<   2016年 05月 ( 31 )   > この月の画像一覧

| twitter | facebook
d0351435_11311792.jpg

切って塗るだけ!

d0351435_11311794.jpg

今日は段ボールを使って作る

パッチワークトレイの作り方をご紹介します^^

d0351435_11311768.jpg

壁掛けだってOK☆

今日の段ボールはコチラ


d0351435_11311707.jpg

amazon 段ボール。

--------------    作り方   --------------

d0351435_11353322.jpg

1 底から3cmのラインで底の部分をを切り取る

d0351435_11353332.jpg

2 蓋を切り取る。

底と蓋はほぼ同サイズなので、

底面の台紙として使います。

d0351435_11353371.jpg

3 2枚の蓋をそれぞれ3分割する

箱の中に並べてサイズを確認、調整します。

d0351435_11471936.jpg

4 箱の断面に両面テープで厚紙を貼る

d0351435_11471952.jpg

5 (3)にアンティークペイントを施す

水性塗料を塗ったあと珈琲ペイントで

アンティーク加工しています。

使った塗料






d0351435_11505010.jpg

6 底箱をペイントする

7 底面に(5)を両面テープで接着する

d0351435_11505019.jpg

完成です!

乱雑になりがちな小物をトレイオン☆

フレームに囲まれているので、

無造作に並べてもすっきり♪

d0351435_11505069.jpg

壁掛けやおもてなしトレイとしても。

d0351435_11505032.jpg

え!これってamazon箱なの!?

話題のネタ作りにも是非どうぞ^^

切って、塗るだけ!








by pinkpinkolife | 2016-05-31 06:39 | エコリメイク雑貨 | twitter | facebook
d0351435_16384893.jpg

今日は不要品を使って作る

古材風フレームの作り方をご紹介します^^

d0351435_16384864.jpg

こちらのフレーム素材が

ザ・不要品

d0351435_16384840.jpg

軽いから、壁掛けだってOK ☆

今日の材料はコチラ


d0351435_16411806.jpg

ザ・段ボール!

d0351435_16411870.jpg

青果物などに使われる厚みのある段ボールは

強度がしっかりとしているので、

雑貨作りにはもってこいの素材なんです。

解体してストックしておくと、

いざというとき、お役立ち^^

--------------    作り方   --------------

d0351435_16411854.jpg

1 中窓を抜く

d0351435_16445561.jpg

2 中窓と外枠の点を結ぶように

溝を入れる

カッターで切れ目を入れて表面をめくります。

d0351435_16445590.jpg

3 両面テープを貼った厚紙を

段ボールの厚み幅、フレームの周りの長さにカットする

d0351435_16502310.jpg

4 段ボールの断面を隠すように、

厚紙を貼る

d0351435_16502328.jpg

5 対面する2面を着色する

6 塗料が完全に乾いたら、隣り合う2面を

塗るために、マスキングテープで養生する

d0351435_16521013.jpg

7 残り2面を着色し、マスキングテープを剥がす

d0351435_16521091.jpg

8 茶系の絵の具をスポンジペイントする

9 再び下地と同じ色でスポンジペイントする。

この時下塗りの茶色を

塗りつぶしてしまわないように注意。

d0351435_16562122.jpg

古材風ペイントができました。

さらに

d0351435_16562120.jpg

10 ビニール手袋に白い塗料をつけ、

トントンと叩くように汚れ加工を施す

d0351435_16590812.jpg

完成です!

d0351435_16593031.jpg

お好みのポストカードを

フレーム裏に貼って、

簡単 ☆ スグデキ!

かすれたペンキのくすみと汚れが経年をかんじさせる、

古材風のフレームができあがりました。

d0351435_22100948.jpg

断面をカバーしてやれば、

段ボールだって、このとおり^^

カッターで簡単にカットでき、

厚みを生かすこともできる段ボールは

アイデア次第でいかようにも。

d0351435_22101326.jpg

普段は捨ててしまうのだから

思い切ってアレンジできるのも、

不要品リメイクのよいところ^^

d0351435_22162412.jpg

今回のポイントは、

段ボールの断面をカバーすることと、

板に見せるための古材風ペイント。

フレームの四角に斜めに切り込みを入れ、

茶系をのぞかせた重ね塗りをすることで、

素材自体を錯覚させます。

名付けて、だましペイント^^

d0351435_22162378.jpg

ちなみに今回使った塗料は

ターナーミルクペイント

・ フロリダピンク

・ クリームバニラ

・ ピスタチオグリーン

・ ヘンプベージュ

段ボールで作る古材風フレーム、

是非 お試しください^^








by pinkpinkolife | 2016-05-30 09:57 | エコリメイク雑貨 | twitter | facebook

田舎の味

d0351435_13033116.jpg

今が旬の空豆、

ホクホクとしておいしいですよね~^^

田舎(愛媛)の畑で獲れた空豆の美味しさに

感動して以来、うちの旦那さんは

すっかり空豆の虜。

この季節になると

「 パパにたくさん食べさせてあげてね 」

空豆段ボールが田舎から届きます。

d0351435_13033184.jpg

顔も好みも、空豆が大好きなところも

そっくりなぽんた。この日はサヤからマメを

取り出すお手伝いをしてもらいました。

d0351435_13033100.jpg

赤ちゃんマメのベットだって^^

d0351435_13033182.jpg

お手伝いのご褒美に

大好物のトウモロコシを与えました。

今年初かぶり~^^

もちろん地元産のトウモロコシ♪

d0351435_13170406.jpg

一心不乱

d0351435_13170491.jpg

あっという間でした^^

空豆は茹でて薄皮を剥き、

軽く炒めて粗塩を振るだけ。

素材がいいからシンプルな調理で十分、

これが絶品マイウ~なんです。

空豆だって里芋だってトマトだって

獲れたてあたりまえ。

今思うと、なんと恵まれた環境で

贅沢に育ててもらったんだろうと、

感謝の念でいっぱいになります。

毎月届く田舎からの定期便は、

田舎の田畑が目に浮かぶ思い出便。

大阪のスーパーでは買うことのできない、

獲れたての味 ・・・^^








by pinkpinkolife | 2016-05-29 06:46 | ぽんた | twitter | facebook
d0351435_09313161.jpg

写真を撮ることで見直し中、

今週もまとめました。

ズボラ主婦のおひとり様ランチです。

d0351435_09313109.jpg

さくらんぼさん手作りの

いちごジャムたっぷり♪

甘さ控えめだけど

たっぷりぬっちゃうから

カロリーオフぢゃない、

いちごジャムパンの日。

d0351435_09373766.jpg

いちご特価日。

さくらんぼさん、ぽんたさん、頼みますよ。

d0351435_09344053.jpg

お友達の間でも毎年大好評の

さくらんぼさんのいちごのコンフィチュール。

お鍋につきっきりで灰汁取りするから、

おいしく仕上がるんだよね。

ズボラな母親と大違い(笑)。

d0351435_09343330.jpg

お友達にもお裾分け^^

毎朝ヨーグルトにかけていただいています。

d0351435_09452641.jpg

かつおのたたきが食べた~い!

でも師匠も子供達もかつおが苦手だから、

おひとりさまで。

揚げ玉の卵丼と一緒に^^

d0351435_09452611.jpg

おしゃべりしながら茹でたから、

のびのび素麺になっちゃった。

ママ友とペチャクチャランチの日。

d0351435_09490075.jpg

お客様が必ず手土産してくれるドーナツ。

体重が減らない理由は絶対、ドーナツ。

d0351435_09490081.jpg

「 今日誰か来たん? 」

ドーナツの箱を見つけて来客を察する子供達。

ぽんたさん、舌が出てますよ!

d0351435_09564095.jpg

ドーナツとトウモロコシを食べる時の

ひとくちは相変わらずデカイ。

d0351435_09581383.jpg

そして今週一番おいしかったのは

某企業様の社員食堂でいただいた、

日替わり定食!!

d0351435_09581363.jpg

チーズ入りのコロッケに

おもちの揚げ玉衣フライ。

ウルトラ マイウ~!!

こんなお昼ごはんが毎日食べられるんだったら、

社食を楽しみに入社したくなっちゃうよね(笑)。

社食をのぞけるなんて、

なんだか「サラメシ」スタッフになった気分。

ランチをのぞけば人生が見えてくる。

今週もごちそうさまでした^^








by pinkpinkolife | 2016-05-28 10:19 | FOOD | twitter | facebook
d0351435_06475125.jpg

空き缶をパッチワークペイントした

和風リメイクです^^

d0351435_06475222.jpg

ベースの色を塗り、マスキングテープで

堺を作りながら重ね塗り。

d0351435_06500236.jpg

セリアのメタルシールは

鋲使いにぴったり。

d0351435_06500366.jpg

いつもの空き缶リメイクとちょっと違う

和風なリメイク缶ができました^^

わびさび風~








by pinkpinkolife | 2016-05-27 07:02 | エコリメイク雑貨 | twitter | facebook

倉敷三昧

d0351435_06124307.jpg

倉敷旅行からのお持ち帰り

いろいろ^^

d0351435_06124380.jpg

民芸ショップ「倉手工布店」から

ようこそ 我が家へ。

d0351435_06124366.jpg

一番上の写真に写っている民芸品は

どうやって使うモノかわかんないけど、

気になったので購入。

だってひとつ400円とか。

生木の匙は250円。

とにかく安いの。

包装紙までもがニクい演出!

d0351435_06215010.jpg

クラフトフェアで買った作家さんもの。

ガラスの器は沖澤 庸平さんのもの。

夏野菜のひんやりコーデにぴったり♪

透明なガラスには色を入れる楽しみがあります。

田屋道子さんの

ミニピッチャーとスープボウルは

ズキュンと一目惚れ ・・・ ^^

d0351435_06215084.jpg

アチブランチで買った木工作家KIYATAさんの

木彫りアニマルオブジェ。

掌から生まれた温もりに、ほっこり。

d0351435_22014527.jpg

倉敷限定のマステとかも。

貼って剥がせる革命的アイテム。

マスキングテープはもはや文化です。

d0351435_22060502.jpg

たまたま立ち寄ったギャラリーで

見つけた作家さんの木匙。

失敗作だからと半額にまけてくれました。

500円。

d0351435_22060419.jpg

倉敷意匠計画室と分室から発刊されている

カタログ&読み物。

持っていない号を揃えました。

d0351435_22113612.jpg

紙モノカタログ最新号は

「 本が好き特集 」

これこれ、すっごく読みたかったの!

近所の本屋さんには置いてくれてませんからね、

本場で買って帰りました^^

d0351435_22113647.jpg

あとは試食しておいしかったものたち。

瀬戸内庵のだしがおいしくって、

やみつきになっています*^^*

d0351435_22191196.jpg

ダチョウの木彫りアニマルは

なんとカードスタンドで

d0351435_22191185.jpg

カバさんのほうは

ペンスタンドなのです!

d0351435_22195917.jpg

民芸品の使い道は

追々考えるとして・・・

d0351435_22195952.jpg

今週は

読んで過ごします^^








by pinkpinkolife | 2016-05-26 06:46 | インテリア | twitter | facebook
d0351435_06295457.jpg

母の日スペシャル♪

母娘2人の倉敷美観地区散策、

昨日の記事に続きます^^

d0351435_06295488.jpg

メインストリート、倉敷川の脇筋には白壁の

町屋がズラリと並び、柳並木越しに見える

川船流しはまるで江戸時代に

タイムスリップしたかのよう。

風情ある景観とともに

貫禄を放っていたのは

d0351435_06295378.jpg

ザ・マスキングテープ!

どこのお店にも必ずといっていいほど、

ずらりとマステが並んでいます。

倉敷といえばそう、マステ発祥の地。

さすがの品揃えは圧巻でした!

d0351435_06591621.jpg

一日目のお昼はこちらでいただきました^^

アンティーク雑貨とカフェが併設されている


d0351435_12232040.jpg

ショップとカフェが繋がっているので、

お料理が出てくるまで、

雑貨を眺め楽しむことができます。

アンティークや作家さんモノなど、

どれも上質で素敵なものばかり。

d0351435_12232083.jpg

ランチのミートボールシチューも

スコーンもすっごく美味しくて。

ママンの優しい味がしました!

近くにあったら週一で通っちゃうだろうな。

ほのぼの、心地のよいカフェでした^^

d0351435_12232051.jpg

赤い煉瓦と青々としたアイビーが象徴的な

アイビースクエアは、20年ほど前に

家族旅行で宿泊したこともあり、

懐かしい思い出を語りながら母と歩きました。

d0351435_12311486.jpg

個性的な魅力と温もりの感じられる、

倉敷ならでは特産品。

d0351435_12311410.jpg

民芸や工芸のお店はもちろんのこと、

現代美術のギャラリーなどもあり見応え十分!

d0351435_12383810.jpg

そしてなんと言っても、

食べ歩きが楽しい*^^*

牡蠣煎餅なんて大阪じゃ食べれないもんね。

きびだんごに桃ジュースにジェラートに、、、

お腹いっぱいです(笑)

d0351435_12383888.jpg

夕飯はあぶと倉敷館天領 でいただきました^^

d0351435_12383814.jpg

お魚のおいすぃことッ!!!!!

江戸時代「天領」として栄えた倉敷美観地区。

白壁の町屋が並んだ街並みを眺めながら

美味しいものをいただき、

母とおしゃべりしながらお買い物も楽しみ、

心の底から癒やされた2日間でした^^

今回久しぶりに母と2人で旅行しましたが、

子連れでは叶わない、素敵な旅行になりました。

母親とふたりで旅行だなんて贅沢なこと、

子供や旦那のことを思うと

なかなかできるものではありません。

でも今回えいッ!と思い切って

実行してみて本当によかった。

「 ばあばと旅行楽しんでおいで 」

子供達も師匠もそう快く送り出してくれたので、

後ろめたさもなく、

2日間を楽しむことができました。

家族旅行もいいけど、

母親とのふたり旅も、

いいものですよ^^

これからは毎年母の日に、

親孝行旅行できたら素敵。

師匠にゴマすりゴマすり、、、

来年も行かせてもらえますように ~^^








by pinkpinkolife | 2016-05-25 06:46 | ショップ | twitter | facebook

母の日 ご褒美旅行

d0351435_14290219.jpg

先週の土曜日のこと

新幹線に乗って・・・

d0351435_14290224.jpg

倉敷に行ってきました^^

家族とではありません。

愛媛から出てきた母と倉敷駅で待ち合わせをして、

母娘2人でプチ旅行を楽しんできました^^

1人で新幹線に乗るのも、

母と2人で旅行するのも

10年以上ぶりのこと。

こどもたちは師匠にあずけ、

たまにはいいよね、母の日ご褒美旅行です♪

d0351435_14290268.jpg

今回一番のお目当ては、


今年で11回目、全国から作家さんが集まる

大規模なクラフトイベントです。

場所は倉敷市芸文館前の広場一面、

歴史ある建物に囲まれた新緑きらめく陽光の下、

そのすばらしい景観にもうっとりです。

d0351435_14290291.jpg

陶磁器、木工に漆器、ガラスや金属、

素材や質感の違った作品がズラリと並びます。

主張しすぎず、あくまで引き立て役。

使い手のことを考えて作られている作品には

気品が漂っていて、シンプルなのに、

ずぅっと見ていても飽きません。

ほれぼ~れ。

d0351435_14561393.jpg

掌から生まれるクラフト作品に酔いしれ、

会場をゆっくりと2周した後

向かったのは

d0351435_14561371.jpg

倉敷といえばここ!

倉敷美観地区☆

フィールドオブクラフトの会場からすぐなので、

イベントと同時に観光も楽しめてしまうのです^^

d0351435_15032887.jpg

倉敷に来たならまずはここでしょう、


倉敷意匠計画室と分室 のオリジナル商品が

ズラリ圧巻の、夢の国。

我ら手作り隊にとっては

死ぬまでに行っておきたい名所のひとつでしょう。

残念ながら店内撮影禁止のため

外観の写真のみになりますが、

それはそれは、、、

是非ともおすすめの場所にてございます!

d0351435_15032853.jpg

アチブランチは撮影NGですが、

同じ建物内3Fにある三宅商店カフェ工房

そこでは撮影OKとのことだったので、

数枚撮らせてもらいました^^

d0351435_15032717.jpg

天井から吊り下げられた

ユニークなアート照明。

よく見るとやかんだったりボウルだったり、

ポラロイドカメラに時計、、、

ローラースケートなんかも!

ここまで自由度の高い照明は

びっくりドンキー以外で見たことがない(笑)と、

その場からしばらく動くことができませんでした。

聞けば児島にあるショップWomb brocanteさんの

オリジナルだそうで、購入もできるのだとか。

( 欲すぃッ )

d0351435_17221019.jpg

そしてこちらもまた素敵なお店。

青ao

d0351435_17221046.jpg

内装ディスプレイがとても素敵なお店でした。

お洋服や小物のセレクトも上品で

オーナーさんもすごく素敵な方・・・

長居をさせてもらいました。

d0351435_17362736.jpg

美観地区の散策中見つけた

自家焙煎コーヒー専門店 koba coffee

コーヒーゼリーもコーヒーフロートも

すんごい本格味!んまいッ!!

店内はコーヒー談で盛り上がる

通のお客さんで賑わっておりました。

d0351435_17362793.jpg

驚くことに、美観地区エリアには

カフェがすごく多いんです。

都会に多いニューヨークスタイルのじゃなくって、

昔ながらの珈琲喫茶。

流行りスタイルではないけど

すごく洒落ていて ・・・。

とてもよかったです。

それに加えお煎餅やコロッケなど、

歩き食べできるお店がいっぱいあるので

立ち止まっては食べの繰り返し。

魅力的なお店が軒を連ね、

なかなか先に進むことができません(笑)。

こんなに休憩どころが多いなんて、、、

ネットでの下調べなんて、皆無。

宿をとっておいて

あ~よかった!です。

一日では回りきれない

倉敷美観地区ブラリ散歩、

明日に続きます^^








by pinkpinkolife | 2016-05-24 10:35 | ショップ | twitter | facebook
d0351435_14252137.jpg

今日は色を塗ってイメージチェンジ!

100円グッズを使った

大人可愛いいショーケースの

作り方を紹介します^^

d0351435_14252131.jpg

コントラストのある白と黒の組み合わせは

大人女子のテッパンカラー。

大胆なメリハリがあり、

それでいて上質な気品が漂います。

d0351435_14252032.jpg

シックで落ち着きのある雰囲気作りに

白 × 黒 に勝るモノはありません☆

スタイリッシュな白と黒のツートンは

ミニマムで洗練された大人の配色。

そんな大人色したショーケースの

材料はコチラ


d0351435_14381484.jpg

・インテリア コレクションケース( セリア )

・ タオル掛け用金具 ( ホームセンター )

コレクションケースはスライド式です

--------------    作り方   --------------

d0351435_14381415.jpg

1 ケースの内面を白、外面とケース縁を黒く塗る。

2 金具も白く塗る

白は完全な白ではなくアイボリーを選ぶと

アンティークな雰囲気がでる。

d0351435_14381449.jpg

3 ケースの内側に金具を接着する

d0351435_14451086.jpg

4 蓋を差し込み、ケースに戻す

5 ケースの裏面にひっかけ用の金具を取り付ける。

ここではミニ蝶番を使いました。

d0351435_14451010.jpg

完成です!

d0351435_14464699.jpg

タオル掛け金具には

小さな試験管を差し込みました。

棒状の支えにもなるので、

ドライフラワーを直接立てかけても素敵。

アート感覚のディスプレイが楽しめる

壁面仕様のショーケースです。

d0351435_14464605.jpg

ナチュラルなケースが

色を変えただけで、ご覧のとおり。

色が変われば雰囲気だけでなく、

気分だって変わります^^

カラーチェンジでイメージチェンジ!

是非お試し下さい^^








by pinkpinkolife | 2016-05-23 06:46 | 100円リメイク雑貨 | twitter | facebook

行きつけのお店

d0351435_11571207.jpg

ぽんたと師匠、男2人を連れて

カフェよつば印でおやつタイム^^

( さくらんぼさんはミニバスの練習 )

d0351435_11571255.jpg

あんことさつま芋のマフィンは

和洋の組み合わせがユニークな味わい♪

d0351435_11571219.jpg

絶品コーヒーゼリーはマストオーダー!!

トッピングのキャラメリゼナッツが美味しすぎて。

目の前にいる男たちが面白いわけではないけど、

自然と笑みがこぼれるのです ^^

一口食べると幸福感で満たされる、

魔法のコーヒーゼリー。

d0351435_11571245.jpg

こどもたちが大好きなチョコパフェ。

今日のことは、さくらんぼさんには内緒♪

d0351435_11571298.jpg

足止めをくらうエントランスも、お決まりコース。

迷い込んだ多肉植物の森から

なかなか抜け出すことができません。

ここに来るとつい時間を忘れちゃう^^

オーナー夫妻とのおしゃべりも楽しいし、

こういうのを

行きつけの店

っていうんだろうな。

よつば印さん、いつもありがとう!








by pinkpinkolife | 2016-05-22 09:16 | カフェ | twitter | facebook