カテゴリ:エコリメイク雑貨( 217 )

| twitter | facebook

アンティーク風ペイント

d0351435_12273282.jpg

空間に際立つ鮮やかな「赤」。

アンティークブルーのスタンドボウルとは色も質感も、対照的。

コントラストのある組み合わせは、メリハリのある空間を演出してくれます。

d0351435_12273234.jpg

アンティークカラーの雑貨が多い我が家のポイントカラーは、「赤」。

重厚感のあるコーナーも、ほんの少し「赤」を添えておくだけで温かな雰囲気に。

私は「赤」が好きなので抵抗ありませんが、もしかしらた取り入れるのに少し勇気のいる色かもしれませんね。

面積の広い赤は勇気が入りますが、小物やドライフラワーなど、差し色使いはいかがでしょうか^^

d0351435_12273232.jpg


さて、今日の本題は「赤」ではなくて、こちらのスタンドボウルの方^^

d0351435_16510203.jpg

家にあった寄せ集めで作りました。

・紙皿
・アイスクリームカップの蓋
・コルクのコースター
・PF管コネクタ
・パールシール

d0351435_16594913.jpg

アイスクリームカップの蓋の側面と、紙カップの縁にパールシールを一周させておきます。

あとはコースター、アイスクリームカップの蓋、PF管コネクタ、紙カップの順に接着するだけ。

アイスクリームカップの蓋の内側には紙粘土を入れて固めておき、接着面積を広くしておきました。

d0351435_16594951.jpg

アンティークブルーにペイントしたら完成!

使った塗料

ミルクペイント(クリームバニラ)
アイアンペイント(アンティークシルバー)

d0351435_17105595.jpg

アンティークブルーとデコラティブなデザインは、どこかブロカントな印象。

たったひとつの存在で、ストーリー性を感じられるコーナーになりました。

d0351435_17105505.jpg

セリアのパールシールは「ドット」装飾に欠かせないアイテム。

美しい経年の表情を、貼って塗るだけで表現することができます。

d0351435_17105473.jpg


インテリアはわざわざ買わなくても、身の回りにあるもので作ることができます。


まだまだ続く夏休み・・・・・

家の中を捜索してみると、意外なところに創作ヒントが見つかるかもしれませんよ^^

親子工作にも是非お試しください!










by pinkpinkolife | 2018-08-02 06:30 | エコリメイク雑貨 | twitter | facebook
d0351435_05273662.jpg

コーナーの空きスペースにちょっとかわいい、ミニカップ。

丸いガラスの持ち手つき^^

d0351435_05273627.jpg


アイアンカラーのハードな印象をガラス玉が優しく和らげます。

色違えで並べたくなるこちらのオブジェカップ。

正体はコチラ


d0351435_05273699.jpg

「ヤクルトの空きカップ」と「ビー玉」です。

どちらも家にあったもの。

d0351435_05412337.jpg

作り方はとっても簡単!

ヨーグルトカップの先端をハサミで切り落とすだけ!

d0351435_05423328.jpg

あとは好みの色に着色し、カップのくびれにビー玉を接着すれば完成です。

カップの凹み部分にビー玉がジャストフィット!

久しぶりにでました、「ピッタリ賞」^^

使った塗料

ミルクペイント(ピスタチオグリーン・ヘンプベージュ)
ミルクペイントforガーデン(ミッドナイトブルー・ミモザイエロー)

d0351435_05505375.jpg

ヤクルト容器は切り落とす部位によって形状が変わります。

色を塗ってビー玉をくっつけるだけで、ユニークなオブジェに大変身^^

d0351435_05545472.jpg

異素材の組み合わせが目を引くミニカップはフラワーアレンジや、ペン立てにも。

ここでひとつ想定外のミス・・・

側面につけたビー玉の重みで重心がずれ、カップが横に倒れてしまいました。

応急処置としてカップの中にビー玉を接着(汗)。

d0351435_06132807.jpg

どっしりと重厚感のあるアイアンペイントに、作り手までもつい騙される?

すごいぞ、ラストメディウム!

・・・・・ということにしておこう(汗)。

d0351435_06174318.jpg

ガラスが美しく見える窓際にディスプレイするのがおすすめ。

飲み終わったヤクルトカップで是非お試しください^^

※ビー玉(ガラス玉)はセリア商品だったような・・・









by pinkpinkolife | 2018-07-23 06:30 | エコリメイク雑貨 | twitter | facebook
d0351435_13424967.jpg

子供達が待ちに待った夏休みも目前ですね!

喜ぶ子供達とは逆に、母にとっては一年のうちで疲労度指数が一番マックスになるのが夏休み。
(そんなことありません?)

とにかく食料を供給しなければならないし、遊び相手も努めなければならない。

開始1週間で普段の生活が、新学期が待ち遠しくなってしまうのは私だけでしょうか?

食べて遊んで・・・そして


宿題して!


夏の母たちをイラッとさせる起爆装置といったら、これですよ。

d0351435_13424901.jpg

「宿題やったの!?」

どの家庭でも(おそらく)あるあるお母さん達のこの台詞。

1日何回くらい子供達は聞いているのでしょうか。
夏休みの宿題「統計グラフ」でやってもらいたいくらいです。

余談で自慢ですが、私は小学生の頃、夏休みの自由課題「統計グラフ」コンクールで賞を取ったことがあります。

「毎日排便はあるか、それが朝なのか昼なのか夜なのか、家のトイレは洋式なのか和式なのか・・・」

それは「排便」をテーマにした統計グラフで、名簿を見ながらクラスメイト全員に電話をかけて統計したもの。

好きな男の子の家にかけるのは勇気が入りましたけど(笑)、クラスメイト全員分の排便事情を調査しました。
(ちなみにその男の子の名前は「石丸ひろき」くん)

奇を衒ったそのテーマは遊び心のわかる審査員の目にとまり、見事受賞に至ったわけです。

タイトル名はコチラ 


「今日も出た出た!よかったね!」


息子と同じ、小学二年生の時のことでした。

今思えばよくそんなハレンチな統計グラフを・・・
恥ずかしいとか思わなかったのか、今は不思議でなりません。


ちなみに「排便」をテーマに持ちかけてきたのは 
(多分、半分面白がっていたと思う)


母の妙案は見事、市からの表彰を受けることになりました。

「統計グラフ」のテーマに困った時は、是非どうぞ(笑)。

d0351435_13424909.jpg

そのように、小学低学年の子たちの作品には何かしら親の後ろ盾があるもの。

自由課題の「自由工作」や「読書感想文」も然り。

どちらも必ず、親に助けを求めにきます。
(そんなことありません?)

こういう時パパはあてにならないので、でママの腕の見せ所。

ですが、私もパパ同様、非協力的。

ママの宿題じゃないざます!

d0351435_15081147.jpg

娘は絵が得意だったので、毎年「夏休みの思い出」の絵を提出していましたが、問題は息子の方。

絵心も文才もない彼が唯一選べるのは工作で、去年はポテチの空き箱で貯金箱を作りました。
素材の提案や提供するけど、アイデアは提供しません。

d0351435_15160701.jpg

姉様の助けを借りながら完成したのは、ポスト風貯金箱。

小学1年生らしくてよろしい!

d0351435_06473049.jpg

「ママ~、自由工作って何作ったらええん?」

今年も夏休みの終了直前に泣き言を言う息子の姿が想像できますが、今年もつっぱねる予定(笑)。

d0351435_06525464.jpg

さて!我が家の自由工作事情は置いておいて、ここからが今日の本題。

こどもの工作遊びにも、母のインテリア雑貨にも、親子で楽しめる「手作りアニマルオブジェ」をご紹介します。

一目で分かるように、写真の「鳥(?)オブジェ」は息子が自分で作ったものです。

d0351435_07003740.jpg

材料は「紙粘土」、「ヨーグルトの空きカップ」、「目玉シール」、「カードリング」。

紙粘土意外は家にあったものを使いました。

子供達は粘土遊びが大好きです。

材料だけ揃えておけば、後は好きなように楽しくやってくれます。

d0351435_07003930.jpg

入り込むと、それはもう気難しい職人のような顔つきに。

考えながら手を動かして作るということは、アイデアやひらめきを生み出すことに繋がります。

口出しせず、そっと見守ってあげましょう。

d0351435_07033571.jpg

色と色を混ぜる絵の具遊びも大好きです。

「青と黄色を混ぜてごらん」

緑に変化した絵の具の色に興味津々!

加減をしらないのでどんどん濁色になっていくのですが、それも学び。

ついつい口を出してしまいそうになりますね・・・・・^^:

d0351435_07065337.jpg

写真上:息子作

カップに持ち手を付けて「マグカップ」風に。
植物を入れてグリーンポットにしたり、ペン立てにしたり、自分で作った作品を実際に使えるというのも、子供にとっては大きな喜びになります。

子供ならではの鮮やかな色彩感覚で、元気いっぱいの作品ができました^^


写真下:母作

ベースに使ったのは、ヤクルトの空き容器とシーチキンの空き缶。
容器の周りに粘土をくっつけて造形するだけなのに、これが意外と難しい=3
普段紙粘土を使うことがないので、新鮮な驚きと発見が沢山ありました。
(これはハマってしまいそう)

クマ(熊)とホース(馬)とスワン(白鳥)のつもり・・・です(汗)。

d0351435_07200766.jpg

息子と一緒に「紙粘土」遊びをして過ごした、ある日の昼下がり。
(恐竜遊びより、楽しいわ~(笑)。)

思い通りの形に造形することができる紙粘土は、子供だけでなく大人も夢中にさせてくれる手作りアイテム。

子供は母親と一緒に何かをする時間が大好きです。

そこに何か特別なものもお金をかけることも必要ありません。

材料は「紙粘土」と「不要品」だけ!

これから始まる長い長い夏休み、皆さんも是非お子さんと一緒に手作りの時間を楽しんでみて下さい。
親子で楽しく過ごした時間は、何よりの思い出になるはずです。

親子で楽しめる粘土細工は「もの、ごと。」連載コラムでご紹介しています。

是非そちらもご覧下さい。













by pinkpinkolife | 2018-07-18 12:03 | エコリメイク雑貨 | twitter | facebook
d0351435_07580861.jpg

夫は普通のサラリーマンで、私は普通の専業主婦。

決して暮らしに余裕があるわけではありませんが、毎日頑張って働いてくれている旦那のおかげで不自由のない生活ができています。
外に働きに出ることなく、好きなことをしてられるのも旦那のおかげ。
感謝しています。

事や物を我慢することがなかった独身時代はとても贅沢な暮らしだったけど、今のほうが何倍も幸せです^^

お金をかけられないこそ、人生を豊かに生きるための術も身につきました。

DIYを始めた理由も、インテリアや趣味に出費できないというところから。
お金をかけず、知恵や工夫で解決していく暮らしはとても「やり甲斐」があります。
自力でなんとかするDIYは、まさに人生のスキルアップトレーニング!

今では「不要品」を見るだけでそれがどう使えるか、それにどんな可能性があるのかをイメージできるようになりました。

d0351435_07580835.jpg

牛乳パック、空き感、食品の空き容器は息子が大好きな工作材料。

子供はこういった不要品を使って、それは上手に作品を作ります。

これらは普段は捨ててしまうゴミ。
例え子供が創作に失敗しても、お母さんたちに怒られることはありません。

これがもしお金を出して買ったものなら、子供達の自由にはさせてもらえないでしょう。

不要品は何をしても許してもらえるという、可能性を秘めた素材です。

不器用で失敗の多い私も、そんな不要品が大好きです。

だって、0円ですから!

d0351435_07580726.jpg

市販のガーデンポットや植木鉢は買いません。

空き缶で充分。

d0351435_09041897.jpg

ヨーグルトの空きカップは、多肉植物にジャストサイズ。

おいしく食べたあとはインテリア雑貨にできるなんて、ステキじゃないですか^^

容器が欲しくてヨーグルトを買うことも(笑)。

d0351435_09053852.jpg

切ったり穴を空けたり、簡単に加工できる素材が多い不要品。

アイデア次第でさまざまな使い方ができます。

d0351435_09100402.jpg

「空き缶」リメイク歴12年。

どのタイプの缶が使いやすくてアレンジしやすいかも分かるようになりました。

使えないとわかっている空き缶や空き瓶は容赦なく捨てます。
スペースも節約しないとならないので。

d0351435_09125456.jpg

蓋を回さない開口部に螺旋(ネジ)がない缶は、仕上がりの見た目がすっきり。

ネジタイプの缶はゴミ行き。

d0351435_09174539.jpg

くびれと寸胴の起伏のあるヤクルトカップは、オブジェのような作品作りにぴったり。

d0351435_09165692.jpg

カットする位置で長さや形が変わります。

組み合わせることでさまざまな造形美を楽しませてくれるのです。

ちなみにこのヤクルトカップの形は「こけし」がモデルになっているのだそうで、このくびれはヤクルトが一気に口の中に入らないための工夫だそうな。

ヤクルトは祖母が大好きな飲み物で、いつも祖母の家に遊びに行くとおやつにヤクルトを出してくれました。

今は病院に入院していますが、おやつはやっぱりヤクルト。

ヤクルトのおかげで(?)祖母は100歳!健在です。

d0351435_09245129.jpg

食品トレーやテープの芯も大切な工作材料。

アイスクリームのカップだって、かわいい雑貨に変身する可能性を秘めています。

d0351435_09265788.jpg

テープの芯は「円」が欲しい作品には打って付けのアイテム。

紙製なので加工も簡単です。

d0351435_09351164.jpg

色を塗るだけで大変身、食品トレイは小物の収納トレイに。

d0351435_09363055.jpg

キッチンペーパーの芯やペットボトルのキャップも収集しておけば

d0351435_09374820.jpg

ひらめきと同時に使えます。

写真の円柱オブジェは、ペットボトルのキャップで作ったマグネットと押しピン。

d0351435_09382994.jpg

これはキッチンペーパーの紙芯をバーにしたバスロールサイン。

オリジナルデザインを無料ダウンロードできるCome home !の連載で、4年前に提案した作品です。

「KMSD」は我が家の住人たちのイニシャルで「573」は反対から読むと「375」、私の名前です。

「4/10」は当時の子供達の年齢。

著書本の付属DVDや連載の無料ダウンロードデータは全てオリジナルで作ったもの。
データを提供させて頂いた商品にも、私だけにしかわからない暗号を潜ませています。

d0351435_09541967.jpg

節約したからといってお金に余裕ができるわけではないけど、暮らしを工夫するのは楽しいことです。
そしてその体験は人生の役立つスキルに繋がるというメリットも。

旦那が高給取りだったら、こんな楽しさを知らずにいたかもしれません。

何はともあれ、私がこうやって好きなことを仕事にも繋げられているのは、感謝すべき旦那のおかげ^^


節約生活というのは、とてもやりがいのあるライフスタイルです。
あれこれ頭を使うので、もしかしたら脳の運動にもよいのかも?

取り組む価値のあるトレーニングだと思って、これからも節約の可能性を探っていこうと思います。


さて、今回の大人女性向けライフスタイルメディア folk で公開しているのは、不要品のオンパレード☆


是非お試し下さい^^











by pinkpinkolife | 2018-07-16 10:02 | エコリメイク雑貨 | twitter | facebook
d0351435_08431486.jpg

5月も残すところあと4日。
(いつの間に・・・・・・・・(汗))

月末になると毎月同じようなことを書いていますが、今月はいつもに増して倍速。
まるでDVDを早送りするように、ビュンビュンと毎日が過ぎていったかんじです。

巻き戻しボタンがあればなぁ・・・。

d0351435_09002557.jpg

何かのせいにしてはいけないけど、今月は明らかにこれのせい。


ただのお勧め映画の紹介本ではありません。

映画は好きだけど、鍵和田さんの解説でなければこのような値段で買わないし(2500円)。

ただ鍵和田さんの文章が読みたかっただけですが、半月でレンタルした本数は30本、今月はDVD漬けの1ヶ月でした。
(まだ手元に10本残っている)

やってまった・・・(すずめ)。

子供の頃から漫画と映画が大好きで、本を読むといえば漫画か「スクリーン特編版」「チラシ大全集」。
本気で漫画家になりたかったし、映画のポスターやパンフレットを作る仕事がしたいと思っていました。
今でもそう思っているくらい、漫画と映画が好き。

どちらも時間に余裕がないと見れないものですが、今ようやくその時間を持てるようになりました。

若い頃はそんなどころではなく楽しいことがいっぱいあったし、結婚、出産してからは自分の時間など皆無。
子供達がようやく手を離れてきたろころで、再び漫画と映画にカムバックです。

今月はとくにTSUTAYA出費が多くなりましたが、節約料理でのりきりました。
ふふふふ・・・。

趣味に集中するとつい引き籠もりになってしまうのですが、幸い私を引き釣り出してくれるママ友や学校行事が多いので、根暗にならずいられます。

とてもとてもありがたい。

d0351435_10194857.jpg

この日は「bills」でMの会ブランチ。

ランチタイムになるとお並び必須なので、早めの待ち合わせで。

子供達を送り出して地下鉄猛ダッシュ=3

d0351435_10255985.jpg

見た目もリッチなリコッタパンケーキとスクランブルエッグをいただきました。

どちらも専門店でしか味わえないような高級感溢れるお味。
おいしゅうございました。

もちろんお値段もセレブリティー。
2品を3人でシェアしました。

お店を出たのは正午前で、外には長蛇の列。
お待ちが苦手な人は、モーニングかブランチタイムがおすすめです。

d0351435_10313625.jpg

お腹に空きがまだあったので、阪急三番街フードホールに移動してランチに突入。

全員ダイエット中なはずなのに、痩せる気一切ございません。

趣味、楽しみ、我慢すべからず。

d0351435_10032732.jpg

さてさて冒頭からの写真は、もうひとつの私の趣味「ペイントDIY」。

夏が近づいてきているということで、空間を涼やかに演出してくれる「フロストガラス」をつくりました。

準備するのは空き瓶と、魔法の塗料「ガラスペイント」。

d0351435_08431476.jpg

ガラスペイントシリーズの中でも私の一押しは、塗るだけでガラスを凍らせたように見せることのできる「曇り」。
朽ちた磨りガラスのような質感を表現できるので、夏DIYにもぴったりのカラーです。

このブログでも何度もご紹介してきた「フロストガラス風」ペイントですが、日刊住まいsumaiの連載で作例をまとめてみましたので、是非そちらもご覧下さい。













by pinkpinkolife | 2018-05-28 06:30 | エコリメイク雑貨 | twitter | facebook
d0351435_14093489.jpg

ときめかずにはいられない、「入れ物」。

こんまり先生に喝を入れられそうだけど・・・

パッケージボックスはどうしても捨てられないのです。

d0351435_14093457.jpg

収納力があるわけではないけれど、

何かの役に立つわけではないけれど・・・・・

d0351435_14093475.jpg

眺めているだけで嬉しくなる「箱」があるんです^^

d0351435_14123620.jpg

before は5th avenue チョコレートのパッケージボックスで、今年のバレンタインも大人買いしました。

5th avenue の木箱は印籠式になっているので高級感があり、ディスプレイボックスにもぴったり^^

d0351435_14152028.jpg


今回はスパイスの効いた、大人のアンティークブラックにペイントしました。

使った塗料

水性ウッドステイン(オバンコール)
ミルクペイント(ダストメディウム)
ミルクペイント(インクブラック)

d0351435_14212435.jpg

黒く塗った後、水で薄めたダストメディウムをランダムに広げて付着させます。

余計な水分はティッシュで抑えるようにして拭き取ります。

d0351435_14240213.jpg

ダストメディウムに含まれる粒子が薄く広がり、粉がはたかれたような状態に。

d0351435_14251284.jpg

水で薄めたステインをのばせば、味わいのあるアンティークブラックが完成!

d0351435_14262957.jpg

ただ黒く塗るのではなく、ほんの少し描写を加えるとそれだけで表情がグッと変わります。

d0351435_14275611.jpg

存在感の大きい黒い箱も、コンパクトサイズなら空間のジャマになりません^^

パーツなどのちょっとした小物入れにもぴったり♪

d0351435_14515010.jpg

ベースの黒に、染みや汚れをうっすらとまとわせたアンティークブラック。

経年を思わせる味わいのある黒は、アクセサリーケースやギフト用ボックスにもおすすめです。

小さな木箱があれば、是非お試しを^^









by pinkpinkolife | 2018-04-18 06:30 | エコリメイク雑貨 | twitter | facebook
d0351435_08425529.jpg

いよいよ4月、いよいよ新年度、いよいよ春本番!

温かい日差しが降り注ぐ、気持ちのよい季節になりましたね^^

去年は子供達のダブル入学式に来て行く「スカートのファスナーが上がらない!」事件で大わらわでした。

今年はそんなプレッシャーもなく、、、
(多少のプレッシャーは必要ですね。)

息子は小学二年生、娘は中学二年生、こちらも緊張感ゼロになっております。


さてさて、気分一新のこの季節。

何か新しいことにチャレンジするには絶好のタイミングです。

部屋から一歩外に出ると、春の心地よい風が・・・

今年こそガーデニングを始めようと考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

d0351435_08425405.jpg

園芸ショップには彩り豊かな春咲きの苗が並んでいますが、インテリアとして楽しむなら多肉植物がオススメです。

多肉植物は日常管理が楽なので、ガーデニング初心者さんにもぴったり^^

手間無く育てることができるので、ガサツな私でも滅多に枯らしません(笑)。

d0351435_08425569.jpg

色も多彩で種類も豊富な多肉植物。

どれを選べばよいか迷ってしまいますね。

育てやすさは品種によって異なると思いますが、難しいことは考えず気に入ったものを選べばよいと思います。

自分と相性のよいもの、そうでないものは実際側に置いてみないとわかりません。

大抵のものは機嫌良く付き合ってくれます(多分)。

中には相性がよくないものもありますが、これも育ててみてわかる気づきです。

ちなみに私の場合
「グリーンネックレス」と「ハートカズラ」は何度挑戦してもすぐに枯らしてしまう、縁の無いお相手。

どうやら垂れ下がり系の植物とは、気が合わないよう・・・。

d0351435_17181769.jpg

ガーデニングといえば、植物を育てるだけでなく、器選びも楽しみのひとつです。

今回はいつもは捨ててしまう「不要品」で多肉ポットを作ってみました。

容器はマットブラックにペイント。

多肉植物特有のグレイッシュカラーを魅力的に引き立ててくれます^^

d0351435_17202296.jpg


コンパクトサイズの多肉ポットは、雑貨感覚でディスプレイ。

黒とグリーンの主張しすぎない色あわせで、インテリアの邪魔になりません。

d0351435_17380991.jpg

ガーデニングは手作りアイテムでより楽しく、よりオリジナリティー溢れるものに。

多肉植物一株がジャストフィットする不要品とは?

答えと作り方は、大人女性向けライフスタイルメディア folk で公開しています。

是非ご覧くださいませ^^













by pinkpinkolife | 2018-04-02 09:41 | エコリメイク雑貨 | twitter | facebook
d0351435_12533950.jpg

何か入れる目的があるわけではないけれど・・・。

自称「入れ物好き」。

特に好きなのは紙箱で、紙袋、空き瓶、空き缶・・・あらゆる入れ物にトキメキます。

13歳の娘も同じく「入れ物好き」。

こちらは「袋」の変態になっております。

透明のビニール袋から茶封筒まで・・・
中には手袋型のゴミ袋までコレクションしているという、袋マニア。

デザインが可愛いものより、実用的な袋に幸福感が得られるのだとか。

主婦ならまだしも・・・
女子中学生のその心情が、母には理解できません・・・。

d0351435_12533880.jpg

そういや、私の母もそう。

というか、母が、そう。

元祖「入れ物好き」。

入れ物好きの血はそこから始まっているに違いない。

d0351435_13295305.jpg


息子といつも取り合いになる amazon段ボール。

工作使いにいいんですよね!

d0351435_13314026.jpg

塗る、切る、貼る・・・なんでもできちゃう amazon段ボール。

簡単には捨てれません。

d0351435_13331722.jpg

予め切り取っておいた蓋を箱の底に敷けば、二重底に。

d0351435_13353163.jpg

転写シールでグラフィックを加えれば、立派なインテリア雑貨に変身です^^

d0351435_13363645.jpg

元が捨ててしまう段ボールだと思えば、無茶な使い方も許せます。

子供のおもちゃ入れとかにも◎!

d0351435_13374778.jpg

60代、30代、10代・・・3世代に渡っての「入れ物好き」。

遺伝子なのか、環境なのか・・・
孫(娘に子供が生まれた時)もそうなるに違いありません。

でも、入れ物を見るだけでハッピーになれるなんて・・・

ステキな血筋ではありませんか^^









by pinkpinkolife | 2018-03-13 06:30 | エコリメイク雑貨 | twitter | facebook
d0351435_14512563.jpg

これはいわゆる「燃え尽き症候群」。

d0351435_14512403.jpg

最終回はなんだかあっけない展開で終わったけど、面白すぎる韓国時代劇。

TSUTAYA通いすること1ヶ月、全81話「朱豪」完走いたしました。


ようやく最終話を見終わり、この無気力状態は・・・燃え尽き症候群?

d0351435_14512423.jpg

話は変わりまして

今日は、かまぼこ板2枚と角棒1本で0円DIYなんかを^^

d0351435_15284177.jpg

かまぼこ板の側面に角材をネジで止めて

d0351435_15310084.jpg

色を塗ればすぐ完成!

使った塗料
ミルクペイント(ヘンプベージュ)
水性ウッドステイン(チーク)

d0351435_15334748.jpg

支柱と台座が垂直に交差しただけの、シンプルな2段ラックができあがりました^^

d0351435_15360173.jpg

ちょっとした小物のステージなんかにも使えます。

d0351435_15370933.jpg

逆さにして支柱の先に吊り金具を取り付ければ、壁掛けにも。

プチサイズなので、置き場所にも困りません。

かまぼこ板で簡単☆スグデキ!

無気力状態でも作れます^^









by pinkpinkolife | 2018-03-09 06:30 | エコリメイク雑貨 | twitter | facebook
d0351435_12072665.jpg


明るい日差しが心地よい、南部屋のダイニング。

大型家具もなくなり、床面積が広くなったように錯覚します。

明るいわ~  あったかいわ ~ 広いわ ~

のびのび健康的!

d0351435_12100737.jpg

かたや

寒い!暗い!狭い・・・!

負の三拍子が揃いも揃った、北部屋のアトリエ(作業部屋)。

朝起きて電気を付けると、ただならぬ冷気がヒヤリ・・・!

そんなところで柔軟に動けるわけないわ~

寒いと、体も頭の中もカッチコチ☆

日光浴できるところでなきゃ、手も右脳も柔らかくなりませんよ。

光合成は大事!

南部屋で日向ぼっこしながら瞑想すること5分。





チーーーーーーーーーーーーーン☆

ぬくぬく効果でひらめきました!

d0351435_14143211.jpg

できあがったのは

板材ストックホルダー!

油断するとバタバタと雪崩を起こしてしまう、セリア板材シリーズ(長さ45cm)の専用箱です。

扱いに随分悩まされてきましたが、仕切り付の「板材ストックホルダー」で、めでたく解決!

材料費0円でデキました!

使ったのははコレ

d0351435_14220055.jpg


牛乳パック

d0351435_14243049.jpg

注ぎ口を切り落としたした牛乳パック6個をくっつけて本体を作り、


d0351435_15050028.jpg

本体をボール紙で囲んで、全面に色を塗れば完成です!

ボール紙の断面はマスキングテープで覆うように、くるりと一周。

d0351435_15050091.jpg

6部屋分の仕切りがあるので分別収納が可能、板材が倒れる心配もありません。

断捨離中の身ですが、牛乳パックだけは捨てれない=3

牛乳パックは困った時の救世主、「絶対使える不要品」なのです!

d0351435_15542886.jpg

作例その1


ポイントは、カット&ペイント。

牛乳パック3個でできています。

d0351435_15590673.jpg

作例その2


フリーハンド塗装とカットが醸し出すラフさがご愛敬^^

d0351435_16161145.jpg

作例その3


どちらも娘と一緒につくった牛乳パックリメイクです。


d0351435_16195581.jpg

作例その4

インテリア雑貨いろいろ




d0351435_16255537.jpg

作例その5


息子のプール遊びに大活躍でした

d0351435_16384536.jpg

作例その6


6種の硬貨を分別貯金できるので、知育玩具にもぴったり♪

d0351435_16424226.jpg


牛乳パックはいろいろ使えるんだゾウ~~~♪

牛乳パックは捨てるものではなく使うもの、

多用途ナンバーワンの不要品です。

是非お試し下さい^^

d0351435_15045952.jpg


なんだかちょっと怪しげなお天気ですが、明日からはお楽しみの3連休!

娘はお友達と一緒にチョコ作りをするのだと、はりきっています。
(今年も友チョコオンリーかい?)

来週は若者たちドキドキのバレンタインデーですね♡

友チョコもいいけど、ぬくぬくあったかいロマンティーな話も聞けると、お母さん嬉しいなぁ~^^








by pinkpinkolife | 2018-02-09 06:30 | エコリメイク雑貨 | twitter | facebook