カテゴリ:ハンドメイド( 340 )

| twitter | facebook
d0351435_23074387.jpg

作業部屋の材料箱をひっくり返して見つけた

掘り出しモノ^^

d0351435_23074377.jpg

組み合わせてみると実はぴったり賞だった

プチプラリメイク雑貨です^^

d0351435_23074339.jpg

・ウッドプレート(多分ナチュキチ)

・木製スタンド(キャンドゥ)

d0351435_23113246.jpg

1 それぞれにペイントする

使った塗料


d0351435_23113264.jpg

2 プレートの裏面に木製スタンドを接着する

d0351435_23151597.jpg

わずか2工程で完成!

ブラウンとブラックの定番カラーで

どんなインテリアにも馴染む

脚付プレートができあがりました^^

d0351435_23150043.jpg

スタンドプレートには高さだけでなく、

上にのせたものを格上げさせる力があります。

お立ち台とは、そういうもの^^

d0351435_23212328.jpg

おもてなしトレイにもぴったりのサイズ。

今度ママ茶会で使ってみよっと^^








by pinkpinkolife | 2017-03-31 06:46 | ハンドメイド | twitter | facebook
d0351435_14031313.jpg

今月発売されたばかりの


今日は屋外使いもできるこちらのシリーズの

カラーバリエーションをご紹介します^^

花畑を連想させる豊富な色揃えに

ウキウキとした明るい気分になりますね!

d0351435_14031358.jpg

落ち着いた色でインテリア使いにも

ぴったりなベーシックカラーと

ハッと目を引く鮮やかな色味で草花を引き立てる

アクセントカラーの全14色。

どの色を選べばいいか迷ってしまいますが

ご安心ください!

ガーデン用に作られた色なので草花との相性はバッチリ☆

どの色を選んでも間違いありません^^

d0351435_14031274.jpg

ただ部屋の中とは違い、まざまな色で溢れている屋外では

明るいトーンは周辺色に負けてしまうことがあります。

草花が生い茂っているような屋外で使う場合は

イメージより濃い色を選ぶのがオススメ。

また太陽光に照らされると実際より明るく見えてしまうので、

やはりワントーン暗めの色をチョイスするとバッチリです^^

d0351435_14333901.jpg

こちらはパステル調の優しい色合いで

お部屋使いにもぴったりなベーシックカラー。

ミルキーホワイト、ミルクティーベージュ、

ナチュラルミント、クラウディーブルー、

バタークリーム、チョコレートブラウン、

カントリーオリーブ、モルタルグレー。

d0351435_14333846.jpg

こちらは彩度が高く、屋外でも色味を損なわない

アクセントカラー。

 クランベリーレッド、ミモザイエロー、ジーンズブルー、

アンティークローズ、フォレストツリー、ミッドナイトブルー

d0351435_14382269.jpg

植物の色との相性もありますが、

ミモザイエローやクランベリーレッドのインパクトのある

アクセントカラーは屋外向けでおすすめです^^

ちなみに色を塗ったミニポットは紙コップ。

d0351435_14382182.jpg

アクセントカラーは緑や茶色の多い屋外でも存在感を放ち、

小さな面積でも周辺に飲まれてしまうことはありません。

グレイッシュトーンの柔らかいベーシックカラーは

周辺にごちゃつきのないシンプルな場所に。

白や淡い黄色など、小さな小花を

かわいく引き立ててくれます。

さまざまなシーンに彩りを添えてくれる


ベーシックカラーとアクセントカラーの全14色。

是非春のガーデン作りにお試しください^^








by pinkpinkolife | 2017-03-28 06:46 | ハンドメイド | twitter | facebook
d0351435_15522825.jpg

「 親子で手づくり 素材と道具と作り方カタログ  

2017年春夏号 (フェリシモ出版)

3月2日発売のこちらのカタログに、

親子で楽しめる手作りアイテムを掲載いただいています^^

d0351435_15522876.jpg

誌面ではこどもと一緒に作ることを楽しみ、

暮らしに活用できるハンドメイドアイデアを

ご紹介しています。

d0351435_15522729.jpg

今回提案した製作物は子供が遊び感覚で使えるよう、

見た目もユニークで使い勝手のよいものを考えました。

子供の想像力と発想力を刺激しつつ、

パパやママにも手作りの楽しさをお伝えできれば嬉しいです。

d0351435_16384198.jpg

材料、作り方はカタログをご覧ください。

とても簡単な工作です。

d0351435_16384191.jpg

かわいいトリオが誕生しました(自画自賛)

番号 ~

d0351435_16403495.jpg

いちッ

d0351435_16403310.jpg

にぃッ

d0351435_16403453.jpg

さんッ

d0351435_16412508.jpg

ぱかっと開いたおくちの中におもちゃをポイポイ、

お菓子でもいいよ、

陽気なトリオがなんでも食べちゃう、

ぱくぱくお片づけボックスは100円リメイク^^

d0351435_16412519.jpg

お片付けが苦手な子供でも

ガサッとドサッと放り込める カブトムシカートは

部屋の中をコロコロ動かせる車輪付き!

d0351435_15292964.jpg

角はすべり台になっていて、ミニカーが

箱の中に滑り落ちるしかけになっています。

d0351435_15292850.jpg

ぽんたのいつもの遊び風景から

連想させて作った今回のアイテムは、

おもちゃを兼ねた、お片付けグッズ。

身近に或るモノで簡単に作ることができるので、

春休みの親子工作に是非お試しください^^








by pinkpinkolife | 2017-03-15 06:39 | ハンドメイド | twitter | facebook
d0351435_14520650.jpg

今日はいつもの錆風ペイントをワンランクアップ、

よりリアルに見せる錆風塗装をご紹介します^^

d0351435_14520698.jpg

使う塗料はいつもと一緒。


下地塗りをしてベースを作ります。

錆風テクスチャを作る一番の近道は

このブログでもお馴染みのラストメディウム

塗るだけで簡単に錆の色と質感が表現できちゃう

魔法の塗料です。塗装後は限りなく「錆」なんで、

このラストメディウムの登場ですっかり

アクリルガッシュの出番が減ってしまいました(汗)。

d0351435_14520545.jpg

そしてこのブログでは初登場の


このフレッシュなみかん色が、

渋い赤錆カラーに大変身するんです^^

使うペイントツールはなんと、

はぶらし と 焼き網 

d0351435_15053786.jpg

使い方は簡単で、

はぶらしに塗料をつけて焼き網を磨くように

ブラシを横に滑らせるだけ!

d0351435_15053692.jpg

そうすると弾かれた塗料が細かな粒子になって

散布され、網下のオブジェに付着します。

細かいドットは筆やスポンジでは表現できないため、

この技法は錆テクスチャ作りにもぴったり!

ブラシと金網を使って行うこのテクニックは

絵画で使われるスパッタリングという技法で、

グラデーションを作る時にもよく使われます。

学生の頃、高価で変えなかったエアーブラシの代わりに

よくこの方法でペイントしていたのを思い出し

今回、錆ペイントに応用してみました^^

本来なら専用のぼかし網を使うのですが、

焼き網でも充分、その効果は得られます。

d0351435_15100450.jpg

* スパッタリングする時の注意 *

・ 塗料の粒子が飛び散るので広めに養生すること

・ ブラシに塗料をつけすぎないこと

※ブラシに塗料をつけすぎると

ダマになって落ちてしまいます。

少量を数回に分けて試してみてください。

d0351435_15100392.jpg

サンフラワーオレンジは錆色使いにもぴったり☆

霧吹きで散布したような着色が楽しい

なんちゃってスパッタリングも、

是非お試しください^^








by pinkpinkolife | 2017-03-13 06:46 | ハンドメイド | twitter | facebook
d0351435_13140218.jpg

デジタル化が進むことによって

消えたもの、新しくできたもの、、、

良くも悪くも時代の進化は止まりません。

今私がここで記録しているブログなんかもそうですが、

デジタルデータとネットワークを利用することによって

さまざまな記録や通信が可能になりました。

d0351435_13140277.jpg

みなさん、カメラで撮った写真データを

最後に写真プリントしたのはいつですか?

自慢ではありませんが私はもう10年ほど、

パソコンの中からデータを救出しておりません(汗)。

10年前に印刷したのはたしか近所のカメラ屋さんで、

データを渡して写真が出来上がるのは1日待ち。

アルバム作りが趣味だったこともあり、当時は

一ヶ月に一度のペースでカメラ屋さんに通っていましたが、

撮った写真はその場ですぐ確認でき、データとして長期保存できるため、

定期的に通っていたカメラ屋さんからも

自然と足が遠のいてしまいました。

気付けば10年の年月が経過・・・(汗)。

ああ ・・・

これはきっと便利すぎるデジタル時代のせい。

でも撮った写真はちゃんとプリントアウトして

手に取って、触れて、見てみたい。

悩ましくそう思っていたろころ

d0351435_14202541.jpg

「 そんな時代だから、プリントしようよ ♡ 」

先日ブログの神様からそんなお声がかかったんです・・・。

d0351435_13140258.jpg

「 カメラ屋さんに行かなくても、

いつも使っているアレで、簡単、スグデキ♡ 」

d0351435_14394973.jpg

ブログの神様がそう語りかけてくるので話を聞いてみますと、

カメラ屋さんに行かなくても指一本、

自分操作でぜんぶ完結しちゃう

プリントサービスがあるというではありませんか。

d0351435_14395044.jpg

そのプリントサービスというのは

プリント前までの操作を全てスマホ内で行う

まさに、デジタル時代のイマドキスタイル。

スマホでLINEくらいしかやらない私に

そんな操作ができるのかと不安はありましたが、、、

簡単にできちゃったんです・・・!!

今日はそんな今の時代だからこそできる

写真プリントサービスのアプリと

出力した写真の活用法をご紹介します^^

d0351435_14550377.jpg

かつてはフィルムを使って現像に出していた写真も

時代は移り変わり、今はスマホで写真を撮る時代になりました。

パシャッと保存したお気に入りショットを

d0351435_14550369.jpg

自分好みに編集できる機能まで備わっているんだから、

素人写真もこんなにもフォトジェニック!

色調整やトリミングなんかも全てスマホ内で完結

しちゃうんだから、面白くないわけがありません。

画面上で見るだけでも充分楽しいのですが、

プリントアウトすればまた違う楽しみ方が

見つかるかもしれませんよね^^

スマホで何だってできちゃうこの時代です。

写真のプリントだってアプリを使うと簡単に

できちゃうんです ・・・ !

d0351435_10504599.jpg

スマホで撮った写真をプリントアウトできるアプリはコチラ


Famiポートアプリ


アプリをダウンロードしたら、

写真をプリントできる「ファミマフォト」を使って、

出力までの操作を進めていきます。

私の一押しは赤丸で囲んだ「コメント入り写真」。

d0351435_10504542.jpg

ぽちっとすると

今からカメラで撮りますか、

それとも既に保存している写真で遊びますかと

やさしく問われます。

撮りためている写真が沢山あるので、

今回はライブラリを選択しました。

そうすると今まで保存している写真の一覧が

表示されます。

d0351435_11162062.jpg

プリントしたい写真を選ぶと画面が切り替わり、

このように写真周りに白いフレームが現れます。

このフレーム内では写真を拡大縮小することも可能、

しかもテキストを打ち込むこともできるんです。

「コメント入り写真」は遊びどころ機能が満載☆

( たのしいですよ ~ )

d0351435_11162162.jpg

写真編集を遊び終えたら

画面の操作ガイドに従って次の工程に進みます。

d0351435_11162070.jpg

アップロードが完了した写真にはプリント番号が

割り振られ、フォトキャビネットに保存されます。

スマホで行う操作は以上で、あとはコンビニの

マルチコピー機にプリント番号を入力するだけ!

d0351435_15221035.jpg

スマホ機能を使いこなせていない私にも

簡単にプリントすることができました!

※ ファミマフォトでアップロードした写真は

コンビニ(ファミリーマート・サークルKサンクス)の

マルチコピー機でプリントできます。

これには感激!!

d0351435_15351164.jpg

写真のクオリティーの高さにも驚きですが、

ポラロイド写真風に仕上がるのは嬉しい限り!

記念写真としてだけでなく、

インテリア使いにも、活用幅が広がります。

「コメント入り写真」機能は超オススメ☆

d0351435_15503692.jpg

白いフレームがあるだけでどうしてこんなに

可愛く見えちゃうんでしょうね^^

d0351435_15503607.jpg

ハンギングフォトハンガーは

セリア商品を使ってリメイクしたもの^^

d0351435_15571043.jpg

ウッドピンチで挟んだ写真がゆっくり、

かわいく回転します。

モビール風に吊した子供たちの写真に、

キッズルームも盛り上がります^^

d0351435_15570973.jpg

フックに吊す紐は長さに高低差を出すと、

写真が重なりあうことがありません。

リズム感も出て、空間に動きが加わります。

d0351435_16021306.jpg

お次はこちら。

リボンや立体シールを写真の表面に

おめかしさせたデコフォト。

d0351435_16021361.jpg

ちっちゃな3Dアイテムとのコラボに

思わず目を近づけてしまうアートフォトです。

平面から一歩外に出た、ユニークな写真活用術^^

d0351435_16134716.jpg

シンプルな物取り写真は使い道いろいろ。

背景にごちゃつきがないので、

色も形もプラスアレンジしやすいんです。

d0351435_16134622.jpg

半分に折ったリボンを2枚の写真の間挟むと

d0351435_16183536.jpg

ブックマーカーにも^^

裏表でビジュアルが違うので、

気分や使い道によって2通りの楽しみ方ができます。

d0351435_16183504.jpg

押しピンで壁にリボンを留めれば

カジュアルな雰囲気が楽しめる

フォトカードにも早変わり!

d0351435_16202155.jpg

アイデアも動かす手も止まらないポラ風写真。

不思議なことに写真の周りに余白があるだけで、

雑貨的創作意欲がグンとアップします^^

d0351435_16202013.jpg

そしてプリントした印刷紙は

水に濡れてもインクが滲まないんです!

コーヒー染めもできちゃうので、

活用幅がますます増えちゃうこと請け合いです^^

d0351435_16250389.jpg

ドライフラワーの写真はコーヒー染めにラベルを貼って

フレンチなアンティーク風に。

d0351435_16250394.jpg

横一列に並べた写真の裏面、隣り合う2枚の繋ぎ目に

マスキングテープを留めれば

d0351435_16271701.jpg

ジャバラフォトブックに^^

d0351435_16271783.jpg

折り目の角度は自由に調節できるので

スペースに合わせて長さを調整できます。

d0351435_16294257.jpg

転写シールでグラフィックを加えると

d0351435_16294295.jpg

思わず誰かにプレゼントしたくなる

オリジナルカードが完成!

卒業シーズンの今、

メッセージカードなどにも最適ですね。

出先で撮ったお友達との記念ショットも、

コンビニでコーヒーを買っているうちに

簡単☆スグデキ!

d0351435_16315259.jpg

カメラ屋さんで写真をプリントしてもらっていた

10年前、、、あれから時代は大きく変わりました。

( ちなみにそのカメラ屋さんは5年ほど前に閉店しました )

若い子たちはアプリを上手に使いこなして

あれもこれも全部スマホでやっちゃうんだろうけど、

おばあちゃん世代からすると

写真の編集から出力までが全て手元でできるなんて、

考えられないことでしょうね・・・。

私もおばあちゃん寄り世代なんで(汗)、

時代から取り残されていることは相当多いです。

写真プリントサービスアプリのことも

全く知らなかったので、

「 エキサイトブログとFamiポートアプリのモニター企画 」

今回このモニター企画に参加させていただいたことによって

知っておくと便利な暮らしの知恵を得ることができました。

ブログの神様に感謝です^^

おばあちゃん世代もスマホで簡単☆スグデキ

ファミフォトで写真プリント!

是非お試しください☆








by pinkpinkolife | 2017-02-28 06:46 | ハンドメイド | twitter | facebook

DIYペイントの可能性

d0351435_17071100.jpg

DIYの製作工程で一番好きな作業は何ですか?

私は何を言っても塗装作業、

ペイント LOVE ♡です^^

d0351435_17071122.jpg

塗装剥げや錆などを表現するエイジング塗装、

古びた風合いを表現するアンティーク塗装、

コンクリートやホウロウなどに見せかけるフェイク塗装、、、

塗料の組み合わせや塗り方によって

さまざまなテクスチャを作れるDIYペイントは

自由で、無限の可能性を秘めています。

同じ手順でやっているつもりでも

同じような表情にならなかったり、

新しい発見があったりと、

キマリもなければ終わりもないのがDIYの楽しいところ。

d0351435_17071002.jpg

イメージするテクスチャが作れた時の満足感や達成感は

DIYペイントならでは。

before と after の見た目や雰囲気の違いが大きいほど、

してやったりです^^

例えば今日ご紹介する鉄板風のパネルの

before は コチラ


d0351435_17460275.jpg

・ カラーボード3枚入り (ダイソー)

d0351435_17460223.jpg

カッターでサクサク切ることができる

発泡スチロール板は雑貨作りにぴったりのアイテムです。

d0351435_17515406.jpg

爪やカッターの刃先で表面を削ることができるので、

立体感のある表情を作ることができるんです。

簡単にカットすることができ、

凹凸をつけることができる利点を生かして

作った作例がコチラ


d0351435_17550522.jpg


ボードの表面をところどころ削ってグレイの塗料を重ね塗りし、

コンクリートのような質感を表現した作品です。

d0351435_17561083.jpg

そしてカラーボードは塗料をはじくことなく

吸収してくれるので、塗装剥げの心配もありません。

塗装後の反り返りもほとんどなく、

装飾使いにもぴったりのアイテム。

木材より断然扱いやすいんです。

d0351435_17561172.jpg

さてさて

皆さんペインティングナイフは使ったことありますか?

ペインティングナイフは油絵用に知られている描画材ですが、

水性塗料やメディウム類にも使うことができるんです。

塗料の盛り上げなどの硬質な塗り表現ができるので

凹凸のある質感作りに重宝するペイントツールです。

d0351435_17561043.jpg

ナイフを垂直に切るように滑らせれば、

ラインを入れることもできます。

ペイントツールも発想しだいで使い方は無限大☆

d0351435_18142007.jpg

こちらは水性ウッドステインのアレンジ使い。

ステインは木材に塗布して使うものですが、

塗装面の上に塗布すると光沢をもって染み込むので、

油染みのような汚れ加工に使うことができます。

ウェスに染み込ませたステインを塗装面の上に

うっすらとのばすと、日焼けした茶染みのようにも。

写真右上   ↓

d0351435_18141920.jpg

写真下 ↑


光沢と深みのある新しい色を生み出すこともできます。

d0351435_17460275.jpg

before

d0351435_18272969.jpg

after

d0351435_18273073.jpg

使った塗料




カットしたカラーボードにDIYペイントした

鉄板風パネルが完成しました^^

d0351435_18272939.jpg

パネルは壁に貼って板壁ならぬ

パネル壁としても使えます^^

壁面チェンジでご紹介したいところですが、

今回は100円アイテムと組み合わせて

インテリアパネルを作ります。

d0351435_18384545.jpg

簡単 ☆ スグデキ!

一枚200円で作れちゃうパッチワークパネル、

続きはまた明日 ~ ^^








by pinkpinkolife | 2016-12-26 07:20 | ハンドメイド | twitter | facebook

☆ お知らせ ☆

d0351435_10590005.jpg

おこがましいお知らせですが、

展示会のお知らせです。

d0351435_10590030.jpg

ターナー色彩さんのDIYアドバイザー、

ターナーDIYアンバサダーに就任させていただき、

早いもので1年近くが経ちました。

関連記事


DIYアドバイザー、アンバサダーっていうけど

どんなことをしているの?

そう聞かれてしまうと困ってしまうのですが(汗)、

私の一番大切な任務は

みなさんにペイントの楽しさと可能性を

お伝えするということです。

例えば画材店に並んでいるターナーアクリルガッシュ。

アクリルガッシュは絵画用で知られている画材ですが、

紙だけでなく木材やプラスチックなど

さまざまな素材に
使うこともできます。

調色することでオリジナルカラーを作ることができ、

錆や染みなどのアンティーク加工にも重宝します。

スポンジやティッシュ、ラップ、ビニール手袋などで

施すアクセント使い用途にも欠かせません。

アクリルガッシュは紙の上で使うだけでなく、

筆で塗るだけでなく、その使い方や表現方法は無限大です。

そんな自由な塗装法で作った作例を

ブログで紹介記事にするのも大切なお役目^^

d0351435_11355821.jpg

新商品は何度も試作を繰り返して、

塗装例やアレンジ法などを提案しています。


塗るだけで簡単に錆・鉄風塗装が完成する、

男前DIYには欠かせない革命的な塗料です。

塗料の使い心地や仕上がりなどは実際に

使ってみないとわかりません。

こうすればこうなるという実験や失敗談も含め、

本当におすすめできる塗料と塗装法をご紹介しています。

d0351435_11582954.jpg

100円グッズや廃材を組み合わせた

チープなハンドメイド雑貨も、

塗装するだけで見栄えが大きく変わります。

そして色が変われば使い方も変わり、

物を大切にする気持ちや愛着も自然と芽生えます。

before after の変化が大きく見えるペイントは

DIYの達成感が大きく、そして何より、

楽しいんです^^

可能性に満ちたそんなDIYペイントの魅力を

ブログをご覧下さっている皆さんにお伝えできていれば、

とても嬉しいです。

d0351435_12033906.jpg

ターナーDIYアドバイザー、アンバサダーという大役を

果たせているかどうかわからないのですが、

このたび、ターナーさんのショールームにて

私の塗装作品をいくつか展示して頂いております。

作品展などと呼ばせてもらうにはとてもとても

おこがましいのですが、、、。

d0351435_12061830.jpg

ターナーさんから頂いたお写真で、その様子をちょっとだけご紹介^^

d0351435_12061889.jpg

入り口にはこんなパネルまで用意して下さって

感激ですッ ><

d0351435_12170258.jpg

ショールームの場所は

東京の御徒町近くのJR高架下にある

「ものづくり」をテーマにしたショッ プが立ち並ぶ

2k540」内の



ターナーカラースパイスは

ターナーのペイントが実際に体験できる、

体験型のショールームです。

インテリアや住宅関連のお仕事をされている方から

一般の方までどなたでもお越しいただけるショールームで、

カラーサンプルなども多数用意されております。

その他にもミルクペイントなどのワークショップを

開催していたり、カラ―スパイス内でペイントのワークショップを

してみたいという方のご相談にも対応されています。


d0351435_12170206.jpg


もちろんターナーの塗料販売もしています。

店長が女性の方なので気軽にペイントの

相談をすることができます。


d0351435_12140827.jpg

ターナーさんの商品がズラリと並ぶショールーム、

そんな恐れ多い場所に私なんかの展示場を作っていただき、

ありがたい気持ちを通りこして・・・

申し訳ございません ><

d0351435_12355168.jpg


ペイント好きにはたまらない魅力的なショールームです。

DIYペイントに興味のある方もそうでない方も

是非一度おご覧になってみて下さい^^








by pinkpinkolife | 2016-12-21 09:04 | ハンドメイド | twitter | facebook
d0351435_05482229.jpg

今日はお部屋の中にリズミカルな動きを与えてくれる

バタフライモビールの作り方をご紹介します^^

d0351435_05482253.jpg

作り方はとっても簡単!

蝶型に切り抜いた厚紙に天蚕糸を通し

逆さに吊ったドライフラワーにくくりつけるだけ!

d0351435_05482192.jpg

家にあったクリスタルビーズも一緒に吊しました。

光を受けてキラキラと輝く吊るし飾りは

クリスマスシーズンにもぴったりです^^

--------------    作り方   --------------

d0351435_05580623.jpg

1 画用紙を蝶の形に切り取る

型紙は「プチプラ雑貨本」の素材集の蝶からとりました。

d0351435_05580717.jpg

イラストをプリントアウトした印刷紙に

弱粘着性の両面テープを貼って、厚紙に貼ります。

蝶の輪郭に沿ってハサミをいれ、

切り取れたら印刷紙を剥がします。

d0351435_05580627.jpg

2 スポンジにアイアンペイントをとって

叩くように着色する

d0351435_06041147.jpg

3 蝶の頭部分にプッシュピンで穴を開ける

4 (3)で開けた穴に天蚕糸を通す

5 吊したドライフラワーに天蚕糸をくくりつける

d0351435_06041188.jpg

完成です!

メタル色の艶やかな蝶達が羽を広げ、

まるでお遊戯をしているかのよう^^

d0351435_06094684.jpg

クリスマスの装いにも最適ですが、

ナチュラルで温かみのあるオブジェなので、

スプリングアイテムにもぴったり^^

d0351435_06094792.jpg

胴体の裏面に両面テープをつければ、

羽を休めている可愛い蝶飾りにもなります。

遊び心のあるアクセント使いにもオススメ^^

d0351435_06094679.jpg

アイアンペイントでつくる金属風の蝶オブジェ。

ざらざらとしたノイズと光沢がゴージャスなので、

もとの素材が紙だとは思えません^^

d0351435_06231616.jpg

今日は蝶のオブジェを紹介しましたが、

アイアンペイントで塗装すれば

四角でも三角でも丸でも、

金属風の味わいのあるオブジェが作れます。

材料は厚紙だけなのでお金もかかりません^^

簡単 ☆ スグデキ!

手作りの楽しさと飾る喜びも一緒に味わえちゃう

バタフライモビール、是非お試しください^^








by pinkpinkolife | 2016-11-18 10:40 | ハンドメイド | twitter | facebook
d0351435_05464206.jpg

今日は塗るだけで簡単☆スグデキ!

鉄や金属のような質感が簡単に作れちゃう

魔法の塗料をご紹介します^^

d0351435_05464313.jpg

木材だけでなく紙やプラスチック、ガラスなどにも

ペイントできる水性塗料


つい先月発売されたばかりの

ターナーさんの新商品です!

d0351435_05464232.jpg

DIYツールは今やインテリア雑貨に引けを取らない

おしゃれな時代です。

DIY専門ショップも増え、従来使われていた

日曜大工という言葉も耳にすることがなくなりました。

日曜どころかDIYは年中、年々新しい形で進化しています。

塗料容器だって、

こんなにおしゃれな時代なんです!!

d0351435_06331786.jpg

容器のデザインも一昔とは違い、とっても使いやすい!

開けにくい塗料缶の蓋にストレスを感じたことの

ある方もいらっしゃるのでは?

アイアンペイントは瓶の蓋を開けるように

開閉がとてもスムーズです。

ボトルは8角形になっていて、手から滑りません。

d0351435_06331739.jpg

溶液はドロリとしていて、

見るからに着色部分がよく伸びそう。

実際に塗料を塗布してみます。

d0351435_06451184.jpg

筆を滑らせて塗布したものと

スポンジで叩き塗りしたものを比較してみました。

d0351435_06451059.jpg


予め凹凸をつけたもの上にも塗布しました。

d0351435_06474742.jpg

左 ・・・筆 

メッキのような滑らかな光沢

中央 ・・・ スポンジ

ざらつきのあるアンティークな風合い

右 ・・・ プラスターメディウム+スポンジ 

立体感のある金属質感

塗り方によって質感が変わって見えます。

d0351435_06551772.jpg

カラーバリエーションは全6色

d0351435_06580104.jpg

アンティークゴールド アンティークブロンズ アイアンブラウン 

ライトゴールド アイアンブラック アンティークシルバー 

d0351435_08174290.jpg

そしてシリーズにはマルチプライマーも登場!

定着剤は水を弾いてしまう素材の塗装面には必須です。

乳白色でトロリとしたボンド液のようなマルチプライマーは、

やわらかく、まろやかな溶液です。

使い方はとっても簡単、

塗装前にひと塗りするだけ。

d0351435_08253646.jpg

例えばこんなステンレス製の容器とか。

定着剤なしでも塗装できますが、

水に濡れたり擦れたりすると、塗膜が浮いたり

塗装面が剥がれたりしてしまいます。

それを未然に防いでくれるのが、このマルチプライマー。


実際マルチプライマーを塗って塗料の定着をよくさせて

おいた容器にアイアンペイントを塗ってみますよ。


d0351435_08252652.jpg

外面にライトゴールド、内面にアイアンブラックを

スポンジで叩き塗りしました。

d0351435_08252768.jpg

容器の縁や角のところどころラストメディウムを

少量付け加えたら

d0351435_08321179.jpg

あっという間に金属テクスチャが完成です!

ザラザラとした質感が実にリアルです。

d0351435_08324156.jpg

ざらついた質感が魅力のアイアンアイテムは

インダストリアルなインテリアにもぴったり!

部屋の雰囲気を一気に盛り上げてくれます。

d0351435_08444437.jpg

おしゃれなパッケージにDIY熱が上昇し、

手軽に開閉できるボトルデザインに感動し、

そしてリアルなアイアンテクスチャに大満足!

ハードテイストがお好みのペイントマニアさんには

得にオススメです☆

塗るだけで簡単に金属のような質感が表現できる

ターナーアイアンペイント。

是非お試し下さい^^

d0351435_08444375.jpg

あともうひとつお知らせです☆

ターナーさんが提案するDIY専用サイトができました!


商品情報やHow To はもちろんのこと、

ワークショップやブログなど、

ターナーファンの皆さんには特にお得な情報が満載です!

そちらも是非ご覧になってみてください^^








by pinkpinkolife | 2016-11-14 08:01 | ハンドメイド | twitter | facebook
d0351435_14462081.jpg

今日は壁面を楽し可愛く彩ってくれる

コラージュパネルの作り方をご紹介します^^

d0351435_14461938.jpg

壁だけでなく雑貨のステージなど、

平置き使いにもオススメです。

d0351435_14461299.jpg

ピンクとブルーの組み合わせは

キッズルームにもぴったり♪

パッチワークした色の上に英字や茶染みの

アンティーク加工を施し、渋みもプラスしました。

大人かわいい要素が加わると、

シャビーなインテリアにもほどよく馴染みます。

今日の材料はコチラ


d0351435_14550944.jpg

紙箱の蓋

--------------    作り方   --------------

d0351435_14550918.jpg

1 ペイントする。

マスキングテープで境界をつくって

色のブロック分けをする

d0351435_14550801.jpg

使った塗料


( ピスタチオグリーン・アンティークコーラル
・ヘンプベージュ・クリームバニラ )

d0351435_14593625.jpg

2 古紙を貼る

d0351435_14593677.jpg

3 コーヒー液を染み込ませたマスキングテープを貼る

※ マステテクスチャの作り方はコチラ

d0351435_15020646.jpg

4 コロコロペイントする

※コロコロペイントはコチラ

d0351435_15020530.jpg

写真上 コロコロ前

写真下 コロコロ後

d0351435_15032215.jpg

5 セリア転写シールでグラフィックを加える

d0351435_15032194.jpg

完成です!

コロコロペイントとマステテクスチャのダブルペイント!

くすんだオールドカラーがなんとも味わい深い、

アーチスティックなコラージュパネルができあがりました。

d0351435_15040057.jpg

ガーリーなポストカードやグリーンにも

やさしく同調します^^

d0351435_15040153.jpg

今回は蓋をペイントしてパネルにしましたが、

箱の本体も同じようにペイントすれば

ギフトボックスにもぴったり♪

d0351435_15040086.jpg

霧のようなノイズを表現できるコロコロペイント、

下地を見せつつアンティークな味わいを加えれる

マステテクスチャ。

作業中には楽しい発見が沢山あるので、

実験感覚で是非お試しください^^








by pinkpinkolife | 2016-10-26 07:14 | ハンドメイド | twitter | facebook