<   2016年 06月 ( 30 )   > この月の画像一覧

| twitter | facebook
d0351435_16194755.jpg

今日は紙素材と塗料を組み合わせて作る

ヴィンテージ風テクスチャの

作り方をご紹介します^^

d0351435_16194706.jpg

塗装できるものであれば

どのような素材でも

簡単 ☆ スグデキ!

d0351435_16194731.jpg

ロマンティックな花柄と

風合いのある質感が経年を感じさせる、

フレンチなマルチポット。

優雅な品格でシックな背景にもよく映えます。

d0351435_16291074.jpg

フェミニンなフレンチポットには

アンティークカラーのドライフラワーが

よくお似合い ・・・ ^^

今日の材料はコレ


d0351435_16291070.jpg

・空き缶

( 塗装できるものなら何でもOK )

d0351435_16330713.jpg

・ペーパーナプキン

ペーパーナプキンは3層構造になっていて、

一番上のプリントされたものだけを使います。

デザインのレイアウトを決め、

使いたい絵柄を手でちぎっておきます。

※ 手でラフにちぎることがポイントです!

--------------    作り方   --------------

d0351435_16330777.jpg

1 容器に下地剤を塗布する

使った塗料


d0351435_16415651.jpg

2 水性塗料を着色後、すぐに

ちぎったペーパーナプキンを貼りつける。

塗布後すぐに貼り付けるのがポイントです。

塗料が接着材の役割をしてくれます。

使った塗料


d0351435_16452292.jpg

4 ペーパーナプキンを指先で押さえて

容器に接着させ、端の部分を容器に

付着している塗料で馴染ませる

d0351435_16463618.jpg

5 境界をなくすため同色の塗料を

筆で叩くようにして馴染ませる

6 さらにその上に下地の色より少し濃いめの

色を塗り、淡い濃淡を出す

使った塗料


d0351435_16485353.jpg

6 スポンジでところどころにメディウムを

押さえるように付着させる

使った塗料


d0351435_16524094.jpg

7 コーヒー液を指で擦り込んだり

押さえたりしてアンティーク加工を施す

d0351435_16533515.jpg

完成です!

使った塗料はこの4種

ターナーミルクペイントシリーズ
-------------------

d0351435_17001466.jpg

こちらは同じ要領で木箱の内側に

ヴィンテージテクスチャを施したもの。

明度の低い色と組み合わせることで

甘辛のコントラストが際立ち、

かわいらしさの中にかっこよさが加わります。

d0351435_17310711.jpg

木材、金属、プラスチック、

塗装できるものであれば

どんな素材にだってOK!

d0351435_17321679.jpg

広範囲に使うと壁紙のような効果もあり、

オリジナリティー溢れる家具だって作れちゃいます!

関連記事


d0351435_17491767.jpg

ペーパーナプキンで作るヴィンテージテクスチャ、

是非お試し下さい^^

関連記事







by pinkpinkolife | 2016-06-30 06:45 | ハンドメイド | twitter | facebook
d0351435_13300501.jpg

こっくりとした飴色が

フランスのアンティークを連想させる

ウッドスプーン

d0351435_13300564.jpg

粗く削られたその風貌からは

ゴツゴツとしたワイルドさと、

そしてどことなく

ほっこりとした素朴な温もり・・・。

使い込むほどに深い味わいが生まれる

木製品は、年月ととに存在感も増します。

でも

実はこのウッドスプーン、

before はコチラ


d0351435_13300519.jpg

倉敷美観地区の古道具屋さんで購入した

木製のスプーン。

一本250円なり^^

d0351435_13383156.jpg

木割れや染みがあったので

カトラリーとしてではなくインテリア用に

4本購入したものです。

ステイン剤とワックスを使って

色味の違いを比べてみました。

d0351435_13383190.jpg

使った塗料(左から)





赤みのブラウンと

青みのブラウンと ・・・

どのスプーンもたちまち

深みのある佇まいになりました^^

d0351435_13523976.jpg

ここでブログでは初登場


テクスチャ作りのアクセントにも重宝する

お役立ちアイテムをご紹介します!

d0351435_13572419.jpg

とっても柔らかいです。

なんなら、美味しそう(笑)。

スプーンを入れると簡単に持ち上がり、

まるでクリームチーズのよう。

d0351435_13503550.jpg

予めステイン剤を塗布したもの、

着色していない生木のもの、

水性塗料で塗装したものに

ワックスを擦り込んで

どのような変化が見られるか試してみました。

d0351435_14025393.jpg

結果はご覧のとおり。

着色されている板の上では滲んで見え、

生木の板には同化してしまいました。

今回は「 塗る 」「染みこませる」より

付着してアクセントに使うことにしました。

d0351435_14025314.jpg

下地のブラウンの上に

押さえるようにワックスを付着させました。

d0351435_14070130.jpg

さらにその上に水溶き絵の具(黒)を

染みこませて下地と馴染ませました。

使用した塗料


d0351435_14070260.jpg

筆先に含ませた水溶き絵の具を

匙の上に落とし、ティッシュでポンポンと

押さえるようにして馴染ませます。

d0351435_14070179.jpg

数種の塗料を塗り重ねることで、

長年使われてきたような

味わいのあるウッドスプーンになりました^^

d0351435_14121065.jpg

ホワイトのワックスを付着させることで

経年のニュアンスを表現した古材風ペイント。

プロヴァンスの田舎街でコトコトと

煮込みに使われていたような風景を

想像しながら色を重ねました^^

d0351435_14121044.jpg

温もりのある木製アイテムは

部屋の中に置いておくだけで

空間がほっこりと和んで落ち着きます。

ブラウンベースに黒と白の

アクセントを加えた古材風ペイント、

是非お試しください^^








by pinkpinkolife | 2016-06-29 07:05 | ハンドメイド | twitter | facebook

d0351435_13204157.jpg

梅雨真っ只中。

公園へ行くことができず、つまんない人。

d0351435_13204170.jpg

でも

雨の中のお散歩も意外と楽しいもの。

d0351435_13204102.jpg

調子にのってきたらもう大変。

傘なんて無意味な荷物でしかないんだから。。。








by pinkpinkolife | 2016-06-28 07:03 | ぽんた | twitter | facebook

d0351435_07032979.jpg

今日は塗るだけで

簡単☆スグデキ!

ジャンクな風合いが漂うなんちゃってモスポットの

作り方をご紹介します^^

d0351435_07032963.jpg

材料費は

ひとつあたり、わずか2円ほど!

d0351435_07032996.jpg

用途にきまりはありません^^

ガーデンポットとしてだけでなく

部屋のインテリアオブジェとしても。

表面のざらついた質感と風化をかんじさせる

リアルな色味は存在感抜群です。

d0351435_07101601.jpg

ビジュアルだけでなく

実際にミニプランターとしても使うことができちゃう

なんちゃってモスポット。

今日の材料はコチラ


d0351435_11282819.jpg

紙コップ

d0351435_11282800.jpg

そしてモスポットの凸凹とした質感を

写実に表現してくれる塗料

ターナーミルクペイントシリーズの


これが、

すごいんです!!

溶液は小麦粉液のようなかんじで

細かい粒子が含まれており、

ザラザラとした質感が特徴的です。

--------------    作り方   --------------

d0351435_11282787.jpg

1 プラスターメディウムを紙コップに

ベッタリと塗布し、ティッシュペーパーで

角を立てるように叩く

d0351435_11444980.jpg

2 メディウムが完全に乾いたら着色する

d0351435_11455401.jpg

3 緑色の塗料をスポンジでまんべんなく叩き塗る

下地に使った塗料



重ね塗りした塗料


d0351435_11455412.jpg

4 水溶きした黒い塗料を全体に塗布する

5 ティッシュで押さえるように(4)を拭き取る

d0351435_11455433.jpg

6 メディウムを塗布してくすみを表現する

使った塗料


d0351435_11533277.jpg

7 茶系の水溶き絵の具でアンティーク加工を施す

使った塗料


d0351435_11553029.jpg

完成です!!

時を経て表面にモスが付着したような

味わいのあるモスポットができあがりました。

使った塗料

 ターナーミルクペイントシリーズ
--------------------

ターナーアクリルガッシュ
--------------------

d0351435_12000440.jpg

テラコッタ風ポットの作り方は

もっと簡単!!

1 プラスターメディウムを塗布する

2 赤茶色の塗料で着色する

3 スポンジでダストメディウムを

まんべんなく塗布する

d0351435_12000457.jpg

4 水溶き絵の具でアンティーク加工を施す

d0351435_12000349.jpg

完成です!

使った塗料

ターナーミルクペイントシリーズ
-----------------------

ターナーアクリルガッシュ
-----------------------

d0351435_12071681.jpg

雨風にさらされて風化したような質感が

年代をかんじさせるモスポット。

紙コップにペイントを施して

いっちょあがりです!!

今回の最大のポイントは凹凸のあるテクスチャ作りを

可能にしてくれたプラスターメディウム(漆喰風)。

塗料でただ着色するだけでは

この立体感を表現することはできません。

そしてメディウムの上に塗り重ねた

アンティークカラーによる色の演出も、

見栄えのイメージを形成する大切な要素です。

赤土や炭火焼成のグレー、そして苔色を

イメージしながら塗料を塗り重ねます。

d0351435_12551472.jpg

グリーンを添えると

もとが紙コップとは思えないほどの貫禄^^

※植木鉢として使う場合は

千枚通しなどで底に水はけ用の穴を作ってください

d0351435_12551474.jpg

ペイントの可能性は無限大!

塗るだけで

簡単 ☆ スグデキ!

紙コップでつくるなんちゃってモスポット

是非お試しください^^








by pinkpinkolife | 2016-06-27 07:11 | 100円リメイク雑貨 | twitter | facebook
d0351435_06383636.jpg

厚化粧したわけではないけど、

コテコテです

d0351435_06393453.jpg

古びた味わいと凸凹とした質感がリアルな

なんちゃってモスポット。

なんと簡単ペイントで、

作れちゃうんです!

d0351435_06393465.jpg

その秘密は


d0351435_06393479.jpg

材料費もひとつ2円ほど。

d0351435_06383561.jpg

塗るだけで

簡単 ☆ スグデキ!

ジャンクな手作りモスポット

作り方は明日のブログでご紹介します^^








by pinkpinkolife | 2016-06-26 07:02 | 100円リメイク雑貨 | twitter | facebook
d0351435_06240838.jpg

写真を撮ることで見直し中、

今週もまとめました。

ズボラ主婦のおひとり様ランチです。

d0351435_06240860.jpg

厚切りトーストにバターたっぷり!

この日は忘れもしない

停電があった日。

信号も停止してしまったので、パトカーに

消防車、救急車出動の大騒動の数時間でした。

カロリーオーバーだから

ハーフサイズにしようと思っていたのに、

停電のせいで厚切り1枚まるごと

食べちゃった日。

だって・・・

もれなくパソコンの電源も

落ちちゃったわけで、2時間仕事がパァ!

( 泣きたくなっちゃったよ )

d0351435_06240863.jpg

明太子にポン酢、大葉のまぜごはんは

らくちんごはん本から^^

あとはお弁当の残りもの。

パセリ入りの卵焼きがイタリア~ンな日♪

d0351435_06403524.jpg

翌日のランチも明太子。

明太子(&大葉)続きのパスタの日。

d0351435_06403547.jpg

これまたパスタランチ。

ママ友ちゃんとご近所カフェでぺちゃくちゃの会。

この日は学校の図書室のお掃除の日。

一冊一冊水拭きして

書棚もきれいきれいします。

そうすると、あらま!

読みたかった茨木のり子さんの詩集を発見☆

( さくらんぼに今度借りてきてもらうよう頼みました )

思いがけないところで棚ボタの日^^

d0351435_14021862.jpg

この日は Kit Oisix で

簡単☆スグデキ!

ジューシーそぼろと野菜のビビンバの日。

d0351435_06551361.jpg

カット済みのお野菜や下ごしらえされた

お肉がセットになっていて、

レシピ通りに調理すると

わずか15分ほどで完成!

d0351435_07091184.jpg

15分クッキングなのに、

ウルトラまいう ~~~ !!!

d0351435_06533572.jpg

これはおひとり様ランチでなく

誰か呼ぶべきだった。

kit Oisix でジューシーひとり占めランチの日。

Oisixはコチラ



d0351435_07103373.jpg

そして今月のおつかれ様会は

近所の粉モンやさんで乾杯☆

まりこさんと会う日は高確率で、雨。

この日もなぜか夜だけが大雨でした。

え?あたくし?

いやいや、おたくでしょ。

今週もごちそうさまでした^^








by pinkpinkolife | 2016-06-25 07:00 | FOOD | twitter | facebook
d0351435_14371246.jpg

網ネタつづきになってしまいますが、

今日も100円ロースターを使った

リメイク雑貨をご紹介します^^
d0351435_14371249.jpg

賃貸壁でも気軽に引っかけることの

できる壁掛けラックは、

100円グッズを組み合わせて作ったもの。

軽量なので、押しピンにひっかけるだけでOK☆

今日の材料はコチラ


d0351435_14371271.jpg

・ 焼き網

・ コレクションケース レクタングル

どちらも家にあったものです。

d0351435_14402992.jpg

今日もぴったり賞!!

焼き網とコレクションケース2個の幅サイズが

ジャストサイズです☆

--------------    作り方   --------------

d0351435_14402940.jpg

1 コレクションケースの奥行きサイズに

焼き網を曲げる

d0351435_14402984.jpg

2 焼き網とケースにステイン剤を塗布する

使った塗料


d0351435_14443263.jpg

3 下地を潰さないように着色する

使った塗料



d0351435_14443207.jpg

水性ウッドステインを金網に塗布すると

アンティークなブロンズ色になります。

木だけでなく金属類の汚し加工にも使うことが

できるので是非お試し下さい^^

d0351435_14495573.jpg

4 タッカーでケースと焼き網を固定する

d0351435_14495542.jpg

完成です!

d0351435_14503587.jpg

ベランダインテリアにもぴったりな

壁掛け収納ラックができあがりました^^

d0351435_14503576.jpg

100円グッズで

簡単☆スグデキ!

ちょっとした壁面のアクセントやプチ収納に

是非お試し下さい^^








by pinkpinkolife | 2016-06-24 07:18 | 100円リメイク雑貨 | twitter | facebook
d0351435_18265505.jpg

今日は余りモノを使って

簡単☆スグデキ!

男前フレームとジャンクな金網がクールな

ネットボードの作り方を紹介します^^

d0351435_18265542.jpg

フックをかけることができるネットには

ドライフラワーやアクセサリーなど、

吊り下げて保管したい

ひっかけ収納にも重宝します^^

d0351435_18265599.jpg

壁掛けにアレンジすることも、できるんです!

今日の材料はコチラ


d0351435_18373964.jpg

・100円ショップのすのこ

・ キャンビングロースター大(セリア)

すのこはラックとして使っていたもの。

--------------    作り方   --------------

d0351435_18374012.jpg

1 すのこを解体する

d0351435_18373904.jpg

 4枚のすのこ板をフレーム状にすると

ロースターがすっぽりと収まります。

ぴったり賞!!

d0351435_18422118.jpg

2 4枚のすのこ板を接着する

d0351435_18422286.jpg

3 スポンジを使いロースターを

茶系の絵の具でペイントする

使った塗料


d0351435_18422150.jpg

4 アクリルガッシュで錆ペイントを施す

d0351435_18461827.jpg


錆ペイントに使った塗料





d0351435_14030436.jpg

5 タッカーを使いロースターをフレームに固定する

d0351435_18481473.jpg

完成です!

d0351435_14055044.jpg

男前インテリアにもぴったりな

ネットボードができあがりました^^

d0351435_14055098.jpg

チープに見えがちな100円の焼き網も

アクリルガッシュを塗り重ねることによって

簡単 ☆ スグデキ!

赤錆の質感が経年の風合いを

感じさせるクールなボードに仕上がりました。

d0351435_14121443.jpg

壁掛け仕様の場合は

メモホルダー付ウッドピン( キャンドゥ )がおススメ!

ピントップの表面に瞬間接着材をつけて

フレーム裏の四角に接着させます。

関連記事


d0351435_14121444.jpg

あとは壁にピン先を押し込むだけ!

フレーミングされた小物がアートにすら見える、

インテリア効果の高いアイテムです^^

壁面収納にもぴったり☆

d0351435_14174773.jpg

ピントップに厚みがあるので

壁とロースターの間に1cmほど隙間ができます。

この隙間があるおかげで、フックの先端が

壁にぶつかる心配もありません^^

d0351435_14174713.jpg

立て掛けも壁掛けも

簡単☆スグデキ!

ひっかけ収納が便利なネットボード

是非お試し下さい^^








by pinkpinkolife | 2016-06-23 21:12 | 100円リメイク雑貨 | twitter | facebook
d0351435_14371634.jpg

照明のDIYと言うと難しそうに聞こえますが、

市販の照明器具を使って

簡単にオリジナル照明を作ることができるんです^^

d0351435_14371660.jpg

灯りの灯る壁面ラックは

100円ショップのバーベキュー網と

ヒノキ板、そしてホームセンターなどで売られている

照明キットを組み合わせて作ったもの。

配線処理なども全くいらないので、

専門の知識がなくても

簡単にアレンジすることができちゃうんです。

d0351435_14371677.jpg

上下2段のラックを活用すると

灯りを楽しみながら

インテリアディスプレイも楽しむことができます。

殺風景になりがちな壁面に温かみのある

彩りがプラスされ、部屋の中一気に華やぎます。

d0351435_14480642.jpg

今回のポイントは

バーベキュー網と板を固定するために使った道具

「 タッカー 」 。

d0351435_14480600.jpg

それと

ソケットからスイッチ、コンセントまで

一体になっている照明キット。

d0351435_14595120.jpg

ソケットに電球をセットするだけで

すぐに使えちゃう便利な照明キット。

そしてひとつ持っておくとDIYに重宝するタッカー、

どちらもホームセンターで購入することができます^^

d0351435_14595136.jpg

作り方もとっても簡単!

照明に灯りがともると、

部屋の空気も温かく、ほっこり ・・・^^

ランプ付き壁掛けラックは

Pacoma Web で詳しい材料、作り方を

紹介していますので、そちらも是非ご覧下さい。






by pinkpinkolife | 2016-06-22 06:48 | ハンドメイド | twitter | facebook
d0351435_10171326.jpg

アンティークな風合いが漂うこちらの

スクエアボックス。

実はこれ、絵の具を塗り重ねて作った

100円リメイク雑貨なんです^^

before はコチラ


d0351435_10171309.jpg

・ミニパウンドケーキ型 ( セリア )

・ ヒノキ工作板

d0351435_10171478.jpg

作り方はとっても簡単で、

しかも材料費は500円以内で完結☆

ポイントは絵の具を塗り重ねて

アンティークな質感を表現する

「 アーティスティックなペイント 」

塗り方のコツさえ押さえていれば、

さまざまなテクスチャ作りに応用できるので、

是非お試しください^^

d0351435_10281749.jpg

アーティスティックなペイントの要になるのが

アクリルガッシュです。

本来アクリル絵の具は絵を描くための画材として

認識されていますが、絵画だけでなく

木やガラスなどさまざまな素材に

塗ることができるんです。

もともとは私も絵を描くために使っていましたが、

最近はもっぱらDIY作品に活用しています^^

不透明な性質を持つアクリルガッシュは

下地の上にいくらでも重ね塗りができるため、

失敗しても修正が可能です。

乾くと耐水になり、重ね塗りをしても色が

濁らないので、写実的な描写がつけやすいんです。

リアルな錆色だって、

たった2色でこのとおり!

使った塗料



d0351435_11214131.jpg

今回作品に使ったのはたったの6色!

使った塗料





d0351435_11214126.jpg

ちょっとしたペイントのコツで

100円グッズがアンティーク雑貨に変身!

アンティークな質感がリアルな

アーティスティックなペイントは

日刊住まいsumaiの連載で詳しく

紹介していますので是非そちらもご覧下さい^^

簡単 ☆ スグデキ!




d0351435_14233075.jpg


by pinkpinkolife | 2016-06-21 06:42 | 100円リメイク雑貨 | twitter | facebook