人気ブログランキング |

カテゴリ:100円リメイク雑貨( 687 )

| Instagram | homepage
d0351435_15083345.jpg


花ように広がる葉。

色褪せたグレイッシュな色彩。

ハマる人はとことんハマる。

知れば知るほど不思議で神秘的な、多肉植物。

見ていて飽きることがありません。

d0351435_15083328.jpg

多肉植物は水遣りや植え替え、面倒な手間もなく育てることができる植物。

インテリア雑貨のようにアレンジも自由自在なので、ガーデニングだけでなくインドアグリーンにもぴったり^^

どんなスペースにも順応する強健な性質で、器や小物との組み合わせを遊ぶように楽しめます。

多肉アレンジは植木鉢だけに限らず。


d0351435_15083211.jpg


例えばこれからの季節には、涼を演出してくれる透明な「クリアグラス」がおすすめ^^

清涼感のあるガラス素材が多肉植物の繊細な色彩を引き立ててくれます。


d0351435_15401064.jpg


窓際に並べると光の透過を眺めながら成長観察も楽しめます。

ガラス越しに見るアーティスティックな多肉アレンジはビジュアル度満点^^

透き通ったグラスと鮮やかな多肉植物の美しいコンビネーションが、涼しげな空間を演出してくれます。


d0351435_15355140.jpg


ラベルなどでグラフィックポイントに加えるとキリっと引き締まった、スタイリッシュな印象に。

プレゼントとしても喜ばれること間違いなし^^


d0351435_15363438.jpg


テーブルセンターに並べておけば、ティータイムの話題にも。

透明感と抜け感のある「グラスアレンジ」は、おもてなしグリーンにもぴったり。


d0351435_15371363.jpg


夏も近づくこれからの季節にぴったりの「グラスアレンジ」。

簡単に作れて日常管理の手間もなく、どんなスペースにも気軽にレイアウトすることができます^^


d0351435_15381283.jpg


作り方は大人女性向けライフスタイルメディア folk でご紹介しています。

是非お試しください^^












by pinkpinkolife | 2019-05-20 06:30 | 100円リメイク雑貨 | Instagram | homepage
d0351435_16321667.jpg


本屋さんで書籍を買ったときに問われる「カバー」の有無。

私は電車や車、カフェなどの外出先でも本を読むので、ブックカバーはありがたいサービスです。


「カバーをおつけしますか?」


張り切って答えます。


「はい!お願いします!!」


d0351435_16321630.jpg

以前は丸裸の表紙をさらしても気にもなりませんでしたが、何年前からでしょう?

ブックカバーなしで持ち歩けなくなったのは。

そう感じるようになったのは

電車やカフェで見かける読書女子の影響。

女子に限らずですが、電車の中で活字本を読んでいる人を見るとつい見とれてしまいます^^


d0351435_16321610.jpg

電車内でのスマホ操作は今や当たり前。

そんな中で後光がピッカー!と差して見えるのは

ピシッと背筋を伸ばし、足を閉じて本を読む読書女子。

思わず釘付けに^^


d0351435_16595640.jpg


佇まいの素敵な人は、極めつけにブックカバーを装着しています。

書店のペーパーカバーだったり、ハイレベルになると手作りの布製カバーだったり。

何を読んでいるのか謎めくところも魅力的^^


d0351435_16322396.jpg

前置きが長くなりましたが、

今日はそんな読書女子の手作りブックカバーに憧れて。

刺繍のように描ける絵具「ステッチカラー」で簡単☆スグデキ!

なんちゃって刺繍でつくる布製ブックカバーの作り方をご紹介します^^

針も糸も使いません!


d0351435_17090105.jpg

布製だけど、紙を使います。

画用紙でもいいし、プリント用紙でも。

本をくるめる大きさであればOK!


d0351435_17110497.jpg

1本持っていると便利なのが「建築用両面テープ」。

工作用とは比べものにならないほど接着がよく、DIY木工の仮止めにも欠かせないアイテムです。

木材、アクリル、もちろん布や紙にも強力ぴったんこ☆

オールマイティに使える優れものです。


d0351435_17165396.jpg

画用紙の片面にテープを貼って生地を貼り付け、はみ出た部分はカッターで切り落とします。

裁縫ができれば、ふっくらしたナチュラルな布製カバーが作れるんだろうけど、私は生まれつきの裁縫音痴。

そこはごまかしながら生きていくしかありません^^:

裏面は紙ですが、表面は布。

「布製」のブックカバーは難易度が高いので、「紙」の性質を利用して工作します!


d0351435_17540205.jpg

書店でカバーを頼むと店員さんが紙を折りたたんで、カバーをこしらえてくれます。

ゆっくりと丁寧な店員さんもいれば、超高速の店員さんも。

目にも留まらぬ達人パフォーマンスは何度見ても驚きます!

どうやって折ってるんだろう?


「本屋」「ブックカバー」「折り方」


気になる方はキーワードを入力して検索を。


d0351435_17203862.jpg

本の長さに5mmほど加算し、紙の上下を内側に折りたたむ。

爪でしごいて折り目をしっかりつけて。


d0351435_17533832.jpg


紙の端を内側に折りたたみ、表紙を入れるポケットをつくります。

ポケットの幅が狭いと表紙が抜けちゃうので、3cm以上あるとよいです。


d0351435_18012236.jpg

反対の端も折りたたんで、もう一方の表紙を差し込みます。

コツはしっかりと折り線をつけること。

厚手の紙を使うと閉じが悪くなるので、しばらく重しをのせて馴染ませて。


d0351435_18035110.jpg


あとは「ステッチカラー」で絵柄を自由に描き入れるだけ!


d0351435_18042305.jpg

ラベルやシートを貼ると、プロダクトっぽい仕上がりに^^


d0351435_18052237.jpg

余った端布でパッチワークしても。

布の始末をしていたら手間も時間もかかるので、やりません!

切りっぱなしのほつれも、手作りならではのご愛敬^^

d0351435_18092959.jpg

縫わなくても、刺繍しなくても、それっぽい。

なんちゃって刺繍の布製ブックカバー。


d0351435_18100573.jpg

並べた姿も愛嬌たっぷりです^^


d0351435_17540205.jpg

布でブックカバーを作るとなると、

さらに刺繍を施すとなると、それこそ1日コース。

根気と器用さが求められる「刺繍入りの布製ブックカバー」。

ですが、

布を紙に貼って折るだけ。

ステッチカラーで刺繍風のデザインを入れるだけ。

これなら裁縫音痴の人も、数十分で作ることができます!


d0351435_18103885.jpg


子供と一緒に手作りブックカバーを作るのも楽しいですね!

是非お試しください^^


d0351435_05212406.jpg

明日は「巻くだけで」であれもこれも可愛く大変身!

ステッチカラーでつくる刺繍風リボンの作り方をご紹介します^^










by pinkpinkolife | 2019-05-16 06:30 | 100円リメイク雑貨 | Instagram | homepage
d0351435_05304567.jpg

ズバリ、私は針と糸を使って「縫う」作業が苦手です。

ひと針刺してイラッ、10針も進めば何故か糸が絡まって先に進めない。

玉結びに辿り着くまでどれだけ ~

針の穴に糸を通すことがすでに面倒臭いレベルです(汗)。


d0351435_05304505.jpg

不器用、せっかち、ズボラでガサツ、、、

そして教科書どおりにやることができない、究極の面倒くさがり屋。

そんな性格なのでテンションが上がるのは、お金をかけず簡単にすぐ作れるもの。

「刺繍」なんて・・・

聞くだけでも足が竦んじゃいます。


d0351435_05304698.jpg

ステッチとか

エベレスト並みにハードルが高い高い。

やってみようと思ったことすらありません。

ですが、

こちらの刺繍なら私にもできるかも^^


d0351435_06181921.jpg


今春ターナー色彩から発売されたばかり!

刺繍のように描ける絵具「ステッチカラー」なら!

針と糸を使わなくてもできる刺繍なら私にもできそうだ!

「刺繍風」雑貨が簡単に作れちゃう絵具の使い方は昨日ご紹介したとおり^^

手持ちの生地にステッチカラーでイラストを描けば、このとおり!


d0351435_06220974.jpg

ぷっくりと立体感のある文字や絵はまるで刺繍糸のような質感。

「なんちゃって刺繍」のおかげで、敬遠してきた布モノつくりが楽しくなってしまう勢いです!


d0351435_06251584.jpg


今日は「ステッチカラー」でつくるファブリックパネルの作り方をご紹介します^^

一生縁がないと思っていた刺繍枠はセリアで調達。


d0351435_06505706.jpg


ミルクペイントオールドウッドワックスウォーターベースコートでペイントすれば、アンティークな風合いに^^


d0351435_06310140.jpg


刺繍枠の中にバランスよく絵柄をおさめるため、刺繍枠を定規がわりにして円を描き、切り取り範囲を決めます。

円の内側に鉛筆で下絵を描いたら準備はOK!


d0351435_06383794.jpg

いよいよステッチカラーの登場です。

チューブを押しながら絵の具を出し、下絵に沿ってラインやドットを描き入れます。

最初は力加減が難しいかもしれませんが、慣れればペンと一緒。

このくらいの絵柄なら5分ほどで描き上がります。


d0351435_06472811.jpg

絵の具が完全に乾いたら、刺繍枠に生地をセット。

枠外の余分な生地をカットすれば完成です!


d0351435_06494893.jpg


壁にプッシュピンをさして刺繍枠をひっかけて。

ファブリックパネルが殺風景な壁面を温かな雰囲気に演出してくれます^^


d0351435_06550663.jpg


金糸のような光沢のある「きん」「ぎん」を使えば、高級感のある仕上がりに。

華美すぎず上品な、エレガントなシチュエーションにもぴったり。


d0351435_06590632.jpg


刺繍枠にはめ込んだ生地をカットせずそのまま使っても。

アトリエ感のあるディスプレイが楽しめます^^


d0351435_07004337.jpg


さりげなく飾ってインテリアの一部に。


d0351435_07010255.jpg


ハンドメイドならではの味に温もりを感じる「刺繍」雑貨。

コーナーに添えておくだけほっこりした雰囲気に、心和みます。


d0351435_07022164.jpg


刺繍枠を最後に使ったのは、たしか小学5年生の時。

家庭科の授業で「クッキーモンスター」の刺繍をした以来のことだと思います。

図工の成績はそこそこでしたが、

家庭科は・・・・

その時の「クッキーモンスター」もまさに化け物そのものでした。


d0351435_07031738.jpg

ハードルが高すぎる「刺繍」も、ステッチカラーなら簡単☆スグデキ!

裁縫が苦手な人は是非「なんちゃって刺繍」で、チクチク気分を味わってみて下さい^^


d0351435_10095391.jpg


刺繍のように見えるけど、実は絵画。

針も糸も使わないから、これは家庭科ではなく図工です。


d0351435_10220593.jpg


紙とペンだと思えば勇気リンリン☆

明日は「なんちゃって刺繍のブックカバー」の作り方をご紹介します^^










by pinkpinkolife | 2019-05-15 06:30 | 100円リメイク雑貨 | Instagram | homepage
d0351435_05450237.jpg

ゴールドやシルバーなどの光り物は「黒」によく映えます。

アクセサリーも黒い服を着ていると輝きを増して見えるし、収納時も黒を背景に持ってくればエレガントな印象に。


d0351435_05450218.jpg

スタンドプレートは家にある材料で作ったもの。

品格を演出してくれる「黒」は、光り物だけでなく食べ物も美味しそうに、そしておしゃれに見せてくれます。


d0351435_05450254.jpg

材料はストック箱から救出されたパイ皿(セリア)とテラコッタ鉢。


d0351435_06023800.jpg

くっつけて黒く塗っただけ。

簡単☆スグデキ!


d0351435_06023889.jpg

ディスプレイにもぴったりなスタンドプレートができました。

所要時間わずか15分ほど^^


d0351435_06133600.jpg

シンプルな色と形状で、有彩色をより魅力的に引き立ててくれます。


d0351435_06140061.jpg

嫁ぎ先はSOLACAFEの販売スペース。

委託作家さんのアクセサリーをディスプレイ。

最近はカフェ仕様の雑貨を作ることが多くなってきました^^


d0351435_06192969.jpg


連休明けから早速カフェに出勤しております^^

今月は厨房のリフォームを予定していて。


d0351435_06192921.jpg

この日は客として来店。

子連れママのランチ会には、授乳時にカーテンを引ける奥部屋がおすすめ。

生後3ヶ月、ママ友ちゃんの4男坊お披露目会となっております^^

d0351435_06254639.jpg

小学5年生、2年生、そして幼稚園の年中さん。

やんちゃ3坊主だけで日々命がけ。

「また男の子やで!」「今度こそ過労死する」

これまでの経験から不眠不休の産後をイメージしていた、去年の冬(写真上)

ところが・・・


d0351435_06240247.jpg

「生まれてからずっと寝てんねん!」

初めて煩うことのない我が子が誕生。

信じられないという(笑)。

3人の兄様からも可愛がられ、家族で溺愛中なのだとか^^


d0351435_06374876.jpg

外出時もぐずらないからどこでも連れていけると意気揚々。

授乳中は腹が減ると、この日もごはん大盛りの生姜焼きをオーダー。

男の子4人の子育ては体力勝負。

頑張れ!かあちゃん!!


あ・・・

わたしたちはごはん少なめで・・・。










by pinkpinkolife | 2019-05-10 06:44 | 100円リメイク雑貨 | Instagram | homepage
d0351435_06550607.jpg


休日はヘアアイロンで髪の毛を巻き巻き。

BBクリーム、オイルリップ、毛穴パテ職人!?

昭和時代では考えられない、令和女子中学生のメイクポーチ。


d0351435_07290164.jpg


メイクアップの知識は母以上。

最近では娘にスキンケアを教わったり、コスメをコソッと拝借したり(笑)。

お年頃娘に便乗してみる今日この頃です^^

お年頃娘にもなると、鏡を見る回数も尋常ではありません。

家の中にはDIYで作った鏡がやたらとあるので、立ち止まってはチェック。

玄関、リビング、ダイニング、トイレにバスルーム、もちろん自分の部屋にも。

鏡を見つけるとすかさずチェック。

自己演出に余念がありません。


d0351435_06550692.jpg

そしてまた鏡を作ってしまう母。

材料はセリアの板材45cmシリーズとビックミラー、インテリアウォールラック。


d0351435_06550515.jpg

思い立ってしまうと作らずにはいられないのです。

セリアグッズで簡単☆スグデキ!

飾り棚付きウォールミラーができました^^

作り方は大人女性向けライフスタイルメディア folk でご紹介しています。




d0351435_07442891.jpg


ますます娘が無駄に立ち止まってしまう~(笑)。









by pinkpinkolife | 2019-05-09 06:30 | 100円リメイク雑貨 | Instagram | homepage
d0351435_05231342.jpg

家庭訪問や授業参観、学校行事が目白押しの4月。

自宅とカフェと学校と。

今月はこの日替わり三角コースになっております^^


d0351435_05231306.jpg

昨日はイベント後で臨時休業だったSOLA CAFE。

この機に倉庫の大掃除を決行しました。

2畳ほどのスペースに山盛りになった段ボール。

手前からどんどん押し込んで収納しているため、本人も奥に何があるのか把握できていません。

足の踏み場もなく、今にも雪崩を起こしそう。


「とりあえず全部外に出して!」

「ときめかないものは不要だから!」

どこかで聞いたことのあるフレーズ(笑)。

こんまり先生に憑依してもらい、私は容赦ない捨てるマシーン!

「まずは『捨てる』を終わらせましょう!」




d0351435_05460132.jpg

それでも「捨てられない」と、家に持ち帰ろうとするゆっかちゃん。

見ていると、もうひとつの倉庫に押し込めようとしている・・・


「 あか ~~~ ん!」


d0351435_05231441.jpg

娘の家庭訪問、息子の帰宅、自宅とカフェの往復は今まで何度もあったけど、これほど憔悴しきったことはあったろうか・・・。

一気に、短期に、完璧に・・・!

断捨離ほどエネルギーを使う労働はありません。

こんまり先生のように病院に搬送されそうな勢いでした(笑)。


さてさて、話はガラリと変わりますが、

今日は久々に手作り雑貨をご紹介したいと思います。

冒頭からのガーデンボックスの写真は毎度おおきに☆100均DIY。

材料はセリアの「ウッディスクエアボックス」とホームセンターで購入した「木板」。

ワンコイン500円でお釣りがくるコスパの高いアイテムです^^


d0351435_06021985.jpg

縱に向きを変えれば棚としても使えます。

ちょっと収納したいだけのプチラックにもぴったり☆

ボックスの側面の隙間は「持ち手」にもなるので移動もらくらく。

レイアウトしたい場所や見せたい角度など、手軽にアレンジすることができます。


d0351435_06073686.jpg

屋外ではグリーン映えするガーデンボックスに、

雑貨やツールを見せて収納する3段ラックに、

用途やシチュエーションによって2WAY収納が可能な仕切り付ウッドボックスです。


d0351435_06125944.jpg

作り方は大人女性向けライフスタイルメディア folk でご紹介しています。

簡単に作れるので是非お試しください^^












by pinkpinkolife | 2019-04-24 06:29 | 100円リメイク雑貨 | Instagram | homepage
d0351435_05420733.jpg


ウォールペイントから始まり店内什器、そしてディスプレイ雑貨まで。

おちゃめな粗も満載ですが、そこは素人DIYならではのご愛敬^^

カフェは手作りの温もりあふれる空間に変身しました。

無謀な挑戦をチームワークと情熱でやり遂げた「素人DIY集団」のカフェリフォーム。

内装のお披露目公開は今日が最終話です^^





d0351435_05420763.jpg

奥のソファー席にはまだ手をつけていない壁がありました。

殺風景なこの白いキャンバスは、100均DIY雑貨を掛けてギャラリー風に。


d0351435_05482094.jpg


壁に直接何かをしているわけではないので、いつでもディスプレイ替えすることができます。


d0351435_05420646.jpg


まな板だったり、空き缶だったり、使い古しの筆だったり。

特別なものや高価なものはひとつもありません。


d0351435_05480213.jpg

その右隣に設置したのはキッズ雑貨のコーナー。

布作家さんがつくる子供用のファッション雑貨が並びます。

スタイ、ヘアバンド、マスクやハンカチ、髪飾りなど。

ギフト用に購入される方多数。

子供におねだりされるお母さん多数。

以前はキッチンカウンターの上にズラズラと並んでいました。

1カ所にまとめると子供部屋みたいで可愛い!と大好評^^


d0351435_06002328.jpg


家に飾ってあったDIY雑貨も多数、嫁ぎに出しました。

こちらの場所の方がしっくりくるような気がして^^


d0351435_06024100.jpg

オーナー自らペイントしたりんご箱は収納兼ディスプレイ使い。

ドリンクボトルもいつの間に?

お店で出た空き瓶や空き缶もストックするようになったのだとか。

この一ヶ月でもうすっかりDIYペインターです^^


d0351435_06033247.jpg

「餅屋」さんがゆずってくれたという木箱も同じくブラウン×ブラックでペイント。

色数を限定させることで空間に統一感が生まれます。


d0351435_06061691.jpg

什器や雑貨は黒を基調とし、グリーンや小花の色をアクセントに散らしました。


d0351435_06075199.jpg

娘のイラスト入りカレンダーもさりげなく参加^^

イラストは月替わりで、5月はクマ、6月はウシ、

7月は・・・

只今絶賛制作中。

d0351435_06103839.jpg

メニューボードはオーナーの初ペイント作品。

ラストメディウムでバインダーをジャンクペイントしたのは2年ほど前のこと。

ちなみにメニュー表は去年私がデザインしたもの。

今夏はドリンクの種類も増え、新メニューになる予定です^^


d0351435_06241552.jpg

不定期だった夜カフェも今後は回数を増やしていきたいとのこと。


d0351435_06255940.jpg

壁を塗り、什器をつくり、手作り雑貨を飾って。

まだまだ手つかずのところも多いですが、リフォーム開始から一ヶ月。

これにて一旦、素人DIY集団によるカフェリフォームを終了させたいと思います。


d0351435_06334367.jpg

一ヶ月前のことがもはや遠い過去のよう。

メンバーたちはまたいつもの常連客に戻り、ゆっかちゃんのつくるランチを食べにやってきています。

私はというと、やり残した箇所を作業しに毎日通っているうちに・・・

ウエイトレスだけでなく厨房で料理も任されるように(笑)。

お客さんがいない時はリフォーム作業を、お客さんがいる時は店のスタッフに。

引き籠もってテレビばかり見ていた自分はもういません。

朝から動ける幸せ、毎日がとても充実しています^^

カフェにいると自然とあちこちが気になり、まだまだカフェリフォームは続きそうな予感。

進展があったらまたレポートしたいと思います。


d0351435_06260364.jpg

リフォーム後は委託作品の依頼がドッと増え、今後の体勢を見直さなくてはと「ゆっかちゃん」。

今まで以上に毎日が忙しそう^^


d0351435_06453605.jpg

来月はプロカメラマンによる講習もカフェで行われることに。

どうしよ~ どうしよ ~

カメラの練習しとかなあかん~


d0351435_06465460.jpg

今までスマホで撮影していた「ゆっかちゃん」ですが


d0351435_06473190.jpg

晴れての一眼デビュー!!
(カメラは旦那さんの)

学生を対象をした講習の場にとの依頼もあり、対応にも大忙し。

連鎖的な変化が次々と訪れているようです!


d0351435_06521419.jpg

この日はメンバーの「ちーちゃん」と「あいちゃん」がランチを食べに来た日。

私たちもカメラ講習受けたいな!

残念ながら第1回のレッスンは予約受付終了してしまったので、次回に期待!!


d0351435_06550651.jpg

リフォームレポは今日が最後ですが、明日と明後日は「おまけ」で2記事続きます。

(やっぱり)ガーデンコーナーも作りたいと言い出したゆっかちゃん。

「ペイントするの楽しいねん!」とやる気十分=3

使い残した塗料で、余りモノ簡単ペイント☆

明日はカフェの入り口に作ったグリーンコーナーを紹介したいと思います^^










by pinkpinkolife | 2019-04-19 06:30 | 100円リメイク雑貨 | Instagram | homepage
d0351435_09363895.jpg

ウォールペイントから始まり什器作りまで。

情熱だけで突っ走る素人DIY集団によるカフェリフォームレポも終盤です。




d0351435_09363831.jpg

新装したエントランスに商品ディスプレイのコーナーが設置されました。

アクセサリー作家さんの大人可愛い作品がお客様をお出迎え^^


d0351435_09363828.jpg

大切な作品を並べるこちらののディスプレイラック。

もともとコンクリートブロックを脚にして積み重ねていた板を再利用したもの。

板を塗り替えて棚脚は100均DIYで仕上げました^^


d0351435_09511196.jpg

時間もコストも無駄にはできません!

塗料の乾燥待ちの時間に板を着色。


d0351435_09560803.jpg

使ったのは「OLD WOOD WAX 」。

擦り込むだけで古材のように仕上がるので、DIY初心者さんにも使いやすいワックスです。

ミルクペイントfor wallは今回初めてだったのでモゴモゴしましたが、こちらのワックスは既に実戦済み。

自信を持ってメンバーに教示することができました。

OLD WOOD WAXは無垢の木に塗り込むだけで、味のある古材のような色味を表現できるワックスです!

滑らかな塗り心地はクセになるほど^^




d0351435_10093196.jpg

メンバーが選んだカラーは「ウォルナット」。



    スイスイ塗れて気持ちええわぁ~

めっちゃええ色やん!

       私もやらせて~

家の中もDIYやりたくなってきた!



コツもいらず簡単に塗布できるので、思い思いの発言で余裕をみせるメンバーたち。

わずか15分ほどで古材風の棚板ができあがりました!


d0351435_10133043.jpg

ラックの脚に使ったのはキャンドゥのウッドパネルとセリアの45cmシリーズの板材。

棚板に脚をネジで固定したいとことですが、イベント時にはオーナー自ら解体できるというのが条件。

置き場所にも困らないようにコンパクトにして欲しいという、これまた無茶な注文。

依頼するのが素人なら請け負うのも素人。

素人 VS 素人 だからこそ・・・

ハチャメチャなことが可能になりました。


d0351435_10150089.jpg

垂直に立てた脚に棚板を載せるだけ!

すぐに解体でき、しかもスリムでコンパクトな2段ラックができました!

棚板の重さで脚がしっかり垂直固定し、故意に動かさない限りグラつくことはありません。


d0351435_10364791.jpg


ちゃんとしたDIYをしている人には鼻で笑われそうな構造ですが、やってみなければわからないもの。

100均で棚脚なんて作れるわけないと失笑した旦那を見返すこともできました。

邪道ですが、多少の地震でも崩れることはありません!

無知で無鉄砲な素人だからこそできたDIY什器です。

かかった費用は1000円ほど。


d0351435_16485103.jpg

before


d0351435_10391193.jpg

以前はキッズ雑貨と装飾雑貨が入り乱れていましたが、大人コーナーに統一。

アクセサリー作家さん作品が並びます。


d0351435_10410909.jpg

レザー小物ブランド「 Bavarder 」を運営しているのは、今回のリフォーム集団の一員、遡ればリフォーム提案者でもある「ちーちゃん」。


商品の納品にやってきたところに丁度居合わせたのが初対面でした。

その時はほんの少し会話しただけでしたが

一年後の再開では・・・

リフォームチームを結成!

人生何が起こるかわかりません。


d0351435_10574864.jpg

コロンとしたフォルムが可愛いアクセサリーは上質なラムレザーを使用。

シックな装いにも、カジュアルなファッションにも。

お顔を明るく演出してくれそうです^^


d0351435_11044349.jpg

壁に取り付けたウォールラックもセリアの45cm板材シリーズを使って。

ストッパーに使ったのはコーナンのL字工作板。


d0351435_11061863.jpg

そしてオーナーの「ゆっかちゃん」もアクセサリー作家さん。

カフェと主婦仕事を終え、子供たちが寝静まった深夜に創作活動。

片時もじっとしていられない性分だそうです。


d0351435_11130505.jpg

フリンジやリングなど、大人かわいいディティールが上品な甘さを演出します。

ファッション雑貨が大好きな「ゆっかちゃん」。

オーナーの日替わりファッションチェックもお忘れなく!


d0351435_11125476.jpg

室外で粗末に扱われていたワインボックスやりんご箱もフル活用。

ペイントして仕切り板を付ければ立派な什器に。


d0351435_16470320.jpg

カラーボックスも余った塗料でペイントすればキッズ雑貨のディスプレイスペースに。


d0351435_16470311.jpg


新しく買わなくても今ここにあるもので。

自分達の手でできることを全力でやるだけです。


d0351435_16485109.jpg


一ヶ月前はこう。

商品と食器類が絡み合う、混沌としたスペースでした。



d0351435_11295088.jpg

不要なものは処分し、什器は動線を考えて配置。

必要な場所に必要な物を。

あっちにもこっちにも新しい風が吹き始めました^^


d0351435_11321656.jpg

そして素人には無理だと思われていた「カウンターテーブル」だって作れちゃったり!

オーナー「ゆっかちゃん」大絶賛!!

明日は素人DIY集団が「カウンターテーブル」をつくります!

つづく










by pinkpinkolife | 2019-04-17 06:30 | 100円リメイク雑貨 | Instagram | homepage
d0351435_05193510.jpg

「カフェを自分の手でリフォームしたい」

オーナーの願いを叶えるべく立ち上がった常連客6人。

今週もまだまだ続きます。

オーナー + 常連客による素人DIY集団によるリフォームレポ!

お金をかけなくても、経験がなくても、やる気があれば(大抵のことは)デキる☆






d0351435_05193576.jpg

「 玄関は家の顔 」と言われますが、カフェだって同じ。

第一印象を大きくする入り口の演出は地味すぎず、華美すぎず。

目に馴染みやすいシックなモノトーンでレイアウト。

落ち着いた色彩と質感で大人可愛い雰囲気を演出しました。

今日は入り口付近に施したディスプレイDIYをご紹介したいと思います^^


d0351435_09180916.jpg


まずは縱に伸びたツートーンペイントから。


d0351435_05361334.jpg

使った塗料はミルクペイントfor Wallの200mlボトル4本。

・テクスチャーメディウム(漆喰風)

・ジンジャーシロップ

・オーガニックコットン

・ブラックペッパー


d0351435_05395040.jpg

養生テープで囲いを作り内面を塗装します。

アンティークベージュとブラックのツートンペイントで上部と下部を塗り分けます。

上部はメディウム(漆喰風)をコテで左官塗り。

凹凸のある古びたテクスチャ感を表現します。


d0351435_05455189.jpg

メディウムが乾いたらジンジャーシロップをまだらに塗布して下地を作ります。


d0351435_05462859.jpg

オーガニックコットンをスポンジで叩くようにして塗り重ね、古ぼけた質感を表現。

下部はブラックでキュッと引き締めて。

ぼやけてしまいそうな明るい色は黒を添えるとスレンダーに締まります。

ファッションのトップスとボトムの関係と一緒です。


d0351435_05502503.jpg

ウエルカムボードに入れたカフェのネームプレートは、100均のアルファベットステッカーを使いました。

使いたい文字をクリアファイルに貼って


d0351435_05552751.jpg

ラストメディウムで錆ペイント。

塗料が乾いたらクリアファイルからステッカーを剥がし、ウエルカムボードに貼り付けます。

アイアンプレートのようですが正体は・・・

毎度おおきに☆100均リメイクです!

アルファベットステッカーを使ったインテリアアレンジはこちらをご覧下さい^^


d0351435_06001147.jpg

倉庫に眠っていたライトは開業時からもともとあったもの。

黒く塗って錆ペイントを施し、アクセサリーチャームを貼ってお化粧直し。

工業っぽい無骨なフォルムにゴールドのアクセサリーがキラリと映えて。


d0351435_06081585.jpg

お客さんを温かくお迎えしながらカフェの名前を優しく照らします。

右横に並べたすのこ状のついたては配線隠し。

着色したキャンドゥのウッドパネルを交互に縦列させました。


d0351435_09234759.jpg

飾り棚はセリアの45cm板材シリーズを組み合わせて。


d0351435_09235033.jpg

解体したDIY雑貨のストックをフル活用!

ペイントの手間がないので組み立て時間はわずかな数十分。

今回のリフォームでは解体資材が大いに役立ちました。


d0351435_09332456.jpg


入り口から早速100均DIY雑貨のオンパレードです!


d0351435_06124778.jpg

before



d0351435_06131463.jpg

after


d0351435_09294335.jpg

無謀かと思われた素人DIY集団のカフェリフォーム。

たった3日間で土台を作り上げ、什器や備品も自分たちの手で。

常連客たちの情熱がオーナーの願いを叶えました^^


d0351435_06134498.jpg


・販売スペースとカフェスペースの境界を明確にしたい

・アクセサリー商品を大人っぽくディスプレイしたい

・イベントが多いので什器は簡単に解体できるもの

カウンターテーブルを作りたい、

グリーンを飾りたい、

入り口のドアーも変えたい・・・・・

オーナーからの要望は予算のことだけではありません。

さすが素人、なんでも簡単にできると思っている!

そんなわがまま依頼者の注文を受けるのも素人!


素人 VS 素人


めちゃくちゃな企画が立ち上がったもんです。


d0351435_06225401.jpg

中でもアクセサリー商品の展示をアピールしたいと言うので、入り口付近に什器を設置しました。

出入りのあるこの場所ならお客さんの目にもとまりやすいでしょう。

以前はキッチンカウンターの上で売り物なのか飾り物なのか・・・


d0351435_09324085.jpg

物事を動かすエネルギーは情熱、何事も原点は「やろう!」と思う熱意です。

大切なのは経験ではなく、まずはやる気なんだと。

このリフォームを通して痛感しましたよ!


d0351435_09294621.jpg

SOLA CAFE にはそんな情熱作家さんが多く集まります。

子供を産んでから独学や講習に通ってスキルを身につけ、作家活動を始めたという人も少なくありません。

子育てしながらなんとパワフルなことでしょう!

開業したオーナーの「ゆっかちゃん」だってそう。

突き動かすものは「やろう!」という本人の決意。

常連客だって負けちゃいられない=3

カフェで使っていた板と100均グッズをアレンジDIY!

明日は販売作品をディスプレイするためにつくった什器を紹介したいと思います^^

つづく









by pinkpinkolife | 2019-04-16 06:30 | 100円リメイク雑貨 | Instagram | homepage
d0351435_06283168.jpg

常連客だけで改装することになったカフェリフォーム。

素人DIY集団のリフォームレポ4日目突入です。





d0351435_06283197.jpg

カフェ常連客で結成されたメンバーは平均年齢40歳。

節約意識が高く好奇心旺盛な、なにわのおばちゃん達。

初日の「ローラー作戦」では初めてのウォールペイントとは思えないほど、見事な腕前を見せてくれました。


d0351435_17190946.jpg


四方の壁をたった半日で塗り上げてしまったのですから驚きです!


d0351435_06283136.jpg

ベースカラーを塗り終えたところで、2日目からはいよいよウォールデコレーション。

何度も言いますが、このリフォームには予算がありません!

ですが、ほんの少しの工夫とやる気さえあれば!

今日は100均グッズとDIYペイントで作る「アンティーク風扉」をご紹介したいと思います^^

ターゲットはカフェの奥にあるふたつのドアー。

ドアーの向こうは普段は完全シャットアウトしている倉庫。

押し入れのような色気ないこの扉をDIYペイントで変身させたいと思います!


d0351435_06462949.jpg

before


d0351435_06465029.jpg


写真ではわかりませんが、壁面は「アーバングレー」でウォールペイント済み。

しっとり落ち着いた空間になりました。


d0351435_06541417.jpg


扉の材料になるのは、いつでもどこでも大活躍の工作板!

カッターで簡単に切れるのがいいんですよね^^

工作板はホームセンターコーナンにて(1本50円~300円)

予めイメージしておいた「扉」のデザインに工作板をカットして、張り付けていきます。

接着は工作用ではなくガッツリ貼れる建築用両面テープがおすすめです。


d0351435_06585606.jpg

100均のフォトフレームやコルクボードは絶好の「なんちゃって木枠」!

工作板とフォトフレームで凹凸のデザインを形成します。


d0351435_07002588.jpg


コルクボードはコルク版を抜き取って木枠だけ使います。



d0351435_06051311.jpg

こちらは発砲スチロールのボード。

工作カッターでサクサク切れるので雑貨作りにも重宝します。


d0351435_06084214.jpg

旦那が家具作りで使っている木製モールの工作版。

旦那流45度カットのやり方を教わって初チャレンジ!
(めっちゃ難しい!)

雰囲気でる ~ ♡

d0351435_06122473.jpg

フレーム、ボード、モールを建築用の強力両面テープでしっかり接着。

扉っぽくなってきました!


d0351435_06133299.jpg

まずは下地塗り。

使ったカラーはミルクペイント for wall 「ジンジャーシロップ」。


d0351435_06151689.jpg

塗料が完全に乾いたら水で薄めた水性ウッドステイン(チーク)をスポンジで叩くようにして塗り、また乾かします。

そしてもう一度、ベースカラーにつかった「ジンジャーシロップ」を塗布。

この時下地を塗りつぶさず、まだらに塗るのがポイントです!


d0351435_06174917.jpg

こちらの扉には「ニュースペーパー」と「ジンジャーシロップ」を調合して着色。


d0351435_06192899.jpg

自然に乾燥するのを待っていたら日が暮れてしまいます。

ガンガンドライヤーをあてて。

カフェを休店させたのはたったの3日間。

4日目には営業を再開させるというのですから、さすが素人。

業者さんもびっくりなタイトスケジュールですが、おののいている時間はありません。

悩む前にやってしまおう=3


d0351435_06213794.jpg

1 ベース塗り

2 ステイン染め

3 ベースカラーで上塗り

アンティーク感たっぷりのテクスチャに仕上がりました!


d0351435_06231245.jpg

建具を取り付ければさらに雰囲気アップ!

ドアノブはセリア、鍵穴の金具は古道具屋さんで500円で調達。


d0351435_06250775.jpg

ドアとしてちゃんと機能します。

扉の向こうはオーナーの「捨てられない」「片付けられない」が詰まった倉庫。

ストック材や今回の断捨離で出た小物が大量に積まれてます。

雪崩を起こしそうな危険な環境・・・

落ち着いたらこのスペースに着手しようと思います。


d0351435_06292580.jpg

100均グッズを駆使して作ったアンティーク風扉。

かかった材料費は1000円ほど。

やってみればなんとかできちゃうもんです。


d0351435_06321700.jpg

今回のリフォームは「自分たちの手で」「お金をかけずに」がテーマ。

チームメンバーは毎日の家計を切り盛りする主婦、何事も節約がモットーです!!


d0351435_06352175.jpg

before


d0351435_06353388.jpg

after


d0351435_06354541.jpg


壁の色と扉が加わっただけで空間の雰囲気がガラリと変わり、大歓声!

予算も時間もない中、有言実行!

素人DIY集団はミッションを成し遂げました!


d0351435_06384949.jpg

まだまだペイントリフォームは続きます。

今回大活躍したのがこの200mlボトル。


d0351435_17264205.jpg

おなじみのミルク缶パッケージがかわいい、シリーズ定番のボトルです。

面積の狭い場所やアクセントカラーに、ちょっとだけ必要という時にぴったり☆

混色することもできるので2ボトルでオリジナルカラーを作れば、3㎡ほどの壁面を塗ることができます。

ハーフウォールペイントにもおすすめ☆



d0351435_17404051.jpg

こちらは「ジンジャーシロップ」と「ミシシッピリバー」を一対一の割合で調色したもの。


d0351435_06380567.jpg

ウォールペイントって楽しい!!

来週は「200ml」ボトルでつくる壁面アートの作り方をご紹介します^^


つづく










by pinkpinkolife | 2019-04-12 06:30 | 100円リメイク雑貨 | Instagram | homepage