人気ブログランキング | 話題のタグを見る

「いちご大福」と「活版印刷 三日月堂」

「いちご大福」と「活版印刷 三日月堂」_d0351435_09130126.jpg

ゴールデンウィーク、皆さんどのようにお過ごしですか^^?

こどもたちは遊びに出かけ、旦那は釣り部活動。

特別なことは何もないのでいつもと変わらない。

平日同様、通常モードの私です。

「いちご大福」と「活版印刷 三日月堂」_d0351435_09130189.jpg

誰もいないので、ママ友が差し入れしてくれた「いちご大福」もひとり占めできる♡

「いちご大福」と「活版印刷 三日月堂」_d0351435_09130163.jpg

旦那さんの幼なじみが経営しているという「旭堂」の「いちご大福」です。

「旭堂」は巷では有名な、昔ながらの風情漂う和菓子屋さん。

私も何度か買いに行ったことはありますが、「いちご大福」は初めて。

デカすぎるいちごにまずおののき、一口食べてフリーズ。

おしゃれな和菓子屋さんの「高級いちご大福」はいくつも食べてきたけど、こんなに感動した「いちご大福」もありません。

こんなん梅田で出品したら1分で売り切れちゃうよ。

あんまりにも美味しいんで、立て続けに3個食してしまった・・・。

旦那の分が残りませんでしたね。

「いちご大福」と「活版印刷 三日月堂」_d0351435_09275160.jpg

甘いもののお供といえば読書です。

今読んでいるのは、ほしおさなえさんの連作短編集「活版印刷 三日月堂」。

「いちご大福」と「活版印刷 三日月堂」_d0351435_09383593.jpg

物語の舞台は、古い印刷所「三日月堂」。

店主とお客さん、活版印刷を通じてお互い一歩、人生を歩み進めるというお話です。

訪れるお客さんには各々の悩みがあり、来店する事情もそれぞれ。

挿絵がひとつもないので、強く想像力を掻き立てられます。

妄想癖のある人は読む場所を選ばなければなりません。

先日、美容院でカラーリング中に読んでいたら、もう・・・。

涙がこぼれ落ちてしまう前に本を閉じました(汗)。

「いちご大福」と「活版印刷 三日月堂」_d0351435_10211366.jpg

活版印刷の知識を少しかじっているのも妄想に拍車をかけます。

亡くなったお姉さんの名前を「テキン」で、店主が名付けた「雪の紙」に印刷する広太くんの話では、THE LETTER PRESS」でその紙を実際に見たことがあるし、どんな風に刻印されるのかも知っています。

11歳の広太くんが、お父さんとお母さんに内緒で「三日月堂のお姉さんと作ったんだ!」と、印刷した名刺を差し出すシーン。

ふわっと柔らかい、真っ白な紙に、お姉さんの名前がまるで足跡のように・・・

その情景を想像すると涙腺崩壊、美容院や電車でなんてとても読めるものではありません。

ちなみに、お姉さんの名前は

「あわゆき」。


今月はSOLA CAFEメンバーでTHE LETTER PRESS」に行くつもりでしたが、ワーキングママたちの予定がなかなか合わず。

来月こそ、またあのパワースポットに行きたい!

「いちご大福」と「活版印刷 三日月堂」_d0351435_10480407.jpg

号泣必至の「活版印刷 三日月堂」。

実は、活版印刷に熱を上げている記事をご覧下さった、ブログ読者さんからのプレゼントなんです。

贈り主のHさんも活版印刷ファンで、「活版印刷 三日月堂」は昨年読了。

とてもいい本なので、引き取って欲しいとお声掛け下さったのです。

「いちご大福」と「活版印刷 三日月堂」_d0351435_10590706.jpg

本と一緒に入っていたのは、活版印刷で作られたお名刺。

ドライフラワーアレンジメントの作家さんだったのですね。

「いちご大福」と「活版印刷 三日月堂」_d0351435_11002908.jpg

素敵なドライブーケも添えられていて、心温まるフルコースプレゼントに感激!

「活版印刷 三日月堂」には毎日泣かされまくりです(笑)。

Hさん、本当にありがとうございました^^

ママ友にももらった「いちご大福」を食べながら、号泣読みする「活版印刷 三日月堂」。

世の中はやさしさでできている・・・

そう思わずにはいられない、ゴールデンウィーク初日なのでした^^










by pinkpinkolife | 2022-04-30 07:58 | インテリア | Instagram | homepage