人気ブログランキング |

ジュエリーケースをアンティーク風リメイク

d0351435_04361509.jpg


アトリエ大掃除から再熱した「紙モノづくり」。

市販のジュエリーケースをアンティーク風にリメイクしました^^


d0351435_06392803.jpg

しっとりとしたベルベットのような柔らかな手触り。

高級感溢れるジュエリーケースは女子憧れのアイテム。

結婚指輪用くらいですが、家にもひとつふたつ・・・。

いちいち指輪を保管するわけではないので、クロゼットの奥で眠っていますが。


d0351435_04361556.jpg

今回のリメイクに使ったのはこちら。

シモジマ」で150円ほど。

わざわざ手を加えなくても既にかわいい。

d0351435_04361558.jpg


ですが、インテリア雑貨にするには少しラグジュアリー。

エレガントな内装を全て剥ぎ取ります。


d0351435_05004491.jpg


ケースの内寸に画用紙(クラフト紙)をカットし、アンティーク風加工します。


d0351435_05004583.jpg


紙をシワなく折りたいときはカッターの背で軽く筋を入れ、折り線を作ります。

そうするとスムーズに、キレイに折ることができます。


d0351435_05004464.jpg


そのままケースの内側にすっぽり。


d0351435_05105908.jpg


クラフト紙には「コーヒー染め」を施して茶染みを加えました。

コーヒーや紅茶を紙に染み込ますと、日焼けしたような風合いを表現できます。


d0351435_05144030.jpg

「コーヒー液」はインスタントコーヒーで簡単に作れます。

面積の広い染みを作りたいときは、スポンジに含ませてコーヒー液を塗布します。



d0351435_05161095.jpg


湿らせた指先にコーヒーの粒をつけて直接紙に押し当てると、ピンポイント染みに。

コーヒー粒が体温で溶け、そこだけ色濃く着色されます。


d0351435_05211551.jpg


縁周りや折り線付近、劣化しそうなところは入念に染みを加えます。


d0351435_05230843.jpg


after      before



d0351435_05234707.jpg


紙モノづくりの最大の楽しみはデコレーション。

ラベルやマステを貼ったり、スタンプを押したり^^

止め時がわからなくなるほど楽しい作業です。


d0351435_05253849.jpg


台紙をケースにはめ込んで完成です。


d0351435_05264098.jpg


ピカっと高貴なジュエリーケースが小粋なインテリア雑貨に大変身^^

内装をリメイクするだけで印象が大きく変わりました。


d0351435_05312207.jpg


スタンプを押したり茶染み加工したり、面倒な手間も特別な道具も一切なし。

準備や場所も必要となる木工とは違い、テーブルの片隅でできる「紙モノづくり」。

忘れていた感覚が蘇り、急速に「紙モノ」熱が上昇してきました。

ガサガサ、ガサガサ・・・

今日はどの紙で遊ぼうかと、引き出しを漁る今日この頃です^^










by pinkpinkolife | 2019-06-11 06:30 | ハンドメイド | Instagram | homepage