カテゴリ:100円リメイク雑貨( 570 )

| twitter | facebook
d0351435_11393547.jpg

ファッションもインテリアも、第一印象のイメージを左右する「色」

d0351435_11393688.jpg

例えば無骨さと重厚さが持ち味のアイアンカラー。

ちょい悪風だけど植物との相性もよく、実はインテリアに取り入れやすい色味のひとつです。

色のイメージから、ズシリとした重さを感じてしまいますが実はこれ「アイアン風ペイント」で作ったフェイク^^

赤ちゃんでも簡単に持ち上げれるくらい、超軽量級なんです!

beforeはコチラ

d0351435_11510503.jpg

マグカップいろいろ (セリア)

after


d0351435_11515546.jpg

色だけでなく質感まで変わって見せることができるのが、DIYペイントの面白いところ。

塗料を塗り重ねることで、金属やサビなどのリアルな質感も表現できるんです。

d0351435_11514428.jpg

使った塗料

グリーンサビのマグカップ
ミルクペイント(ピスタチオグリーン・ラストメディウム)
水性ウッドステイン

アイアン風のマグカップ
ラストメディウム

赤銅風のマグカップ
ミルクペイント(ビンテージワイン・アンティークコーラル)
水性ウッドステイン

d0351435_12010799.jpg

ラベルやシールでグラフィックを加えると雰囲気がさらにアップ。

英文字(数字)は男前テイストに仕上げるための、テッパンアクセント!

d0351435_12024080.jpg

一株植えにも丁度よい大きさのマグカップは、ガーデン使いにぴったりなんです!

ゴロ石 → 根腐れ防止の小石 → 多肉植物用の土

それぞれを順にカップに入れて多肉植物を植えます。

土や石はガラス瓶に入れて保管するのがオススメ☆
見た目も使い勝手もよしなのです。

d0351435_12053720.jpg

寄せ植えには細かな作業ができる、ピンセットと匙があると便利です。


寄せ植えについてはこちらの記事をご参照ください
d0351435_12115211.jpg



d0351435_11510503.jpg

before

d0351435_12142558.jpg

after

d0351435_12155073.jpg

歯磨き用のプラスチック製カップも、ペイントすればオシャレなガーデングッズに大変身!

d0351435_11485749.jpg

持ち手がついているので持ち運びも便利です。

するりと手から滑り落ちる心配もありません。

d0351435_14201734.jpg

色が変われば使い方も変わる!

マグカップペイントでガーデンポット。是非お試し下さい^^

d0351435_14202035.jpg

今日の撮影協力者は、早めに部活帰りしたさくらんぼ。

ベランダに二郎丸(三脚)出したくないんで(脚が汚れるから)、ナイスタイミング(笑)!

昨日の大阪の気温は10度を下回る寒さ。震えました。
上下ヒートテック着用しててもぶるぶるでした。

   「 ママ早よしてや~。寒いわ! 」

「 ママはヒートテック二枚重ねで寒ないやろうけど、めっちゃ寒いで 」

   「 二枚重ね?それ意味わかんない! 」

     







by pinkpinkolife | 2017-12-06 06:30 | 100円リメイク雑貨 | twitter | facebook
d0351435_17531371.jpg

姿を映す目的だけでなく、空間を明るく広く魅せてくれる効果もある鏡。

設置場所や角度によって映り込むものが変わり、トリミングされた風景も同時に楽しめるのも、鏡の面白さです^^

d0351435_17531431.jpg

デザイン性の高い鏡はオブジェ感覚で楽しむこともでき、インテリア使いにもぴったり。

インテリア鏡は嗜好品ではあるけども、100円でお試しできるのであれば悪くないかも^^?

今日は丸いフォルムとマットブラックがクールビューティーな、壁掛けミラーの作り方をご紹介します!

今日の材料はコチラ

d0351435_17531358.jpg

・ 持ち手付まな板(ダイソー)
・インテリアミラー(セリア)
・工作板

d0351435_18412571.jpg

■ 壁掛けミラーの作り方

インテリアミラーのカバー(布製)から鏡を取り出します。

d0351435_08554434.jpg

工作板を鏡の幅寸(辺の短い方)にカットします。

d0351435_08554539.jpg

まな板を黒い塗料でベタ塗り、工作板をブラウンのステインで着色します。

使った塗料

ミルクペイント(インクブラック)
水性ウッドステイン(チーク)

まな板の中央に鏡を接着し、鏡の上下に工作板を接着します。

d0351435_08554436.jpg

塗って貼るだけ・・・!

あっという間に100均まな板が、品格あるインテリ雑貨に昇格です!

ちょっと大げさな手持ち鏡としても使えます。

d0351435_09024793.jpg

まな板の持ち手には穴が開いているので、壁に掛けることもできます。

軽量なので、プッシュピンひとつで引っかけOK!

板に鏡をただ貼り付けるだけでなく、工作板で凹凸ラインを加えるのがポイント。
ほんの少しの立体感が、見た目の格上げに繋がります。

d0351435_09024838.jpg

メンズライクなインテリアにも、フェミニンな空間作りにも馴染む「黒」は、色に迷った時のお助けカラー。

ペイントに自信がない方にもおすすめです!

筆あとが目立たないので、難しいベタ塗りもごまかしが効くんです!
(私はこの手をよく使います(笑))

d0351435_09195094.jpg

固定せずひっかけるだけなので、思い立った時に手軽に移動させることができます。

その日の気分やプチ模様替えにもひょいひょいと。

d0351435_09255567.jpg

ダイニング西面の壁にあるカップボードにひっかけた時に見る、斜め右45度。

鏡の中にはダイニングの南面が映り込みます。

ギャラリーチックでなかなかよい眺め^^

d0351435_09292461.jpg

色を塗って小細工してみれば100均まな板も、インテリアの主役級!

d0351435_09322031.jpg

そして再び鏡の中を覗いてみると・・・

ごっちゃりとズボラな実体が映り込んでいるではないですか(汗)!
(テレビボードの上なんとせな!)

鏡は偽りなく映し出す。

映り込んだ自分の姿(老婆!?)、そしてだらしない性格までも・・・!

鏡よ鏡 ~~~ ! 是非お試し下さい!








by pinkpinkolife | 2017-12-01 07:24 | 100円リメイク雑貨 | twitter | facebook
d0351435_12214076.jpg

子供の頃から絵を描くのが好きで、将来漫画家にと夢みたこともありました(恥)。

頭の中に湧くイメージを鉛筆や筆で白紙に描写する作業が好きで、二十歳を超えても絵を描いて過ごした青春時代。

筆もペンも、絵の具も全部お気に入りのコレ!があって、週末になると心斎橋筋のカワチ画材に足繁く通ったものです(懐かしい!)
(絵の具はもちろんターナーアクリルガッシュ、愛用歴20年です)

ですがグラフィックデザインの仕事をするようになってからは、早くて綺麗に書けるデジタル画に夢中になり、モニターに向かってペンタブレット1本、手書きで描くということがなくなりました。

イラストレーターを使えば手書きよりも正確なラインが引け、フォトショップを使えば複雑なグラデーションや画像加工、素材の貼り付けなんかも簡単にできる、半ば機械任せのデジタル画。

「コマンドZ」で巻き戻ればいくらでも修正が効くので、失敗だって怖くありません。

作業時間や仕上がりを比べても軍配はデジタルに、アナログに為す術はないんです。

あれもこれも画面上で完結してしまうデジタル全盛期ですが、一方で空前のアナログブームも巻き起こっておりますね!

こんな時代にますます盛り上げを魅せるのが、そう我らが D I Y !

自分の頭と手を動かして、失敗してもコマンドZでは戻ることのできないDIYは究極のアナログです!

家具、壁の色、生活雑貨、手に触れられる立体物は画面上で作ることはできません。

もはや文化と言われるほどが賞賛されているDIYですが、その影響で一度はデジタルの住人になってしまった私も、そういえば・・・最近手書きで絵を描いている!

アナログリターンしているという妙が、こんなところにもありました。

d0351435_13572993.jpg


一目瞭然、写真のイラストは手書きです。

縁のラインが歪んでいたり、着色が均一でなかったり、素人丸出しの手書きのイラストです。

ですがこれは温かみなる味わいで(そういうことに・・・)、デジタルでは決して表現できない風合いです。

盛り上がった塗料の質感や筆後だって、手書きならではの味わい。

家具や雑貨をDIYするようになって10年になりますが、DIYのおかげでデジタルからアナログに立ち返り、手書きで描く絵の楽しさを再び感じている今日この頃です。

前置きが長くなりましたが、今日のお題はコレ

アルミポットのアナログ画を描いてみよう!

そもそもデジタル画もアナログ画も描く人は少ないと思いますが(汗)、今回は描かずとも描ける!?アルミモチーフの描き方をご紹介したいと思います!

リアルな質感は素材そのものを利用せよ!

今日の材料はコチラ

d0351435_12213932.jpg

・ブリキレクタングル(蓋)(セリア)

d0351435_11093605.jpg

■ アルミ素材の小物イラストの描き方

ブリキ蓋に鉛筆でポットの輪郭を書きます。

ポットでなくてもフォークやナイフ、ペンダントライトなんかでもOK!

d0351435_11145717.jpg

輪郭を筆でなぞり、モチーフの外面を塗りつぶします。

輪郭や隙間が狭いところは穂先の細い面相筆、背面など広い面積は平筆で塗り込みます。

塗料は水で薄めずそのまま着色。
少し盛り上がるくらい厚塗りすると、油絵のような質感が表現できます。

使った塗料

ミルクペイント(ピスタチオグリーン)
ミルクペイントforガーデン(チョコレートブラウン)

d0351435_11272559.jpg

水で薄めたダストメディウムをスポンジで叩くようにして付着させます。

粉っぽい質感がプラスされ、イラストに表情が加わります。

d0351435_13572993.jpg

ポットの中央に転写シール(セリア)でグラフィック入れて完成です!

ブリキ缶の素材をそのまま使うことで、塗装せず光沢と渋みのあるアルミポットのイラストが描くことができました。

全面にメディウムを付着させることで、着色面と無着色面が違和感なく調和します。

細かい文字や装飾は、既製のシールにおまかせするのが一番!
手書きだとやぼったくなり、さらには時間や手間もかかります。

頼れるところはそれとなく頼りましょう(笑)。

d0351435_11305305.jpg

壁に刺したプッシュピンに蓋を引っかければ、白い壁が小さなギャラリーに!

d0351435_11414093.jpg

出力、量産できない世界にひとつだけのオリジナルイラストができあがりました。

ポットの色はあえて塗らず、キャンバスのブリキを活かした、素材ありきのイラストです。
デジタル画で例えると「白抜き」といったところでしょうか。

今回はブリキ素材で光沢を表現しましたが、周辺を見渡せば白抜きに使えそうな面白い素材が転がっているかもしれません^^

それに金銀銅やラメやパールの塗料、ザラつきや埃っぽさを表現できるメディウムなんかもあり、アナログ画の可能性は無限です。

デジタルに手を出した私がアナログに再び魅力を感じるのは、DIYを通じて画面上の作業より手を動かして「作る」ことが好きなのだと、改めて気付いたからかもしれません。

イラストを描く機会はなかなかないとは思いますが、身の回りに活用できそうな素材があれば是非、お試しください^^

コマンドZで戻れたらと思うことも(度々)あるけど(笑)アナログはいいです!








by pinkpinkolife | 2017-11-30 06:38 | 100円リメイク雑貨 | twitter | facebook
d0351435_12011491.jpg

冬もそろそろと思い始めたら、もうクリスマスの季節・・・!?

あと3日もすれば12月、1ヶ月と3日寝たら来年だなんてアンビリバボ!

d0351435_11152809.jpg

あっという間の1年、今年も〆の1ヶ月に突入です。
(この1ヶ月がまた早いんですよねー(汗)。)

今月のメインイベントはなんといっても大人も子供も嬉し楽しいクリスマス!
皆さんのおうちでもクリスマスに向けての準備が始められている頃でしょうか?

収納場所がない&片付けが面倒だという大人の事情で、我が家にはクリスマスツリーがありませんが、部屋の中はボチボチ、それっぽくなってきております^^

大きな飾り付けはできませんが、赤や緑のクリスマスカラーを取り入れたり、キャンドルを割り増しするなどのチョイ足しで気分を盛り上げるのが、我が家琉です^^:>

こどもたちの大好きなキャンドルもこの季節がメインシーズン。

キャンドルの炎の中に指をさっと走らせて、「ママすっげ~!」と息子を驚かせるのも、この季節のおきまりあそび(笑)。
(よい子は真似しないでください)

キャンドルの芯を指先でつまんで炎を消していた父を「お父さん、すごい!」と感心していた自分を思い出しながら、息子の心を弄んでいます(笑)。

d0351435_11152819.jpg

前置きが長くなりましたが、今日の100均DIYレシピはクリスマス編!

フレンチデコレーションが大人かわいい、キャンドルボックスの作り方をご紹介します^^

今日の材料はコチラ

d0351435_11152779.jpg


・ インテリアウッドコレクションケース(セリア)
・ ウッドプッシュピン(セリア)
・ ラインストーンシール(セリア)
・工作板

d0351435_12074814.jpg

■ デコレーションボックスの作り方

コレクションケースの蓋に挟まれている塩ビ版を取り外します。

d0351435_12095644.jpg

ケースの幅寸に工作板をカットし、周辺をぐるりと囲うように接着します。
(2辺は工作板の厚みも加算してカットする)

d0351435_12181520.jpg

プッシュピンのヘッドからピンをペンチで引き抜きます。

ケースの裏面四方にピンヘッドを接着します。

d0351435_12203552.jpg

ケースの蓋表面にライトストーンシールを貼ります。

d0351435_12215610.jpg

ボルドーの塗料を表面に塗り、水で薄めたダストメディウムを付着させます。

ダストメディウム(希釈)はスポンジに含ませてぽんぽんと叩くように馴染ませ、余分な水分はティッシュで押さえるようにして拭き取ります。

ケースの内面はグレーの塗料で下地をつくり、かすれたような風合いにベージュを重ねました。

使った塗料

ミルクペイント(ビンテージワイン・ヘンプベージュ・ダストメディウム)
ミルクforペイント(モルタルグレー)

d0351435_12271770.jpg

ボックスの中にキャンドルをセットすれば完成です!

縁まわりのドットのエンボスと、ケースを持ち上げている四本の脚がフレンチシックな装いを、渋いボルドーカラーがロマンチックな雰囲気を演出。

テーブルのセンターポジションで輝きを放つ、大人のクリスマスアイテムができあがりました^^

d0351435_12291865.jpg

キャンドルの周りをクリスマスカラーのドライフラワーで囲めば完璧☆

やさしく灯るあかりをサポートするキャンドルボックスですが、シーズンオフにはディスプレイとしても活躍します。

セリアグッズを組み合わせてつくるキャンドルボックスは、材料費わずか300円!
是非お試しください^^








by pinkpinkolife | 2017-11-28 06:30 | 100円リメイク雑貨 | twitter | facebook
d0351435_15302059.jpg

フェミニンな空間作りに重宝する、フラワー柄のディスプレイBOX。

お気に入りの小物をディスプレイする場所があるだけで、インテリア熱もグンと上昇します^^

d0351435_15302077.jpg

アンティークベージュの優しい色合いはドライフラワーや古物とも好相性。

背面に施された花柄が中に飾るものをより美しく引き立てます。

d0351435_15394590.jpg

優しく甘いフラワー柄とは対照的に、外面は凜としたアンティークブラック。

相反する色合わせは、互いの鮮度を引き上げて見せてくれるんです。

飾るものに品格を与え、空間をブラッシュアップしてくれる大人フレンチなディスプレイBOX。

ポイントになるのははなんといってもフラワー柄のテクスチャですが、実はこのボックスは毎度おおきに☆100均DIYなんです^^

さてさてこのフラワー柄、正体はいったい何でしょうね?

正解はコチラ


d0351435_16070816.jpg

ペーパーナプキンです^^

このブログではすでにお馴染みのペーパーナプキンテクスチャですが、今回はディスプレイBOXに応用してみました。

d0351435_16093582.jpg

作り方はとっても簡単!

難しく思えるテクスチャ作りですが、コツさえつかめば

お好みのペーパーナプキンで色々なテクスチャ作りが楽しめます!

見え隠れする花柄と、かすれた塗装が大人かわいい

ディスプレイBOXの作り方は

大人女性向けライフスタイルメディア folk で公開しています。

是非お試し下さい^^

ペーパーナプキンを使ってDIY?フェミニンな香り漂う
ディスプレイボックスを作ってみよう! 








by pinkpinkolife | 2017-11-21 06:30 | 100円リメイク雑貨 | twitter | facebook
d0351435_09231171.jpg

ワンルームや賃貸によくある、暮らしの収納問題。
特にキッチンは狭くて収納場所が確保できないと、お困りの方も多いのでは?

キッチンは主婦にとって長い時間を過ごす場所だからこそ、快適な空間に整えたいもの。
使い勝手はもちろんのこと、その景観にもこだわって料理へのモチベーションをアゲたいですよね^^

d0351435_09285092.jpg

狭いキッチンスペースを有効活用するために大切なのは、なんといっても「レイアウト」。

上下の空間も無駄なく活用して物を収めれば、収納量だけでなく見た目のリズムも加わります。

d0351435_09231158.jpg

写真でご紹介しているのはそんな狭小スペースに便利な、重ねて使える「スタッキングラック」。

重ねるだけでなく、組み方を変えることにより、スペースや用途にあった自由なレイアウトが楽しめちゃうんです。

キッチンは主婦にとって、毎日変わらない仕事場のようなもの。
見た目のレイアウトをほんの少し変化させるだけで、気分転換にも繋がります。

d0351435_09231058.jpg

ラックを重ねれば重ねるほど収納力もアップ☆

風合いある古材の棚板と、スチール製の無骨なラックは、古道具のような落ち着きのある佇まい。
陶器やガラス、シンプルなキッチンウエアがよく映えます。

スチールと木の異素材の組み合わせがどこか懐かしいようで新しく、空間をおしゃれに印象付けます。

d0351435_09562884.jpg

ラックの数も並べ方もスペースに応じて自由自在です。

大きな家具とは違い、思い立ったらすぐに配置換えできるのもコンパクトラックならでは。
食器類やストック品などもぴったりと収まるサイズなので、ディスプレイするように収納を楽しめます^^

悩めるキッチン収納をおしゃれに解決してくれるこのスタッキングラック、実は100均グッズを組み合わせて作ったもの、毎度おおきに☆100均DIYです!

材料はコチラ

d0351435_10004323.jpg


・積み重ね整理棚(ダイソー)
・板材(セリア)

d0351435_10004208.jpg

材料費はわずか300円!作り方もとっても簡単です^^

レイアウト自由自在のスタッキングラックの作り方は日刊住まいsumaiの連載でご紹介しています。
キッチンワークのお供に、是非お試しください^^









by pinkpinkolife | 2017-11-10 06:30 | 100円リメイク雑貨 | twitter | facebook
d0351435_08224233.jpg

周りの樹木も色付き始め、秋深みゆく季節になってきました。

毎夕歩くウォーキングコースにも落ち葉がサラサラと敷き散り積もり、秋から冬へと移り変わる四季の情景を五感で楽しむ今日この頃です^^

d0351435_08224262.jpg

本格的な寒さが来る前に備えるべきことは沢山ありますが、余裕があれば部屋の中も見直しておきたいですよね。
大きな模様替えはしなくても、インテリアカラーに変化をつけるだけで見た目も気分もグッと変わります。

例えば、柔らかな色調が特徴の北欧カラー。
暖かみのある色を取り入れるだけで、ほっこりとしたぬくもりのある空間に。

パステルカラーのラックに何気なく小物を並べるだけで、心温まる感じがしませんか^^

今日は冬のほっこりインテリアにも、子供部屋にもぴったりなディスプレイ収納ラックをご紹介します。

d0351435_08224141.jpg

ラック内を仕切るケースは清潔感のある真っ白なプラスチック素材。

無機質な清涼感で、中に飾るものをより温もりのある趣に引き立ててくれます。

d0351435_09112811.jpg

ラックは上下左右が対称になっているので、向きを変えたレイアウトアレンジも楽しむことができます。

縱に置けば収納スペースの節約にもなるタワー型ラックに。

d0351435_09153878.jpg

8マスの仕切りは奥行きがあるので、豆皿や箸置きなどのキッチン収納にも活躍します。

ケースは木枠から取り外して丸洗いすることもできるので、お手入れもらくらく^^

d0351435_09131305.jpg

横に寝かせば安定感のある雑貨ディスプレイラックとして、縱に置けば隙間収納にもぴったりなタワー型ラックとして。

ディスプレイと収納を兼ね備えた才色兼備なディスプレイ収納ラックですが、毎度おおきに☆100均DIYです!

材料はコチラ

d0351435_09220509.jpg

・キッチンケース(ダイソー)
・板材(セリア)
・工作板

d0351435_09233309.jpg

作り方はとっても簡単!

簡単DIYで作った木枠にケースをはめ込むだけ!

詳しい作り方は大人女性向けライフスタイルメディア folk で公開しています。

是非お試し下さい^^

冬のほっこりインテリアに!100均DIYでつくるディスプレイ収納ラック








by pinkpinkolife | 2017-11-07 09:39 | 100円リメイク雑貨 | twitter | facebook

d0351435_05400198.jpg

側にあるとちょっと便利なスモールラック。

置く場所を選ぶことなく、手軽に移動させることのできる小家具はいくつあっても嬉しいもの^^

d0351435_05400149.jpg

棚板2枚と4本脚のシンプルなラックは背丈45cm。

床に直接置いてラックとして、卓上の整理棚として、さまざまなシーンで活躍する優れものです^^

d0351435_05500524.jpg

重厚感のあるブラック&ブラウンの色合わせですが、ナチュラルな小物を装えば落ち着いた雰囲気に。

家具を新調するには思い切りが必要ですが、ラックのような小家具なら100均DIYで簡単☆スグデキ!

今日は材料費わずか400円で作れる、スモールラックの作り方をご紹介します^^

今日の材料はコチラ

d0351435_05534946.jpg

・桐まな板(キャンドウ)

・木製角材2p(セリア)

木製角材は2本セットのもの。
写真には5本写っていますが、4本使います。

d0351435_06011189.jpg

■ スモールラックの作り方

まな板をブラウンに、角材をブラックに着色します

使った塗料

d0351435_06045663.jpg

まな板の断面(辺の短い方)に4本の角材をネジ留めすれば完成です!

d0351435_06070508.jpg

脚は棚板の端に揃えるのではなく、1.5cmほど内側に組むのがポイントです。

これだけで見栄えがグンとスタイリッシュに!

d0351435_06093747.jpg

難しい工程は一切なし、板材に色を塗って組み立てるだけ!

DIY初心者の私でも30分ほどで作れちゃう簡単DIYです^^

d0351435_06180256.jpg

オープン型の家具は全てが丸見えになってしまうので、自然とビジュアルを意識した収納に。

収納もインテリアの一部として整えておくことで、実用性だけでなく空間にデザイン性も加わります。

d0351435_06251183.jpg

ラックの脚はちょっとした引っかけ収納にも^^

まな板の数を増やせば、収容力もさらにアップ☆散らかりがちな作業机でも頼れる存在です。

d0351435_06353172.jpg

シンプルなラインとスタンダードなツートンカラーのスリムラック。

DIY初心者さんでも簡単☆スグデキ!是非お試しください^^








by pinkpinkolife | 2017-10-26 06:50 | 100円リメイク雑貨 | twitter | facebook
d0351435_10133614.jpg

経年の古さが魅力のアンティーク。飴色に色褪せたドロワーにお気に入りの小物を入れて飾って・・・

家具のように大きな物でなくてもパーツや色味を取り入れるだけでも、アンティークの雰囲気は楽しめます^^

d0351435_10133663.jpg

長年使われてきたような味わいあるドロワーは仕切り付。
細々とした小物やツールの分別収納にも便利で、重ねておくだけでも絵になります。

d0351435_10205073.jpg

吊り金具を取り付けると壁掛け使いも。
アンティークショップのような小粋なディスプレイで、壁面がワンランクアップ^^

d0351435_10235102.jpg

積み重ねることで存在感が増し、小物と組み合わせればオブジェのような佇まいに。
ドロワーはきっちりと重ねずにラフな段差を出すのがポイント。

適度な無造作レイアウトは、こなれ感のある空間を演出してくれます。

アンティーク・アイテムでも人気のドロワーですが実はこれ、毎度おおきに!

塗って貼っただけの100均DIYです^^

材料はコチラ

d0351435_10235130.jpg

・木製トレイ(セリア)
・引き出しの取っ手

d0351435_10383911.jpg

材料費はわずか300円!

見せる収納にもぴったりなアンティーク風ドロワーの作り方は日刊住まいsumaiの連載でご紹介しています。
コーナーの雰囲気作りにも、いかがでしょうか^^


d0351435_10420108.jpg


by pinkpinkolife | 2017-10-20 06:30 | 100円リメイク雑貨 | twitter | facebook
d0351435_14385330.jpg

シルバーポットにゴールドフレームのブラックラベル。

いかにもザ・メンズなガーデンポットは簡単☆スグデキ!100均リメイクです^^

d0351435_14385449.jpg

と言っても100均商品にラベルを貼っただけで、リメイクと名乗るほどでは・・・(汗)。

ですが侮るなかれ!
無地に英文字が入るだけでググッと、男前ポイントがあがるんです。

今日の材料はコチラ

d0351435_14385313.jpg

・ステンレス容器
・厚紙
・転写シール
・ブラックボードシート

全て家にあった寄せ集めの100均商品です

d0351435_14513918.jpg

■ 男前ステッカー&フレームの作り方

ブラックボードシートに転写シールを貼る。

印字面に水性ウッドステイン(チーク)を塗布する。

好みの大きさに切り取ればブラックラベルが完成!
( このままステッカーとして使えます )

d0351435_14513858.jpg

次にフレームを作ります。シールの周りを覆い、金属製ネームプレートのような立体感を表現します。

ブラックシールより一回り大きめサイズに厚紙をカットする。
(予め厚紙の裏面に両面テープを貼っておくと作業がスムーズです)

d0351435_14581410.jpg


厚紙の中央にブラックシールを置き、シールの大きさより少し小さめに中を切り抜く。

アイアンペイント(ライトゴールド)をスポンジで叩くようにぬり、水性ウッドステイン(チーク)をところどころに付着させる

ゴールドフレームの完成です!

d0351435_15054375.jpg

容器の表面にブラックシールを貼り、シールの周辺に被せるようにフレームを貼れば出来上がり!

シルバーボディーにブラックとゴールドの男前ラベルがキリッ☆

d0351435_15101329.jpg

クールでスタイリッシュな男前ポットはアウトドアな装いにもぴったり☆

100均のシートや厚紙の端材で簡単☆スグデキ!
男前オリジナルステッカー、是非お試しください^^








by pinkpinkolife | 2017-10-18 06:30 | 100円リメイク雑貨 | twitter | facebook