カテゴリ:ハンドメイド( 342 )

| twitter | facebook
d0351435_05464206.jpg

今日は塗るだけで簡単☆スグデキ!

鉄や金属のような質感が簡単に作れちゃう

魔法の塗料をご紹介します^^

d0351435_05464313.jpg

木材だけでなく紙やプラスチック、ガラスなどにも

ペイントできる水性塗料


つい先月発売されたばかりの

ターナーさんの新商品です!

d0351435_05464232.jpg

DIYツールは今やインテリア雑貨に引けを取らない

おしゃれな時代です。

DIY専門ショップも増え、従来使われていた

日曜大工という言葉も耳にすることがなくなりました。

日曜どころかDIYは年中、年々新しい形で進化しています。

塗料容器だって、

こんなにおしゃれな時代なんです!!

d0351435_06331786.jpg

容器のデザインも一昔とは違い、とっても使いやすい!

開けにくい塗料缶の蓋にストレスを感じたことの

ある方もいらっしゃるのでは?

アイアンペイントは瓶の蓋を開けるように

開閉がとてもスムーズです。

ボトルは8角形になっていて、手から滑りません。

d0351435_06331739.jpg

溶液はドロリとしていて、

見るからに着色部分がよく伸びそう。

実際に塗料を塗布してみます。

d0351435_06451184.jpg

筆を滑らせて塗布したものと

スポンジで叩き塗りしたものを比較してみました。

d0351435_06451059.jpg


予め凹凸をつけたもの上にも塗布しました。

d0351435_06474742.jpg

左 ・・・筆 

メッキのような滑らかな光沢

中央 ・・・ スポンジ

ざらつきのあるアンティークな風合い

右 ・・・ プラスターメディウム+スポンジ 

立体感のある金属質感

塗り方によって質感が変わって見えます。

d0351435_06551772.jpg

カラーバリエーションは全6色

d0351435_06580104.jpg

アンティークゴールド アンティークブロンズ アイアンブラウン 

ライトゴールド アイアンブラック アンティークシルバー 

d0351435_08174290.jpg

そしてシリーズにはマルチプライマーも登場!

定着剤は水を弾いてしまう素材の塗装面には必須です。

乳白色でトロリとしたボンド液のようなマルチプライマーは、

やわらかく、まろやかな溶液です。

使い方はとっても簡単、

塗装前にひと塗りするだけ。

d0351435_08253646.jpg

例えばこんなステンレス製の容器とか。

定着剤なしでも塗装できますが、

水に濡れたり擦れたりすると、塗膜が浮いたり

塗装面が剥がれたりしてしまいます。

それを未然に防いでくれるのが、このマルチプライマー。


実際マルチプライマーを塗って塗料の定着をよくさせて

おいた容器にアイアンペイントを塗ってみますよ。


d0351435_08252652.jpg

外面にライトゴールド、内面にアイアンブラックを

スポンジで叩き塗りしました。

d0351435_08252768.jpg

容器の縁や角のところどころラストメディウムを

少量付け加えたら

d0351435_08321179.jpg

あっという間に金属テクスチャが完成です!

ザラザラとした質感が実にリアルです。

d0351435_08324156.jpg

ざらついた質感が魅力のアイアンアイテムは

インダストリアルなインテリアにもぴったり!

部屋の雰囲気を一気に盛り上げてくれます。

d0351435_08444437.jpg

おしゃれなパッケージにDIY熱が上昇し、

手軽に開閉できるボトルデザインに感動し、

そしてリアルなアイアンテクスチャに大満足!

ハードテイストがお好みのペイントマニアさんには

得にオススメです☆

塗るだけで簡単に金属のような質感が表現できる

ターナーアイアンペイント。

是非お試し下さい^^

d0351435_08444375.jpg

あともうひとつお知らせです☆

ターナーさんが提案するDIY専用サイトができました!


商品情報やHow To はもちろんのこと、

ワークショップやブログなど、

ターナーファンの皆さんには特にお得な情報が満載です!

そちらも是非ご覧になってみてください^^








by pinkpinkolife | 2016-11-14 08:01 | ハンドメイド | twitter | facebook
d0351435_14462081.jpg

今日は壁面を楽し可愛く彩ってくれる

コラージュパネルの作り方をご紹介します^^

d0351435_14461938.jpg

壁だけでなく雑貨のステージなど、

平置き使いにもオススメです。

d0351435_14461299.jpg

ピンクとブルーの組み合わせは

キッズルームにもぴったり♪

パッチワークした色の上に英字や茶染みの

アンティーク加工を施し、渋みもプラスしました。

大人かわいい要素が加わると、

シャビーなインテリアにもほどよく馴染みます。

今日の材料はコチラ


d0351435_14550944.jpg

紙箱の蓋

--------------    作り方   --------------

d0351435_14550918.jpg

1 ペイントする。

マスキングテープで境界をつくって

色のブロック分けをする

d0351435_14550801.jpg

使った塗料


( ピスタチオグリーン・アンティークコーラル
・ヘンプベージュ・クリームバニラ )

d0351435_14593625.jpg

2 古紙を貼る

d0351435_14593677.jpg

3 コーヒー液を染み込ませたマスキングテープを貼る

※ マステテクスチャの作り方はコチラ

d0351435_15020646.jpg

4 コロコロペイントする

※コロコロペイントはコチラ

d0351435_15020530.jpg

写真上 コロコロ前

写真下 コロコロ後

d0351435_15032215.jpg

5 セリア転写シールでグラフィックを加える

d0351435_15032194.jpg

完成です!

コロコロペイントとマステテクスチャのダブルペイント!

くすんだオールドカラーがなんとも味わい深い、

アーチスティックなコラージュパネルができあがりました。

d0351435_15040057.jpg

ガーリーなポストカードやグリーンにも

やさしく同調します^^

d0351435_15040153.jpg

今回は蓋をペイントしてパネルにしましたが、

箱の本体も同じようにペイントすれば

ギフトボックスにもぴったり♪

d0351435_15040086.jpg

霧のようなノイズを表現できるコロコロペイント、

下地を見せつつアンティークな味わいを加えれる

マステテクスチャ。

作業中には楽しい発見が沢山あるので、

実験感覚で是非お試しください^^








by pinkpinkolife | 2016-10-26 07:14 | ハンドメイド | twitter | facebook

ペイント実験室

d0351435_05075218.jpg

キャンドゥのお掃除グッズコーナーのところで

ハッとして

グッときて

パッと目覚めました。

d0351435_05075259.jpg

今回はこれでペイントできるかどうかを実験してみます。

ザ・コロクリーナー!

d0351435_05075254.jpg

ローラーの横幅にカットした布を

粘着テープに一周させます

d0351435_05152007.jpg

表面に塗料を塗布します

d0351435_05152067.jpg

コロコロします。

そうすると毛羽立ちのところだけ着色され、

霧のような細かい模様ができあがりました!

d0351435_05225115.jpg

(古い)タオル・ガーゼ・ボディースポンジ

それぞれどのようなテクスチャができるのか試してみます

d0351435_05225047.jpg

上 ボディースポンジ

目が粗く吸水性が低いので、表面にのった塗料が

のっかった状態でペイントされました。

ガラスの上で水がはじいたようなかんじ。

着色部分が浮き上がったようになりました。

中 (古い)タオル

表面に薄く塗布してペイントすると、

起毛部分に付いた塗料が細かな点を形成してくれ、

かすれたような風合いを表現できました。

表面にべっとりと塗料を塗布してローラーすると、

ベタ塗りすることもできます。

下 ガーゼ

目が細かく吸水性のよいガーゼは塗料をたっぷり吸い込み、

まだら模様はほとんど作れませんでした。

ベッタリ。

以上、それぞれの結果になりました。

今回は布を使ったローラーペイントを試してみましたが、

スポンジや筆では表現できない、かすれやまだらなどの

ラフなテクスチャを作ることができました。

布だけでなく、段ボールのフルート(波部分)や

梱包材のプチプチなどを使っても面白いパターンが

作れるかもしれません^^

d0351435_05151901.jpg

ペイント作業が終わったら、粘着テープから

布を剥がせばおしまい!

テープに繊維が多少残りますが、

吸着する間は何度でも使えます。

コロクリーナーを使ったローラーペイント、

楽しいので、是非お試しください^^


そして今日はもうワンアイデア!

コラージュやアンティークな風合い作りに重宝する

マスキングテープテクスチャの作り方をご紹介します。

d0351435_05524244.jpg

クリアファイルにマスキングテープを貼りまして

d0351435_05524254.jpg

コーヒー液を指先で伸ばしながら着色します

d0351435_05524154.jpg

乾燥後

コーヒー液がテープにじんわりと染み込み、

濃淡のある茶染みを作ってくれます

d0351435_05573282.jpg

クリアファイルからテープを剥がして

そのまま使えます。

d0351435_05573229.jpg

ローラーペイント&マステテクスチャを

活用した作例は明日またご紹介します^^

コロコロするだけで、

簡単 ☆ スグデキ!








by pinkpinkolife | 2016-10-25 06:20 | ハンドメイド | twitter | facebook
d0351435_13090592.jpg

今日はホームセンターで見つけた建築用器具を

ペイントして使う、アイデアレシピをご紹介します^^

d0351435_13090448.jpg

このフォルムを見てあっと思った

ホームセンターマニアの方も多いのではないでしょうか^^

余計なものを加えずとも貫禄のあるこの佇まい、

デスクに置いておくだけで存在感抜群です。

ペイント前の姿はコチラ


d0351435_13190842.jpg

商品名はスチール束(ニュージャッキー)、

床束として使われる建築用の器具だそうです。

ゴム版が付いていましたがはずして使います。

d0351435_13190873.jpg

今回最大のペイントポイントは

ウッド風ペイント!

スチール材を絵の具を使って木のような質感に仕上げます!

--------------    作り方   --------------

d0351435_13190879.jpg

1 ベース色を塗る

2 脚の部分に茶系のアクリル絵の具を塗る

使った塗料



d0351435_13263262.jpg

3 (2)で塗った茶より少し明るめの茶系絵の具を

乾いた筆先で筋を入れるようにして掃塗りする

使った塗料


d0351435_13263216.jpg

4 水溶きした黒い絵の具をティッシュペーパーで

伸ばすようにして着色する

使った塗料


d0351435_13294616.jpg

5 ステイン剤をゴム手袋で塗布する

使った塗料


d0351435_13294681.jpg

6 上下の部分にもゴム手袋についたステイン剤を

少量だけ付着させる

d0351435_13351289.jpg

完成です!

上下どちらの向きでも使えます。

d0351435_13351376.jpg

プレートの穴を利用すると筆立てにも。

ドライフラワーを立て掛けてもおしゃれ^^

d0351435_13351221.jpg

プレートの面積が広いので、

他のアイテムと組み合わせて使うこともできます。

d0351435_13400227.jpg

個性的なフォルムは小物のステージなど、

オブジェ使いとしてもぴったり。

d0351435_13400230.jpg

ツールスタンドやインテリアオブジェにも活用できる

スチール束はホームセンターで300円ほどでした。

週末ホームセンターパトロールする予定がある方は

是非チェックしてみてください^^







by pinkpinkolife | 2016-10-07 06:46 | ハンドメイド | twitter | facebook
d0351435_10500093.jpg

ステーショナリーが好きです。

テーブルの上や引き出しの中に並ぶ

ポストカードやマステ、色とりどりのペン類、、、

見ているだけで心トキメキます*^^*

d0351435_10500087.jpg

こどもの頃から文房具が大好きで、

えんぴつやけしごむやノートを

勉強机の引き出しに溢れるほど溜めていました。

使うためでなく、

持っているだけで満足なんです。

アラフォーになった今でも変わらず文房具収集は続いていて、

カード類やシール、最近は付箋までもが可愛くって、

無意味な大人買いをしてしまっている次第です。

そんな文房具マニアなところもちゃっかりと

受け継いでいる娘は私以上の文房具好き。

さくらんぼさんの文房具屋ショッピングは、

とにかく長いんです!

2.3時間なんて余裕で(よく腰が痛くならないもんだ)

母は文房具屋待ちぼうけを食らうことも多く、

最近は文房具より文房具屋さんの什器や備品に

興味津々なのであります。

例えばカラフルなペン類を並べているひな壇型の

アクリルディスプレイケースとか、

中のものが一目でわかるクリアな収納っていいね。

鉛筆選びをしている娘の横で母はそんなことを考え、

家に帰って早速作ってみました^^

d0351435_10581379.jpg

あっという間にできてしまいました(笑)。

ですが侮ることなかれ、

実はこの収納ラックにはしかけがあり、

組み方次第でさまざまな用途に対応する

変形クリアケースラックなんです!

d0351435_10500042.jpg

開放感と清潔感のあるクリアケースは、

ステーショナリーだけでなく、

キッチンなどでも使える優れもの。

しまい込むとつい忘れてしまうので、

収納はインテリアの一部として楽しみながら管理します。

d0351435_11253426.jpg

作り方はとっても簡単!

私のようにガッツリ木工が苦手な

DIY初心者さんでもあっという作れちゃうので

是非お試しください^^

Pacoma Web で詳しい材料、作り方を

紹介していますので、そちらも是非ご覧下さい。


d0351435_11294994.jpg


by pinkpinkolife | 2016-10-01 05:39 | ハンドメイド | twitter | facebook
d0351435_10424829.jpg

川辺で拾ってきた小石をボードに並べて

思い出パネルを作りました。

d0351435_10424893.jpg

チビチビサイズの小石を

ボードにレイアウトして

d0351435_10453498.jpg

接着剤でくっつけるだけ~

d0351435_10465287.jpg

プッシュピンにパネルを引っかければ完成!

ちなみにパネルは

セリアのブラックボードをペイントしたもの。

d0351435_10453465.jpg

立体的で温かみのある思い出パネルになりました。

エメラルドグリーンに輝く天川村の風景が

目に浮かびます^^

*

エキサイトブログ「 ピックアップブロガー 」で

インタビュー記事が公開中です!








by pinkpinkolife | 2016-09-25 08:57 | ハンドメイド | twitter | facebook

インテリアパネル

d0351435_14110515.jpg

クレヨンアート最終日です^^

今日はアンティークなポストカードを

簡単☆スグデキ!

d0351435_14110596.jpg

パネルにはセリアのコレクションボードを使っています。


パネルの中央にポストカード大の長方形を描いて

内側を白と山吹色で塗り、

水を含ませた綿棒でこするようにして定着させます。

使った画材


d0351435_14110552.jpg

長方形の少し内側をマスキングテープで囲み、

コーヒー液を枠内に染み込ませます。

クレヨンは油性なので水をはじきますが、

濃度の濃い溶液をティッシュで押さえつけるように

すれば、うっすらと着色することができます。

d0351435_14221732.jpg

コーヒー液が完全に乾いたら

マスキングテープを剥がします

d0351435_14224517.jpg

はみ出たクレヨンの輪郭を背景色で

塗りつぶします

d0351435_14243476.jpg

セリアの転写シートでグラフィックを加え、

切っ手を貼ったら完成です!!

相性が悪いと思われている水と油ですが、

試してみなきゃわかんない、

いい滲み具合で味わいのあるイラストが完成しました^^

d0351435_14284986.jpg

なんちゃってイラストレーター気分でつくる

秋のインテリアパネル。

是非お試しあれ ~ ♪








by pinkpinkolife | 2016-09-17 07:11 | ハンドメイド | twitter | facebook

クレヨン画

d0351435_13360037.jpg

今日もなんちゃってイラストレーター気分で

部屋に飾るイラストボードを作ります^^

今日のモチーフはメディソンボトル☆

使った画材

 おこめのクレヨン

d0351435_13360099.jpg

クレヨンと綿棒があれば

簡単☆スグデキ!

輪郭さえ描いてしまえばあとは

塗り絵をするだけなので、

絵を描くのは苦手という方も是非お試しください^^

d0351435_13391710.jpg

オレンジと茶色と黒のクレヨンでアンバーガラス、

ボトル中央には淡水色でラベルの色を塗ります。

d0351435_13391725.jpg

ラベルのグラフィックはセリア転写シートに頼ります。

絵の中にタイポグラフィーを加えると

たちまち それっぽく なります!

シートを完全に定着させたら

付属棒で印字部分をこすってところどころを削ります。

d0351435_13391775.jpg

最後はクレヨン画の輪郭を塗りつぶし、

イラストの境界をはっきりと浮き上がらせます。

d0351435_13473361.jpg

before      after

クレヨンのはみ出た輪郭をフラットにするだけで、

完成感がグンと上がります☆

d0351435_13473327.jpg

シンプルなシルエットに

ガツンと力強いタイポを加えると

カフェ風に仕上がるのでキッチンにもオススメ!

d0351435_13473328.jpg

木彫りのスプーンにはタグを添えて。

クレヨン画はラフな気分で挑むのが最大のポイントです!

丁寧に仕上げようと思うとプレッシャーになるので、

潔く、大胆に^^

* なんちゃってイラストの心得 *

1 下書きの輪郭は適当に書く(大きささえわかればよい)

2 クレヨンは豪快に厚塗りする

3 水を含ませた綿棒で色をのばして定着させる

4 描写はつけすぎない

5 クレヨンのはみ出た輪郭線を背景色で塗りつぶす

6 市販のグラフィックシートでデザインを加える

線は歪んでいるほうがかわいいし、

色もにじんでいるほうが味わい深く仕上がります。

描き出すと手が止まらなくなってしまうくらい

簡単に描けちゃうクレヨン画、是非お試しください!








by pinkpinkolife | 2016-09-16 06:48 | ハンドメイド | twitter | facebook

美術の時間「 りんご 」

d0351435_11165155.jpg

赤は秋の色。

あかとんぼも夕焼けも紅葉も、

りんごの旬も秋からですね。

今日は懐かしの学生時代にワープ!

美術の授業を思い出して

りんごの絵でも描いてみませんか^^

d0351435_11165232.jpg

ボードにはセリアのコレクションケースを使いました。


使った画材


d0351435_11165169.jpg

色鉛筆で輪郭を描いたら内側を

赤のクレヨンで塗りつぶします。

盛り上がるくらい、厚塗りします。

下書きは書きすぎないほうが

味わいのある絵に仕上がりので、

適当に。

りんごならまるっと輪郭をとるだけでOK。

d0351435_11365456.jpg

水を含ませた綿棒でクレヨンをこすって

まんべんなく色を伸ばします。

d0351435_11455385.jpg

黄色と白のクレヨンで上下に線を描き、

綿棒で色を延ばしてぼかします。

d0351435_11474935.jpg

茶色とオレンジのクレヨンでツルを描き、

さらに白のクレヨンでハイライトを入れます

d0351435_11483478.jpg

りんごの絵が完成しました

d0351435_11483402.jpg

そして

ここでワンポイント☆

はみ出たクレヨンの輪郭をパネルと同色で

モチーフを囲むように塗りつぶします。

d0351435_11483426.jpg

輪郭をフラットにすることで、

モチーフが浮き上がったように見え、

切り絵のように見せることができるんです。

描写をつけすぎるとリアルになるので

描く時間は30分と決めて

気負わず思い切って描くのがポイント!

こども達の絵が魅力的に見えるのは

そんなラフな気分ちを表現するのが

得意だからかもしれませんね。

あともうひとつ、

モチーフと背景には反対色を使うのがオススメです。

赤と緑は補色ですが、この2色を対比させることで

お互いの色が引き立ち合い、輪郭もはっきりするんです。

d0351435_13231484.jpg

部屋の中に自作のイラストがあると自分だけでなく

周囲の気分も盛り上がるもの。

クレヨン画を部屋に飾ってみると

こどもたちが早々に反応してくれました。

嬉しいですねー^^

皆さんも是非、秋の夜長にお絵かきしてみて下さい☆








by pinkpinkolife | 2016-09-15 07:04 | ハンドメイド | twitter | facebook
d0351435_11364721.jpg

今日は昨日に引き続き

親子DIYペイントでつくるお片付けボックスをご紹介します^^

d0351435_11364785.jpg

色を塗った紙箱キャンバスに

てのひらえのぐ しろくまくんでフィンガーペイントを

施してつくったキッズアートな作品。

d0351435_11431627.jpg

紙箱二面にパンチで穴を開け、

紐を通せばバック型ボックスが完成です!

d0351435_11431532.jpg

こどもならではのパワフルな色使い、

モチーフも構図もなく表現された自由な世界は

なんだか羨ましくさえかんじます。

d0351435_11504757.jpg

自分が描いた絵が実用アイテムとして使われるのは

こどもたちも嬉しいことです。

母子の合作だから、母も、嬉しい^^

d0351435_11504799.jpg

持ち運びもできるバック型なので、

お買い物ごっこにも活用できます。

d0351435_11504719.jpg

フックにひっかけておくと

おちゃめな佇まいに思わず顔がにやけちゃう^^

d0351435_11542969.jpg

おもちゃはもちろんのこと、

単行本の収納などにも。

d0351435_11542891.jpg

敬老の日におじいちゃんおばあちゃんに

孫の手作りバックをプレゼントするのもオツですよ。

こどもの描く絵はそれだけで宝物。

親子DIYペイントでつくるお片付けバック、

こどもの成長の記念にもなるので是非お試しください^^








by pinkpinkolife | 2016-09-13 06:55 | ハンドメイド | twitter | facebook