<   2017年 02月 ( 28 )   > この月の画像一覧

| twitter | facebook
d0351435_17480435.jpg

DIYリビング壁ペイント 最終章です^^

d0351435_17480436.jpg

ちなみにこちらが完成図。

イメージは雑貨や洋服の映えるショップ風で、

ヴィンテージ風のエイジング塗装を施しました。

d0351435_17480421.jpg

汚しすぎると壁自体が主張してしまうので、

エイジング加工は気持ち、控え目に。

d0351435_18064285.jpg

昨日は下地塗りのところまでのレポだったので、

今日は表面の塗装をご紹介していきます。

d0351435_18064236.jpg

before

下地の色はベージュとブルーグレイ。

d0351435_18074766.jpg

この上に白い塗料を上塗りしていきますが、

今回最大の塗装ポイントは

左官コテで塗装するということです!!

d0351435_18074624.jpg

漆喰塗りに使ったコテに塗料をつけて

d0351435_18112185.jpg

漆喰塗りと同じ要領で上下左右に

塗料をのばしていきます。

d0351435_18112199.jpg

厚み(凸凹)のあるテクスチャを作る時

普段はペインティングナイフを使うのですが、

今回は面積が広いのでコテで代用しました。

ランダムに散った塗料と波打ったような質感が得られ、

筆やスポンジとは違った表情に仕上がります。

ポイントはコテコテに厚塗りすること!

ちなみにペインティングナイフ記事はコチラ


d0351435_18142423.jpg


d0351435_18264160.jpg

コテ塗装で全面をほぼ覆い、

まだらになった隙間を刷毛で伸ばします。

刷毛の筋あとが気になる場合はスポンジで軽く抑えます。

粒子が浮いた砂壁のような質感が欲しいときは

スポンジペイントがオススメです。

d0351435_18264068.jpg

表面塗装が終わりました!

d0351435_18320154.jpg

ベージュとホワイトの淡いツートン壁が

できあがりました。

しかしこれで完成ではありません!

漆喰塗りも、下地塗りも、表面塗りも

今までの工程は、料理を美味しくするための

下ごしらえのようなもの。

DIYペイントの本当の楽しさは実はここから!

自分好みに仕上げていく、

ここからの味付けペイントなんです。

d0351435_18391919.jpg

まず最初に味付けする調味料は

雑貨作りのフィニッシュペイントでも重宝する


d0351435_18404684.jpg

フレームのラインや縁角に筆で着色し、

ティッシュペーパーを押し当てるようにして拭き取ります。

そうすると色褪せた茶染みが滲み広がったようになり、

経年劣化の味わい深さが加わります。

d0351435_18460971.jpg

原液を表面に塗布すると濃さが目立つため、表面には

水で薄めたステイン剤をスポンジで塗布します。

d0351435_18475441.jpg

水性ステインで描写することによって

うっすら汚れた茶染みの風合いと

木材のような質感を表現することができました。

d0351435_10242586.jpg

そして次にご紹介するのが

ヘラです!

これは1本持っておくと重宝する便利グッズで、


d0351435_10242598.jpg

こうやってヘラの先を表面に押し当てて

持ち上げるようにして塗膜を削ります。

d0351435_10471593.jpg

実は厚塗りをしたのは

塗膜を剥がしやすくするため。

塗装が厚く膨らんだ部分は

下地から剥離しやすいんです。

d0351435_10471624.jpg

肉眼ではわかりませんが漆喰上の塗膜は

浮き上がった状態になっていて、亀裂から簡単に

塗膜を剥がし取ることができるんです。

質感は柔らかく、ゴムのようなかんじ。

ヘラで塗膜を持ち上げたあとに指でつまむと

塗膜をめくり取るこもできます。

塗装から時間が経つと難しいですが、

塗膜が柔らかい間(一週間くらい)は大丈夫。

この作業は子供の力でもできるくらい簡単で、

削ったりめくったり、お遊び感覚で楽しめます。

ただ夢中になりすぎて剥がしすぎてしまった

ということにもなりかねないので、

腹八分目を心がけて^^

ステイン剤で染み加工したり

ヘラで塗装を剥がしていく工程は

DIYペイントの最終工程です。

完成イメージが見えてくるので

楽しくて、とてもやりがいのある作業。

ベース作り(漆喰塗り・下地塗り・表面塗り)は

少々面倒くさい作業ではありますが、

これを怠ってしまうと味付けペイントが生きてきません。

料理もメイクも、何事もそうだと思いますが、

DIYペイントもまずはベース作りが大切です。

ベースさえしっかり作っておけばあとは

好きに味付けしていくだけ。

自分好みのオリジナルテクスチャを作ることが

できるのはDIYペイントの最大の喜びです^^

d0351435_11023209.jpg

塗装を剥がし終わり、

ようやくリビング壁のDIY作業が終了しました。

板壁作り → 漆喰塗り → 下地塗り →

表面塗り → 味付けペイント

明日は生まれ変わった賃貸リビング壁をご紹介します^^

続きはまた明日 ~ ☆








by pinkpinkolife | 2017-02-08 06:47 | DIY(木工) | twitter | facebook

賃貸壁DIY( 塗装編 )

d0351435_23035031.jpg

昨日の賃貸壁DIY(漆喰塗り)に続きまして

今日はDIYペイント下地塗りをご紹介します^^

d0351435_22453412.jpg

DIYを始めた20代、そして30代ではブルーやグリーンなど

色彩を取り入れたミックスインテリアを楽しんできました。

ですが来年は私も40歳。

ファッションだけでなく、インテリアの好みも

20代の頃とは随分変わりました。

今でもブルーやピンクは大好きなのですが、これからは

もう少し落ち着いた色合いの部屋作りをしたいと思うんです。

家具や雑貨も最近はシンプルなデザインに惹かれるので、

少しずつシフトチェンジしていけたらと思います。

今回手始めにリセットするのがリビングの壁ですが、

こちらの壁は面積がさほど広くないので、

リセットイメージをはかるのにもちょうどいいサイズ。

部屋の雰囲気をイメージしやすいように、

雑誌の切り抜きと見比べながら塗装していきます^^

d0351435_23035880.jpg

今回壁面ペイントに使用したのは


これは以前雑貨作りにも使ったことのある塗料なので、

使い心地のよさは既にわかっています。

壁を塗るときはこの塗料でと決めていました^^

ちなみにその時のペイント雑貨はコチラ

d0351435_23154993.jpg


今回は雑貨ではなく壁に塗るので、色は新調に選びました。

塗り替えはできるけど、できるなら失敗のないように

選色したいもの。

そこでイメージ作りに役立ったのがこちらのサイト

d0351435_23380297.jpg


Paint DIY Market の人気コンテンツでもあるこちらのページでは

リビング、こども部屋、トイレの3部屋が用意されていて、

壁と床と家具に好きな色を組み合わせことができるんです。

できるなら失敗は避けたい壁面塗装。

ペンキ缶の色見本を確認したはずなのに、

実際壁を塗ってみると見え方が全然違う!

そんな経験はありませんか?

実は私も、色は慎重に選んでいるはずなのに、

思い通りに仕上がった壁は一面もありません(涙)。

今回ばかりはイメージどおりの壁に仕上げたいと、

ペイントシュミレーターで配色を確認し、

万全を期してペイントに臨みました!

ペイントシュミレーターの操作はとっても簡単☆

J COLORの代表色から好みの色を選んで、

壁、床、家具、それぞれに色をあてていくだけ。

d0351435_08585830.jpg

before

d0351435_08585801.jpg

after

色見本からは無数の組み合わせが試せるので、

まるで着せ替え遊びをしているかのよう。

お子様と一緒にこども部屋のシュミレーションをしても

きっと盛り上がりますよ^^

そしてカラーのラインナップはなんと200色!

欲しい色が必ず見つかるのも、J COLOR の魅力です。

d0351435_09471593.jpg

さてさて、シュミレーターで配色を確認して

下地塗りと上塗りする色を決めました!

漆喰を塗った上にまずは下地となる色を塗ります。

この上に表面塗装していくのでほとんど隠れてしまうのですが、

怠らず、全面に塗ります。

d0351435_09471467.jpg


チラ見せアクセントのために一部分ペイント。

上塗りするので、塗装は雑でも大丈夫^^

d0351435_10004316.jpg

白く見えるのが漆喰で

下塗りしたベージュが


柔らかく落ち着いた大人色で、

想像以上に素敵な色でした。

この上に白い塗料を塗る予定でしたが、

このままの状態で置いておきたいと思ったほど。

d0351435_18053742.jpg

ですが

明日は予定どおり表面塗装を施し、

リビング壁を完成させたいと思います!

続きはまた明日 ~ ^^








by pinkpinkolife | 2017-02-07 12:24 | DIY(木工) | twitter | facebook

d0351435_16354413.jpg

今年はリセットの年と決めています。

暮らし周り全般の見直しを考えると

あれもこれもとなってしまうので、

思いつくところから実行していきたいところ。

早くも今年も一ヶ月が過ぎてしまったので、

強行スケジュールに変更しました(笑)。

もたもたしていたら一年なんてあっという間!

まずはリビングの壁をやっつけるぞ!

オ ーーーーーーーー =3

d0351435_16354574.jpg

無駄に過ごしている休日は勿体ないと、

家族を巻き込んで漆喰を塗りました。

d0351435_16354403.jpg

ミニバスの試合で不在だったさくらんぼの分も、

新人がよく働いてくれました^^

d0351435_16485253.jpg

before

玄関から正面に位置するリビングの壁。

ずっとずっと気になっていたんです。

d0351435_16495246.jpg

この賃貸壁め ~ !

このぼこぼこした味気ない壁紙をどうにか隠したいと

賃貸壁と格闘し始めたのが、遡ること7年前。

d0351435_16573839.jpg


翌年には和室の壁全面をやっつけました。

d0351435_17032981.jpg


そしてその翌年にはダイニング壁も押さえ込みました。

d0351435_17084032.jpg


アトリエの壁は本棚で封印し・・・

d0351435_17115049.jpg


d0351435_17160614.jpg

リビング壁をやっつけたのが2012年の年末

d0351435_17151616.jpg

リビング壁をDIY ( 2012.12 )

d0351435_16485369.jpg

そして今回、実に4年ぶりのDIY壁作りです。

気合いが入ります^^

うちは賃貸マンションなので直接壁に塗装したり

壁紙を貼るのは規約上NG。

退去時には何事もなかったように

原状回復させておかねばなりません。

d0351435_17333751.jpg

なのでこのようにベニヤ板を壁に張って

塗装できる状態にしてから、壁作りを始めます。

d0351435_17200405.jpg

薄い板はたわみやゆがみが自然と生じてくるので、

四角にモール(細い木材)を貼って補強させます。

建材用の超強力両面テープでベニヤ板と壁縁を

しっかりと固定して板が浮かないよう、剛性をはかります。

d0351435_17432548.jpg

ベニヤ板は先に小さな穴を開けてからネジで固定します。

理由は穴にネジの頭を埋め込むため。(上写真参照)

d0351435_17432556.jpg

壁についたコンセント部分の穴抜きなども含めて

板の採寸をしますが、一番やっかいなのは、

壁は並行でも直角でもないということ。

うちだけなのかもしれませんが、

壁は正確な長方形、左右対称ではないんです。

板壁作りで一番手をこまねくのはそこだと

今回も壁に怒り散らす、師匠の図 ↑。

1mmの誤差は命取り。

d0351435_18003248.jpg

さてさて

ベニヤ板が張れたら後は

楽しいデコレーションの時間です^^

直接塗料を塗ってもよいのですが、

表面が粗いベニヤ板はよほど厚塗りしない限り、

筋のような模様が出てしまうので、残念なことに。

d0351435_18003158.jpg

そこで下地作りにおすすめなのが、

練り漆喰。

練った状態のものが袋詰めされていて、

そのまますぐに使うことができるんです。

面倒な手間がいらないのでDIYビギナーさんにもぴったり^^

この量で2000千円くらい。

今回半分の量で充分足りたので、

おためし壁作りには充分な容量です。

塗り方もとっても簡単!

d0351435_18130375.jpg

トレイに漆喰を取り出し、左官コテにすくって

d0351435_18130277.jpg

軽く押しつけるようにコテをすべらせます。

d0351435_18142837.jpg

左右に仰ぐように伸ばしていくと漆喰壁っぽく、

十字に交差させるとまた違った質感が得られます。

d0351435_18142831.jpg

目に入るとよくないので

子供と一緒に漆喰を使う場合は目の保護を忘れずに^^

d0351435_18142867.jpg

子供もお遊び感覚で夢中になってしまう漆喰塗り。

丁寧に塗るよりラフに塗るほうが

おもしろみのあるテクスチャに仕上がりますよ。

作業時間は1時間ほどですが、

漆喰が完全に乾くまではマテなので、

この続きはまた明日 ~ ^^








by pinkpinkolife | 2017-02-06 08:39 | DIY(木工) | twitter | facebook

ざまぁす日記(閑古鳥)

d0351435_10045218.jpg

寒さが苦手な母は気乗りしないんですが、

公園は年中無休です。

ぽんたちゃま ~

おかあさまもう限界ざまぁす ~

もうおうちに帰りたいざます~

d0351435_10045242.jpg

見てごらんなさい。

お友達もひとっこひとりいないざましょ!

人間どころかわんわんもにゃんにゃんも、

鳴いているのは閑古鳥くらいなものざます ~

d0351435_10045280.jpg

お外をかけまわっているはずのわんわんも

きっと、こたつで丸くなっているに違いないざます~。

北風ぴゅーぴゅー

早くおうちに帰るざます ~~~



2月3日

d0351435_16182882.jpg

今年も子鬼は大ハッスル

d0351435_16182794.jpg

毎年恒例の家族団欒の行事です。

無病息災を願い、でっかい鬼(師匠)に

沢山豆を投げつけました(笑)。

( 子鬼は落ちた豆のパクパク係り )

今年も笑顔いっぱいの一年でありますように^^








by pinkpinkolife | 2017-02-05 06:46 | ぽんた | twitter | facebook

今週のお昼ごはん

d0351435_09324769.jpg

今週はおひとり様ランチ・・・ではなく

おふたり様ランチの一週間でした。

さくらんぼさん、まさかのインフルエンザにて。

この日はお野菜たっぷり雑炊。

食欲旺盛な患者さま、

もりもり丼2杯分。

d0351435_09324745.jpg

今年のA型は症状が軽いのか、

熱も7度代止まりで体もさほどしんどくないらしく、

一日中

おなか空いた ~

おやつまだ ~ 

暇を持て余し、そればっかり。

お弁当の残りおかずと前日のおでんと

d0351435_09324704.jpg

おにぎりは母の倍サイズ。

d0351435_09405946.jpg

ちくわと揚げ玉の卵とじ丼の日。

患者様はもちろんメガサイズ!

d0351435_09410049.jpg

この日は幼稚園行事があったので、

さくらんぼはお留守番。

今週唯一のおひとり様カフェランチ^^

d0351435_09442325.jpg

夕飯の準備をしていると、

ピーマンの中にかわいこちゃん発見^^

ラッキ ~ ♪

d0351435_09460517.jpg



ピーマンスマイルを発見するとなんだか

いいことがありそうな気がするんです。

d0351435_09442322.jpg

ほらね、やっぱり♪

隣町にスタバの路面店ができました。

ドライブスルーもできるなんて嬉すぃッ!

d0351435_09442230.jpg

車内コーヒーってなぜ美味しく感じるんだろう。

目的地までの距離が長いと

片手にコーヒーがあるとホットします^^

今週もごちそうさまでした ~。








by pinkpinkolife | 2017-02-04 06:46 | FOOD | twitter | facebook

ムスカリ

d0351435_16575400.jpg

新年も早いもので一ヶ月が終わり、

卒園、卒業に向けてカウントダウンが始まりました。

入学説明会や制服の採寸など、今月は新年度の準備に

慌ただしい一ヶ月になりそうです。

d0351435_16575471.jpg

そして2月といえば忘れてはいけないのが

チョコの日!!

( 今年も会場に参戦しに行かねば=3 )

今年は去年みたいなことにならないように

さくらんぼさんの友チョコも早めに準備しとかないとね。

d0351435_16575511.jpg

待ち遠しい春はまだ先だけど、

大好きなムスカリをあしらえる季節になりました^^

まだまだ外は寒いけど、

球根花を眺められるのも期間限定。

d0351435_16575308.jpg

4月からはさくらんぼさんは中学生、

ぽんたは小学一年生になります。

子供達の成長を嬉しく思う反面、

寂しさも感じる今日この頃。

溺愛息子も、もう小学生・・・

ぽんたちゃまはいつまでだっこさせてくれるのかしら・・・。

おかあさま、ぽんたちゃまにはいつまでも

かわいこちゃんのままでいてほし~ざま~す!!








by pinkpinkolife | 2017-02-03 06:46 | インテリア | twitter | facebook
d0351435_19334004.jpg

リビングの壁面リセットで取り外した

余りものたちはここ玄関にて、再利用^^

d0351435_19333932.jpg

飾り棚として使っていたラックに手を加え、

手提げバックを収納する

壁掛けフックラックを作りました^^

d0351435_19333939.jpg


もとの姿はコレ

ブログを始めてからずっとこの壁に居続けた主。

10年ぶりに取り外されました。

この家のDIYを見守り続けてきた主殿を

手放すことなんてできませぬ!

d0351435_19555094.jpg

板とフックを買ってきて

d0351435_19555125.jpg

板を組み合わせ、ブラケットの位置を変えて

フックを取り付けました。

d0351435_20001359.jpg

全面に水性ウッドステインを塗布し、

アンティーク塗装を施しました。

使った塗料

・ 水性ウッドステイン(オパンコール)
・ ミルクペイント(ヘンプベージュ・クリームバニラ)

d0351435_20001390.jpg

最後に水で薄めた水性ウッドステインを全体に

薄くのばして

d0351435_20032257.jpg

完成!

アンティークベージュに日焼けした風合いが

フレンチシックな壁掛けラックができあがりました^^

d0351435_20032153.jpg

フックとフックの間隔はできるだけ余裕を持たせ、

バスケットも吊り下げれるようにしました。

バスケットは夏に限らずオールシーズン使うので、

玄関が指定席^^

ラックフックに収まりきらないバックは

クロゼットの中ですが、靴箱リセットと一緒に

玄関クロゼットに収容できるようにしたのです。

( 待ち遠しいなぁ ー )

大型家具は師匠に頼まないと進まないので、

こちらもワナワナ待機中。

逸る気持ちを抑えて・・・

まずはリビングの方をやっつけなくては!








by pinkpinkolife | 2017-02-02 06:46 | DIY(木工) | twitter | facebook

今月の目標

d0351435_19161899.jpg

今年はリセットの年。

そう意気込んで新年早々貼ったリビングの板壁。

子供達の新学期も落ち着いてきたので、

そろそろ塗装したいな。

d0351435_19161811.jpg

だけども

他にも作りたいものが多すぎて・・・

床の上も

d0351435_19161855.jpg

机の上も

大パニック中。

d0351435_19161738.jpg

準備は整っているのに

なかなか前に進まない・・・。

今年も要領が悪いな ー (汗)。

今月の目標はリビング壁リセット!!








by pinkpinkolife | 2017-02-01 06:46 | インテリア | twitter | facebook