アマゾン予約した本

d0351435_20530095.jpg

朝ごはんにパンを食べるようになって一ヶ月と少し。

夏の間はグリーンスムージーが朝ごはん変わりでしたがが、冬場は無理。
夏のようには喉を通っていかないんです。

これは毎年のことで、グリーンスムージーモーニンは来年の春まで、閉店ガラガラ~。

d0351435_20530034.jpg

そんなわけで、最近はこどもと旦那を見送った後のひとりモーニンが朝のお楽しみです^^

トッピングで好きなのはピーナッツバターとシナモンシュガー。
そしてバナナがあれば、スペシャル嬉しい!

d0351435_20525997.jpg

んでもって、はちみつもたっぷりかけちゃう。

朝からこんな・・・(ぞぞぞ~)と思いながらも、初秋にはしっかりと習慣化したトーストモーニン。
ウォーキングで消費されるだろうと気持ちをごまかしておりましたが、どこか罪悪感。

モヤモヤしながらもやめられないトーストモーニンでしたが、ある漫画がそんな悩みを解決してくれました。

ああ、そういう風に考えればいいんだ・・・って。

私の心を救ってくれた漫画


d0351435_21190999.jpg

「 スキップするように生きていきたい 」

レタスクラブで連載されていたコミックエッセイです。

これは先週発売されたばかりの単行本で、

著者は漫画家のこやまこいこさん。

私がこちらの漫画を知ったのはレタスクラブではなくて

北欧テイストの雑貨、家具のオンラインショップscope

サイト内のコンテンツで毎月10日と25日に更新されています。

更新日には誰よりも早く駆けつける、

熱狂的ファンであります!



d0351435_22251467.jpg

主人公は山椒ぴり子さん。(主婦)

ひとり娘のこつぶちゃん(幼稚園)と、ご主人のしびれさん(会社員)

どこにでもありそうな3人家族のふつうの日々・・・

特別なことは何もない、なのになんとも味わい深い、

足元にあるふつうの日々が愛おしすぎる漫画なんです。

scopeの漫画更新日を待ち焦がれる私にとって

書籍化は小躍りするほどの朗報でした。

発売日に書店に行けるかどうかわからないので、

初めてアマゾン予約というものをしてしまいました*^^*

発売日翌日にポスト投函された単行本にウルっとしたほどです(笑)。

d0351435_22434149.jpg

ドラマチックではないけれど、読み進めるほどに目が離せなくなる

実にリアルな家族な物語。

当たり前に暮らす日常こそが幸せだと、改めて感じられます。

こやまさんの実体験なんだろうなぁとも。

そしてこのぴり子さん、

のんびりうっかり、そしてちょっぴりズボラなところがあるので

すごく共感できるんですよね(笑)。

d0351435_23291164.jpg

登場人物のキャラもまたいいんです。

自分の近場にもいそう。

っていうか、いる!

こつぶちゃんは同級生M美の娘ちゃんにそっくりだし、

友人ゆかさんは、まるでK子!

そうなるともう他人事とは思えない、

これは自分が主人公ではないのかと錯覚してしまうほど

物語の中に入り込んでしまうんです。


d0351435_23344588.jpg

食べて、笑って、悩んで・・・

漫画に描かれている何気ない日常の一コマが、

うんうんと共感のツボを優しく押してくれます。

実感や共感を得られる、ごくごくふつうの物語。

はぁ~

溜息がでるくらい、いいんです。

子供にはこの面白さがわかるまい(笑)。

d0351435_23513475.jpg

お話の語り手は、ぴり子さんの祖母。

お名前は「サミコ・B・レタス・ビネガー」さんといいます。

第一話はサミコさんが、わたくし・・・と自己紹介

「 もうね 死んでますの

みたらし団子が大好きでした 」

から始まります。

ほんわか、ゆる~~いのに、

キャラクターの名付けから物語りの運びまで、

センス抜群の漫画なんです。

( 本屋さんで見かけられたら、どうぞオススメです!)


冒頭の写真に戻りますが

朝ごはんに美味しくパンを食べれるようになったのは、

1日の始まりには、美味しいものを食べる!

山椒家のそんな朝の一コマより。

ざわざわした気持ちで1日をスタートさせるより、

好きなものを食べてエネルギーを満たして、

今日もハッピーな1日になりますように!

モヤモヤと曇っていたものがパッと晴れました。

朝ごはんはハッピーな1日の始まり!


「 しびれの朝 」

カロリーより笑顔の方が大事でしょ!

今週も頑張っていきましょ ー =3








# by pinkpinkolife | 2017-11-20 06:30 | インテリア | twitter | facebook
d0351435_12250638.jpg

ここは家の中で最もモノで溢れている場所(汗)私のアトリエです。

6畳の一室ですが、床の見えるスペースは二畳ほどしかありません(恥)。

目に入るものが多いほどアイデアを組みやすいので、材料も道具もほぼ出しっ放し。
傍から見るとただの汚部屋ですが、私にとってはお城なんです。

d0351435_12250799.jpg

ブログで紹介しているDIY雑貨は、そんな放置部屋で偶然にドッキングされた産物。

ブログの記事数にすると100均DIYだけでも600作品近く、0円DIYも200作品越えです。
よくもまぁ・・・と我ながら感心するやら呆れるやらですが、これが不思議なことに、飽きません。

革新する100均ショップの波に乗り、DIYはますます面白くなる一方です^^

ブログでは作品の製作プロセスと使用例をご紹介していますが、公開後はインテリア(ディスプレイ)使いすものと、収納(実用)に使うもの、活用法はこの2パターンです。

例えばこちらのブリキBOX。リビングに置き場がないのでアトリエメンバーになりましたが、使っているうちに、木枠にBOXを立てかけれることに気付きました。

これはブログ公開時には思いつかなかったアイデア。

その時は思いつかなかったアイデアや用途が付加できるのも、DIYの醍醐味なんです。

ちなみに写真のツールボックスは飾り棚としても使える100均DIY。

d0351435_12424307.jpg



d0351435_12585884.jpg

塗料のストック棚はハンガーボードを作った時のもの。

これも製作時はこんな風に使うなんて・・・もちろん想定しておりません。

d0351435_13061458.jpg

チェーンの引っかけ収納に使っていた木製ディッシュスタンド(セリア)は工作板の支えに。

d0351435_13081969.jpg

その時に気付かなくても、使っているうちに見えてくる新しいアイデア。

一度は完成したものたちが新しいモノと出逢い、本来の用途とは違う可能性を見せてくれる、アトリエはそんな終わりなきDIYを楽しませてくれる場所。

6畳の小さな城には「そんなつもりではなかったけど・・・」
そう概念を覆す可能性がひしめき合い、私を驚かせ、喜ばせてくれています^^








# by pinkpinkolife | 2017-11-17 06:30 | インテリア | twitter | facebook