしてみました。

塗料はミルクペイントシリーズ。

d0351435_21014823.jpg

転写シートについているウッドスティック、スポンジも使って模様作り。

d0351435_21030024.jpg

塗料が完全に乾いたところで、水性ウッドステイン(チーク)を筆先で叩くようにのせ、ウエスで抑えるようにして拭き取ります。

意外にも好相性なマスキングテープと水性ウッドステインの組み合わせ。
こちらの作例も是非ご参照ください^^

d0351435_21085185.jpg


d0351435_21121981.jpg


d0351435_21132177.jpg

古材風の mtにDIYペイントを施して簡単☆スグデキ!

「スリ族」風のパッチワークボードが完成です^^

d0351435_21161932.jpg

目的は達成しましたが、インテリア使いできるようにパーツをプラスしました。

漏斗、リングファイルから外したバインダー、壁掛けフック。
全てラストメディウムで錆風ペイントを施しました。

d0351435_21212033.jpg

ボードの裏面左右に吊り金具を取り付け、表にパーツをネジでしっかりと固定。

d0351435_21225123.jpg

ボードを壁に掛ければ、オブジェのようなインテリアボードに。
引っかけたり入れたりできるみっつのパーツは実用可能です^^

斬新な色彩や大胆な模様はありませんが、控え目な「スリ族」風が白壁をポップに彩ってくれます♡

d0351435_21242779.jpg


草間彌生さんが作品を水玉模様で埋め尽くす儀式を行うように、「スリ族」もまた。
いつでもどこでも、水玉模様は女の子の永遠の憧れです。

嗚呼、今無性に壁を「スリ族」風にペイントしたい気分。

d0351435_21283482.jpg

顔や体をペインティングし、花や草で顔周りを装飾するおしゃれな民族、「スリ族」。

壁や家具をペインティングし、花や雑貨で空間を装飾するDIY愛好家たち。

文化は違えど自分の手でおしゃれを楽しみたいという気持ちは、万国共通なのかもしれませんね^^










by pinkpinkolife | 2018-05-29 06:30 | 100円リメイク雑貨 | twitter | facebook