カテゴリ:100円リメイク雑貨( 663 )

| Instagram | homepage
d0351435_06101848.jpg

生活用品に子供の玩具、あっと驚くアイデア商品まで。

季節感やトレンドをガッツリおさえた新商品のラインナップもお見事!

我らが100均ショップの進化は止まりませんね^^


d0351435_06101878.jpg

今をときめくアイテムも素敵ですが、スタンダードなレギュラー商品はやはり魅力的。

ベーシックな物ほど長く使えるものはありません。

例えば、色も絵柄も、無駄な装飾が一切ない「クリアケース」。

「軽くて丈夫」という実用性のよさも、ロングセラー商品の必須条件です。


d0351435_06101791.jpg

ガラスのように透明感のある「クリアケース」はアクリル製。

シンプルを極めた「 透明な箱 」はどの方向からも見ても、中の物がまるわかり。

何が入っているのか一目瞭然です。

スペースや用途に応じてスタッキングできるのもグッドポイント☆

どんな空間にも馴染むクールビューティーは見飽きることもありません。


d0351435_06385981.jpg

無装飾だということは、加工甲斐があるということ。


d0351435_06394979.jpg

ケースの底に色を加えれば、また違った雰囲気に。

透明感を活かしつつカラフルなアレンジを楽しむことができます。

ディスプレイケース、スタッキングケース、クリアラックにクリアトレイ・・・

ケースの内側に丸棒を差し込めばフックやホルダーケースにも!


d0351435_06433403.jpg

先日セリアで、クリアケースにジャストサイズな商品を見つけました。

ペイントするひと手間もなく、貼るだけでイメージチェンジ☆

収納に限らずディスプレイ使いもできるクリアケース。

大人女性向けライフスタイルメディア folk では、おしゃれで便利なクリアケースアレンジ法をご紹介しています。


是非そちらもご覧下さい^^












by pinkpinkolife | 2019-02-18 05:35 | 100円リメイク雑貨 | Instagram | homepage
d0351435_10044957.jpg

どんなことにも今に繋がるきっかけや原点があります。

例えばDIYを始めるきっかけになったのはこちら

ツェツェのキュービストライト。


d0351435_10044949.jpg

もちろん本家本元ではなく、100均材料で作った「なんちゃって」。

コスト1/15の、ツェツェ風キュービストライトです。


d0351435_10044918.jpg

遡ること12年。

「自分で作れ」と旦那が言ってくれなかったら・・・

キュービストライトを作ることなく購入していたら・・・

今このブログは存在していないかもしれないし、DIYなど無縁のまま生きているのかもしれません。

ブログを始めたのも、DIYに目覚めることになったのも

きっかけはいつも旦那の乾いた一言。



d0351435_10223970.jpg

キューブを作り直すのはこれで3度目。

手元に和紙がなかったので、トレーシングペーパーを使いました。


d0351435_10234237.jpg


塗装が剥げてしまっていた電飾も塗り直しました。


d0351435_10255034.jpg

展開図の型紙は紛失してしまったので作り直し。

紙を重ねて一気に切断するので、時間はかかりません。

淡淡と組み立てて、電飾に通していくかんじ。


d0351435_10273505.jpg

いつか作り直そうと思っていたので、この機にできてよかった。

この機とは

息子インフルエンザ発症の機です。


d0351435_10285708.jpg

すぐにお薬が効き復活は早かったのですが、しっかり流行りに便乗してしまいました^^:>

本人は元気ですが、飛べる気になったらいけないので目が離せません。

チラチラと様子を伺いながら、キュービストライトを仕上げました。

長年の「いつか」を、インフルエンザに叶えられるとは。


d0351435_10320095.jpg

猛威インフルエンザ、皆さんの周りは大丈夫ですか?

寒暖の差もある毎日、春が来るまで油断できませんね。

DIYのきっかけは12年前のキュービストライト。

そして息子のインフルエンザのきっかけは・・・・・

多分あそこだな。











by pinkpinkolife | 2019-02-15 06:30 | 100円リメイク雑貨 | Instagram | homepage
d0351435_21295717.jpg


温かな日差しが心地よい、ある休日の昼下がり。


d0351435_21295748.jpg

今月のお小遣いをちょうだいと娘にせがまれ、プラス500円で母のお手伝いも。

「ハイ!そこでストップ!」

「指の先までちゃんと伸ばして!動かない!」

三脚いらず、そして娘はうまくだまくらかして(笑)。

「 その500円はお友達とのランチ代ね 」


d0351435_21295803.jpg

今日ご紹介するのはセリアの板材で簡単☆スグデキ!

アンティークブラウンの組み合わせ板が古かっこいい、引き出し風ウッドトレイです^^

実は木工DIYで一番苦手なのは、板をカットする作業。

電動ノコギリを使えば早いのですが、準備も手間も面倒なので「糸鋸」1本勝負です。
(といっても糸鋸歴は無駄に長いだけで、得意でもなければうまくもありません)

どうやれば板を切る工程を少なく作れるか、真っ先に考えるのはそこ(笑)。

なるべく板を切る手間は省きたいもの。

そこで重宝するのが長さが45cmに統一されているセリアの板材シリーズ!

幅寸が3.8cm、9cm、12cm、15cm、角材、丸棒、合板も全て45cm。

この45cm板を縦横組み合わせることで、カット数を最小限にすることができるんです。


d0351435_21414367.jpg

ウッドトレイに使ったのは

・45×3.8cm 8枚
・45×9cm 1枚

写真には写っていませんが、角材2本も加えて総額600円です。

※3.8cmは2本セットで100円、角材は3本セットで100円です。


d0351435_21430164.jpg

カットしたのは側面用の板材2枚(3.8cm)だけ。

完成後のイメージができたらそれぞれの板を着色します。


d0351435_22044386.jpg


使った塗料


ミルクペイント(水で薄めたインクブラック)


d0351435_22065671.jpg

底板・・・・・3.8cm板4枚 9cm板1枚
側面・・・・・3.8cm板4枚(2枚はカットしたもの)
補強板・・・・角材2本(カットしたもの)


d0351435_22094205.jpg

裏から見るとこんなかんじ。

板は全て補強板にネジ留めして組み立てます。


d0351435_22114673.jpg

45cmという長さは木箱やトレイ、囲いが必要な箱作りにぴったり。

我が家にある木工雑貨のほとんどが45cm規格です^^


d0351435_06315705.jpg

休日は三脚を使う手間も省けて(笑)。

お駄賃がなければ協力してくれませんが・・・。


d0351435_22184543.jpg

セリア45cm板のお気に入りポイントです^^

☆柔らかい木材なので切りやすい。

☆ステインの着色がよいので古材の風合いを出しやすい。

☆軽い!

d0351435_21414367.jpg

before



d0351435_22221364.jpg

after


d0351435_22304066.jpg

軽量なので賃貸壁でも大丈夫!

味わい深いウッドボードとして、壁面ディスプレイにも使えます。


d0351435_22333316.jpg

ドライフラワーのくすんだアンティークカラーとも好相性。


d0351435_22341631.jpg

セリアの板材を「オールドウッドワックスウォーターベースコート」でDIYペイントするだけ☆

材料費わずか数百円で作れる古材風ウッドトレイ、是非お試し下さい^^











by pinkpinkolife | 2019-02-08 06:34 | 100円リメイク雑貨 | Instagram | homepage
d0351435_05244478.jpg


以前から気になっていたコーナーを着手することにしました。

さっさとやればいいのに、重い腰が上がらない・・・

そんな事はありませんか?
(私だけ?)

d0351435_05341007.jpg

気になるコーナーとはリビング壁の上面で、ここには横一列スワッグを吊しています。

プシュピンにひっかけているだけなので、なんとなくバラバラとしたイメージ。

だらしないかんじがいつも目に付いておりました。

なんとかしなければと思いながらも月日は過ぎ・・・

とうとう年が明けてしまいました。


d0351435_05242792.jpg

長らく放置してきたコーナーですが、等間隔にハンギングできるフックバーを簡単DIY☆

「オールドワックス ウォーターベースコート」の登場によってあっさり解決致しました!


d0351435_05392680.jpg

材料はセリアの板材(45×3.8cm)×5本
(写真には7本写っていますが、2本余りました)

使った塗料

ミルクペイント(インクブラック)


d0351435_05453271.jpg

20cm間隔に小鋲を打っただけのシンプルなフックバーです。


d0351435_05462774.jpg

フックバーの両端に小さな穴を開け、足の長い小鋲で壁面に取り付けます。


d0351435_05504419.jpg

小鋲フックにスワッグの紐をひっかけて完成☆

一枚板ではないので板のゆがみもなく、反りあがる心配もありません。

所要時間はわずか1時間ほど。

こんなにもすぐできることなのに、何故1年もやらなかったのか(汗)。


d0351435_05530853.jpg

やっと片付いたと安堵したのも束の間。

横ラインを入れてしまったことで、次の気になるが発生してしまいました。

フックバーの上面が気になる・・・・・!


d0351435_05534324.jpg


フットワークが軽くなっているうちにやっておくべき!

さもないと

また年を越してしまう~(汗)。











by pinkpinkolife | 2019-02-07 06:30 | 100円リメイク雑貨 | Instagram | homepage
d0351435_15291347.jpg

細々したパーツ収納にも重宝する100均木箱。

シンプルな見た目と手軽なサイズでフレキシブルに活用できる万能選手です^^

beforeはこちら ↓

d0351435_15342498.jpg


セリアの「インテリアウッドコレクションケース」。

無塗装で販売されている、ペイントアレンジの余地が大きい商品です。


d0351435_15291335.jpg

ステイン材を塗布するだけで、このとおり!

インテリア映えするアンティーク風ボックスも簡単☆スグデキ!



d0351435_15361729.jpg

着色したのはこちらの3カラー。


・シルキーオーク
・チーク
・ウッドランドブラウン


d0351435_15291242.jpg

水で薄めた塗料を上塗りすことで、リアルな古材の質感を表現できます。

エイジング手法では昨日ご紹介したとおり。


d0351435_15395348.jpg

久しぶりに登場したチロリアンボックス。

中に入っているのは・・・・・・・


d0351435_15401526.jpg


6年前に手首をプルプルさせながら作った自作のステンシルシート。

セリアの転写シールが普及してからはすっかりお蔵入りに。


d0351435_15342498.jpg


before


d0351435_15434039.jpg

after


d0351435_15443379.jpg

英文字を入れるとジャンク感がプラスされてメンズライクな印象に。

木箱は整列させず、あえてラフに重ねるのがおすすめ。

無造作なレイアウトは、こなれ感のある雰囲気を演出してくれます。


d0351435_15480465.jpg

インテリアウッドコレクションケースは蓋付きの商品です。

取り外した蓋は別作品に使えるので廃棄してしまわないように!

例えばコチラ↓

d0351435_15521880.jpg



d0351435_15512053.jpg


100均木箱に着色するだけでアンティーク風ボックスが簡単☆スグデキ!

古材風ペイントは ステイン材におまかせです^^



※商品それぞれに特有があります。

塗りムラも味わいとなるので気負わず大胆に塗布するのがポイントです☆

お気に入りの色を見つけて是非チャレンジしてみてください^^











by pinkpinkolife | 2019-02-06 06:30 | 100円リメイク雑貨 | Instagram | homepage
d0351435_09371455.jpg

DIYペイントファンの皆様に是非、お耳に入れたい情報です!


d0351435_09371593.jpg

ジャジャン!!

DIYクリエーター御用達の OLD WOOD WAX から待望の下地材が発売されました!





苦手意識の高かったワックスのイメージが完全に覆された瞬間です。

思わずパンに塗ってしまったという。

刷毛で塗るより簡単なワックス使いを楽しんだ作品はコチラ


d0351435_11232644.jpg



あの日から1年・・・

念願のシリーズ商品が満を持しての登場です!

その名も

オールドウッドワックス ウォーターベースコート


d0351435_09371434.jpg

写真左)オールドウッドワックス ウォーターベースコート
写真右)オールドウッドワックス

既にご存じのとおり、擦り込むだけで古材のような風合いが表現できるオールドウッドワックスは、ペイントが苦手という人にも人気のワックス。

その蕩けるようにソフトな塗り心地はクセになるほどです。

ワックス慣れしていない人でもすぐに手に馴染みむので、ワックスデビューするならこちらです。

そして今日ご紹介するのは新商品

「オールドウッドワックス ウォーターベースコート」。

ネーミングどおり、オールドウッドワックスのベースになる水性ステインです。


d0351435_10330469.jpg


水性ステインといえば、愛用歴7年になる「水性ウッドステイン」。

これまでのDIY雑貨は全て「水性ウッドステイン」がベースになっているほど重宝しているアイテムです。

並べてみるとお分かりのように、ふたつはまるで親戚のよう。


d0351435_10402161.jpg


ボトルの形状は同じですが色味はもちろん違いますし、パッケージラベルも少々ワイルドです。

大好きな「水性ウッドステイン」に素敵な従弟ができて嬉しい!


d0351435_10430395.jpg

板材(セリア)に着色するとこんなかんじ。

写真左から

・シルキーオーク
・オーク
・ウォルナット
・チーク
・ウッドランドブラウン
・エボニー

d0351435_10455800.jpg

古材のニュアンスを加えたい時は「汚し加工」を加えます。

ミルクペイント(ヘンプベージュ)をビニール手袋につけ、触るようにしてところどことに着色。


d0351435_10483476.jpg

さらにその上からウォーターベースのチークを塗り重ねると白染みの上にも深みが加わり、古材の風合いがよりリアルに表現できます。

水性ウッドステインと使い方は一緒ですが、ウォーターベースコートはオールドウッドワックスシリーズの下地材。
オールドウッドワックスと組み合わせて使うのがおすすめとのことです。

今回は実証できませんでしたが、是非お試しください。


d0351435_10504122.jpg

半分にカットした板材でフレームを作ってみました。

壁掛けする場合は裏面の両端に画鋲をさし、輪にした天蚕糸をひっかければ吊り紐のできあがり☆


d0351435_10570412.jpg

フレームはセリアの板材(45×3.8cm)を3本使っています。
(板材は2本セットで100円)

作り方はとっても簡単!

半分にカットした板材をウォーターベースで古材風に着色、縦横に並べて囲いをつくり、断面を接着するだけ^^


d0351435_11030018.jpg

古材の味わいある風合いはアンティーク雑貨やドライフラワーとも好相性。


d0351435_11032305.jpg

木の温もりを感じるパッチワークフレームは白壁にもよく映えます。


d0351435_11031844.jpg


全15色というラインナップも嬉しい限り。

オールドウッドワックスと合わせてDIY活用したい「オールドウッドワックス ウォーターベースコート」。

趣味使いにも丁度いい100mlボトルは良心価格なので是非お試しを^^

商品紹介のサイトページには、イケメンクリエーターの動画も!

必見です

↓↓↓













by pinkpinkolife | 2019-02-05 06:54 | 100円リメイク雑貨 | Instagram | homepage
d0351435_11005093.jpg

不要になったDIY作品は解体してストック。

既に着色済みなので、そのまんま手間無く活用できるのです!


d0351435_11005009.jpg

十字に交差したスタンドラックもストック箱からリサイクル。


d0351435_11004947.jpg

キッチンペーパーホルダー、引き出しのつまみ、板材。

以前はそれぞれ別物の一部でした。


d0351435_11194072.jpg

キッチンペーパーホルダーの軸と板材を交差させてネジで固定し、軸の天辺に引き出しのつまみを接着すれば完成!

着色の手間がないので所要時間はわずか3分!


d0351435_11224452.jpg

不思議な形だけど、どこかフレンチシックなスタンドラック。

解体パーツの組み合わせで一品できました^^


d0351435_11250250.jpg

1度作ったものを壊すのは忍びないけれど、また新しいものに生まれ変わると思えば。

「 手放すと入る法則 」です。


d0351435_11252744.jpg

再利用しながら繰り返しカスタマイズが楽しめ、新たな出費もなし!

「 リユースDIY 」バンザイッ☆












by pinkpinkolife | 2019-02-01 06:23 | 100円リメイク雑貨 | Instagram | homepage
d0351435_06061439.jpg


100均グッズが一番多く集結する部屋、「アトリエ」。

とにかく物量が多いので、重視すべきはどこに何があるかわかりやすくすること。


d0351435_06061412.jpg

シンプルを目指している部屋ではないので、見た目は問題ではありません。

使い勝手のよさと収納場所の把握が大前提。


d0351435_06061488.jpg

目隠しすると存在を忘れてしまうので、机の引き出し以外は全てオープン収納です。

ラックやボックスは全て100均DIYで作ったもの。

インテリアとしてのお役目を終えた物は、収納グッズとして再活用。





d0351435_06300261.jpg


重ねることができる木箱は棚使いにも重宝します。

スタンプやラベルなどはクリアケースの引き出しに。




d0351435_06334099.jpg

セリアの転写シール収納に重宝するのは、100均のクリアケースと冷蔵庫用のストッカー。


リボンやレースはタワー式の3段ポットに縱列収納。


窓辺に並べたアクリルケースには工作ツールを。


d0351435_06345252.jpg

中に入っているものが一目でわかる透明ボトルはパーツ入れにもぴったり。


d0351435_06360945.jpg

段ボールや食品トレイはラックから引き出せるスライド式。


d0351435_06365868.jpg

使用頻度の高い金具や取り付けパーツは仕切りボックスが定位置。



d0351435_06382368.jpg

木材は机の下にスタンバイ。

コンテナ風ボックス

牛乳パックのストックホルダー

段ボールのキャスター付きボックス

d0351435_06392502.jpg

軽くて使い買ってのよいプラスチックケースとアクリルケースはダイソーで。

中に収納したものが目視で把握できる透明ケースはスタッキングもできる優れもの。


d0351435_06403942.jpg


これまでの100均DIYの歴史を振り返ることがでるアトリエには、今はもう廃盤になってお目に掛かれないレジェントグッズも多数あり。

日々、100均グッズに支えられています。

「 100均の、100均による、100均のための部屋 」

次回の大掃除は、セミが鳴き始める頃に・・・。











by pinkpinkolife | 2019-01-29 06:30 | 100円リメイク雑貨 | Instagram | homepage
d0351435_10551022.jpg

簡単ですぐ作れるものを求めてウン十年。

完成予想図をもとに作っているつもりなのに・・・?

頭の中にはしっかり出来上がりイメージがあったはずなのに?

d0351435_10551084.jpg


理想通りに仕上がることはほぼありません。

それは腕が上達しないとかではなく、性格に問題ありという声も(汗)?


d0351435_10551082.jpg

ガサツな作品ばかりですが、中には傑作もまれに。

思いも寄らない「これは!」が誕生した時は嬉しくって^^

しつこいほど引っ張りますが、今日も「造花DIY」でごめんくださいませ。



d0351435_11591808.jpg

セリアの造花「 紫陽花 」との出逢いは、まだ記憶にも新しい昨年のこと。

花房を水性ウッドステインで染色したその姿は、本物さながらのアンティーク紫陽花。

期待を超えたとびきり級のリアルさに息を呑みました。


初代「アンティーク風紫陽花」はこちら↓

d0351435_11344272.jpg



d0351435_11422309.jpg

「なんちゃってアンティーク紫陽花」の作り方はとっても簡単☆

染色した花房を輪ゴムでまとめ、その中央に枝を差し込むだけ。

数々の「なんちゃって」の中でも群を抜いてリアルな100均DIYになりました。


d0351435_11434282.jpg

材料は100均の造花と山で拾った小枝。

イメージ以上のプロポーションに仕上がった時の嬉しさといったら・・・!

これぞ100均DIYの醍醐味です^^

「なんちゃってアンティーク紫陽花」2作目出来ました☆


d0351435_12034497.jpg


ともするとチープに見えたり、品がない印象になってしまう100均DIY。

いい加減な気持ちや先を急ぐと駄作になってしまいますが、ご安心を!

「造花DIY」は失敗がありません^^

ズボラさんも、ガサツさんも、簡単☆スグデキ!


d0351435_12034443.jpg

子供たちは少しずつ手を離れていますが、まだまだ子育て中心の生活。

趣味に使えるお金も時間も限度があることに変わりありません。

私のDIYのモットーは「 お金と時間をかけない 」で、「100均DIY」はそれを叶えてくれる趣味を越えたライフワーク。

無理をせず、身の丈にあった暮らしの楽しみを見つけるのが日々の課題です。


d0351435_12233379.jpg

全てがそうとはいきませんが、末永く愛着を持てる作品作りを心がけて。

工夫する楽しさや変身する喜びを色濃く味わえる「100均DIY」。

時間と手間をかければよりよいものが出来るかもしれないけど・・・


d0351435_12272122.jpg


簡単☆スグデキ!

やっぱり私はそういうDIYに魅力を感じてしまうのです^^


d0351435_12273153.jpg

ぶきっちょさんでも簡単☆スグデキ「 造花DIY 」!

難しいことは苦手という人も、是非お試しください^^










by pinkpinkolife | 2019-01-25 06:30 | 100円リメイク雑貨 | Instagram | homepage
d0351435_06422636.jpg

忘れ去られていた物が、貴重な資源として生まれ変わる時。


d0351435_06422687.jpg

それは半期に1度行われる「 ストック箱チェックの日 」!

空き缶や端材パーツ、解体した100均DIY、、、

いつか使おうと思っているけど、そのいつかが来ない100均グッズ。

ストック箱から貯蓄物が溢れ出すのがだいたい半年です。

ストック箱は控え室のようなものですが、下の方は完全に埋もれてしまって。

既に記憶にない物も。

たまにほじくりかえして見ると、あらま!

こんな素敵な選手が控えていたなんて♡

d0351435_06422680.jpg

「 salut! 」のヘキサゴンラック。

・・・いつ頃購入したか覚えていませんが。

100均商品にしては珍しいこの風貌、有望選手に違いありません。


d0351435_06585865.jpg


ラック背面がオープンになっているので、内寸にカットしたボール紙を貼り付けて閉じました。


d0351435_07003817.jpg


水性ウッドステインで着色したラックを寝かせ、3カ所にヒートンを取り付けて紐で吊せば

簡単☆スグデキ!

ハンギングヘキサゴンボックスのできあがり^^


d0351435_07025122.jpg

長年忘れられていたヘキサゴンラックはリビングの一等地に。

控え室から表舞台に立つまで時間はかかりましたが、無事使い切ることができました。

お店で見つけた時は「これ使える!」と威勢良く購入するのですが、いざストック箱に入れてしまうと・・・


d0351435_07025127.jpg

救出されたヘキサゴンラックに誓いを。

「 ストック箱チェック 」は半年ではなく

3ヶ月毎にしよう!


d0351435_07025163.jpg


ストック箱がただのゴミ箱になってしまわないためにも・・・!












by pinkpinkolife | 2019-01-24 06:30 | 100円リメイク雑貨 | Instagram | homepage