カテゴリ:100円リメイク雑貨( 518 )

| twitter | facebook
d0351435_10172531.jpg

扉や引き出しの中にしまい込んでしまうと

あること自体を忘れてしまうので、どの部屋も

ほぼほぼフルオープン状態の我が家。

使用頻度の高いものは全て出しっ放しです。

埃は掃除しちゃえば問題なし^^

d0351435_10172514.jpg

だから作る物も自然とオープンになるわけで、

扉も引き出しもつきません。

d0351435_10172651.jpg

使いたいものをサッと取り出せて、

使い終わったらサッと元の位置に戻せる

楽ちん収納主義。

d0351435_10382814.jpg

前面がオープンタイプの収納ボックスは見た目にも

圧迫感がなく、中のものも確認しやすいのもメリット。

手前に引き出すことができるので、使い勝手も抜群です☆

d0351435_10382862.jpg

天板がないため高さのあるものも収納することができ、

ブックシェルフとして使えます。

仕切りがブックエンド代わりになってくれるので、

本が横倒れしてしまうこともありません。

d0351435_10382843.jpg

作り方はとっても簡単!

ネジも釘も使わない簡単DIYでできちゃうんです^^

切って貼るだけ!!

d0351435_10172514.jpg

オープンスタイルが楽ちんな

仕切り収納ボックスの作り方は

日刊住まいsumaiの連載で紹介しています。

是非お試しください^^


by pinkpinkolife | 2017-02-14 06:46 | 100円リメイク雑貨 | twitter | facebook
d0351435_09554781.jpg

今日は錆びたブリキをイメージして作る

サークルトレイの作り方をご紹介します^^

d0351435_09554767.jpg

経年で広がった錆具合とざらついた質感がリアルな

サークルトレイ。どっしりと落ち着いた存在感で

部屋をインダストリアルな雰囲気に包んでくれます。

d0351435_09554774.jpg

錆風ペイントをする時には平面ではなく

凹凸を加えて段差を出すのがオススメ!

よりリアルなテクスチャを作ることができます。

今回はトレイ側面の上下に段をつくり、

リベットを打ち込んだような形状にアレンジしました。

d0351435_10163299.jpg

白い空間にもダークな空間にも似合う

錆感たっぷりのブリキ風トレイ。

今日の材料はコチラ


d0351435_10163254.jpg

・紙箱の蓋

--------------    作り方   --------------

d0351435_10175589.jpg

1 蓋の側面に厚紙を一周させて貼り付ける

2 厚紙の上にパールシール(セリア)を等間隔に貼る

d0351435_10175469.jpg

3 全面を黒く塗る

4 筆やスポンジを使ってラストメディウム

錆風ペイントする

d0351435_10211176.jpg

5 塗料を混色してブリキ色を作り、

スポンジで叩き塗りする

使った塗料


d0351435_10211272.jpg

下地を完全に塗りつぶしてしまわないように

注意してください

d0351435_10254992.jpg

6 水で薄めた黒い塗料をティッシュで抑えるようにして

叩き塗りする

d0351435_10254809.jpg

7 ラストメディウムで錆具合を調整する

d0351435_10280105.jpg

完成です!

d0351435_10282819.jpg

before

d0351435_10280192.jpg

after

カラーチェンジでイメージチェンジ☆

色が変われば使い方も変わる!

DIYペイントで是非お試しください^^








by pinkpinkolife | 2017-02-13 06:46 | 100円リメイク雑貨 | twitter | facebook
d0351435_18332260.jpg

今日は暮らしに実用できる利便性と

創造の可能性が広がる意外性をドッキングさせた

リメイクアイデアをご紹介します^^

d0351435_18332325.jpg

今日ご紹介するのは

キーフックやアクセサリー収納にも使える

肩幅サイズの壁掛けラック。

ちょい掛けにもとっても便利なんです^^

主役は、上下U型にカーブしたこのフック。

d0351435_18332208.jpg

形を見てピンと来た方もいると思いますが、

今日の材料はコチラ


d0351435_18472334.jpg

・角材

・ バインダー

バインダーは100円ショップのリングファイルから

取りはずしたもの。


--------------    作り方   --------------

d0351435_18472326.jpg

1 角材にバインダーをネジ留めする

d0351435_18560637.jpg

2 角材の裏面にビラカンを取り付ける

d0351435_18560577.jpg

3 ペイントする

使った塗料


d0351435_18575238.jpg

4 水で溶いた黒い塗料をティッシュで押さえ塗りする

d0351435_18575296.jpg

5 ラストメディウムで錆加工する

d0351435_18595127.jpg

6 壁にさしたプッシュピンにビラカンを

ひっかければ完成です☆

d0351435_18595164.jpg

ファイリングに使うバインダーが大変身!

壁面インテリアにも映える

スタイリッシュな4連フックができあがりました^^

今日はバインダーをふたつ使用しましたが、

数を増やせば収容量も増え、

見た目にも存在感のあるフックになります。

紙モノ収納のリングファイルも見方を変えれば

使い道はいろいろ!

ちなみにこちらの一輪挿しもバインダーで作ったもの


d0351435_18542086.jpg


是非お試しあれ ~ ^^








by pinkpinkolife | 2017-01-31 07:10 | 100円リメイク雑貨 | twitter | facebook
d0351435_09385578.jpg

今日は100円グッズにDIYペイントして

簡単 ☆ スグデキ!

アメリカンジャンクな風合いが漂う

ヴィンテージ風バケツの作り方をご紹介します^^

d0351435_09385612.jpg

たっぷり錆加工を施したミリタリーバケツには

ゴールドのグラフィックを加えてちょい悪風^^

ガッツリフォントのタイポを入れると

やんちゃなかんじに仕上がります。

d0351435_09385500.jpg

鈍い光沢と赤錆がシャビーシックなバケツは

経年で劣化したブリキをイメージして。

ロゴは控え目にしてクールに仕上げました。

今日の材料はコチラ


d0351435_09520378.jpg

・ プラスチックバケツ ドット ( セリア )

--------------    作り方   --------------

d0351435_09520334.jpg

1 全面を黒く塗ったた後、ベースカラーを塗る

使った塗料


d0351435_09585442.jpg

2 錆色が欲しいところにスポンジで

ラストメディウムを叩くように付着させる。

色の境界をつける場合はマスキングテープを貼って

境界ラインを作っておく。

d0351435_10025575.jpg

3 ラストメディウムが乾いたらテープを剥がす

d0351435_10032163.jpg

4 転写シール(セリア)を貼る

5 ラストメディウムをスポンジで

転写シールの上に付着させ、地色と馴染ます


以上はブリキ風バケツの作り方です。

ここからはミリタリー風バケツのプロセス


d0351435_09585402.jpg

2 下地が完全に乾いたら水で薄めた黒い塗料を

ティッシュで押さえるようにして塗布する

d0351435_10091212.jpg

3 ラストメディウムをところどころに付着させる

d0351435_10091684.jpg

4 転写シールでグラフィックを加える

d0351435_10102180.jpg

5 水性ウッドステイン(チーク)を表面に垂らし、

ティッシュで伸ばしながら塗布する

d0351435_10121129.jpg

完成です!

d0351435_10121018.jpg

水性ウッドステインを塗装面に上塗りすると

かすかな光沢が生まれます。

錆や鉄風の仕上げペイントにオススメです!


左 水性ウッドステインなし
右 水性ウッドステインあり

d0351435_10185444.jpg

before

d0351435_10160537.jpg

after

形が同じでも

表情が変わると使い方も変わってきます。

高さと収容量の大きいゴミ箱は

インテリア使いもできる、優れもの。

もちろんダストボックスとしても使えますが、

インテリア活用するのもオススメです^^

d0351435_10160578.jpg

カラーチェンジでイメージチェンジ☆

色が変われば使い方も変わる!

DIYペイントで是非お試し下さい^^









by pinkpinkolife | 2017-01-30 06:46 | 100円リメイク雑貨 | twitter | facebook
d0351435_05585361.jpg

今日はそれぞれの個性をミックスさせて楽しむ

ハンギングクリップの作り方をご紹介します^^

d0351435_05585449.jpg

クリップは家にあった寄せ集めですが、

全て100円ショップのもの。

文房具クリップだけでなく

洗濯ばさみやカーテンクリップなども大活躍!

色を塗ってハンガーバーにひっかけるとこのとおり^^

ハンガーバーも簡単☆スグデキ!

今日の材料はコチラ


d0351435_05585357.jpg

・ 丸棒

・ プッシュピン

--------------    作り方   --------------

d0351435_06155080.jpg

1 プッシュピンと丸棒を錆風ペイントする。

ラストメディウムをペイントした上に

ビニール手袋で白い塗料をところどころに付着させます。

d0351435_06155007.jpg

2 プッシュピンに穴を開ける

3 ひとつのプッシュピンの穴に丸棒を差し込む

d0351435_06154917.jpg

4 クリップのバネにワイヤーを巻き、先端に輪を作る

5 ワイヤーとクリップに錆風ペイントを施す

d0351435_06191868.jpg

6 丸棒にワイヤーの輪を通す

7 全てのクリップワイヤーを通したら

残ったプッシュピンの穴に丸棒を差し込む

d0351435_06191750.jpg

プッシュピンを壁にさしたら完成です!

d0351435_06254307.jpg

形状違いのクリップを並べることで小さな動きが加わり、

リズム感のあるディスプレイが楽しめます^^

ワイヤーの長さを統一しないのもポイント☆

d0351435_06262915.jpg

もひとつご紹介^^

こちらの古材風ピンチハンガーも同じく

100円グッズをリメイクしたもの。

空間を利用することができる吊り下げタイプのハンガーは、

スペースを有効に使うことができる優れもの。

壁面に余裕がない時にオススメです☆

クリップにワイヤーを繋げておくといろいろなものに

ひっかけることができて便利なんです^^

ちなみに古材風ピンチハンガーの材料はコチラ


d0351435_06262901.jpg

100円ショップの物干しハンガー

作り方は日刊住まいsumaiの連載で紹介しています。

こちらも是非お試しください^^


by pinkpinkolife | 2017-01-25 06:58 | 100円リメイク雑貨 | twitter | facebook
d0351435_08274664.jpg

新しい年が始まると同時に入れ替わる

新年カレンダー。

置く場所や使い道によって選ぶ物も変わってきますよね。

d0351435_10362694.jpg

気に入るものがなければ自分で作ってみるのもアリ^^

シンプルな佇まいでワークスペースがスタイリッシュに

キマル、こちらの立て掛けカレンダーも自作です。

材料はコチラ


d0351435_10362556.jpg

アクリル製のカードスタンドは100円ショップのもの。

d0351435_10410551.jpg

作り方はとっても簡単☆

アイアンペイントでゴールドに塗装するだけ!

d0351435_10410571.jpg

インテリアの一部となるカレンダーは

実用度も大切だけど、見た目もおしゃれだと尚良しです^^

今日ご紹介した卓上カレンダーの作り方は

作り方は日刊住まいsumaiの連載で紹介しています。

是非お試しください^^


by pinkpinkolife | 2017-01-20 06:46 | 100円リメイク雑貨 | twitter | facebook
d0351435_15180268.jpg

暖かな日差しに芽吹く植物たち・・・

今日は待ち遠しい春の森をイメージして作った

寄せ植え多肉森の作り方をご紹介します^^

d0351435_15180251.jpg

ミニサイズの多肉植物を寄せたポットは

曲線がかわいらしい猫足バスタブ風。

ヨーロッパ的なデザインに乙女心くすぐられる猫足バスタブ。

実際に浴槽として取り入れることは難しいと思うので、

インテリアの雑貨使いにいかがでしょーか^^

今日の材料はコチラ


d0351435_15180295.jpg

・ Eco Paper Plate ( キャンドゥ )

・ プッシュピン 

Eco Paper Plateは

この時リメイクした時の余りもの


d0351435_15340318.jpg


--------------  猫足バスタブ作り方 --------------

d0351435_15375197.jpg

1 プッシュピンの針を抜き取る

2 プレートの底裏にピンヘッドを接着する

d0351435_15375048.jpg

3 全体を黒く塗る

4 プレートの底裏に千枚通しで数カ所穴をあける

d0351435_15572085.jpg

5 根についた土を落とし、

寄せ植えの下ごしらえをする

d0351435_15572073.jpg

6 根腐れ用の小石と多肉植物用の土を

プレートに入れる

d0351435_16052213.jpg

7 寄せ植えする

ピンセットや小さなスプーンがあると便利です

d0351435_16014504.jpg

完成です!

細い茎の多肉が倒れないように小石を支えに入れました。

配色のバランスもよくなって、一石二鳥☆

多肉はモリモリっと密集させて盛りつけると、

森感がアップします(笑)。

小石は去年の夏に川辺で拾ったもの。


d0351435_16105928.jpg


d0351435_16120848.jpg

バスタブ風のロマンチックなフォルムに、

ぷっくりした多肉がなおさらかわらしく見えます^^

d0351435_16120868.jpg

ズボラな私でも育てられる多肉植物は

世話いらずな上、植え込む器も選びません。

雑貨との相性もいいのでアレンジも簡単♪

かわいこちゃんたちを植える器選びも

多肉寄せ植えの楽しみのひとつです^^

今回は家にあった材料で猫足バスタブ風ポットを作りましたが、

多肉植物の寄せ植えはアイデア次第でいかほどにも。

寒いこの季節は特に植物の彩りが恋しくなりますよね。

オリジナルのユニークな器で多肉森、

是非お試し下さい^^








by pinkpinkolife | 2017-01-12 09:53 | 100円リメイク雑貨 | twitter | facebook
d0351435_10541788.jpg

今日は100円グッズをペイントして簡単☆スグデキ!

重厚感溢れる金属風ケースの作り方をご紹介します^^

d0351435_10541858.jpg

使い込まれたような味わい深いブラウンが

特徴の赤銅風と

シルバーの鈍い光沢が

錆びた鉄の質感を連想させる鉄錆風と。

d0351435_10541712.jpg

ケースは蓋がパカッと開く一体型。

今日の材料はコチラ


d0351435_14254539.jpg

ダイソーのブック型ボックス。

--------------    作り方   --------------

d0351435_14254631.jpg

1 全面を黒く塗る


のせるようにして厚めに塗り広げる


アンティークシルバーが乾かないうちに、

弾くように叩き塗りする

4 塗料が完全に乾いたら、水で溶いた黒の塗料を

ところどころに付着させる

d0351435_14254591.jpg

4 引き出し用つまみ(セリア)も同じようにペイントする

d0351435_14401986.jpg

完成です!

( 以上は鉄錆風ペイントのプロセスです )

ポイントは下塗り塗料が乾かないうちに上塗り塗料を

スポンジで叩いて重ね塗りすること。

そうすることで、色と色が完全に混じり合うことなく

自然な錆ムラを表現することができるんです^^

ちなみに赤銅風の方は、

黒地の上にスポンジでアンティークブラウンを叩き塗りし、

水溶き黒と、ステイン剤を塗り重ねたもの。

d0351435_14401844.jpg

箱蓋に持ち手がつくと道具箱のようになりますが、

取っ手をはずすと差し込み収納も可能になり、

ディスプレイアイテムにもぴったり!

アンティークブックのような佇まいで

見せる収納箱としての役割を果たします。

d0351435_14254539.jpg

before

d0351435_10541788.jpg

after

カラーチェンジでイメージチェンジ☆

色が変われば使い方も変わる!

DIYペイントで是非お試し下さい^^








by pinkpinkolife | 2017-01-11 08:53 | 100円リメイク雑貨 | twitter | facebook
d0351435_10135365.jpg

100円ショップの材料を集めて作りました^^

ヴィンテージ風ウッドボックス

d0351435_10135406.jpg

材料費はジャスト1000えん

d0351435_10135322.jpg

木板を組み合わせていくだけなので

DIY初心者さんでも簡単☆スグデキ!

d0351435_10173667.jpg

material

d0351435_10173564.jpg

process

d0351435_10221847.jpg

finish !

上段と下段を使い分けれる

実用度満点の2段ラックができあがりました^^

オールドブラウンのウッドボックスは

アンティーク、インダストリアル、ナチュラル、

どんなテイストのインテリアにも違和感なく馴染みます。

存在感も大きく、使い道もいろいろ☆

d0351435_10271581.jpg

仕切りをはずせば収納力たっぷりのコンテナボックスに

d0351435_10271445.jpg

ひっくり返して使えばサイドテーブルや

ディスプレイテーブルに ・・・

d0351435_10312062.jpg

向きを変えるだけで3通りの使い方ができるんです☆

材料はセリアで揃い、作り方はとっても簡単!

ディスプレイステージにも、収納使いにもぴったりな

3WAYウッドボックスの作り方は、

日刊住まいsumaiの連載で紹介しています。

是非お試しください^^


by pinkpinkolife | 2017-01-10 06:46 | 100円リメイク雑貨 | twitter | facebook
d0351435_07535501.jpg

今日はDIYペイントで作ったパネルを組み合わせて作る

パッチワークパネルの作り方をご紹介します^^

d0351435_07535564.jpg

壁面インテリアにも、雑貨を置くステージにも、

撮影ボードなどのSNS使いにも☆

アイデア次第でその使い道は無限大です^^

d0351435_07535455.jpg

ペイントしたパネルをパズルのように組み合わせると

まるでアートパネルのように。

今日の材料はコチラ


d0351435_08022829.jpg

・ カラーボード ( ダイソー )

・ 桐すのこ

--------------    作り方   --------------

d0351435_08022778.jpg

1 すのこ板の幅にあわせてボードをカットする

2 (1)でカットしたボードを分割する

予めレイアウトと配色を考えておくと

作業がスムーズです。

ペイント後に混乱しないように

パネルの裏面に並び順をマークしておきましょー

d0351435_08104921.jpg

3 各々をペイントする

d0351435_08104983.jpg

ナンバリングした裏面は塗らなくてだいじょーぶ。

d0351435_08131907.jpg

4 すのこ板の側面部分をステイン剤で着色する

5 すのこ板の表面に強力両面テープを貼る

6 パネルをすのこ板に貼る

d0351435_08151966.jpg

完成です!

分割したボードを元通りに貼り合わせているので、

どの面も誤差なくぴったりと収まります。

d0351435_08151895.jpg

カラーボードは収縮するので若干反りが生じますが、

面積が小さいとそれはほとんどありません。

DIYの大敵は反りとゆがみ!

今回ボードを分割したのはそのためで、

一枚板ではなくすのこを土台に使用したのも、そのため。

d0351435_08444605.jpg

d0351435_08444741.jpg

d0351435_08444657.jpg

使用した塗料





d0351435_08531453.jpg

土台の裏に紐を通せば壁掛けにも。

奥行きがあるパネルなので

モダンアートな雰囲気が楽しめます^^

d0351435_08531395.jpg

光り物との相性もよいので、

アクセサリーケースや展示パネルなどにも。

ゴールドやシルバーがよく映えます^^

d0351435_08574636.jpg

撮影ボードにもぴったり。

コントラストのあるテクスチャが

小物を美しく引き立ててみせてくれます。

d0351435_09013151.jpg

重厚そうに見える鉄板風パネルは

指一本で持ち上がる、超ライト級の選手^^

カラーボードもすのこも軽い素材なので、

持ち運びもらくらくです!

d0351435_08574508.jpg

材料費は200円 ☆

カラーボードとすのこで作る

パッチワークパネル、是非お試しください^^








by pinkpinkolife | 2016-12-27 07:28 | 100円リメイク雑貨 | twitter | facebook