カテゴリ:ハンドメイド( 339 )

| twitter | facebook
d0351435_09211796.jpg

今日は昨日に続き


d0351435_09211723.jpg

重厚なアイアン風とは変わり、

淡いミントグリーンが女性らしいモールドです。

今日の材料はコチラ


d0351435_09285503.jpg

・ 縦長の紙箱の蓋

・ 万年塗料皿

--------------    作り方   --------------

d0351435_09285570.jpg

1 蓋の上に皿を並べ切り抜く

 詳しくは昨日の記事をご覧ください

d0351435_09285582.jpg

2 ベース色を塗る

使った塗料

ミルクペイント ( ピスタチオグリーン )

d0351435_09324305.jpg

2 茶系の絵の具をところどころに叩き塗りする

使った塗料

ターナーアクリルガッシュ ( BURNT UMBER )

d0351435_09324376.jpg

3 (1)と同色をスポンジで叩き塗りする

d0351435_09324341.jpg

4 白い絵の具をビニール手袋に塗り、

触るようにところどころに着色する

使った塗料

ターナーアクリルガッシュ( ミキシングホワイト )

d0351435_09384186.jpg

5 半乾きになった絵の具を握るように移着させる

d0351435_09384123.jpg

6 ステイン剤をところどころに塗布する

使った塗料

水性ウッドステイン( チーク )

d0351435_09411012.jpg

完成です!

ベタ塗りでは単調すぎる淡いグリーンに

アンティーク加工を施すことで、

甘 × 辛 の表情に仕上がりました。

d0351435_09411038.jpg

リングやピアスなどのジュエリーが

おしゃれにひきたつ、大人かわいいモールドです。

d0351435_09410989.jpg

玄関先やドレッサーにちょこっとあるだけで

気分がアガるガーリーモールド、

こちらも是非お試しください^^








by pinkpinkolife | 2016-09-02 06:46 | ハンドメイド | twitter | facebook
d0351435_08104506.jpg

今日はアクリル絵の具を塗り重ねてつくる

サークルモールドの作り方をご紹介します^^

d0351435_08104530.jpg

アクセサリーや小さなパーツの仕分けなど、

お気に入りの小物を収納しながら

インテリアのディスプレイも楽しめるモールドです。

d0351435_08104593.jpg

劣化した風合いのアンティークペイントに

中央には工業系グラフィックを加えました。

今日の材料はコチラ


d0351435_08212922.jpg

・紙箱の蓋

・ 万年塗料皿

塗料皿は師匠がくれたものですが、

私の塗料皿は牛乳パックと決まっています。

折角なので制作物として使うことにしました。

--------------    作り方   --------------

d0351435_08212908.jpg

1 蓋の上に皿を並べ、口径サイズをマークする

d0351435_08260771.jpg

2 (1)でマークしたラインの1mm内側を切り取る

3 皿の裏枠に接着材をつけ、

切り抜いた窓にはめこむ

d0351435_08260798.jpg

4 ベース色を塗る

使った塗料


d0351435_08311081.jpg

5 茶系の絵の具をスポンジで叩き塗りする

使った塗料


d0351435_08311068.jpg

6 グレイの絵の具をスポンジで叩き塗りする

使った塗料


( 藍鼠・ANTIQUE SILVER )

d0351435_08311060.jpg

7 ビニール手袋に白の絵の具を塗り、

半乾きになったら押さえつけるように移着させる

d0351435_08413641.jpg

8 オレンジ色をところどころに着色する

使った塗料

リキテックス ( ブリリアントオレンジ )

d0351435_08413675.jpg

9 ビニール手袋にステイン剤を塗り、

触るようにしてところどころに塗布する

使った塗料

水性ウッドステイン( チーク )

d0351435_08472784.jpg

10 セリア転写シートでグラフィックを加える


d0351435_08472741.jpg

完成です!

鈍く光る鉄製風ペイントと風化してできたサビがリアルな

アンティーク風モールドができあがりました。

d0351435_08472729.jpg

ポイントは下地を見せながら施す重ね塗り。

色を重ねるごとに味わいが増し、

リアルな経年劣化を表現することができます。

そしてステイン剤のフィニッシュペイント。

ステイン剤を塗装面に塗布すると

表面に微妙なテカリが生まれるんです。

ペイント工程が少し多いアンティークペイントですが、

できあがりはとてもリアルです☆

是非いろんなものでお試しください^^








by pinkpinkolife | 2016-09-01 06:46 | ハンドメイド | twitter | facebook
d0351435_10030885.jpg

今日は昨日に引き続き


童心に戻ってお絵かきを楽しむ

アートボードの作り方をご紹介します^^

d0351435_10030818.jpg

ポイントは「好き」なアイテムを描くこと!

モノ作りにはノリが大切です☆

楽しくなくっちゃ意味ありません!

d0351435_10073406.jpg

今回イラストを描くツールはコチラ


なんとお米からできたクレヨンです!

ターナーアクリルガッシュジャパネスクカラーと

同じ色名の日本の伝統色が16色セットになっています。

大人かわいい色ですね~!!

--------------    作り方   --------------

d0351435_08275748.jpg

1 ボードにベース色を塗る

使った塗料


d0351435_10071329.jpg

2 水溶きボンドでティッシュペーパー(2枚組みの1枚)

を筆で延ばしながら貼り付ける。

d0351435_10071321.jpg

表面が滑らかだとクレヨンがのびにくいので

まずはボード作りからはじめます。

( ザラつきのある紙材が適しています )

今回は木製ボードを使ったので、

その上にティッシュペーパー(ペーパーナフキンも可)を

貼ってクレヨンの色伸びをよくしました。

よれている部分や破れは味わいとなるので気にせずに。

d0351435_10071341.jpg

3 ボンドが乾いたら重ね塗りします。

この時下地をチラ見せするのがポイント。

使った塗料


d0351435_10315586.jpg

4 クレヨンでイラストを描く

5 水を含ませた綿棒で色を拡げる

おこめクレヨンはAラインになっているので

線画もかけるし、軟らかいので色塗りもスムーズです。

なめらかに色を広げることができるので、

微妙な混色や重ね塗りをすることができます。

d0351435_10315590.jpg

厚塗りすると油絵風にも。

水性ペンキや絵の具ではこの描写はできません。

6 転写シールを貼る

なんと相性のよいことでしょう!!

驚くほどしっくりと馴染みます。

d0351435_10522876.jpg

完成です!

世界にオンリーワンのアートボードが

楽しいうちに完成しました!

さくらクレパスを使って遊んでいる子供の隣で

おこめクレヨンで一緒にアートボード作り。

子供と一緒にお絵かきの時間を共有できていいですよ^^

ちなみに幼稚園でも小学校でも使っている

さくらクレパス はクレヨンとパステルの

特徴を合わせもつ描画材料です。

クレヨン+パステル → クレパス

クレヨンとクレパスの違いってなに?

子供にそう聞かれたことないですか^^

d0351435_10522887.jpg

絵を描く時は

好きなものを好きなように描くのが一番です。

学生の頃に授業で描かされた静物画や風景画、

デッサンなんかも大ッ嫌いでしたねー。

与えられたテーマだとなぜだかテンションがあがりません。

さくらんぼさんの夏休みの絵画も苦戦しました。

「とんぼ」とか「夏休みの思い出」とか

毎年同じすぎ、ありきたりすぎです。

「 すきな人の顔 」

とか

「 きのう食べたもの 」

とか

そんなほうが子供達だってノリよく描けるはずなのにね!

大人のお絵かきは自由でいいですよ。

クレヨンでお絵かきなんてもう何十年もしてないわ

という方も多いのではないでしょうか。

クレヨンお絵かき、皆さんも是非お試しください^^








by pinkpinkolife | 2016-08-30 07:50 | ハンドメイド | twitter | facebook
d0351435_08275850.jpg

今日はマスキングテープとアクリル絵の具で

簡単 ☆ スグデキ!

オータムアーチスト気分になれる

アートボードの作り方をご紹介します^^

d0351435_08275803.jpg

壁に飾るだけで部屋の雰囲気がガラリと変わる

アートボード。季節の模様替えにもオススメです。

d0351435_08275940.jpg

ボードはペイントできるものならなんでもOK!

今回はセリアのブラックボードを使いました。

--------------    作り方   --------------

d0351435_08275748.jpg

1 ベースの色を塗る

使った塗料


d0351435_08405523.jpg

2 マスキングテープを貼って境界をつくる

d0351435_08405583.jpg

3 マスキングテープを貼った内側に

アクリル絵の具をスポンジで叩き塗りする

使った塗料


( CRIMSON・淡水色・砥の粉色 )

d0351435_08405532.jpg

4 (3)の絵の具に少量のグレイを混色したものを

乾いた筆先に少量とり、掃くようにに重ね塗りする

5 コーヒー液で汚れ加工を加える

d0351435_08405520.jpg

6 マスキングテープを剥がす

d0351435_08483182.jpg

7 同じ要領で余白にイラストを描くように

ペイントアートを施す

使った塗料


( 紅梅色・RAW UMBER )

d0351435_08483123.jpg

完成です!

予め構図を考えておくと作業がスムーズですが、

見切り発車するのもよし。

デザインを考えず描くこどもの絵は芸術的です。

何も考えずただただ色を重ねていくだけでも、

世界にひとつだけのアートボードができあがります。

d0351435_08523238.jpg

帰省前に買った蓮の実が帰省後に

ツートンドライになっていました。

垂れ下がった首もいいね、アーチスティック!

d0351435_08523289.jpg

マスキングテープでラインを作って

ペイントするアートボード、

秋のギャラリーコーナー作りに是非お試しあれ^^








by pinkpinkolife | 2016-08-29 09:18 | ハンドメイド | twitter | facebook
d0351435_18004313.jpg

今日はとってもとっても簡単!

なのに

壁面ディスプレイがあっという間に完成する

壁掛け飾り棚の作り方をご紹介します^^

d0351435_18004395.jpg

暇を持て余している壁面があれば

是非ともお試し下さい!

軽量なので賃貸壁でも気軽に試せます ☆

d0351435_18004300.jpg

作業時間も驚きの3分DIY☆

ペイントする時間を除けば

インスタント麺タイムで完結です!

今日の材料はコチラ


d0351435_18062226.jpg

・ 板 

・ プッシュピン

板はすのこ板を解体したもので、

プッシュピンはセリアの

ウッドプッシュピン カードホルダー付です。

--------------    作り方   --------------

d0351435_18062225.jpg

1 ステイン剤を塗布する

使った塗料


d0351435_18062167.jpg

2 板とプッシュピンを接着する

d0351435_18100122.jpg

3 プッシュピンを壁に差し込み、

ラックを固定する

d0351435_18100185.jpg

完成です!

お気に入りの小物を並べると

花が咲いたように壁面が潤います^^

d0351435_18114199.jpg

ポイントはプッシュピンを板の両端から

5mm ほど内側に固定すること。

たったこれだけで見栄えが大きく変わる

5mmの法則です^^

d0351435_18114130.jpg

さらに板の横幅サイズにカットした

工作板を垂直に接着してアレンジ☆

d0351435_18153594.jpg


工作板がストッパーの役割をしてくれるので、

ポストカードが滑り落ちる心配もありません。

これもまた、

内側5mmがお約束 ☆

d0351435_18153532.jpg

単純なラインで構成されているので、

見た目もシンプルで無駄がありません。

どんな雑貨もウエルカム ♪

d0351435_18214407.jpg

すのこ板も

工作板も

ウッドプッシュピンも

簡単DIYにアレコレと使える

お手軽アイテムです!

是非お試し下さい^^

ウッドプッシュピン関連記事
-ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー







by pinkpinkolife | 2016-08-17 18:36 | ハンドメイド | twitter | facebook
d0351435_08211894.jpg

半透明ラベルの作り方で

昨日ご紹介した夏のサマーツール、

「 くもりガラススプレー 」。

使い方のアイデア次第で

さまざまな質感を表現することができるんです。

例えば

スプレー前にささっとひと工程加えると、

表面が氷結したようなフロストガラスを

作ることだって、できちゃうんです^^

d0351435_08211876.jpg

うっすらとくもりがかった容器の中に見える

ドライフラワーや小物がなんとも神秘的。

表面のマットな質感が落ち着いた雰囲気で、

アンティークな装いにもぴったりです。

d0351435_08211893.jpg

ガラス越しにふんわり・・・

幻想的な灯りはおもてなしキャンドルにも♪

思わず触ってしまいたくなるフロストガラスは

女子会の雰囲気作りにもぴったりなアイテムです。

アイデア次第でさまざまな表情を

作り出すことができるくもりガラススプレー。

暑い夏、ひんやりと見た目も涼しげな

フロストガラス、是非お試しください^^

今日紹介した フロストガラスの作り方は

日刊住まいsumaiの連載で詳しく

紹介していますので、是非そちらもご覧下さい。



d0351435_08372023.jpg







by pinkpinkolife | 2016-08-13 07:20 | ハンドメイド | twitter | facebook
d0351435_13063858.jpg

今日は空き瓶に

辛口アイテムをピリっと効かて作る

ビンテージ風ガラス瓶の作り方をご紹介します^^

d0351435_13063904.jpg

材料費はわずか数10円 ☆

作り方もとっても簡単です!

d0351435_13063895.jpg

今回の主役、

無骨さ満点の工業系アイテムはコチラ


d0351435_13172288.jpg

・ホースクランプ

ホームセンターなどで売られている

配管用のパーツです。

大、中、小、さまざまな大きさがあり、

ひとつ100円前後で購入することができます。

d0351435_13172239.jpg

バンドを調節できるので、

内径を拡げたり縮めたりできます。

側面のエンボスナンバーも素敵ッ!!

d0351435_13172222.jpg

空き瓶インテリアで一番見せたくないのが

蓋を取った時に見える、螺旋状のネジ部分。

これが表に出ちゃうと、なんだか

空き瓶ぽさが丸出しになっちゃうんですよね。

空き瓶のそのチープさを払拭するために、

このネジ部分をやっつけちゃいます。

ポイントはそれだけ!

d0351435_13351558.jpg

バンドの長さを調節したクランプで

瓶口をカバーすると、このとおり!

これだけでもチープなイメージから随分離れましたが、

今回はこのクランプをペイントして

さらに、かっこよく ・・・ !

ビンテージ風のガラス瓶にアレンジします^^

--------------    作り方   --------------

d0351435_13351570.jpg

1 黒く塗る

使った塗料


d0351435_13391332.jpg

2 茶系の塗料でまだらに着色する

使った塗料


d0351435_13391391.jpg

3 ゴム手袋にシルバー系の塗料を付着させ、

半乾きになった塗料をクランプに移着させる

使った塗料


d0351435_13424698.jpg

4 (3)と同じ要領で白の塗料で

汚し加工を加える

アイアン風シルバーペイントが完成です!

d0351435_13424656.jpg

(3)の工程を省き水性ステイン剤を

ゴム手袋で付着すると、

赤銅のような重厚な質感が表現できます。


d0351435_13473941.jpg

アイアン風ペイントのポイントは

筆を使わず、ラフな汚れ加工を施すこと。

スポンジやゴム手袋などを使って

塗料をランダムに付着させることで、

経年で風化して作られた自然な錆感を

表現することができるんです。

d0351435_13520840.jpg

アイアン風ペイントしたクランプを

瓶口にはめ込めば完成です!

( 塗料が硬化してしまうとバンドが固定されてしまうので、

バンドの長さはペイント前に調節しておきます )

d0351435_13520807.jpg

ネジ部分を隠すことで、

空き瓶のチープな印象が一切なくなりました^^

d0351435_13554549.jpg

無色透明なガラス瓶ももちろんですが、

アンバーカラーのガラス瓶では

より一層の変化が感じられます。

工業系インテリアとの相性は抜群ですよ ♪

クランプでカバリングする空き瓶リメイク、

是非お試し下さい^^

関連記事



by pinkpinkolife | 2016-08-08 07:03 | ハンドメイド | twitter | facebook
d0351435_06431815.jpg

ウッドトレイのコンポート。

神輿仕立ての4本脚が

チャームポイントです^^

before


d0351435_06431863.jpg

スタンド部分には

倉敷の古道具屋さんで購入した

民芸品を使いました。

d0351435_06431925.jpg

パートナーには家で眠っていた

ウッドプレートを抜擢。

d0351435_06482368.jpg

瞬間接着して

d0351435_06482390.jpg

完成!

瞬きせずに作れちゃう

10秒リメイクです^^

d0351435_06482319.jpg

いい脚してる ~ ^^








by pinkpinkolife | 2016-08-06 09:17 | ハンドメイド | twitter | facebook
d0351435_06211947.jpg

今日はフラワースタンド をアレンジしてつくる

壁掛け立体フレームをご紹介します^^

※フラワースタンドは7月25日の記事をご覧下さい

d0351435_06211934.jpg

壁を装飾すると目線がそちらに

向かうので、部屋の中の視野が広がり

空間が広く感じられます。

フレームやショーケースを並べて

動きのあるレイアウトをすると

プチ美術館気分^^

d0351435_06211946.jpg

before

台座に木枠を垂直に固定した

試験管立てのスタンド部分です。

※ 作り方はコチラ

d0351435_06361397.jpg

d0351435_12090472.jpg

向きや色、見方を変えてみると

さまざま用途が見えてきます。

d0351435_06361300.jpg

フレームに空き缶の蓋を接着させて

小物のステージに。

枠内にトリミングされた

小さな世界が絵画のようにも見えます^^

d0351435_06473689.jpg

フレーム内側にヒートンを

取り付けると吊り下げも可能になり、

より動きのある空間ディスプレイが楽しめます。

d0351435_06473646.jpg

簡単木工でつくる

試験管スタンド&立体フレーム

是非お試しください^^








by pinkpinkolife | 2016-07-26 07:20 | ハンドメイド | twitter | facebook
d0351435_12090472.jpg

夏も真っ盛り!

皆さんはどのような夏インテリアを

楽しまれているのでしょうか^^

我が家は夏といわずオールシーズンですが、

ガラスこそが涼のキーワードです。

ガラスの透明感ある涼しげな佇まいは

部屋のどの部分においても

クリーンで開放的。

夏のインテリアに取り入れるなら

やっぱりガラスでしょう♪

d0351435_12090431.jpg

ガラスに何を入れるかと問われれば、

草花を連想される方も多いのではないでしょか。

ガラス


草花 ・・・

今回は清涼感のあるガラス容器に

季節のグリーンや花を添えることのできる、

大人可愛いフラワースタンドを作りました^^

d0351435_12262864.jpg

ホームセンターで

材料を揃えたならば ~

d0351435_12320207.jpg

あっという間に完成!

品格のあるマットブラックな質感と

スレンダーなガラスの試験管の

組み合わせがスタイリッシュな

フラワースタンドができあがりました^^

ちなみに試験管はセリアのもの。

試験管はホームセンターの実験器具コーナー

の商品棚にも並んでいるので、

是非チェックしてみて下さい!

ビーカーや漏斗など、

ラボインテリアに使えるアイテムが

たくさんありますよ^^

d0351435_12364540.jpg

試験管を逆さにして

ドライフラワーを閉じ込めると、

秋冬にもぴったりな

標本風スタンドに早変わり!

オールシーズン活用できる

大人可愛いシックなフラワーベースは

Pacoma Web で詳しい材料、作り方を

紹介していますので、そちらも是非ご覧下さい。




d0351435_13173741.jpg

by pinkpinkolife | 2016-07-25 06:45 | ハンドメイド | twitter | facebook