カテゴリ:DIY(木工)( 52 )

| twitter | facebook

DIYリビング壁 ( 完成 )

d0351435_15074130.jpg

板壁作りから塗装までDIY ☆

リビング壁が完成しました^^



d0351435_15140191.jpg

before

d0351435_15074168.jpg

after

d0351435_15074137.jpg

味気ない壁紙を隠したくて始めた壁作り。

ベニヤ板を張って、塗装して、、、

直接ペイントできない賃貸マンションでも

やってみれば、なんとかなるもんです^^

板張りや下地作りの手間は多少かかるものの、

出来上がった時の喜びはひとしお。

壁の色を変えるだけで

部屋の印象は大きく変わります。

d0351435_15264915.jpg

ちなみに今回使った塗料は


ペイントツールは

・刷毛、筆、スポンジ、左官コテ、剥がしヘラ

d0351435_15261287.jpg

飾る小物の色が映えるよう、明るめの色調で

柔らかく女性的な印象に仕上げました。

ほんのりクリームがかったホワイトの下に

落ち着いたベージュとグレイをのぞかせ、立体感をプラス。

テーマは 「 雑貨と花の似合う壁 」

d0351435_15314905.jpg

ところどころに経年をかんじさせる

アンティーク風ペイントも施し、古めかしさもプラス。

淡いだけでなく、チラ見せスパイスも効かせて^^

d0351435_15353314.jpg

部屋全ての壁を色替えするとなると大がかりな作業ですが、

このくらいの面積なら3日もあれば充分^^

一面だけでも雰囲気はすごく変わるので、

壁面ペイントの効果はあなどれません!

d0351435_15360248.jpg

今回使ったJ COLORの容量はそれぞれ0.5ℓ缶。

ようやくひとつのリセットが達成されました!

d0351435_15360177.jpg

壁が塗り終わったので、次のターゲットはこちら。

ショーケースをオープンラックにリセットしたいと思います。

春休みに入るまでには ~ ^^:>








by pinkpinkolife | 2017-02-09 06:46 | DIY(木工) | twitter | facebook
d0351435_17480435.jpg

DIYリビング壁ペイント 最終章です^^

d0351435_17480436.jpg

ちなみにこちらが完成図。

イメージは雑貨や洋服の映えるショップ風で、

ヴィンテージ風のエイジング塗装を施しました。

d0351435_17480421.jpg

汚しすぎると壁自体が主張してしまうので、

エイジング加工は気持ち、控え目に。

d0351435_18064285.jpg

昨日は下地塗りのところまでのレポだったので、

今日は表面の塗装をご紹介していきます。

d0351435_18064236.jpg

before

下地の色はベージュとブルーグレイ。

d0351435_18074766.jpg

この上に白い塗料を上塗りしていきますが、

今回最大の塗装ポイントは

左官コテで塗装するということです!!

d0351435_18074624.jpg

漆喰塗りに使ったコテに塗料をつけて

d0351435_18112185.jpg

漆喰塗りと同じ要領で上下左右に

塗料をのばしていきます。

d0351435_18112199.jpg

厚み(凸凹)のあるテクスチャを作る時

普段はペインティングナイフを使うのですが、

今回は面積が広いのでコテで代用しました。

ランダムに散った塗料と波打ったような質感が得られ、

筆やスポンジとは違った表情に仕上がります。

ポイントはコテコテに厚塗りすること!

ちなみにペインティングナイフ記事はコチラ


d0351435_18142423.jpg


d0351435_18264160.jpg

コテ塗装で全面をほぼ覆い、

まだらになった隙間を刷毛で伸ばします。

刷毛の筋あとが気になる場合はスポンジで軽く抑えます。

粒子が浮いた砂壁のような質感が欲しいときは

スポンジペイントがオススメです。

d0351435_18264068.jpg

表面塗装が終わりました!

d0351435_18320154.jpg

ベージュとホワイトの淡いツートン壁が

できあがりました。

しかしこれで完成ではありません!

漆喰塗りも、下地塗りも、表面塗りも

今までの工程は、料理を美味しくするための

下ごしらえのようなもの。

DIYペイントの本当の楽しさは実はここから!

自分好みに仕上げていく、

ここからの味付けペイントなんです。

d0351435_18391919.jpg

まず最初に味付けする調味料は

雑貨作りのフィニッシュペイントでも重宝する


d0351435_18404684.jpg

フレームのラインや縁角に筆で着色し、

ティッシュペーパーを押し当てるようにして拭き取ります。

そうすると色褪せた茶染みが滲み広がったようになり、

経年劣化の味わい深さが加わります。

d0351435_18460971.jpg

原液を表面に塗布すると濃さが目立つため、表面には

水で薄めたステイン剤をスポンジで塗布します。

d0351435_18475441.jpg

水性ステインで描写することによって

うっすら汚れた茶染みの風合いと

木材のような質感を表現することができました。

d0351435_10242586.jpg

そして次にご紹介するのが

ヘラです!

これは1本持っておくと重宝する便利グッズで、


d0351435_10242598.jpg

こうやってヘラの先を表面に押し当てて

持ち上げるようにして塗膜を削ります。

d0351435_10471593.jpg

実は厚塗りをしたのは

塗膜を剥がしやすくするため。

塗装が厚く膨らんだ部分は

下地から剥離しやすいんです。

d0351435_10471624.jpg

肉眼ではわかりませんが漆喰上の塗膜は

浮き上がった状態になっていて、亀裂から簡単に

塗膜を剥がし取ることができるんです。

質感は柔らかく、ゴムのようなかんじ。

ヘラで塗膜を持ち上げたあとに指でつまむと

塗膜をめくり取るこもできます。

塗装から時間が経つと難しいですが、

塗膜が柔らかい間(一週間くらい)は大丈夫。

この作業は子供の力でもできるくらい簡単で、

削ったりめくったり、お遊び感覚で楽しめます。

ただ夢中になりすぎて剥がしすぎてしまった

ということにもなりかねないので、

腹八分目を心がけて^^

ステイン剤で染み加工したり

ヘラで塗装を剥がしていく工程は

DIYペイントの最終工程です。

完成イメージが見えてくるので

楽しくて、とてもやりがいのある作業。

ベース作り(漆喰塗り・下地塗り・表面塗り)は

少々面倒くさい作業ではありますが、

これを怠ってしまうと味付けペイントが生きてきません。

料理もメイクも、何事もそうだと思いますが、

DIYペイントもまずはベース作りが大切です。

ベースさえしっかり作っておけばあとは

好きに味付けしていくだけ。

自分好みのオリジナルテクスチャを作ることが

できるのはDIYペイントの最大の喜びです^^

d0351435_11023209.jpg

塗装を剥がし終わり、

ようやくリビング壁のDIY作業が終了しました。

板壁作り → 漆喰塗り → 下地塗り →

表面塗り → 味付けペイント

明日は生まれ変わった賃貸リビング壁をご紹介します^^

続きはまた明日 ~ ☆








by pinkpinkolife | 2017-02-08 06:47 | DIY(木工) | twitter | facebook

賃貸壁DIY( 塗装編 )

d0351435_23035031.jpg

昨日の賃貸壁DIY(漆喰塗り)に続きまして

今日はDIYペイント下地塗りをご紹介します^^

d0351435_22453412.jpg

DIYを始めた20代、そして30代ではブルーやグリーンなど

色彩を取り入れたミックスインテリアを楽しんできました。

ですが来年は私も40歳。

ファッションだけでなく、インテリアの好みも

20代の頃とは随分変わりました。

今でもブルーやピンクは大好きなのですが、これからは

もう少し落ち着いた色合いの部屋作りをしたいと思うんです。

家具や雑貨も最近はシンプルなデザインに惹かれるので、

少しずつシフトチェンジしていけたらと思います。

今回手始めにリセットするのがリビングの壁ですが、

こちらの壁は面積がさほど広くないので、

リセットイメージをはかるのにもちょうどいいサイズ。

部屋の雰囲気をイメージしやすいように、

雑誌の切り抜きと見比べながら塗装していきます^^

d0351435_23035880.jpg

今回壁面ペイントに使用したのは


これは以前雑貨作りにも使ったことのある塗料なので、

使い心地のよさは既にわかっています。

壁を塗るときはこの塗料でと決めていました^^

ちなみにその時のペイント雑貨はコチラ

d0351435_23154993.jpg


今回は雑貨ではなく壁に塗るので、色は新調に選びました。

塗り替えはできるけど、できるなら失敗のないように

選色したいもの。

そこでイメージ作りに役立ったのがこちらのサイト

d0351435_23380297.jpg


Paint DIY Market の人気コンテンツでもあるこちらのページでは

リビング、こども部屋、トイレの3部屋が用意されていて、

壁と床と家具に好きな色を組み合わせことができるんです。

できるなら失敗は避けたい壁面塗装。

ペンキ缶の色見本を確認したはずなのに、

実際壁を塗ってみると見え方が全然違う!

そんな経験はありませんか?

実は私も、色は慎重に選んでいるはずなのに、

思い通りに仕上がった壁は一面もありません(涙)。

今回ばかりはイメージどおりの壁に仕上げたいと、

ペイントシュミレーターで配色を確認し、

万全を期してペイントに臨みました!

ペイントシュミレーターの操作はとっても簡単☆

J COLORの代表色から好みの色を選んで、

壁、床、家具、それぞれに色をあてていくだけ。

d0351435_08585830.jpg

before

d0351435_08585801.jpg

after

色見本からは無数の組み合わせが試せるので、

まるで着せ替え遊びをしているかのよう。

お子様と一緒にこども部屋のシュミレーションをしても

きっと盛り上がりますよ^^

そしてカラーのラインナップはなんと200色!

欲しい色が必ず見つかるのも、J COLOR の魅力です。

d0351435_09471593.jpg

さてさて、シュミレーターで配色を確認して

下地塗りと上塗りする色を決めました!

漆喰を塗った上にまずは下地となる色を塗ります。

この上に表面塗装していくのでほとんど隠れてしまうのですが、

怠らず、全面に塗ります。

d0351435_09471467.jpg


チラ見せアクセントのために一部分ペイント。

上塗りするので、塗装は雑でも大丈夫^^

d0351435_10004316.jpg

白く見えるのが漆喰で

下塗りしたベージュが


柔らかく落ち着いた大人色で、

想像以上に素敵な色でした。

この上に白い塗料を塗る予定でしたが、

このままの状態で置いておきたいと思ったほど。

d0351435_18053742.jpg

ですが

明日は予定どおり表面塗装を施し、

リビング壁を完成させたいと思います!

続きはまた明日 ~ ^^








by pinkpinkolife | 2017-02-07 12:24 | DIY(木工) | twitter | facebook

d0351435_16354413.jpg

今年はリセットの年と決めています。

暮らし周り全般の見直しを考えると

あれもこれもとなってしまうので、

思いつくところから実行していきたいところ。

早くも今年も一ヶ月が過ぎてしまったので、

強行スケジュールに変更しました(笑)。

もたもたしていたら一年なんてあっという間!

まずはリビングの壁をやっつけるぞ!

オ ーーーーーーーー =3

d0351435_16354574.jpg

無駄に過ごしている休日は勿体ないと、

家族を巻き込んで漆喰を塗りました。

d0351435_16354403.jpg

ミニバスの試合で不在だったさくらんぼの分も、

新人がよく働いてくれました^^

d0351435_16485253.jpg

before

玄関から正面に位置するリビングの壁。

ずっとずっと気になっていたんです。

d0351435_16495246.jpg

この賃貸壁め ~ !

このぼこぼこした味気ない壁紙をどうにか隠したいと

賃貸壁と格闘し始めたのが、遡ること7年前。

d0351435_16573839.jpg


翌年には和室の壁全面をやっつけました。

d0351435_17032981.jpg


そしてその翌年にはダイニング壁も押さえ込みました。

d0351435_17084032.jpg


アトリエの壁は本棚で封印し・・・

d0351435_17115049.jpg


d0351435_17160614.jpg

リビング壁をやっつけたのが2012年の年末

d0351435_17151616.jpg

リビング壁をDIY ( 2012.12 )

d0351435_16485369.jpg

そして今回、実に4年ぶりのDIY壁作りです。

気合いが入ります^^

うちは賃貸マンションなので直接壁に塗装したり

壁紙を貼るのは規約上NG。

退去時には何事もなかったように

原状回復させておかねばなりません。

d0351435_17333751.jpg

なのでこのようにベニヤ板を壁に張って

塗装できる状態にしてから、壁作りを始めます。

d0351435_17200405.jpg

薄い板はたわみやゆがみが自然と生じてくるので、

四角にモール(細い木材)を貼って補強させます。

建材用の超強力両面テープでベニヤ板と壁縁を

しっかりと固定して板が浮かないよう、剛性をはかります。

d0351435_17432548.jpg

ベニヤ板は先に小さな穴を開けてからネジで固定します。

理由は穴にネジの頭を埋め込むため。(上写真参照)

d0351435_17432556.jpg

壁についたコンセント部分の穴抜きなども含めて

板の採寸をしますが、一番やっかいなのは、

壁は並行でも直角でもないということ。

うちだけなのかもしれませんが、

壁は正確な長方形、左右対称ではないんです。

板壁作りで一番手をこまねくのはそこだと

今回も壁に怒り散らす、師匠の図 ↑。

1mmの誤差は命取り。

d0351435_18003248.jpg

さてさて

ベニヤ板が張れたら後は

楽しいデコレーションの時間です^^

直接塗料を塗ってもよいのですが、

表面が粗いベニヤ板はよほど厚塗りしない限り、

筋のような模様が出てしまうので、残念なことに。

d0351435_18003158.jpg

そこで下地作りにおすすめなのが、

練り漆喰。

練った状態のものが袋詰めされていて、

そのまますぐに使うことができるんです。

面倒な手間がいらないのでDIYビギナーさんにもぴったり^^

この量で2000千円くらい。

今回半分の量で充分足りたので、

おためし壁作りには充分な容量です。

塗り方もとっても簡単!

d0351435_18130375.jpg

トレイに漆喰を取り出し、左官コテにすくって

d0351435_18130277.jpg

軽く押しつけるようにコテをすべらせます。

d0351435_18142837.jpg

左右に仰ぐように伸ばしていくと漆喰壁っぽく、

十字に交差させるとまた違った質感が得られます。

d0351435_18142831.jpg

目に入るとよくないので

子供と一緒に漆喰を使う場合は目の保護を忘れずに^^

d0351435_18142867.jpg

子供もお遊び感覚で夢中になってしまう漆喰塗り。

丁寧に塗るよりラフに塗るほうが

おもしろみのあるテクスチャに仕上がりますよ。

作業時間は1時間ほどですが、

漆喰が完全に乾くまではマテなので、

この続きはまた明日 ~ ^^








by pinkpinkolife | 2017-02-06 08:39 | DIY(木工) | twitter | facebook
d0351435_19334004.jpg

リビングの壁面リセットで取り外した

余りものたちはここ玄関にて、再利用^^

d0351435_19333932.jpg

飾り棚として使っていたラックに手を加え、

手提げバックを収納する

壁掛けフックラックを作りました^^

d0351435_19333939.jpg


もとの姿はコレ

ブログを始めてからずっとこの壁に居続けた主。

10年ぶりに取り外されました。

この家のDIYを見守り続けてきた主殿を

手放すことなんてできませぬ!

d0351435_19555094.jpg

板とフックを買ってきて

d0351435_19555125.jpg

板を組み合わせ、ブラケットの位置を変えて

フックを取り付けました。

d0351435_20001359.jpg

全面に水性ウッドステインを塗布し、

アンティーク塗装を施しました。

使った塗料

・ 水性ウッドステイン(オパンコール)
・ ミルクペイント(ヘンプベージュ・クリームバニラ)

d0351435_20001390.jpg

最後に水で薄めた水性ウッドステインを全体に

薄くのばして

d0351435_20032257.jpg

完成!

アンティークベージュに日焼けした風合いが

フレンチシックな壁掛けラックができあがりました^^

d0351435_20032153.jpg

フックとフックの間隔はできるだけ余裕を持たせ、

バスケットも吊り下げれるようにしました。

バスケットは夏に限らずオールシーズン使うので、

玄関が指定席^^

ラックフックに収まりきらないバックは

クロゼットの中ですが、靴箱リセットと一緒に

玄関クロゼットに収容できるようにしたのです。

( 待ち遠しいなぁ ー )

大型家具は師匠に頼まないと進まないので、

こちらもワナワナ待機中。

逸る気持ちを抑えて・・・

まずはリビングの方をやっつけなくては!








by pinkpinkolife | 2017-02-02 06:46 | DIY(木工) | twitter | facebook

d0351435_17525089.jpg

子供達の夏休みも残りわずか。

愛媛から戻ってくる日が近づいてきました。

毎朝電話口から聞こえてくる

子供達の元気な声、

「 大阪には帰らん! 」

二人とも、

もう愛媛に住む気でいるらしい。

d0351435_17525033.jpg

さてさてそんな長かったようで

やっぱり短かった一人(二人?)暮らし。

子供達がいない間に

やらなくてはいけないことが

まだまだ残っていて。

ゴミ屋敷みたいな

リビングもどうにかこうにかしなくちゃ。

今回どうにかした場所は

散らかり放題のほうじゃなくて

こちら


d0351435_17525019.jpg

ディスプレイテーブルとして使っている

リビングテーブル。

キャベツボックスの上に天板を乗せ

簡易テーブルですが、

どうしても板のひずみが気になると

師匠が言うので

d0351435_17525070.jpg

天板をリメイクしてもらうことに。

d0351435_17525078.jpg

上半身がないだけでえらくすっきり。

いっそのこと

ボックスを重ねてシンプルな本棚に

したらいいんじゃない。

と思うけど、

やっぱりそれだけでは雑貨の置き場が

足らなくなってしまうので、難しい。

d0351435_17525015.jpg

置き場がなく机の下に隠れてしまっている

存在感の薄い

12連引き出しのキャビネット。

d0351435_17525005.jpg

ヤクルトの空きカップで作った脚と

( 丸棒を容器でカバーしています )

ダンボールとかまぼこ板で作った引き出し。

この家は

不要品のオンパレード。

d0351435_17525090.jpg

さてさて

新しく作ってもらった天板を早速

キャベツボックスの上に板を乗せてみました。

d0351435_17525038.jpg

引き出しが本当に使えたらいいんだけど、

これは見せかけです。

釣りが忙しくてそこまでは

やってくれませんでした。

d0351435_17525037.jpg

雑貨を元の位置に戻しました。

机の上に何もない写真と見比べると

どうにもこうにも汚いなぁ ( 汗 )。

それは追々考えていくとしよう ・・・ 。









by pinkpinkolife | 2015-08-26 06:46 | DIY(木工) | twitter | facebook

d0351435_17510528.jpg


リビングのディスプレイテーブルに置きました。

実はこの引き出し棚は

アトリエの作業机の収納用にと作ったもの。

しかし 、、、

今の作業机はとても棚が置ける状態ではありません ( 汗 )

収納よりもまずは机の上の物を撤去するところから

始めねばならないのです。

気を許すとあっという間に

色々な物が重なり山をなし、

時には雪崩まで起こし ( イライライラッ )

床の上にまで散乱する ( キーーーーーーーッ! )。

ああ、、、収拾が付かないこの机の上、

道具一式を収容できるものが欲しい、

そう思って作ったのに。

持ち場に着くまでまだ時間がかかりそうなので、

今空いているリビングテーブルに仮置き中です。

d0351435_17510580.jpg

縦3 × 横4 12個の引き出しがあるので

分類分けしてお片付けできます。( ウキウキ♪ )

クリアケースだというところが最大のポイント!

中身を確認できないと

私の場合すぐに忘れてしまいますからね。

d0351435_17510564.jpg

キャンドゥのプルケースは枠に

ストッパーが付いていないので、

クリアケースをそのまま引き出すことができます。

ペイントする時も楽だし、

ケース単体で使うこともできるので

用途の幅があり、便利です ☆

d0351435_17510527.jpg

ケース(枠付き)はひとつ100円だから、

12個買っても1200円 ( +税 ) ^^

一個使いよりも、重ねて使うと壮観です。

d0351435_17510558.jpg

さて

見て見ぬ振りをしてきたアトリエの大掃除も

( 半期に一度のアトリエ大掃除 )

そろそろ時期がきたようです。

子供達には

早く片付けなさい!

とえらそうなことを言っているのにね ( 苦笑 )

今週中には引き出し棚をアトリエに移動できるよう、

何とか頑張りたいと思います><









by pinkpinkolife | 2015-01-27 11:00 | DIY(木工) | twitter | facebook

d0351435_17510501.jpg

簡単 ☆ スグデキ!

3 × 4 段透明引き出し棚の作り方

d0351435_17510559.jpg

中途半端な状態から一ヶ月。

年末から放置していた引き出し棚が

ようやく完成しましたので、

作り方を紹介していきます ^^

材料はパイン集成材( 家にあったもの )と

キャンドゥのプルケース。

d0351435_17510556.jpg

プルケースは12個。

d0351435_17510519.jpg

縦3 × 横4 にケースを並べたサイズに木をカットし、

引き出しの外枠になる木箱を組み立てます。

d0351435_17510554.jpg

ここでプラスワンポイント ☆

木枠が完成したら、

天板と底板の側面にヒノキ工作板を

両面テープで貼ります。

厚さが2mmの工作板はカッターで

簡単にカットできるのでアクセント使いにぴったり ^^

d0351435_17510542.jpg

2mmの段差ができるので、

フラットな感じがなくなり、

格段に見栄えがよくなります。

d0351435_17510535.jpg

箱が完成したら色を塗ってききます。

が、その前にもう一手間。

木工パテでネジ穴を隠します。

d0351435_17510547.jpg

チューブからパテを絞り出し、

ヘラで空気を押し出すように溝を埋めていきます。

ネジ穴が隠れ、何ごともなかったようになります ^^

d0351435_17510598.jpg

パテが硬化したら、色を塗っていきます。

ペイントによってそのものの印象が

大きく変わるので、色塗りは慎重に。

水性ステイン ( オーク ) を全面に塗布後、

ライトグレー ( 水性ペンキ ) を塗ってききます。

ここでプラスワンポイント ☆

古材風ペイントのやり方は色々ありますが、

私はザ ・ ベタ塗り!

刷毛に塗料をたっぷりとり、

ベタっとラフに伸ばしていくのです。

刷毛先ではなく、腹の部分でベッタベッタと豪快に。

こうするとほどよくまだらな部分ができ、

自然な経年劣化の風合いがでるのです。

d0351435_17510504.jpg

ベタ塗りのペンキが完全に乾いたら、

ここでも、ペイントワンポイント ☆

水溶き絵の具で、さらに古材感を出します。

水溶きペイント関連記事






come home !vol.38 で紹介している

両面引き出しシェルフも同じ色を使っています。

d0351435_17510515.jpg

プルケースの引き出し枠には

アイアン風ペイントを施し、

無骨な表情を出しました。

アイアン風ペイントも古材風ペイントも

おもてなし本で紹介していますので

そちらも是非ご覧ください ^^

さてこのプルケースの引き出し枠、

こうやって積み重ねてみると、

ハッ Σ(゜д゜)!!

この形は ・・・ !




d0351435_17510522.jpg

ぽんたが喜びそうッ !

トミカワールドの収納にぴったりな

ミニカーの立体駐車場にぴったりじゃありませんか ☆

ぽんたに譲ろうか、、、

本気で悩んだ10分間 ( 笑 )

でも引き出し棚を必要としている場所があるので、

今回はそちらを優先します。

d0351435_17510574.jpg

木枠にスポッとはめ込んで

d0351435_17510549.jpg

透明ケースの底に画用紙を敷いて ( 汚れ防止 )

完成 ~ ☆

簡単 ☆ スグデキ!

本格DIY 木工は敷居が高すぎるのという

私のような初級者さんでも簡単に作れちゃう

引き出し棚ができました。

是非お試しください ^^

続きはまた明日 ~









by pinkpinkolife | 2015-01-26 11:24 | DIY(木工) | twitter | facebook

d0351435_17510227.jpg

端材と

d0351435_17510255.jpg

キャンドゥのプルケースで

d0351435_17510297.jpg

引き出し棚を作っています。

あとはペイントするだけ。

のはずが、、、このままの状態で

1ヶ月ほど放置されています。。。

明日はさて完成!の時にちょうど

お仕事の話をいただいたので、

完成間近の蛇の生殺し状態。

う ~ ん、

早くすっきりさせたいッ!

と今日は一ヶ月前に撮ったプロセス写真の一部を紹介しました。

週末に色を塗って来週アップします m(_ _)m  

中途半端 ~ 。




昨日一昨日は私の独りよがりでくだらない回想日記に

お付き合い下りありがとうございました。

昔の自分をここで振り返るのは昨日までと

思っていたのですが、昨晩田舎の親友から

メールが届きました。

このブログにもよく登場するY子。

関連記事 → 30年越しの親友

「 記事を見ながら、私も一緒に

あの頃にワープして懐かしい気持ちになったよ 」

とても嬉しい内容のメールでした。

私以外にも、このブログで懐かしい気持ちに

なってくれた人がいたなんて!と嬉しくなり




d0351435_17510285.jpg

今日も出しました。

1995年 今から20年前、

高校一年生の時のスケジュール帳です。

プチ日記やプリクラが貼られている、

女子高生らしいスケジュール帳です。

時間のあるときに暇つぶしに見返そうと、

自分の楽しみの為に

漫画と一緒に持ち帰ったものでした。

笑える笑える。

d0351435_17510277.jpg

カラオケにしか行ってないんです!

どんだけストレスたまってたんだというくらい、

カラオケスケジュールでびっしり ( 笑 )

しかも

字、汚ッ!

d0351435_17510204.jpg

ウィークリースケジュールの欄には

プチ絵日記を書いていたようです。

期末テストが終わって「 一福 」 という甘味屋さんで

クリームあんみつを食べて喜んでいる日記がありました。

一福 ・・・ 懐かすぃ。

( まだあるのかな )

読書感想文を書くために走れメロスを読んだが

よくわからなかったことなどなど、

日記を読み返さないと

一生思いださないような些細な出来事が

ぎっしり書き込まれていました。

不思議なことに、日記や写真を見ると、

忘れていた記憶がすぐによみがえるんですよね。

昔を振り返るということは、

今の自分のことを再認識する意味でも、

とてもよいことではないかと思います ^^

d0351435_17510252.jpg

学生なので勉強のことも書いていますが、

だらけたり怒ったり、ひぃ~となったり、

あまり芳しい様子ではなかったようです。

↑ 一番下のイラストは怒髪天。

ものすごく怒っています。

数学のF ティーチャーに本来なら90点のところを

式に書き忘れがあったので−20点されたのが

よっぽど頭にきたみたい。

この時はもちろん抗議しました。

「 先生!抜けている式はこの裏面のここに書いています! 」

「 裏なんかに式を書いたら

いかんのぢゃーーーーーーーーー!!!」

点数はあがらず。

思い出しただけでムムっとなってきました ( 笑 )

けど、F ティーチャーにはすごく感謝しています。

なぜなら F ティーチャーのおかげで

数学の偏差値だけは高かったのです。

( 他はまるっきりダメ ( 笑 ) )

鬼のような先生でしたからね、

数学は猛勉強しましたよ。

・・・ でも

なんだかおかしいですね。

小学校の頃描いていた漫画と

随分タッチが変わってきたような、




d0351435_17510290.jpg

before

小学6年生の時






d0351435_17510235.jpg

after

高校1年生の時

う  ~ ん?

絵もそうだけど字もすごく下手になっているような。

小学生の時は絵もリアルな描写で、

まるっこくてかわいい~女の子字を描いていたのに。

↑ あ、このイラスト?

なんで パァ ~ ッ ・・・ ってなっているのかって?

この日は模試の日だったけど、

腹痛と腰痛で朝から不調だったみたい。

テスト中におトイレに行きたくなったらどうしようと

悩んでいたけど、どうやら無事だったようです。

神様仏様と晴れ晴れしい表情で感謝しているので、

よっぽどおトイレのことが心配だったのでしょう。

無事にテストを受けれてよかったよかった。

さて 

なぜこんなミミズが這うような字を書くようになったのかを

掘り起こしてみると、

そこにはちゃんと理由があるのです。

実は F ティーチャー。

先程も登場した数学の鬼、この人こそ、

無駄なことに時間を使うなと教えてくれた恩師なのです。

少女文字など数学に必要なし!

センター試験ではスピードが命じゃぁ!

数学の鬼にそう教えられ、

その結果 ・・・

このような字しか書くことができなくなったのです。

伴って、描く絵もね ( 笑 )

でもね F ティーチャーにはすごく感謝していますよ ^^

中学生までは数学が苦手でしたが、

高校生になって数学が得意科目になり、

そしてこのおかしなタッチのイラストも

お仕事にいかせるようになりました。

思い起こせば、小学生の時のバスケのコーチも

とても厳しい方でした。

おかげで、何事にも諦めないというド根性と

走り続けるという忍耐力や持久力が備わりました。

甘い先生から教わったことは

何ひとつ身についていませんが ( 覚えてもない? )

厳しい先生との出会いは

間違いなく今の自分に繋がっています。

厳しく教えてくれる人がいるということは

とてもありがたいこと。

今の先生は、ズバリ!師匠です 。

この人も ・・・

そうとう 厳すぃ ーーーーーーー!!!

d0351435_17510273.jpg

昨晩メールをくれた Y 子に

誕生日プレゼントを用意した時の日記です。

手作りのビックリ箱を渡したらしい。

・・・ なぜ ( 笑 )

しかし本当に書く物全てが雑。

d0351435_17510281.jpg

ページの余白にはコラージュが。

↑ 宇宙百貨という雑貨屋さんの紙袋の切り抜きなど

当時を懐かしむアイテムいろいろ。

もしかして、

おばさんになってもあなたこれ見返すでしょ?

と予知していたのかと思うほど。

d0351435_17510262.jpg

そうそう 

萩原聖人さんが好きだったのよね ~ (´∀`*)

なんて懐かすぃ!

と20年前にワープしていたら

こんな時間の更新になってしまいました。

d0351435_17510232.jpg

Mac の方からは

プリンターがフル回転中。

ガガガ ーーーーーーー

ピィ ーーーーーーーーーーーーーー!!!

インク切れ早すぎて

イラっとしてしまう。 ( 忍耐力あるはずなのに ( 笑 ) )

この日の記事も20年後には

懐かしい、あの頃は ・・・

なんて見返している自分がいるのでしょうか。

その頃 pink pinko life の管理人は

57歳のおばあちゃんになった私。

頑張って継続しなければ!

さてお仕事の方も山場を迎えております。

スピード、忍耐力、持久力!

恩師に教えてもらったことを教訓に

今週いっぱい頑張ります☆









by pinkpinkolife | 2015-01-22 14:38 | DIY(木工) | twitter | facebook

d0351435_17505974.jpg

新年早々端材処理に勤しんでいる師匠。

黒 × 茶 男前ツートンの収納ラックを作ってくれました。

今年の端材DIY 家具





d0351435_17505928.jpg

上下たっぷり収容できる2段ラック。

そうそう ・・・ !

増え続ける本を

ガサっとラフに収納できる

こんな収納ラック ・・・ 欲しかったのよ ☆

10年も一緒にいれば言葉にせずとも、

阿吽の呼吸で繋がっているんやね。

d0351435_17505965.jpg

しかし端材だけでよくもここまで作れるものね。

私のいい加減DIYと違い、

上からみても

下からみても

ひっくり返してみてみても、

師匠のDIYは完璧です。

d0351435_17505924.jpg

しかもコロまでつけてくれているので、

非力な女性でもす~いすい移動できちゃう ♪

そういう便利さもちゃんと考えて作るところも

師匠らしい ^^

d0351435_17505943.jpg

いずれリビングも作業部屋のように、

ブックカフェ風にしたいと思っています。

今年の春はさくらんぼ姫に一人部屋を

作ってあげる予定なので、今さくらんぼ姫が使っている

和室はぽんた部屋になります。

そうなると、リビングは私の独り占め ~ *^^*

子供達がテレビを見る時間以外は

ザ・ブックカフェ☆まったりし放題~

ぐふふふふ ~ 

d0351435_17505959.jpg

春にはベランダ改装に加え

部屋の中もあちらこちらに

変化がありそうです ^^

さくらんぼさんと師匠は二人で

北部屋の洋室を。

私はリビングの改装を。

今年の春は家族総出で DIY !!

師匠の作ってくれた新しい収納棚で

ますます気分が乗ってきました!

いいね、これ .。゜+.(・∀・)゜+.゜

とっても使いやすいよ!





「 は?あんたのではないけど。」





d0351435_17505967.jpg

またもや ぬか喜びッ Σ(‾ロ‾|||)

そうよね、、、

ぽんたの部屋作りも同時進行しなきゃだものね。。。









by pinkpinkolife | 2015-01-14 06:46 | DIY(木工) | twitter | facebook