カテゴリ:エコリメイク雑貨( 199 )

| twitter | facebook
d0351435_06323696.jpg

捨てられなかったモノ

d0351435_06323629.jpg

手を加え、

さらに手放せなくなってしまった。。。

before


d0351435_06323660.jpg

塗料が残りわずかだったペンキ缶。

余った塗料を小瓶に移し替え、

空き缶を処分しようと思ったのに

d0351435_06392114.jpg

塗ってしまいました。

d0351435_06392148.jpg

コーヒー液で汚し加工を施したならば、

たちまちアンティーク^^

d0351435_06444025.jpg

コーヒー液なし        コーヒー液塗布

d0351435_06444067.jpg

仕上げにセリアの転写シートで

男前グラフィックを加えたら

d0351435_06465552.jpg

簡単 ☆ スグデキ!

ペンキの空き缶がおしゃれな

マルチポットに変身しました^^

d0351435_06465573.jpg

工具入れやツールスタンド、

収納は後回しで、そこにあるだけでも

ハッピーになるリユースアイテムができました。

d0351435_06465467.jpg

形は同じでも表面が変わるだけで

イメージがガラリと変わります^^

使用後もそのまま飾れる、おしゃれな

ペンキ缶が増えるといいのになぁ~。

d0351435_06522454.jpg

ちなみに今回使用したのはこの4色



d0351435_06522467.jpg

DIYで使い終わったペンキ缶があったなら、

簡単☆スグデキ!

収納にも、インテリアにも、

そしてガーデニングにも使える

便利なマルチポット、

是非お試しください^^








by pinkpinkolife | 2016-05-16 07:13 | エコリメイク雑貨 | twitter | facebook
d0351435_05362812.jpg

今日は幼稚園と小学校の始業式。

年長さんと6年生、

ふたりとも最高学年になるけども

あと1年という気が全くしません~。

来年の今頃は2人の入学式で、

バタバタしてるんだろうなぁ。。。

d0351435_05362936.jpg

気持ちも新たにリフレッシュして挑みたくなる4月、

部屋の中にも彩り豊かな春を添えて

気分を盛り上げていきたいものです ^^

さてさて、今日はそんな今の気分にぴったりな

エコリメイク雑貨を紹介します♪

d0351435_05362818.jpg

植物が生き生きと芽吹く春、

我が家のベランダでも、冬場おとなしかった草花たちも

エネルギーに溢れ、とても活動的です 。

上へ上へ伸びる草花たちに

インスピレーションをもらって、

手のひらサイズのフラワーポットを作りました。

生命力に満ちた植物の姿を 縱 に楽しむことができるので、

狭小スペースでもかわいくおさまります。

そして、まるっこいベースフォルムが、

忙しい日常に疲れた心を

まぁるく 癒やしてくれるんです ^^

材料はコチラ


d0351435_06010848.jpg

空き缶(ボトル型)と剣山 

たったこれだけ!

d0351435_06203604.jpg

作り方もとっても簡単です☆

ボトル缶をハサミでチョキチョキして

カットしたパーツを組み立てるだけ!

だけど、

ここでワンポイント☆

マスキングテープやマルチプライマー

リメイク雑貨に欠かせないお役立ちアイテムを

作業プロセスに加えてやることで、

完成度がグンと上がるんです!

d0351435_06283196.jpg

普段は捨ててしまうような空き缶ですが、

ひと手間プラスしてやるだけで、

かわいいフラワーポットに大変身です ^^

窓辺にズラリと整列させて、

部屋の中に小さな花畑を作っても素敵 ♪

d0351435_06010846.jpg

今日紹介したフラワーポットは

日刊住まいsumaiで詳しい作り方を紹介していますので

是非そちらでご覧下さい^^

気分も春の装いに ・・・ 

簡単 ☆ スグデキ!





by pinkpinkolife | 2016-04-08 10:59 | エコリメイク雑貨 | twitter | facebook
d0351435_05430631.jpg

~ + セリア転写シールで作る転写雑貨。

一週間にわたってあれにもこれにもと

紹介してきましたが、いかがでしたか^^

今日は転写雑貨最終回、

こんなものにも ・・・ 転写!

d0351435_05430683.jpg

空き瓶に色を塗って

転写☆

d0351435_05430681.jpg

ヨーグルトの空きカップの側面に

カードリングを差し込んで作った

マグカップ風ポットに

転写☆

d0351435_05430610.jpg

使い古した刷毛にも

転写☆

d0351435_05430520.jpg

普段捨ててしまう不要品も

色を塗ってグラフィックを加えるだけで、

いつまでも側に置いておきたくなる

愛おしい存在になります。

d0351435_05430551.jpg

廃品だっておしゃれに変身!

これもひとえにセリアの転写シールのおかげです^^

今後のシリーズの展開も楽しみですね!!

転写シール バンザイ ☆








by pinkpinkolife | 2016-02-27 07:22 | エコリメイク雑貨 | twitter | facebook
d0351435_14354382.jpg

今日は端材にプラス 転写シール!

DIYで使い残した中途半端な板材に

セリアの転写シールを貼って作る、

ウッドオブジェの作り方を紹介します^^

d0351435_14354300.jpg

普段捨ててしまうような端材でも

ストックしておくといざという出番があるもの。

ペイントして転写シールを貼るだけで

簡単 ☆ スグデキ!

材料は板の端っ切れ


d0351435_14354479.jpg

DIYで使い残した木板たち。

檜、桐、パイン、木材質はさまざま。

d0351435_14354439.jpg

作り方は簡単、

板にペイントして転写シールを貼るだけ!

d0351435_14354427.jpg

転写シールの魔法で、

端材があっという間に手放せない一点物になりました。

d0351435_14354376.jpg

さらに転写した印字部分を削ったり

ワックスを擦り込んだりして

経年を意識したエイジング加工を加え、

味わいのある表情に仕上げます。

d0351435_14441856.jpg

木板の裏にL字フックを接着して

スタンドにするのもよし

d0351435_14441749.jpg

役にたたないと思われがちな端材でも、

アイデア次第でさまざまな楽しみ方ができるんです!

d0351435_14441774.jpg

かっこいいフックが欲しければ

L字フックと端材で作ってしまえばいい!

壁面アレンジだっておちゃのこさいさい☆

材料費は十円玉数枚で完結です☆

d0351435_14441796.jpg

使った転写シールは

キッチンシリーズとメタリックシリーズ、

そしてタイポグラフィシリーズ。

d0351435_14441823.jpg

切れっぱしだってクリエイティブ!

端材 + セリア転写シール

是非お試しください^^








by pinkpinkolife | 2016-02-25 06:46 | エコリメイク雑貨 | twitter | facebook
d0351435_05233071.jpg

今日は紙箱をプチアレンジ☆

おうちで眠っている空き箱で今すぐできちゃう

簡単リメイクを紹介します^^

空き箱にほんのひと手間加えるだけで、

クールでスタイリッシュな収納道具に変身です!

d0351435_05233000.jpg

ひとつよりふたつ、

ふたつよりみっつ、

できればもっともっといっぱい!

「箱」は集合体が断然かわいい!

before はコチラ


d0351435_05233025.jpg

空き瓶歴も長いけど、

空き箱収集歴もまた。

中学生の時には既に開眼していたので

愛好家歴は20年以上。

d0351435_05233032.jpg

形状もいろいろで、見ているだけで楽しい。

( 入れ物が本当に好き。。。 )

今回は被せ蓋が浅い箱と深い箱、

ふたつのタイプをリメイクします。

-------------------    作り方   --------------------

d0351435_05233029.jpg

A 浅い蓋           B 深い蓋

1 ラベルのサイズに合わせてカッターで側面を切り抜く(中窓)

A 箱本体の側面を切り抜く

B 蓋の側面を切り抜く

d0351435_05233028.jpg

2 表面を黒、内面を白く塗る

d0351435_05525741.jpg

3 ラベルを貼る

(ラベルは中窓より一回り大きめのものを用意しておく)

A ラベルの表縁に両面テープを貼り、

箱本体の内面に貼る

B 蓋を被せた時、中窓からラベルが見える位置に

箱本体の表面に貼る

d0351435_05525763.jpg

完成です!

中窓ラベルが立体的で貫禄のある

ペーパーボックスができあがりました^^

d0351435_05525723.jpg

収納道具というより入れ物の魅力に惹かれるので

空き箱や空き瓶、、、

空き容器を見ると心が躍ります。

なぜなら

「パッケージ」がたまらなく好きだから☆

ついつい無駄に増えてしまううちのパッケージ。

あの手この手で

この先も慈しんでいきたいと思います。

d0351435_05525706.jpg

捨ててしまう空き箱にほんのひと手間・・・。

是非お試し下さい^^








by pinkpinkolife | 2016-02-12 06:46 | エコリメイク雑貨 | twitter | facebook

d0351435_07040483.jpg

先週末は珍しくお掃除スイッチが入り、

冷蔵庫の見直し作業をしておりました。

食材の買い出しは週始めに一度(多くて二度)、

週末になるとすっきり、

今がチャンス!なのです。

( 部屋の中は騒がしいけど、冷蔵庫内だけは

意外とすっきりさんなのです^^ )

賞味期限切れの調味料瓶も全て撤収、

冷蔵庫内だけみると、あらま、ミニマリスト☆

あとちょっとが使い切れなかった

豆板醤やラム酒、まだ期限切れ前だけど

開封してからしばらく経っているジャムや佃煮のり、

庫内を見渡すと、無駄に冷やしすぎなものが

多いことに気付きます。

勿体ないけど中身を捨てて容器を洗浄、

そしてこれからが第二のお楽しみ、

タイトルにも書いた「空き瓶を楽しもう!」です!!

d0351435_07040400.jpg

~ 空き瓶LIFE ~

空き瓶愛好家歴うん十年。

中身を捨てることができても空き瓶は捨てられないんです。

可愛いラベルの空き瓶はラベルを剥がさず

そのまま使いが一番かわいい♪

d0351435_07040466.jpg

背の高いボトル瓶や円柱型のガラス容器は

シンプルにペイントしてインテリアオブジェに。

d0351435_07040534.jpg

収納やボタニカルアート、アイデア次第で

いかようにも活用できる空き瓶アレンジは、

もはや私のライフワーク。

空き瓶を捨てるだなんて選択肢はありません!

d0351435_07040582.jpg

容器もひとつひとつを観察していると、これまた楽し。

例えばボンヌママンの小瓶は小さなパーツの

分別にぴったりのサイズ。

( 蓋は黒くペイントしています )

瓶を逆さにしてみると

見て、カヌレのよう。かわいい!

d0351435_07040423.jpg

普段手放してしまいがちな空き瓶ですが、

ほんの少しアレンジを加えるだけで

愛着のある自分だけのオリジナル雑貨になるんです。

たかが空き瓶、

されど空き瓶、


捨てるのちょっと待って!

「空き瓶」がアッと驚くインテリア雑貨に大変身!


d0351435_07040467.jpg

この度縁あって、 Sumai (日刊住まい)さんで

記事を執筆させていただくことになりました。

初回は塗料が定着しないガラスにペイントする時のコツや、

知っていると便利な空き瓶リメイク法を紹介させて頂きました。

Sumai(日刊住まい)さんは扶桑社さんが発行している

情報誌「Sumai(住まいの設計)」の姉妹サイトとして

去年4月にできたばかりの情報総合サイト。

家づくりだけでなく、インテリアやDIY、収納や雑貨など、

生活全般に渡ったイロハを詳しく解説されている、

アイデア満載のサイトです!

サイト内では弁護士さんや整理収納アドバイザーさん、

専門家やプロの方々がご執筆されているので、

暮らしに役立つ情報を沢山吸収することができます。

そんな著名な方々がご執筆されている中で、

私なんぞごく普通の主婦がよいのかしらという

思いがありますが、僭越ながら今月から

記事を書かせていただくことになりました。

私の担当は簡単なDIYやリメイク雑貨。

普段ブログで紹介しているような内容ではありますが、

サイトではブログ内で紹介しきれない細かな内容を

掘り下げて書いていこうと思います。

今後は100円リメイク雑貨の魅力や

詳しいペイント法など、アイデアと技法を

織り交ぜながら記事を書いていきたいと思います。

不定期ではありますが、

こちらもご覧いただけると嬉しいです^^

手をかけた空き瓶作品を長く大切に使うには、

ほんの少し下地の処理が必要です。

空き瓶といいお付き合いをするコツは

是非こちらでご覧ください☆










by pinkpinkolife | 2016-02-08 10:22 | エコリメイク雑貨 | twitter | facebook

d0351435_17533677.jpg

灯しびとの集いの帰り道、

大仙公園で拾った

色とりどりの落ち葉。

幼稚園の工作の時間に使うというぽんたと

一緒に沢山集めてきました ^^

d0351435_17533726.jpg

沢山収集した落ち葉やどんぐりは

紙袋にいっぱい詰めて

ぽんたが幼稚園へ持って行きました。

私は残った落ち葉をかき集めて、

秋の落ち葉インテリア作り ^^

d0351435_17533742.jpg

フレームに秋色落ち葉を閉じ込めて作った

2015年落ち葉標本。

d0351435_17533751.jpg


紅茶とコーヒーで染めたクラフト紙を台紙に

落ち葉とカードをテーピングした落ち葉カード。

d0351435_17533721.jpg

クヌギの殻斗は

ディスプレイオブジェにもぴったり ^^

d0351435_17533755.jpg

残った落ち葉はよく乾燥させて

ガラス瓶の中に。

去年も同じように煮沸したどんぐり

ガラス瓶に入れて眺めました。

落ち葉は煮沸する手間が無くてらくちん ^^

d0351435_17533799.jpg

今頃幼稚園でも

かわいい落ち葉アートしてるかしら ^^

秋ならでは、

親子で楽しめるアートクラフトです 。

d0351435_17533703.jpg


ちなみにこれは4年前にフレーミングした落ち葉。

さくらんぼさんが公園で拾ってきた

落ち葉をガラス板で挟んだものですが、

色が随分抜けて

こっくりとしたアンティーク色になりました。

4年前の写真


d0351435_17533790.jpg

関連記事


d0351435_17533788.jpg

d0351435_17533776.jpg

関連記事


d0351435_17533782.jpg

秋の公園は

インテリアになる素材が沢山落ちています ^^

本格的な寒さが深まる前に収集しとこ☆









by pinkpinkolife | 2015-11-19 06:46 | エコリメイク雑貨 | twitter | facebook

d0351435_17532494.jpg

今日は古物風リメイクには欠かせない

「 赤サビ 」 の作り方を紹介します ^^

d0351435_17532473.jpg

使う絵の具は3色だけ。

簡単 ☆ スグデキ!

今回の材料はコチラ


d0351435_17532443.jpg

トマトソースのキュートな空き缶

d0351435_17532427.jpg

-------------------------    作り方   -------------------------

1 空き缶にベース色を塗る

2 ブリリアントオレンジとローアンバーの混色を

スポンジに染みこませ、押し当てるように着色する。

※ 缶の縁など、塗料が剥がれそうな

部分を意識して塗布するとリアル感が出ます

d0351435_17532413.jpg

3 (2)の塗布部の上にローアンバーを

スポンジで叩き塗りする。

※ (2)を塗りつぶしてしまわないように

d0351435_17532449.jpg

4 (3)の塗布部の上にバーストアンバーを

スポンジで叩き塗りする

※ (3)を塗りつぶしてしまわないように

d0351435_17532456.jpg

5 アクセントにラベルを貼る

d0351435_17532454.jpg

完成です ☆

雨ざらしにされ、塗料が剥がれた部分に

赤サビが発生したジャンクな缶(風)ができあがりました。

d0351435_17532486.jpg

ポイントは塗料を塗り重ねる順番。

 ブリリアント オレンジ ( リキテックス )


ローアンバー ( ターナー )


バーストアンバー ( ターナー )

サビの中心部分は濃色(バーストアンバー)、

外に広がっていくにつれ薄色(ローアンバー→オレンジ)に

変色するグレデーションを作ると

リアルな 「 サビ風 」 を作ることができます。

d0351435_17532470.jpg

ちなみにこちらは 「 真鍮風 」。

鈍く光るアンティークカトラリーを

イメージした味わいのあるペイント法です。


関連記事



作りたい素材は絵の具を塗り重ねることで

簡単に作ることができるんです。

d0351435_17532450.jpg

とくにエイジング塗装は簡単!

ごまかしが効くので、雑に塗ったって

汚れがいい風合いに転じることも。

塗料で描写を付けていくのも楽しいので、

作業も苦になりません。

難しいのは ベタ塗り。

これは私もとても苦手です。

( 性格が現れるとも思っています。)

例えば刷毛跡。

毛先が開いてしまった刷毛で塗ると

刷毛の筋が入ってしまい、

よく見るととっても無様。 ( ↑ 写真上 )

ごまかしの効かないベタ塗りこそ、

技術を要するペイントだと思っています。

d0351435_17532463.jpg

それに比べエイジング塗装は

いくらでも塗り重ねてごまかしが効くので

失敗など気にせず強気で攻めることができます。

赤サビ風だって簡単!

不衛生な錆は苦手という師匠のような(笑)方も

絵の具の錆なら安心です☆

是非 お試しください ^^









by pinkpinkolife | 2015-10-26 06:59 | エコリメイク雑貨 | twitter | facebook

空き瓶+ドライフラワー

d0351435_17532204.jpg

公園に行くと、紅葉と落ち葉が

ちらほらと見られるようになってきました。

お外にナチュラルカラーが広がるこの季節、

部屋の中にもそんな秋色を取り入れた

模様替えがしたくなってしまいます ^^

d0351435_17532210.jpg

紫陽花やミモザ、ユーカリ、、、

生花の見頃を終え草花は

逆さ吊りの刑にしてナチュラルドライに仕立てます。

色とりどりの花や実モノも、

ドライにすると落ち着いたシックな

雰囲気になるので、

秋インテリアにはぴったりのアイテムです。

d0351435_17532226.jpg

どんな容器とも相性がよいドライフラワー。

いつもは捨ててしまう空き瓶との組み合わせも、

ナチュラルアンティーク ♪

ガラス瓶の中に閉じ込めて作る

スモールワールドも、この季節にぴったりの

オススメ アレンジです ^^









by pinkpinkolife | 2015-10-21 06:46 | エコリメイク雑貨 | twitter | facebook

d0351435_17531784.jpg

不要品も捨てずに活用 ♪

今日は空き瓶を使って作る

壁掛け一輪挿しの作り方を紹介します ^^

d0351435_17531782.jpg

ワンピースのようなAラインが

かわいいこのボトルは

青じそドレッシングが入っていたもの 。

「 ザ・空き瓶 」の気になる瓶口ネジの部分は

キャップが隠してくれているので、

新たにネジ隠しをする必要もなし。

簡単 ☆ スグデキ!

before はこちら


d0351435_17531747.jpg

裾広がりタイプのボトル瓶です。

瓶を傾けて注ぐドレッシングボトルは

縦長で手に持ちやすいタイプが多く、

その形状がとてもかわいいのです。

くびれがあったり、今回のように

傾斜がかかっていたりと、

寸胴でないところが、いいんです ^^

d0351435_17531771.jpg

-------------------------    作り方   -------------------------


1 キャップの蓋部分を切り落とす

2 切断面の角はカッターで処理する

d0351435_17531778.jpg

2 キャップ口2カ所に穴を開ける

d0351435_17531774.jpg

3 アクリル絵の具「海老茶」を塗る

※ 絵の具は少々はみ出しても大丈夫。

d0351435_17531750.jpg

4 黒とグレイッシュブルーを混色したものを塗る。

※ 下地(海老茶)を残すように塗ると

赤錆が見え隠れするアイアン風になります。

d0351435_17531792.jpg

6 水を含ませた綿棒ではみ出した塗料を拭き取る。

水性塗料はガラス瓶に定着しないので、

水に濡らすと簡単に塗膜を

剥がすことができます。

※ それとは逆に塗膜剥げが気になる場合は

着色前に下地剤を使うと定着がよいです。

d0351435_17531776.jpg

7 (2)で開けた穴にワイヤーを通し

持ち手になるようキャップに固定する

d0351435_17531713.jpg

完成です ^^

縦長でスレンダーなのガラス瓶は

枝ものとの相性がよく、

容器の中に見える

水と枝、そして小さなグリーンが

爽やかで涼しげ ^^

紫陽花など頭の大きい花の首を

瓶口にもたげることができるので

開口部が狭いボトルは

花器使いにもぴったりです。

d0351435_17531777.jpg

今使っているドレッシング瓶は

どんな形状ですか ^^ ?

ドレッシング瓶で壁掛け一輪挿し、

是非 お試しください ☆









by pinkpinkolife | 2015-10-09 06:46 | エコリメイク雑貨 | twitter | facebook