d0351435_22113996.jpg

日曜日の朝届いた、田舎からのお野菜便^^

田舎の匂いが残る見た目も鮮やかな夏野菜が段ボール2箱分!

パンとスープの簡単メニューの予定だったけど、急遽変更^^
カラフルな夏野菜がメインディッシュの、ヘルシ-な休日ブランチになりました。

d0351435_14093226.jpg

我が家は出来上がったものから召し上がれ、大皿ドドンのセルフスタイル!

お好きなものをお好きなだけ・・・というと息子はお肉ばっか食べちゃうから、バランスよく取ってくださいよ!
テーブルの上にお皿を並べると腹ペコーズたちが各々、お目当てめがけて箸を伸ばします。

d0351435_14093294.jpg

田舎の畑で穫れた、もぎたてぴちぴちの夏野菜たち。
マンション友にもそのままお裾分けに走り、朝から玄関先で田舎自慢^^

d0351435_14203329.jpg

私の田舎では農家や家庭菜園している人も多く、自給自足の暮らしも珍しくありません。

住んでいた頃は当たり前のように思っていたけど、食材だけでなく都会にはないものがたくさんあるんです。
耕耘機とか都会人には想像もつかない車両がその辺を走ってるんだから、息子も大喜びですよ。

実家の近くには牛舎もあるし、海まで徒歩5分、山まで車で30分です!

d0351435_14203284.jpg

子育てと家事と仕事と、やっていることはどこでも同じなんだろうけど、ビルに囲まれるのと自然に囲まれるのではやはり心の余裕が違うというか、年々大阪での暮らしがハイペースに感じます。

こうやって田舎の産物を前にすると、山と海と畑と田んぼと、生まれ育った田舎のスローライフが恋しくなってしまうんです。

1年ぶりの田舎帰省まであと半月!早く田舎のセミの声が聞きたいぞ!
(セミは嫌いだけど!)

d0351435_15033132.jpg

「 ぼくちゃん、何からたべよっかな ー ! 」

d0351435_15041865.jpg

やっぱり今年の夏もトウモロコシ!
ひとり占めの勢いでわし掴みです!!
ぽんたまろさん、今年のトウモロコシはいかがでしょうか!?

d0351435_15053414.jpg

「 うぅ ~ ん!
いいかんじに粒が並んでますね ~ 」

「どれ!
食感はいかほどか、
ちょっといただいてみましょうかね! 」

d0351435_15082333.jpg

あむっ!

「 お口の中が黄金まつりやぁ ~ !」

d0351435_15143308.jpg

「 んん!?
これはまた挑戦的なボディー!

田舎の肥えた土壌で奔放に育ったから
こんなにも図々しい形になりよるんですね~!?

ぼくちん、前にならえの並び順、
前から2番目、

なぐったろか!」

d0351435_15174354.jpg

ぽんたまろさんも大好物の巨大おくらは、たっぷり200本ほど送られきました。
お裾分け先のお宅では夏野菜カレーにおひたしに、天ぷらにとたいそう喜ばれました^^

家族揃っておくらが好きなので消費量は合宿並み(笑)。
おくらが食卓に並ばない夏はありません。

d0351435_15223184.jpg

田舎のハッピーマンもスーパーで買うのとは表情が違います。
愛情いっぱいに育てられた田舎の野菜たち、ンマイことよ!

子供たちも私も、田舎帰省を指折り数えて待つ毎日。

早く田舎の住民になりた ~ い^^








# by pinkpinkolife | 2017-08-01 06:30 | ぽんた | twitter | facebook
d0351435_11110645.jpg

今月も今日で終わりなんて、今日になってびっくりです(笑)=3
そろそろ夏も折り返しかと思うとすごく寂しいですよね!寂しいですよ!
(そんなことありません?)

朝のラジオ体操と宿題が終わったら町内を練り歩いてセミやメダカを捕まえに・・・
休日は山や海で飯ごう炊飯、汗をかいたあとに飲む麦茶のンマイことよ!

自然に囲まれた田舎の夏はとにかく楽しく、子供の頃そうやって過ごした楽しい夏が私を夏好きにしたんだなぁ。
1年の半分が夏だったらいいのにと、本気でそう思っている私です。

そういえば?
小学生の朝のラジオ体操はどこ行った?

d0351435_11110644.jpg

暑い夏も真っ盛りですが、今日はクーラーの効いたおこもりリメイクにもぴったり!
DIYペイントして作る、陶器製のアンティークボトルの作り方をご紹介します。

品と静けさのあるベージュやブラウンは、落ち着いた空間つくりには欠かせない定番カラー。
こっくりとした温かみのある色味で、秋に向けての模様替えの準備にもおすすめです。

ドライフラワーとの相性もよいので、ナチュラルなインテリアにもぴったりです!

d0351435_11110659.jpg

同じ色の瓶を並べていますが、陰影効果でコントラストのあるレイアウトになりました。
形違いの瓶を数本集合させることで、静物画のようなアーチスティックなビジュアルが完成!

古く色褪せた陶器瓶に見えますが、実はこれらは全て不要品と呼ばれる「空き瓶」なんです。


beforeはこちら

d0351435_12423885.jpg

普段は捨てられちゃう(?)空き瓶ズです

夏場はとくに飲料水の消費が増えるので、今がチャンス^^
飲み終わったあとのボトル瓶はストックしておくべし!


■簡単!アンティークペイントの手順

d0351435_12444994.jpg

1 瓶の表面にマルチプライマー(塗料の定着剤)を塗る

2 オフホワイトの塗料で着色する

3 水で薄めたステインを少量垂らし、ティッシュで押さえるようにして拭き取る


d0351435_12500710.jpg

コルク栓もステインで着色すれば、アンティークな風合いがアップ!

ピカピカのガラス瓶もアンティークペイントすることで、静寂さをまとった絵画のようなたたずまいに。

今回の作品の注意点は、塗装前に下地剤を塗っておくこと!

ガラスは水を吸収しない素材です。
水性塗料で着色することはできますが、定着しません。
水に濡れたりこすれてしまうと、塗膜が簡単に剥がれてしまうんです。

今回の作品は塗装面に水で薄めたステインを塗布するため、塗膜がふやけてしまう可能性があります。
下地剤を塗って塗料の密着をよくさせ、失敗を未然に回避しましょう!

d0351435_12423885.jpg
d0351435_13102252.jpg

クリアなガラス瓶と色褪せたアンティークボトルを見比べてみると、色が違うだけなのに重量も違ってみえますね。

d0351435_13120376.jpg

空き瓶だって色を塗れば立派なインテリア雑貨に変身!

陶器製のような重みと経年の深みある色合いで、コーナーディスプレイにも活躍してくれます^^

d0351435_13200676.jpg

コルク栓付きの小瓶は中世のヨーロッパを彷彿させるような貫禄のある佇まいで、単体でも絵になります。

アンティーク雑貨や古道具などとも好相性!

d0351435_13224457.jpg

この夏は空き瓶をたっぷり溜め込んで、アンティークペイントのおこもり夏休みなどはいかがでしょうか?

アンティークペイントでつくる陶器風ボトル瓶、是非お試しください^^








# by pinkpinkolife | 2017-07-31 06:30 | エコリメイク雑貨 | twitter | facebook