カテゴリ:ハンドメイド( 354 )

| twitter | facebook
d0351435_08211894.jpg

半透明ラベルの作り方で

昨日ご紹介した夏のサマーツール、

「 くもりガラススプレー 」。

使い方のアイデア次第で

さまざまな質感を表現することができるんです。

例えば

スプレー前にささっとひと工程加えると、

表面が氷結したようなフロストガラスを

作ることだって、できちゃうんです^^

d0351435_08211876.jpg

うっすらとくもりがかった容器の中に見える

ドライフラワーや小物がなんとも神秘的。

表面のマットな質感が落ち着いた雰囲気で、

アンティークな装いにもぴったりです。

d0351435_08211893.jpg

ガラス越しにふんわり・・・

幻想的な灯りはおもてなしキャンドルにも♪

思わず触ってしまいたくなるフロストガラスは

女子会の雰囲気作りにもぴったりなアイテムです。

アイデア次第でさまざまな表情を

作り出すことができるくもりガラススプレー。

暑い夏、ひんやりと見た目も涼しげな

フロストガラス、是非お試しください^^

今日紹介した フロストガラスの作り方は

日刊住まいsumaiの連載で詳しく

紹介していますので、是非そちらもご覧下さい。



d0351435_08372023.jpg







by pinkpinkolife | 2016-08-13 07:20 | ハンドメイド | twitter | facebook
d0351435_13063858.jpg

今日は空き瓶に

辛口アイテムをピリっと効かて作る

ビンテージ風ガラス瓶の作り方をご紹介します^^

d0351435_13063904.jpg

材料費はわずか数10円 ☆

作り方もとっても簡単です!

d0351435_13063895.jpg

今回の主役、

無骨さ満点の工業系アイテムはコチラ


d0351435_13172288.jpg

・ホースクランプ

ホームセンターなどで売られている

配管用のパーツです。

大、中、小、さまざまな大きさがあり、

ひとつ100円前後で購入することができます。

d0351435_13172239.jpg

バンドを調節できるので、

内径を拡げたり縮めたりできます。

側面のエンボスナンバーも素敵ッ!!

d0351435_13172222.jpg

空き瓶インテリアで一番見せたくないのが

蓋を取った時に見える、螺旋状のネジ部分。

これが表に出ちゃうと、なんだか

空き瓶ぽさが丸出しになっちゃうんですよね。

空き瓶のそのチープさを払拭するために、

このネジ部分をやっつけちゃいます。

ポイントはそれだけ!

d0351435_13351558.jpg

バンドの長さを調節したクランプで

瓶口をカバーすると、このとおり!

これだけでもチープなイメージから随分離れましたが、

今回はこのクランプをペイントして

さらに、かっこよく ・・・ !

ビンテージ風のガラス瓶にアレンジします^^

--------------    作り方   --------------

d0351435_13351570.jpg

1 黒く塗る

使った塗料


d0351435_13391332.jpg

2 茶系の塗料でまだらに着色する

使った塗料


d0351435_13391391.jpg

3 ゴム手袋にシルバー系の塗料を付着させ、

半乾きになった塗料をクランプに移着させる

使った塗料


d0351435_13424698.jpg

4 (3)と同じ要領で白の塗料で

汚し加工を加える

アイアン風シルバーペイントが完成です!

d0351435_13424656.jpg

(3)の工程を省き水性ステイン剤を

ゴム手袋で付着すると、

赤銅のような重厚な質感が表現できます。


d0351435_13473941.jpg

アイアン風ペイントのポイントは

筆を使わず、ラフな汚れ加工を施すこと。

スポンジやゴム手袋などを使って

塗料をランダムに付着させることで、

経年で風化して作られた自然な錆感を

表現することができるんです。

d0351435_13520840.jpg

アイアン風ペイントしたクランプを

瓶口にはめ込めば完成です!

( 塗料が硬化してしまうとバンドが固定されてしまうので、

バンドの長さはペイント前に調節しておきます )

d0351435_13520807.jpg

ネジ部分を隠すことで、

空き瓶のチープな印象が一切なくなりました^^

d0351435_13554549.jpg

無色透明なガラス瓶ももちろんですが、

アンバーカラーのガラス瓶では

より一層の変化が感じられます。

工業系インテリアとの相性は抜群ですよ ♪

クランプでカバリングする空き瓶リメイク、

是非お試し下さい^^

関連記事



by pinkpinkolife | 2016-08-08 07:03 | ハンドメイド | twitter | facebook
d0351435_06431815.jpg

ウッドトレイのコンポート。

神輿仕立ての4本脚が

チャームポイントです^^

before


d0351435_06431863.jpg

スタンド部分には

倉敷の古道具屋さんで購入した

民芸品を使いました。

d0351435_06431925.jpg

パートナーには家で眠っていた

ウッドプレートを抜擢。

d0351435_06482368.jpg

瞬間接着して

d0351435_06482390.jpg

完成!

瞬きせずに作れちゃう

10秒リメイクです^^

d0351435_06482319.jpg

いい脚してる ~ ^^








by pinkpinkolife | 2016-08-06 09:17 | ハンドメイド | twitter | facebook
d0351435_06211947.jpg

今日はフラワースタンド をアレンジしてつくる

壁掛け立体フレームをご紹介します^^

※フラワースタンドは7月25日の記事をご覧下さい

d0351435_06211934.jpg

壁を装飾すると目線がそちらに

向かうので、部屋の中の視野が広がり

空間が広く感じられます。

フレームやショーケースを並べて

動きのあるレイアウトをすると

プチ美術館気分^^

d0351435_06211946.jpg

before

台座に木枠を垂直に固定した

試験管立てのスタンド部分です。

※ 作り方はコチラ

d0351435_06361397.jpg

d0351435_12090472.jpg

向きや色、見方を変えてみると

さまざま用途が見えてきます。

d0351435_06361300.jpg

フレームに空き缶の蓋を接着させて

小物のステージに。

枠内にトリミングされた

小さな世界が絵画のようにも見えます^^

d0351435_06473689.jpg

フレーム内側にヒートンを

取り付けると吊り下げも可能になり、

より動きのある空間ディスプレイが楽しめます。

d0351435_06473646.jpg

簡単木工でつくる

試験管スタンド&立体フレーム

是非お試しください^^








by pinkpinkolife | 2016-07-26 07:20 | ハンドメイド | twitter | facebook
d0351435_12090472.jpg

夏も真っ盛り!

皆さんはどのような夏インテリアを

楽しまれているのでしょうか^^

我が家は夏といわずオールシーズンですが、

ガラスこそが涼のキーワードです。

ガラスの透明感ある涼しげな佇まいは

部屋のどの部分においても

クリーンで開放的。

夏のインテリアに取り入れるなら

やっぱりガラスでしょう♪

d0351435_12090431.jpg

ガラスに何を入れるかと問われれば、

草花を連想される方も多いのではないでしょか。

ガラス


草花 ・・・

今回は清涼感のあるガラス容器に

季節のグリーンや花を添えることのできる、

大人可愛いフラワースタンドを作りました^^

d0351435_12262864.jpg

ホームセンターで

材料を揃えたならば ~

d0351435_12320207.jpg

あっという間に完成!

品格のあるマットブラックな質感と

スレンダーなガラスの試験管の

組み合わせがスタイリッシュな

フラワースタンドができあがりました^^

ちなみに試験管はセリアのもの。

試験管はホームセンターの実験器具コーナー

の商品棚にも並んでいるので、

是非チェックしてみて下さい!

ビーカーや漏斗など、

ラボインテリアに使えるアイテムが

たくさんありますよ^^

d0351435_12364540.jpg

試験管を逆さにして

ドライフラワーを閉じ込めると、

秋冬にもぴったりな

標本風スタンドに早変わり!

オールシーズン活用できる

大人可愛いシックなフラワーベースは

Pacoma Web で詳しい材料、作り方を

紹介していますので、そちらも是非ご覧下さい。




d0351435_13173741.jpg

by pinkpinkolife | 2016-07-25 06:45 | ハンドメイド | twitter | facebook

MILK PAINT REMAKE BOOK

d0351435_10272281.jpg

ターナー色彩から発行されている

ミルクペイントのカタログが

リニューアルされました!

タイトルは

MILK PAINT REMAKE BOOK

あなたの色に塗り替えよう

d0351435_10372372.jpg

ミルクペイントの由来から

シリーズのラインアップ紹介、

そして詳しい使い方やアレンジ法など

見応えたっぷりな一冊です。

d0351435_10272231.jpg

turner DIY ART series のコーナーでは

私のページも作って下さっています(感激)!

d0351435_10444114.jpg

その他のページでも

ミルクペイントマスターが考案する

リメイク法やアートな作品が

たっぷり紹介されておりますので、

ペイントリメイク好きさんには必見の一冊です!!

d0351435_10444126.jpg

どこで入手できるのかって?

それは

本屋さんの書棚ではなく、

ミルクペイントの取扱店(一部)にて

フリーペーパーとしてご覧になれます。

どなたでも、ご自由に、

お持ち帰り下さいです。

d0351435_10444131.jpg

このボリュームで無料配布なんて

あっという間に店頭から姿を

消してしまいそうが・・・。

ミルクペイント情報は

ターナーさんの

公式インスタグラムで是非ご覧下さい!



by pinkpinkolife | 2016-07-23 07:09 | ハンドメイド | twitter | facebook
d0351435_10023316.jpg

簡単☆スグデキ!

ペイントだけで作れちゃう

金属風ステンシルプレート、アレンジ編です。

スタンダード編はコチラ


d0351435_10023415.jpg

今日は昨日ご紹介したメタリックペイントに

ざらついた質感を加え、

経年の風合いを更にをアップさせます。

今日のポイントはこれ


d0351435_10023315.jpg

ターナーミルクペイントシリーズ


漆喰を塗ったような立体感のあるテクスチャを

作ることのできるメディウムです。

これを塗装前のプレートに付着させると、

ざらついた質感と凸凹とした立体感が生まれます。

プラスターメディウムを使った作例


d0351435_10195612.jpg

メディウムが完全に乾いたら

全体を黒く塗りつぶし、その上に


スポンジで叩き塗ります。

あとは昨日ご紹介したプロセスと一緒。

アンティークワックスを擦り込めば完成です!

d0351435_10254137.jpg

文字の切り抜きがひと手間ですが、

連語のプレートが壁面に1枚あるだけで

クールでヴィンテージなコーナーができあがります!

d0351435_10254152.jpg

プレートの四角にはセリアの携帯デコシールを

貼ってリベット風に。

平面に立体的な要素を加えることで、

よりリアルな素材感を表現することができます。

d0351435_10332608.jpg

でもここでのやりすぎは禁物です。

ゴテゴテにしてしまうと

わざとらしさが強調されて

下品な表情になってしまうので、

あともう少しというところでストップ。

腹八分目の心得が大切なポイントです。

d0351435_10080376.jpg

before

d0351435_10332675.jpg

after

d0351435_10195674.jpg

メタリックシリーズのアクリル絵の具と

メディウムを組み合わせると

見る角度や照明によって表情が変わります。

無骨で重厚な佇まいが印象的な

メタリックペイント、

是非お試し下さい^^

使った塗料
--------------------


ダストメディウム・プラスターメディウム


チーク


GOLD DEEP・COPPER

ANTIQUE BRONZE・ANTIQUE SILVER

ANTIQUE GOLD・JET BLACK








by pinkpinkolife | 2016-07-12 07:23 | ハンドメイド | twitter | facebook
d0351435_16194755.jpg

今日は紙素材と塗料を組み合わせて作る

ヴィンテージ風テクスチャの

作り方をご紹介します^^

d0351435_16194706.jpg

塗装できるものであれば

どのような素材でも

簡単 ☆ スグデキ!

d0351435_16194731.jpg

ロマンティックな花柄と

風合いのある質感が経年を感じさせる、

フレンチなマルチポット。

優雅な品格でシックな背景にもよく映えます。

d0351435_16291074.jpg

フェミニンなフレンチポットには

アンティークカラーのドライフラワーが

よくお似合い ・・・ ^^

今日の材料はコレ


d0351435_16291070.jpg

・空き缶

( 塗装できるものなら何でもOK )

d0351435_16330713.jpg

・ペーパーナプキン

ペーパーナプキンは3層構造になっていて、

一番上のプリントされたものだけを使います。

デザインのレイアウトを決め、

使いたい絵柄を手でちぎっておきます。

※ 手でラフにちぎることがポイントです!

--------------    作り方   --------------

d0351435_16330777.jpg

1 容器に下地剤を塗布する

使った塗料


d0351435_16415651.jpg

2 水性塗料を着色後、すぐに

ちぎったペーパーナプキンを貼りつける。

塗布後すぐに貼り付けるのがポイントです。

塗料が接着材の役割をしてくれます。

使った塗料


d0351435_16452292.jpg

4 ペーパーナプキンを指先で押さえて

容器に接着させ、端の部分を容器に

付着している塗料で馴染ませる

d0351435_16463618.jpg

5 境界をなくすため同色の塗料を

筆で叩くようにして馴染ませる

6 さらにその上に下地の色より少し濃いめの

色を塗り、淡い濃淡を出す

使った塗料


d0351435_16485353.jpg

6 スポンジでところどころにメディウムを

押さえるように付着させる

使った塗料


d0351435_16524094.jpg

7 コーヒー液を指で擦り込んだり

押さえたりしてアンティーク加工を施す

d0351435_16533515.jpg

完成です!

使った塗料はこの4種

ターナーミルクペイントシリーズ
-------------------

d0351435_17001466.jpg

こちらは同じ要領で木箱の内側に

ヴィンテージテクスチャを施したもの。

明度の低い色と組み合わせることで

甘辛のコントラストが際立ち、

かわいらしさの中にかっこよさが加わります。

d0351435_17310711.jpg

木材、金属、プラスチック、

塗装できるものであれば

どんな素材にだってOK!

d0351435_17321679.jpg

広範囲に使うと壁紙のような効果もあり、

オリジナリティー溢れる家具だって作れちゃいます!

関連記事


d0351435_17491767.jpg

ペーパーナプキンで作るヴィンテージテクスチャ、

是非お試し下さい^^

関連記事







by pinkpinkolife | 2016-06-30 06:45 | ハンドメイド | twitter | facebook
d0351435_13300501.jpg

こっくりとした飴色が

フランスのアンティークを連想させる

ウッドスプーン

d0351435_13300564.jpg

粗く削られたその風貌からは

ゴツゴツとしたワイルドさと、

そしてどことなく

ほっこりとした素朴な温もり・・・。

使い込むほどに深い味わいが生まれる

木製品は、年月ととに存在感も増します。

でも

実はこのウッドスプーン、

before はコチラ


d0351435_13300519.jpg

倉敷美観地区の古道具屋さんで購入した

木製のスプーン。

一本250円なり^^

d0351435_13383156.jpg

木割れや染みがあったので

カトラリーとしてではなくインテリア用に

4本購入したものです。

ステイン剤とワックスを使って

色味の違いを比べてみました。

d0351435_13383190.jpg

使った塗料(左から)





赤みのブラウンと

青みのブラウンと ・・・

どのスプーンもたちまち

深みのある佇まいになりました^^

d0351435_13523976.jpg

ここでブログでは初登場


テクスチャ作りのアクセントにも重宝する

お役立ちアイテムをご紹介します!

d0351435_13572419.jpg

とっても柔らかいです。

なんなら、美味しそう(笑)。

スプーンを入れると簡単に持ち上がり、

まるでクリームチーズのよう。

d0351435_13503550.jpg

予めステイン剤を塗布したもの、

着色していない生木のもの、

水性塗料で塗装したものに

ワックスを擦り込んで

どのような変化が見られるか試してみました。

d0351435_14025393.jpg

結果はご覧のとおり。

着色されている板の上では滲んで見え、

生木の板には同化してしまいました。

今回は「 塗る 」「染みこませる」より

付着してアクセントに使うことにしました。

d0351435_14025314.jpg

下地のブラウンの上に

押さえるようにワックスを付着させました。

d0351435_14070130.jpg

さらにその上に水溶き絵の具(黒)を

染みこませて下地と馴染ませました。

使用した塗料


d0351435_14070260.jpg

筆先に含ませた水溶き絵の具を

匙の上に落とし、ティッシュでポンポンと

押さえるようにして馴染ませます。

d0351435_14070179.jpg

数種の塗料を塗り重ねることで、

長年使われてきたような

味わいのあるウッドスプーンになりました^^

d0351435_14121065.jpg

ホワイトのワックスを付着させることで

経年のニュアンスを表現した古材風ペイント。

プロヴァンスの田舎街でコトコトと

煮込みに使われていたような風景を

想像しながら色を重ねました^^

d0351435_14121044.jpg

温もりのある木製アイテムは

部屋の中に置いておくだけで

空間がほっこりと和んで落ち着きます。

ブラウンベースに黒と白の

アクセントを加えた古材風ペイント、

是非お試しください^^








by pinkpinkolife | 2016-06-29 07:05 | ハンドメイド | twitter | facebook
d0351435_14371634.jpg

照明のDIYと言うと難しそうに聞こえますが、

市販の照明器具を使って

簡単にオリジナル照明を作ることができるんです^^

d0351435_14371660.jpg

灯りの灯る壁面ラックは

100円ショップのバーベキュー網と

ヒノキ板、そしてホームセンターなどで売られている

照明キットを組み合わせて作ったもの。

配線処理なども全くいらないので、

専門の知識がなくても

簡単にアレンジすることができちゃうんです。

d0351435_14371677.jpg

上下2段のラックを活用すると

灯りを楽しみながら

インテリアディスプレイも楽しむことができます。

殺風景になりがちな壁面に温かみのある

彩りがプラスされ、部屋の中一気に華やぎます。

d0351435_14480642.jpg

今回のポイントは

バーベキュー網と板を固定するために使った道具

「 タッカー 」 。

d0351435_14480600.jpg

それと

ソケットからスイッチ、コンセントまで

一体になっている照明キット。

d0351435_14595120.jpg

ソケットに電球をセットするだけで

すぐに使えちゃう便利な照明キット。

そしてひとつ持っておくとDIYに重宝するタッカー、

どちらもホームセンターで購入することができます^^

d0351435_14595136.jpg

作り方もとっても簡単!

照明に灯りがともると、

部屋の空気も温かく、ほっこり ・・・^^

ランプ付き壁掛けラックは

Pacoma Web で詳しい材料、作り方を

紹介していますので、そちらも是非ご覧下さい。






by pinkpinkolife | 2016-06-22 06:48 | ハンドメイド | twitter | facebook