気になるのはクールフェイス☆ひっそりとカッコイイもの

d0351435_14194670.jpg

CONTEXTは大好きな雑誌nice things.の男性版。
今年の夏に創刊されたばかりの男性向けライフスタイル誌です。

d0351435_14194689.jpg

創刊号には男子のみならず、インテリア好き女子なら誰もがご存じの著名人が勢揃い。
見事なお顔ぶれをこの一冊で拝めてしまう、ありがたい一冊です。

大好きなPUEBCOのページなんかもあったりして、PUEBCOファンには嬉しい限り!

PUEBCO(プエブコ)と聞いてピンとこないかもしれませんが、おうちの中にいませんか?

この子。


d0351435_14194606.jpg

アニマルディスプレイ定番のバードオブジェは、プエブコ産^^

大きさ、色、形、どの角度から見ても、本物かと見間違うほどリアルに作られたフェイクオブジェです。

d0351435_14421116.jpg

我が家にもふくろうが数匹とインコが生息中です。

このバードオブジェはアーティフィシャルバードという商品ですが、実は本物の鳥の羽で作られているんです。
食肉加工工場から廃棄された鳥の羽のリサイクルとは驚きですが、そこがPUEBCOらしい。

そして高質だけど、リーズナブル。手が届かないブランド雑貨と違い、気軽に購入できるのもPUEBCOならではの魅力です^^

d0351435_15065847.jpg

お気に入りのグラスシリンダーは、上下にリムがあるだけの円柱型。
無駄のないシンプルなフォルムで、クールでスタイリッシュな空間を演出してくれます。

PUEBCOセンスを感じるのは、さりげなくかっこいい、クールさ。

シリンダー下部に印字されたグラフィック。
こういうところが、ナウいんです!・・・that's cool!

d0351435_15122957.jpg

タンブラーのフタ部分には小さく「LABORATORY」の文字。
実験器具を連想させる佇まいと控え目グラフィックが、にくいねぇ、PUEBCO!!

実はパッケージも商品の一部になっていて、タンブラーもシリンダーも、デザイン性の高い箱に入っているんです。(写真は撮り忘れ・・・)

ユニークな発想とデザインセンスにいつも骨抜きにされてしまうPUEBCO。

誌面では「男のための」とオーナーさんは仰っていますが、男性以上に虜になっているPUEBCOファンの女性もたくさんいるはずです^^

d0351435_15291624.jpg

雑誌のページに戻りますが、こちらも最近よくお見かけするお名前「ReBuilding Center JAPAN」。

解体されている古い建物から古材や古道具を救出して再利用、販売されているお店です。
カフェも併設されているのだとかで、一度は行ってみたい。
(長野県にあるのでまだまだ先になりそうですが・・・)

廃材を救い出すことをオーナーさんはレスキューと呼んでいて、掲載紙面には「レスキュー」の文字がズラリ。インパクトのある言い回しにセンスを感じる、気になるお店です^^

廃材に新しい命を吹き込むといえば・・・

d0351435_16010147.jpg

廃材インテリアの魔術師、ピート・ヘイン・イーク。

あ、うちに壁紙あるなんて方もいらっしゃるのでは?

d0351435_16071879.jpg

数ある彼の作品の中でも特に好きなのが、スクラップウッドシリーズ。
スツールは何度購入しようとしたことか・・・。
その度に師匠(旦那)に怒られ涙をのんできましたが、今日久しぶりに思い出しました。

そういえば、パッチワークの椅子だったら自分で作ってやるとかなんとか・・・

もう10年以上待たされていますけど、作ったるわ発言はいずこへ?

d0351435_16113683.jpg


10年も前に購入したBOEKは、今でも私の一番大切な本です。
(ピート・ヘイン・イークも変わらず大好き!)

思えば最近惹かれるのはクールなものばかり。
余計な装飾はないけど、ひっそりとしたかっこよさが潜んでいる、そんなアイテムが気になります。

次号のCONTEXTは来年1月。

どんなクールフェイスが登場するのか、今からわくわくしながら待っています^^








by pinkpinkolife | 2017-11-06 06:30 | インテリア | Instagram | homepage