ときめく収集『 空き箱リメイク 』

d0351435_16121264.jpg

ほとんど「片付けの祭り」で処分してしまいましたけど

箱が好き♡

d0351435_16121218.jpg

洋室のクロゼットがまるごと「箱の部屋」だったこともありました。
お菓子の空き箱、靴や鞄の化粧箱、ついでに紙袋なんかも・・・

「いつか使える(かも)不要品」が大好きなんですよね。

不要品の収集癖は紛れもなく育った環境にあって、これはもはや血筋。

私の母は「いつか使える(かも)」のスペシャリストなんです(現在進行形)。

実家のクロゼットの中には色とりどり、大小様々な箱が積まれ(ついでに紙袋も)、お店のバックヤードのよう。

子供の頃からそんな光景を見てきたので、空き箱を捨てる概念がないんです。

今年行った究極の断捨離は断腸の思いでした。

d0351435_16121127.jpg

ですが、埃を被っている物に「いつか」は来ないもの・・・。

こんまり先生のお言葉に従った結果、ときめかない収集が無意味なことだと悟りました。

今はときめく収集だけ。

現在クロゼットは家族の為に、本来の用途で有効活用されています。

d0351435_17065383.jpg

ときめく空き箱だけを残した結果、こちらも有効化できるようになりました。

写真はお菓子の空き箱をリメイクしたもの。

全てチョコレートが入っていたやつ(笑)。

d0351435_17071536.jpg

トキメク空き箱の条件はひとつ。

素材がしっかりしていて、表面が無加工な紙箱。

コーティング加工された紙箱は塗料が密着しないので、不要です。

今回は透明下敷きと組み合わせて「標本箱」風を作りました^^

d0351435_17125540.jpg

作り方はとっても簡単☆

まず蓋の中央を切り取って、中窓を作ります。

d0351435_17162903.jpg

下敷きを蓋の内寸にカットします。

(下敷きは工作用カッターで簡単に切ることができます)

d0351435_17174666.jpg

紙箱を黒くペイントし、カットした下敷きを強力両面テープで蓋の内面に貼り付けます。

蓋の裏と言えど、両面テープが見えてしまっては。

そんな時はマスキングテープで目隠ししちゃいましょう^^

d0351435_17223735.jpg

あっという間に完成です^^

ガラス蓋に見せかけた「なんちゃって標本箱」はチョコレートの空き箱で簡単☆スグデキ!

d0351435_17283239.jpg

厚紙を使って一から箱を作るのは大変です。

紙箱を利用すれば手間も省け、アレンジも自由自在。

加工の難しいガラスやアクリルを使わなくても、プラスチック板で充分。

下敷きは簡単DIYの強い味方です^^

d0351435_17342627.jpg


箱の中に入れた物を美しく魅せてくれる「標本箱」は、偏愛コレクションの為に作りました。

最近のお気に入り「ウニの骨」を飾りたかったのです。

d0351435_17373273.jpg

透明の蓋は高級感があって、インスタ映え♡

「下敷き」ですけど、言わなきゃバレません。

d0351435_17383765.jpg

空き箱ストックはございませんか~?

秋の夜長工作におひとついかがでしょう^^









by pinkpinkolife | 2018-09-13 06:30 | エコリメイク雑貨 | Instagram | homepage