山梨日記(1)

d0351435_09151069.jpg

先週の土曜日のこと。

片道5時間の電車旅で、山梨県に行ってきました。

WITH RIKAさん ^^

降り立ったのは山梨県で一番高い駅、清里駅。

標高は1,275メートル。

d0351435_09151072.jpg

どのくらい大阪と気温差があるのかと心配していましたが、お天気がよかったせいか午前中の時点ではさほど変わらず。

明らかに違うのは空気の鮮度。

    ス~~~~~

ハ~~~~~

何度も何度も深呼吸しました^^

d0351435_09151073.jpg


駅からすぐに向かったのは、この日ランチを頂く、パン工房レストラン「megane 」

駅から歩くこと15分ほど、見えてきた見えてきた、看板が♡

d0351435_09303906.jpg

羊がいたり、牛がいたり、道中何度も立ち止ってしまう誘惑が。

RIKAさんがもうすっかり撮影モードに入ってしまって(笑)。

「RIKAさん、予約時間に間に合わなくなっちゃいますから!」

d0351435_09331413.jpg

女子校生の看板・・・?と思ったら

安池興男さんは清里開拓に尽力された方だそうです。

失礼いたしました。

d0351435_05232174.jpg

思わず息子に見せてあげたくなる光景に遭遇しながら、目的地を目指します。

・・・が、なかなか辿り着けない(汗)


d0351435_05232113.jpg

あった・・・!

ようやくふたつめの看板に辿り着きました。

そういえば、ひとつめの看板に「 ↑450m 」と表記されていたような。

清里駅から歩くこと30分、カフェはもう目の前です^^

d0351435_05232054.jpg


パン工房レストラン megane 到着!


d0351435_05291850.jpg

入店前から居ても立ってもいられない景観に、RIKAさんがまたまた撮影モード!

「 RIKAさん、とりあえずお店に入りましょうね! 」


d0351435_05291167.jpg

店内はカントリー調の優しい雰囲気。

テーブルは4席で、全て予約で満席でした。

窓の外に見える大地と空が美しいこと・・・!

料理を待っている間、スマホを見ている人は誰もいませんでした。

d0351435_05422888.jpg

牛蒡のポタージュ、レバーパテで食べるパン、真鯛のムニエル・・・

どれも、とても丁寧なお味で美味しかったです。

「 RIKAさん、あとでお写真下さいね♡ 」

RIKAさんの写真を完全にあてにして、食べることに専念(笑)。

d0351435_05463919.jpg

ランチを終えた後は「萌木の村」で行われていたカントリーフェスタへ。

清里に到着した時はまだ上着を脱いでいられたのに、午後からグンと気温が下がりました。

マフラーと手袋が欲しいくらい。

もう少しすれば木々は真っ赤に染まり、銀世界へと姿を変えていくんだろうな・・・。

大阪では見ることの出来ない大自然の四季。

都会から移住される方が多いのも頷けます。

d0351435_06004414.jpg

そして今回の宿になるペンション「銀の森」へ。

まだ5時だというのに、この暗さ。

外灯のない山道にポツリポツリ見える一軒家は全てペンションで、もはや絵本の中の世界。

d0351435_06004420.jpg

フレッシュな高原野菜たっぷりのディナーに舌鼓♡

おかわりしたくなる美味しさの人参のスープは、トロリとした食感が気になって。

聞けば「お米」だそうで、セロリが隠し味。

体の芯から温まる、心づくしのディナーを頂きました^^

d0351435_06004429.jpg

貸し切りできるお風呂も気持ちよく、枕が変わると眠れない体質なのですがこの日はぐっすり!

驚くほど気持ちの良い目覚めで、清里最高!

d0351435_06131378.jpg

優雅なモーニングから始まる、のんびりとした朝。

罰が当たりそうなくらい贅沢です。

d0351435_06150531.jpg

配膳もいちいち、かわいい♡

ご主人と奥様、おふたりで経営されているペンション「銀の森」。

キッチンからはご夫妻の楽しそうな会話が聞こえてきて、羨ましくなってしまいました^^

都会からの移住者の多いという清里。

やはりこちらのオーナーご夫妻も東京から移住されてきたそうで、都会人を経験したからこそ、都会人を癒やす術をご存じのような気がしました。

次に来る時も、是非こちらに泊まりたい♡

d0351435_06313242.jpg

RIKAさんとふたりで一番驚いたのが、埃ひとつない真っ新な清潔さ。

私たちは主婦なので、どこが汚れやすいとか、掃除しにくいとかには敏感です。

掃除はプロを雇っているのかな!

RIKAさんと噂していると、HPには「オーナー兼そうじ係」という挨拶文が。

ご主人自ら・・・!

雑誌やグラスなども、乱れることなく整っていて。

これは、うちの旦那以上かもしれない(笑)。

見えないところにもおもてなしの心が宿った、とても気持ちの良いペンションでした。

d0351435_06385265.jpg

チェックアウトまでの時間は、森林浴を楽しみました。


d0351435_06393621.jpg

山麓の静かな森に囲まれた朝ウォーキング

・・・のつもりが

d0351435_06420792.jpg

ひとっこ一人いないので、小心者の二人はビビリまくり。




キャァァァァーーーー!!!

    熊!?

イノシシ・・・!?


カサッという音がしただけで大パニック。

ふたり揃って、ノミの心臓です。

d0351435_06533642.jpg

何かに遭遇してもすぐに逃げ込めるよう、結局ペンション周辺を散策。

ビーチコーミングならぬウッドコーミング♡

d0351435_06562176.jpg

貫禄のある山小屋を発見!

絵になりすぎでしょ・・・!

d0351435_06574280.jpg

迫力満点、ワイルドなハンティングトロフィーが掛けられた小屋は倉庫のよう。

買ったんじゃなくて、獲ったんだろうな!!


d0351435_06585488.jpg

ペンション周りの半径200mの散策を終え、いよいよ・・・・・・

いよいよ・・・・・!!

d0351435_07013977.jpg


憧れのあの方のお宅へ!


続きはまた明日、綴ります^^











by pinkpinkolife | 2018-10-24 07:16 | カフェ | Instagram | homepage