材料費500円!北欧食器にも合う「カフェトレイ」を簡単DIY

d0351435_06014132.jpg


普段やらないことをやってみたら、なんか「よかった!」という話。


d0351435_06014189.jpg

ペイントするなら黒か白かブルーグリーンか・・・いつもだいたいそんなかんじ。
似たようなテイストのものばかりを作っています。

青、黄、赤とか、そんなコントラストの強い選択肢は存在しません。

いつもなら。

だけど、これも断捨離効果なのか(?)いつもとは違う色使いに挑戦したくなりました。

青と黄と赤の、カラフルな信号色で!

d0351435_06014159.jpg


そしたら、なんか・・・「よかった!」んです。

写真でご紹介している「カフェトレイ」はそんな冒険心から生まれた100均DIY。

いつもならステインで古材風にするか、アイボリーまたはブルーグリーンを塗り重ねてアンティーク風にするかの二択ですが、今回は「黄」と「赤」をチョイスしてみました。

普段の雑貨作りでは、まず使わない色です。

ワンパターンな「古物風」から離れてみようと思ったのはなぜか?

わからないけど、断捨離で部屋から色数が減ったことに関係しているのかも。

なんだか最近、以前より自由度が高くなってきた感じがします。

d0351435_09570626.jpg

使った塗料

(クラウディーブルー・ミモザイエロー・クランベリーレッド)

(オバンコール)

d0351435_09431711.jpg

板が並んでる風にしたかったので、色の境界線をカッターの背で押しなぞり、浅い溝を掘りました。

ステインを溝に染み込ませることで、板をつなぎ合わせたかのような視覚効果が得られます。

d0351435_10094608.jpg

これは木材だけでなく紙素材などにも応用可能。

写真のフォトフレームは「段ボール」で作ったものですが、45度カットされた4枚の板が組み合わされているように見えませんか^^

d0351435_10122206.jpg

青果物などに使われる厚みのある段ボールは、雑貨作りに重宝する素材です。

強度がしっかりとしているので耐久性もあり、さまざまな用途に使えます。

d0351435_10095129.jpg

カッターで溝を作ってペイントすれば・・・

d0351435_10095963.jpg

このとおり!

古材風パッチワークフレームの作り方はコチラをご覧下さい

d0351435_10223940.jpg

写真上)溝を掘らず、ペイントしただけのもの

写真下)溝を掘り、ステイン仕上げしたもの


わざわざ板を切断しなくても、溝を掘るだけで

簡単☆スグデキ!

d0351435_10241220.jpg

今回思い切った色使いに挑戦してみましたが、リンドベリのティーカップとも好相性♡

カラフルな色合わせが目を引く、カフェトレイができました。

d0351435_10274130.jpg

アイスドリンクは一層爽やかに、そして寒い冬のホットタイムにも。

テーブルの上を華やかに演出してくれるカラフルなカフェトレイの作り方は、日刊住まいsumaiの連載でご紹介しています。

普段使わない色で、是非お試しください^^












by pinkpinkolife | 2018-02-13 06:30 | 100円リメイク雑貨 | twitter | facebook