<   2017年 02月 ( 28 )   > この月の画像一覧

| twitter | facebook
d0351435_13140218.jpg

デジタル化が進むことによって

消えたもの、新しくできたもの、、、

良くも悪くも時代の進化は止まりません。

今私がここで記録しているブログなんかもそうですが、

デジタルデータとネットワークを利用することによって

さまざまな記録や通信が可能になりました。

d0351435_13140277.jpg

みなさん、カメラで撮った写真データを

最後に写真プリントしたのはいつですか?

自慢ではありませんが私はもう10年ほど、

パソコンの中からデータを救出しておりません(汗)。

10年前に印刷したのはたしか近所のカメラ屋さんで、

データを渡して写真が出来上がるのは1日待ち。

アルバム作りが趣味だったこともあり、当時は

一ヶ月に一度のペースでカメラ屋さんに通っていましたが、

撮った写真はその場ですぐ確認でき、データとして長期保存できるため、

定期的に通っていたカメラ屋さんからも

自然と足が遠のいてしまいました。

気付けば10年の年月が経過・・・(汗)。

ああ ・・・

これはきっと便利すぎるデジタル時代のせい。

でも撮った写真はちゃんとプリントアウトして

手に取って、触れて、見てみたい。

悩ましくそう思っていたろころ

d0351435_14202541.jpg

「 そんな時代だから、プリントしようよ ♡ 」

先日ブログの神様からそんなお声がかかったんです・・・。

d0351435_13140258.jpg

「 カメラ屋さんに行かなくても、

いつも使っているアレで、簡単、スグデキ♡ 」

d0351435_14394973.jpg

ブログの神様がそう語りかけてくるので話を聞いてみますと、

カメラ屋さんに行かなくても指一本、

自分操作でぜんぶ完結しちゃう

プリントサービスがあるというではありませんか。

d0351435_14395044.jpg

そのプリントサービスというのは

プリント前までの操作を全てスマホ内で行う

まさに、デジタル時代のイマドキスタイル。

スマホでLINEくらいしかやらない私に

そんな操作ができるのかと不安はありましたが、、、

簡単にできちゃったんです・・・!!

今日はそんな今の時代だからこそできる

写真プリントサービスのアプリと

出力した写真の活用法をご紹介します^^

d0351435_14550377.jpg

かつてはフィルムを使って現像に出していた写真も

時代は移り変わり、今はスマホで写真を撮る時代になりました。

パシャッと保存したお気に入りショットを

d0351435_14550369.jpg

自分好みに編集できる機能まで備わっているんだから、

素人写真もこんなにもフォトジェニック!

色調整やトリミングなんかも全てスマホ内で完結

しちゃうんだから、面白くないわけがありません。

画面上で見るだけでも充分楽しいのですが、

プリントアウトすればまた違う楽しみ方が

見つかるかもしれませんよね^^

スマホで何だってできちゃうこの時代です。

写真のプリントだってアプリを使うと簡単に

できちゃうんです ・・・ !

d0351435_10504599.jpg

スマホで撮った写真をプリントアウトできるアプリはコチラ


Famiポートアプリ


アプリをダウンロードしたら、

写真をプリントできる「ファミマフォト」を使って、

出力までの操作を進めていきます。

私の一押しは赤丸で囲んだ「コメント入り写真」。

d0351435_10504542.jpg

ぽちっとすると

今からカメラで撮りますか、

それとも既に保存している写真で遊びますかと

やさしく問われます。

撮りためている写真が沢山あるので、

今回はライブラリを選択しました。

そうすると今まで保存している写真の一覧が

表示されます。

d0351435_11162062.jpg

プリントしたい写真を選ぶと画面が切り替わり、

このように写真周りに白いフレームが現れます。

このフレーム内では写真を拡大縮小することも可能、

しかもテキストを打ち込むこともできるんです。

「コメント入り写真」は遊びどころ機能が満載☆

( たのしいですよ ~ )

d0351435_11162162.jpg

写真編集を遊び終えたら

画面の操作ガイドに従って次の工程に進みます。

d0351435_11162070.jpg

アップロードが完了した写真にはプリント番号が

割り振られ、フォトキャビネットに保存されます。

スマホで行う操作は以上で、あとはコンビニの

マルチコピー機にプリント番号を入力するだけ!

d0351435_15221035.jpg

スマホ機能を使いこなせていない私にも

簡単にプリントすることができました!

※ ファミマフォトでアップロードした写真は

コンビニ(ファミリーマート・サークルKサンクス)の

マルチコピー機でプリントできます。

これには感激!!

d0351435_15351164.jpg

写真のクオリティーの高さにも驚きですが、

ポラロイド写真風に仕上がるのは嬉しい限り!

記念写真としてだけでなく、

インテリア使いにも、活用幅が広がります。

「コメント入り写真」機能は超オススメ☆

d0351435_15503692.jpg

白いフレームがあるだけでどうしてこんなに

可愛く見えちゃうんでしょうね^^

d0351435_15503607.jpg

ハンギングフォトハンガーは

セリア商品を使ってリメイクしたもの^^

d0351435_15571043.jpg

ウッドピンチで挟んだ写真がゆっくり、

かわいく回転します。

モビール風に吊した子供たちの写真に、

キッズルームも盛り上がります^^

d0351435_15570973.jpg

フックに吊す紐は長さに高低差を出すと、

写真が重なりあうことがありません。

リズム感も出て、空間に動きが加わります。

d0351435_16021306.jpg

お次はこちら。

リボンや立体シールを写真の表面に

おめかしさせたデコフォト。

d0351435_16021361.jpg

ちっちゃな3Dアイテムとのコラボに

思わず目を近づけてしまうアートフォトです。

平面から一歩外に出た、ユニークな写真活用術^^

d0351435_16134716.jpg

シンプルな物取り写真は使い道いろいろ。

背景にごちゃつきがないので、

色も形もプラスアレンジしやすいんです。

d0351435_16134622.jpg

半分に折ったリボンを2枚の写真の間挟むと

d0351435_16183536.jpg

ブックマーカーにも^^

裏表でビジュアルが違うので、

気分や使い道によって2通りの楽しみ方ができます。

d0351435_16183504.jpg

押しピンで壁にリボンを留めれば

カジュアルな雰囲気が楽しめる

フォトカードにも早変わり!

d0351435_16202155.jpg

アイデアも動かす手も止まらないポラ風写真。

不思議なことに写真の周りに余白があるだけで、

雑貨的創作意欲がグンとアップします^^

d0351435_16202013.jpg

そしてプリントした印刷紙は

水に濡れてもインクが滲まないんです!

コーヒー染めもできちゃうので、

活用幅がますます増えちゃうこと請け合いです^^

d0351435_16250389.jpg

ドライフラワーの写真はコーヒー染めにラベルを貼って

フレンチなアンティーク風に。

d0351435_16250394.jpg

横一列に並べた写真の裏面、隣り合う2枚の繋ぎ目に

マスキングテープを留めれば

d0351435_16271701.jpg

ジャバラフォトブックに^^

d0351435_16271783.jpg

折り目の角度は自由に調節できるので

スペースに合わせて長さを調整できます。

d0351435_16294257.jpg

転写シールでグラフィックを加えると

d0351435_16294295.jpg

思わず誰かにプレゼントしたくなる

オリジナルカードが完成!

卒業シーズンの今、

メッセージカードなどにも最適ですね。

出先で撮ったお友達との記念ショットも、

コンビニでコーヒーを買っているうちに

簡単☆スグデキ!

d0351435_16315259.jpg

カメラ屋さんで写真をプリントしてもらっていた

10年前、、、あれから時代は大きく変わりました。

( ちなみにそのカメラ屋さんは5年ほど前に閉店しました )

若い子たちはアプリを上手に使いこなして

あれもこれも全部スマホでやっちゃうんだろうけど、

おばあちゃん世代からすると

写真の編集から出力までが全て手元でできるなんて、

考えられないことでしょうね・・・。

私もおばあちゃん寄り世代なんで(汗)、

時代から取り残されていることは相当多いです。

写真プリントサービスアプリのことも

全く知らなかったので、

「 エキサイトブログとFamiポートアプリのモニター企画 」

今回このモニター企画に参加させていただいたことによって

知っておくと便利な暮らしの知恵を得ることができました。

ブログの神様に感謝です^^

おばあちゃん世代もスマホで簡単☆スグデキ

ファミフォトで写真プリント!

是非お試しください☆








by pinkpinkolife | 2017-02-28 06:46 | ハンドメイド | twitter | facebook

青春

d0351435_15372624.jpg

卒業式まであと少し・・・

5年生の秋から始めたミニバスクラブの練習、試合も

残すところあとわずかになりました。

d0351435_15372685.jpg

運動音痴で小心者、おうちっ子のさくらんぼが

クラブ活動を最後まで続けられるなんて・・・。

嬉しい誤算に記事を書きながら泣いてしまいそうです。

ミニバスが上達したかどうかは別として、

そこで出逢えた仲間達こそ、大きな財産です。

d0351435_15372500.jpg

月曜日から金曜日、毎日2時間半の練習と

毎週休日にある(練習)試合。

楽しさも、嬉しさも、悔しさも

チームのみんなと分かち合ってきたこの1年半。

ミニバスチームで過ごした時間は学校生活よりも

濃密な思い出になったのではないでしょうか^^

力を合わせてやり遂げた仲間たちとは

強い絆が芽生えるような、そんな気がします。

d0351435_15573820.jpg

中学校は別々になって離れてしまうメンバーもいるけど、

共に過ごした時間は一生の宝物。

大人になってもふと、、、

懐かしく思い出すことでしょう^^

さくらんぼのそんな姿を見ていると、

私の方が、遠い目になってしまうんですよね。

30年前ミニバスに捧げた青春時代を

つい、思い出しちゃって(笑)。

今でもその仲間たちとは帰省時には必ず会い、

当時の思い出話で、盛り上がりますよ^^

d0351435_15573289.jpg

1年半をミニバスチームで過ごしてきたのは

この人も一緒。

d0351435_16123813.jpg

大好きなお友達もできました。

d0351435_16123755.jpg

練習や試合でもれなくセットメンバーになるのが、

チビッコ(メンバーの兄弟)たち。

彼らも毎週顔を合わせるわけで、

自然と小さな友情が芽生えます。

d0351435_16152616.jpg

朝から晩までと待ち時間は長いのですが、

寒さも暑さもおかまいなし。

チビッコパワーはエンドレスなのです!

ちなみに、ぽんたのお相手を毎回務めてくれるのは

驚異の身体能力を持つ4歳児のRくん。

d0351435_16152627.jpg

ぽんた

為す術なし ・・・ 。

d0351435_16224959.jpg

ともに過ごした1年半

d0351435_16225073.jpg

さくらんぼだけでなく

ぽんたにとっても

d0351435_16224965.jpg

忘れられない思い出が沢山できました^^

d0351435_16275173.jpg

そんな貴重な子供たちの青春時代の

写真の少なさに、今頃気づき始めた母。

この一ヶ月はパー子さんになりきりたいと思います=3








by pinkpinkolife | 2017-02-27 06:56 | さくらんぼ姫 | twitter | facebook

カオスな暮らし

d0351435_12433024.jpg

好きなものはいつも見ていたいので、

収納はフルオープン。

d0351435_12433138.jpg

清水買いした作家モノや旅先で見つけた民芸品、

手作り雑貨に役目を終えたDIYツール・・・。

傍から見るとガラクタの寄せ集めにしか

見えないかもしれませんが、

全て思い入れのあるものばかりです。

d0351435_12433090.jpg

自分だけの物語がたっぷり詰まった空間を

眺めながら飲むコーヒーは最高^^

暮らしは自分らしく、カオスに!








by pinkpinkolife | 2017-02-26 06:46 | インテリア | twitter | facebook

言葉

d0351435_11074070.jpg

ある雑誌で連載されている松浦弥太郎さんの

エッセイに、グッ(涙)・・・ときてしまいました。

d0351435_11074117.jpg

「 がんばった自分へのごほうび 」

タイトルはゆるやかな感じなのですが、

大切なご友人との出逢いと別れ・・・。

昨年亡くなられた松浦さんのご友人、

小林恵さんが残された言葉が胸を打つ、

そんな内容でした。

d0351435_11074017.jpg

「 日々の暮らしにおいては、大変なこと、

つらいこと、苦しいことが次から次へと

起きるけれど、こういったことは

すべて自分にとって必要な学び 」

生きるって、人生って、大変なことだけど、

どんな些細なことでも自分にとって必要な学びで、

そのたくさんの大変を、精一杯の自分で

なんとか乗り越えられた時、

あの世からお迎えが来るのだと、

小林さんが松浦さんに生前そう語られたそうです。

そんな先のことは考えたこともないけど、

なんだか不安な心が救われるような言葉でした。

「 おつかれさま。

よく学び、よく乗り越えましたね。

このお迎えは、あなたへのごほうびです。

これからはゆっくりお休みくださいね 」

タイトルの「ごほうび」の意味はこうでした。

生き物には皆寿命があるわけで、いつかは自分も・・・。

その時には小林さんのこの言葉を、松浦さんの

この時のエッセイを支えにしよう、

そう思いました ・・・。

大変だと思うことは必要な学びとして

受け入れること、そして日々の全てに感謝すること。

受け売りですが、子供達にもそう教えていきたいと思います^^

d0351435_11074119.jpg

「 ゾンビっておるん!? 」

「 サダコが出たらどうしたらいいん!? 」

「 巨人が襲ってきたら・・・!? 」

ぽんたは超のつく、恐がりです。

テレビのコマーシャルや興味本位で見てしまった

ホラー漫画なんかをふと思い出すと、

1人でトイレにも行けず、寝付くまで震えます。

そんな時に効果的なのがこの台詞。

「 ヤツらが現れたらすぐにおかあさまに言うざます!

写真撮ってブログに載せて

ワイドショーにひっぱりだこで1億円ゲットざます!

大スクープざます ~~~ !!! 」

恐怖や不安があっという間に消え去るのですから、

言葉の持つ力は不思議ですね。

あなたを支えてくれている言葉は、何ですか^^?








by pinkpinkolife | 2017-02-25 06:46 | インテリア | twitter | facebook
d0351435_11285686.jpg

こっくりと深みのあるオールドブラウンは、

アンティークカラーを優雅に引き立てる名脇役。

d0351435_11285727.jpg

ドライフラワーや古書との相性もよく、

落ち着いた静かな空気感を演出してくれます。

年代物が醸し出す雰囲気には

どっしりとした深みがあり、心引かれます^^

そんな魅力あるオールドブラウンですが、

本物にはかなわなくても、

ペイントでつくることができるんです。

赤茶ベースの木枠にじんわりと染み込んだ

ダークブラウンが年代を感じる蓋付の小箱。

beforeはコチラ


d0351435_11285627.jpg

セリアで買った蓋付ウッドボックス。

( 随分前に買ったものなので商品名がわかりません・・・ )

今日は簡単☆スグデキ!

DIYペイントで経年をかんじさせる、

オールドブラウンの作り方をご紹介します^^

d0351435_11573240.jpg

使う塗料はこのふたつだけ!



--------------    作り方   --------------

d0351435_11432891.jpg

1 マスキングテープを貼って蓋の塩ビ版に

塗料が付かないように養生する。

カッターの芯を使って木枠と塩ビ版の隙間に

テープの端をしっかり押し込む。


d0351435_11432882.jpg

3 水で薄めた黒い塗料を付着させ、ティッシュで

抑えるように拭き取り、黒染みをつくる

d0351435_11573220.jpg

4 マスキングテープを剥がす

d0351435_12001534.jpg

完成です^^

1)ステインでベース色を作る


2)黒い染みを加える

たった2工程の簡単DIYペイントですが、

古物とも違和感なく馴染む

アンティークブラウンができあがりました^^

葉書サイズの小箱にはポストカードや

お気に入りの小物をこっそりとしのばせて・・・。

d0351435_12033653.jpg

蓋は枠内がクリアになっているので、

ウォールフレームとして使うこともできます。

奥行きがあるので、ドライフラワーなどの

立体物を覆って標本風にしても。

d0351435_11285627.jpg

before

d0351435_12033528.jpg

after

DIYペイントで簡単☆スグデキ!

オールドブラウンでつくるアンティーク風小箱

是非お試しください^^








by pinkpinkolife | 2017-02-24 07:08 | 100円リメイク雑貨 | twitter | facebook
d0351435_06244971.jpg

無機質なインダストリアル系アイテムは

ガラクタのように見える、その無骨さが魅力。

重厚感のある鉄製プロダクツは、

周りの空気を巻き込んでしまうほどの存在感があります。

d0351435_06244985.jpg

長年使われてきたヴィンテージ品ならではの

錆や汚れ、欠けや朽ちはもはや芸術、宇宙です。

インテリアの一部になるアイアンボックスは

ディスプレイにも収納にもお役立ちなマルチアイテム。

無造作に置いておくだけでも

ワイルドな雰囲気を高めてくれるんです。

塗装の劣化やこれまでのアンティークストーリーを

眺め、想像する時間にうっとり・・・。

d0351435_06445236.jpg

そんなヴィンテージアイアンへの憧れですが

衛生面や金額面など、リアリズムな考えが

私の妄想を妨げ、なかなか購入には至りません・・・。

破傷風とか怖いしね、

主婦のお小遣いでは買えないしね、、、

そんな時は

d0351435_06292892.jpg

DIYで作っちゃうんです^^

d0351435_06522612.jpg

材料のベースになるのは、空き箱


100円グッズの寄せ集め!

d0351435_06542564.jpg

不要品と呼ばれる空き箱ですが、

創意工夫を凝らすとこのとおり!

憧れのヴィンテージアイアンボックスも

簡単 ☆ スグデキ!

デスク上の収納もワイルドにキマる

ヴィンテージアイアンボックスの作り方は

日刊住まいsumaiの連載で紹介しています。

是非お試しください^^

d0351435_07001731.jpg


by pinkpinkolife | 2017-02-23 06:59 | エコリメイク雑貨 | twitter | facebook

冬とコーヒーと・・・

d0351435_17372984.jpg

朝起きて布団から出るのも、

日中買い物に出るのも、

お風呂で湯船から出るのも・・・

出るのイヤッ!!

冬は嫌いです。

d0351435_17373009.jpg

でもホットコーヒーが美味しく飲めるのは

夏よりも断然、この季節。

d0351435_17372960.jpg


豆を挽くのは秋冬だけ。

これはこの季節限定のお楽しみ^^

d0351435_17502189.jpg

豆はUnirオンリー。

豆がなくなったことにかこつけて、

冬場は二週間に一度、梅田にるんるんと出掛けます^^

豆を購入するとサービスしてくれるホットラテもお目当て。

d0351435_17502197.jpg

こうやってあったかいコーヒーを淹れて

d0351435_17585778.jpg

本を読みながら甘い物を食べていると

ますます動く気しなくなって・・・。

( ちなみに↑このクッキーはよつば印の♪ )

d0351435_17585772.jpg

だめになっちゃうんですねぇ・・・。

体重も増えていく一方なので、

早く春になってくれないと困るんです(汗)

冬が終わったら、

いえ、今年に入ったらと思っていたけど、

まずは体のリセットをしなきゃね。。。








by pinkpinkolife | 2017-02-22 07:07 | FOOD | twitter | facebook
d0351435_23552549.jpg

今日は100円グッズ×不要品で作る

ラボラトリー風スタンドホルダーの

作り方をご紹介します^^

d0351435_23552518.jpg

実験器具のような形になったので

なんとなく連想させたネーミングですが(笑)、

ドライフラワーを飾るために作りました。

d0351435_23552640.jpg

首の長い枝モノもホルダーが支えてくれるので、

スタンドから倒れ落ちることはありません。

d0351435_00033693.jpg

台座にもストッパーをつけたので、

枝先が台座から滑り出すこともありません。

ちょっとユニークな形に仕上がった

スタンドホルダーの材料はコチラ


d0351435_00064401.jpg

・ キッチンペーパーホルダー ウッドスタンド(セリア)

・セロテープの芯

--------------    作り方   --------------

d0351435_00064456.jpg

1 芯とスタンドをアイアン風ペイントする

d0351435_00064322.jpg

2 その上からラストメディウム錆風ペイントする

d0351435_00103108.jpg

3 スタンドの台座に芯を接着する

d0351435_00124749.jpg

4 千枚通しで芯に穴を開ける

d0351435_00103077.jpg

5 スタンドの支柱に穴をあけた芯をねじ止めする

6 ネジの部分にも錆風ペイントを施す

d0351435_00124698.jpg

完成です!

d0351435_00145668.jpg

これは偶然ですが、家にあったガラスのボウルが

ホルダーにぴったり賞^^

本当はフラスコを入れたいところだけど、

サイズが合わなかったので、ガラスボウルで代用。

d0351435_00165043.jpg

ユニークな佇まいでコーナーインテリアを盛り上げてくれる

スタンドホルダーの正体はセロハンテープの芯♪

捨てちゃう前に、お試しあれ ~ ^^








by pinkpinkolife | 2017-02-21 06:46 | 100円リメイク雑貨 | twitter | facebook
d0351435_23072556.jpg

今日は100円グッズを組み合わせて簡単☆スグデキ!

持ち運び収納にもラクラク♪

アイアンテイストがメンズライクな

持ち手付きバスケットの作り方をご紹介します^^

d0351435_23072627.jpg

シンプルでクールなアイアン調のバスケット。

白い空間にもインダストリアルな雰囲気にも

違和感なく馴染む万能アイテムで、

ラフに詰め込んだザックリ収納も絵になります^^

d0351435_23072707.jpg

ナイスな収容量でドライフラワーとも好相性!

持ち場の決まっていない雑貨などの

とりあえず収納にも一役買ってくれます。

d0351435_23194256.jpg

持ち手がしっかり固定されているので、

移動もらくらく!

今日の材料はコチラ


d0351435_23194101.jpg

・水切りバスケットシンク用( キャンドゥ )

・ きゅうすの持ち手( キャンドゥ )

--------------    作り方   --------------

d0351435_23242756.jpg

1 水切りバスケットに アイアン風ペイントする

2 ラストメディウムで錆加工を施す

d0351435_23242863.jpg

3 きゅうすの持ち手に紐などを巻き付ける

d0351435_23242731.jpg

4 持ち手の先端(ワイヤーの部分)をバスケットの

縁にひっかけて固定する

5 ラストメディウムでワイヤー部分を

錆風ペイントする

d0351435_23302942.jpg

完成です!

持ち手部分にグラフィックの入ったタグを

ぶらさげると、グッと見栄えがアップします^^

d0351435_23302943.jpg

A4サイズの紙モノもしっかり収納できるので、

デスクトップ整理にもぴったり。

サイドからも中のものが確認できるので、

使い勝手も抜群です。

キャンドゥの台所グッズコーナーで見つけた

水切りラック&きゅうす取っ手。

組み合わせて色を塗るだけで

簡単☆スグデキ!

是非お試しください^^

d0351435_23302912.jpg

さくらんぼさんも、もうすぐ中学生。

1人部屋を作ってあげたいところだけど、

当の本人にその気がないので、

脱こども部屋プランは一向に進みません。。。

和室も今年のリセット項目に入ってるんだけどなぁ。

どれもこれも、なかなか・・・

どうしたもんじゃろのぉ ~ ^^:








by pinkpinkolife | 2017-02-20 06:46 | 100円リメイク雑貨 | twitter | facebook

d0351435_13214602.jpg

一ヶ月後にぽんたの卒園式があって

その一週間後にはさくらんぼの卒業式、

その二週間後には入学式がふたつ・・・

おそろしくて

クロゼットの中に封印したままだけど

d0351435_13214613.jpg

スーツスカートのファスナーは閉まるのかしら・・・。

よつば印のチョコたっぷり、ずっしりスコーンを

食べながら、はてと考えてみる。

・・・・・・・ 。

絶対無理な気がする。

-----------------------------

d0351435_10344852.jpg

春を待ちわびながら

ほっ ・・・と。

皆さんが ほっ。と感じる時はどんな瞬間ですか^^?

エキサイトブログさんでは只今「ほっと温かくなる」ような

ブログ記事の投稿を募集するキャンペーンが行われています。

僭越ながらキャンペーンページのフォトギャラリーに

写真を掲載いただきました。

↑ この写真は昨年の春のほっとタイム

ほっとする時間って、大事ですね。

エキサイトブロガーさんのほっと記事に

是非こちらでほっ。としてみてください^^










by pinkpinkolife | 2017-02-19 06:46 | スイーツ | twitter | facebook