人気ブログランキング | 話題のタグを見る

ヘソクリの行方

ヘソクリの行方_d0351435_09591318.jpg

BON BOOKから出版されているので、MUJI BOOKSがある無印良品でしか買えない(?)。

大好きな造形作家、水田典寿さんのご著書です。

ヘソクリの行方_d0351435_09591273.jpg

水田さんのことを知ったのは15年ほど前のこと。

「antos」という製作ユニットで、相方の小林寛樹さんと創作活動をされていた頃でした。

今まで見たこともないような独創的で世界観のある作風に魅了され、おふたりの作品やご自宅が誌面に登場する度、そのページ欲しさに雑誌を購入していましたね。

本には漂着物を彫刻して作られた作品やアトリエが掲載、ビーチコーミングされているお姿なんかも見れてファンには嬉しい限り。

ヘソクリの行方_d0351435_10263238.jpg

表紙の鳥さんも流木から作られた、水田さんお気に入りの作品なのだとか。

この作品につけられているタイトルは「夢の中で」。

作品に使われた流木はなんと!!

私の地元である愛媛県新居浜市の海岸産だと記させているではありませんか!

「sa vie sa vie」 で何度か展覧会をやってらっしゃったので、その時に海岸に立ち寄られたのかな。

その sa vie sa vie も一昨年、惜しまれつつ閉店(涙)。

帰省のタイミングと合わず一度も見に行けなかった水田さんの展覧会。

そして sa vie sa vie という帰省の楽しみもなくなってしまい、ダブルショック(涙)。

ヘソクリの行方_d0351435_10261290.jpg

15年くらい前の水田さん。

小林さんは東京の米軍ハウスから黒姫に移住され、奥様と「羊草」としてご活躍されています。

「antos」として並ぶお二人をまた見てみたいな。

ヘソクリの行方_d0351435_11091993.jpg

今月読んだ本。

ヘソクリの行方_d0351435_11094391.jpg

漫画「ルックバック」は、崇拝しているカレー沢薫センセイが読みたくないと言っていたので。


ヘソクリの行方_d0351435_11231078.jpg

着こなしセンスだけでなくイラストも大好きな、掘川 波さんの新刊

「45歳からの定番おしゃれレッスン」。

どんなファッション誌よりもリアルに響くので、今すぐショッピングに出かけたくなります!


体型が気になる人目線で提案してくれているのがいい。

【関連記事】

ヘソクリの行方_d0351435_11274202.jpg

大平一枝さんの「ただしい暮らしなんて、なかった」は40歳以上の人は是非読んでみて!

暮らし系エッセイはこれまでにも沢山読んできたけど、これは絶賛します!

「いくつであろうと毎日は新しい。」

締めくくりのこの一言が、本を読み終わった後にジンと、心に染み渡ります。

ヘソクリの行方_d0351435_11310807.jpg

ジャンルはいろいろ、どれを読むかはその日の気分次第。

読みかけ本が5冊以上ないと落ち着きません(笑)。

一冊読み終わったらまた一冊・・・

ヘソクリのほとんどは本代へ。










by pinkpinkolife | 2022-03-27 08:07 | インテリア | Instagram | homepage