カテゴリ:エコリメイク雑貨( 199 )

| twitter | facebook
d0351435_10543039.jpg

今日は 昨日に続き不要品で作る

パカっと小箱をご紹介します^^

d0351435_10543001.jpg

茶筒のような円柱型がユニークな小箱は

フィンガースイーツなどを入れておもてなしにも。

今日の材料はコチラ


d0351435_10543079.jpg

・太巻きテープの芯

梱包テープとかガムテープとか。

d0351435_10542958.jpg

作り方は昨日とほぼ一緒です。

今回のポイントは塗装にステイン剤を使って

木製の質感を表現すること。

テープ類の紙管は吸水性があり、

ステイン剤がよく染み込みます。

使った塗料


d0351435_11034597.jpg

こっくりとした飴色がいい塩梅に仕上がりました^^

d0351435_11034596.jpg

今回はテープの芯を使いましたが、

小箱作りに使える不要品は他にもたくさんあります。

例えばこれ↑は

d0351435_11034581.jpg

これ。

d0351435_11063852.jpg

普段捨てちゃう紙管だって

d0351435_11063701.jpg

素敵に大変身なんです^^








by pinkpinkolife | 2016-09-21 07:47 | エコリメイク雑貨 | twitter | facebook
d0351435_15120532.jpg

今日は不要品を使って作る

インロー式小箱の作り方をご紹介します^^

d0351435_15120551.jpg

パカっと開くジュエリーケースのような小箱は

収納はもちろんのこと、ケースそのものを

オブジェのように見せることができる優れもの^^

d0351435_15120569.jpg

ディスプレイ用にも大活躍、置いておくだけでサマになる

インロー式小箱の材料はコチラ


d0351435_15152334.jpg

・セロテープの芯

・厚紙

--------------    作り方   --------------

d0351435_15152393.jpg

1 厚紙をセロテープ芯の外周、

芯幅の2倍の高さの長方形、

芯幅+5mmの高さの長方形に切り取る

d0351435_15152333.jpg

2 芯の断面に接着材をつけて

丸く切った厚紙を貼る

3 芯幅の2倍に切り取った厚紙(首)を貼る

d0351435_15251719.jpg

4 外面を塗る

使った塗料


d0351435_15251713.jpg

5 内面と帯を白く塗る

d0351435_15574169.jpg

6 ふたつの箱を首で繋ぐ

7 箱の内側に丸めた帯をセットする

d0351435_16322463.jpg

蓋の表面にセリアの転写シートで

グラフィックを加えて完成です!

d0351435_15574152.jpg

ペイントする色を変えると雰囲気も変わるので、

お好みのカラーで是非お試しください。

d0351435_16012133.jpg

カッターで芯の表面を削りコーヒー液で

エイジング加工を施せば、

アンティークな風合いが漂う佇まいに。

d0351435_16012119.jpg

材料はセロテープの芯ですが

d0351435_16090842.jpg

ひと手間かけることで

末永く愛着が持てるアイテムに変わります。

d0351435_16090897.jpg

買えば簡単だけど

手作りで製作したものは心の財産になります。

牛乳パック、空き瓶、段ボールに包装紙、

不要品と呼ばれて廃棄されてしまうものも、

私にとっては心の糧に必要なもの。

作ることは好きだし、楽しいです。

セロテープの芯ひとつでわくわくできるなんて

ラッキーですよね ー ♪

皆さんも手放す前に是非

もうひと遊びを楽しんでみて下さい^^








by pinkpinkolife | 2016-09-20 18:44 | エコリメイク雑貨 | twitter | facebook
d0351435_07443996.jpg

今日は空き瓶があっという間にアンティークトリップ!

塗るだけ、簡単!

サビ風ペイントがリアルな

アンティークガラス瓶の作り方をご紹介します。

d0351435_07443897.jpg

ビーズやチャームなどのアクセサリーパーツや

クリップなどのステーショナリーを分別収納したり、

植物なんかも実験室ぽくってマニアック!

d0351435_07443957.jpg

蓋をペイントするだけなので、

処分前の空き瓶で是非お試しあれ~☆

d0351435_07443958.jpg

--------------    作り方   --------------

d0351435_07443883.jpg

1 ベース色(黒)を塗る

2 茶系の絵の具をスポンジで叩き塗りする

使った塗料



d0351435_07530910.jpg

3 白の絵の具をビニール手袋にとり、

指先でこすりあわせる

d0351435_07530984.jpg

4 均一に絵の具がのびたら、触るようにして移着させる

d0351435_07530986.jpg

5 同じようにステイン剤を

ビニール手袋の表面に馴染ませる

使った塗料


d0351435_07574692.jpg

6 触ったり握ったりして

まんべんなくステイン剤を塗布する


赤錆風ペイントが完成です!

d0351435_07574637.jpg

以上の工程にアレンジを加えれば、

鈍い光を放つ青銅や真鍮のような

経年変化の質感を表現することもできます。

ポイントはメタリック系の塗料を少量加えること。

使った塗料


青銅風 ( CYPRUS ・ ANTIQUE SILVER )

真鍮風 ( 藍鼠・ANTIQUE SILVER )

d0351435_07574602.jpg

アルミキャップの空き瓶が

簡単☆スグデキ!

重厚感のあるアンティークアイテムに大変身です^^

d0351435_08052846.jpg

佃煮海苔やジャム瓶も、

廃棄前の空き瓶で是非お試しください^^


********** お知らせ **********
d0351435_10472659.jpg
『ART&DIYフェスタ』

9月24日(土)10:00~18:00
9月25日(日)10:00~16:00

会場:アーツ千代田3331、カラ―スパイス

入場無料(ワークショップは一部有料)

絵具やペイントに触れながらアートやDIYを楽しむ2日間。
お子さんから大人まで楽しめる様々な体験型の
イベントやワークショップをご用意いたします!
ミルクペイントやチョークボードペイントを
使ったワークショップも行います!

9月25日にはイラストレーターの中村祐介さんが
ゲストとして講演会をおこなって下さいます。

ご家族やご友人と一緒に気軽に遊びに来てください。

-------------------------------

ターナー色彩さん主催のイベントが東京で開催されます!

イベントのコンセプトは「色の学校」

会場には「 ART 」 と 「 DIY 」 の教室が

それぞれ設けられていて、そこでは

イラストレーターさんによる講座や

実際にペイントを楽しめるワークショップなどの

イベントが盛りだくさんだそうですよ!

芸術の秋!

ペイントDIYの秋です!!

会場の入場は無料なので、

是非遊びに行ってみてください☆

詳細はコチラをご覧下さい









by pinkpinkolife | 2016-09-07 08:16 | エコリメイク雑貨 | twitter | facebook
d0351435_06022430.jpg

今日は夏のインテリアアクセントにも

ぴったり、見た目も涼しげな

半透明ラベルの作り方をご紹介します^^

d0351435_06022497.jpg

見せる収納で自慢したくなってしまう

優しい乳白色のスケルトンラベル。

涼が欲しくなる今の季節にもオススメです。

今日の材料はコチラ


d0351435_06022422.jpg

・空き瓶

--------------    作り方   --------------

d0351435_06101398.jpg

1 片面に両面テープを貼った紙を

ラベルのサイズに切り抜く。

( 両面テープは剥がせるタイプの弱粘着性もの )

d0351435_06101308.jpg

そして今日の主役の登場!

「 くもりガラス仕上げスプレー 」

夏になるとなぜだか出番の多い

サマーツールです。

d0351435_06160874.jpg

2 (1)のシートをしっかり瓶に貼り付ける

3 スプレーを吹き付ける

d0351435_06160839.jpg

4 スプレー液が完全に乾いたらシートを剥がす

d0351435_06191196.jpg

5 転写シートでグラフィックを加える

d0351435_06191102.jpg

完成です!

マスキングされていない部分だけが

半透明な涼しげな質感になり、

まるでラベルシールを貼ったようになりました。

( 蓋は黒く塗りました )

d0351435_06191017.jpg

空き瓶がおしゃれな収納容器に大変身♪

くもりガラススプレーで作る半透明ラベル、

是非お試しください^^








by pinkpinkolife | 2016-08-12 07:01 | エコリメイク雑貨 | twitter | facebook
d0351435_11054232.jpg

今日は不要品にコンクリート風テクスチャを施して作る

レクタングルケースの作り方をご紹介します^^

d0351435_11054282.jpg

壁面の立体ディスプレイだって

オチャノコさいさい!

軽量なので画鋲がふたつあれば

簡単 ☆ スグデキ!

今日の材料はコチラ


d0351435_11054217.jpg

・ 長方形の箱

・ カラーボード(ダイソー)

・ 工作板

--------------    作り方   --------------

d0351435_11162864.jpg

1 箱面の横幅×縱幅-5mmにボードをカットする

( 2枚はボードの厚みを横幅に加算する )

2 工作板も同じようにカットする

( 工作板はカッターでカットできます )

d0351435_11162880.jpg

3 箱の側面に両面テープでボードを接着する

4 箱の底面サイズ(ボードの厚みを加算)に

カットしたボードを底面に貼り付ける

d0351435_11162839.jpg

5 コンクリート風ペイントを施す

d0351435_11240044.jpg

6 箱の外縁に工作板を接着する

( 工作板はステイン剤を塗布しました )

d0351435_11240055.jpg

7 アンティークワックスをところどころに

擦り込んで経年の風合いを

プラスすれば完成です!!

平置きの状態でも使えますが ・・・

d0351435_11270204.jpg

L字フックを支えに利用すると

壁面に浮かび上がるような

立体的なディスプレイを楽しむことができます。


ここではセリアのイアンブラケット ミニミニを使いました。

壁面使いにオススメのアイテムです。


d0351435_13301007.jpg

関連記事

・ プチDIYで作るウォールラック(セリアリメイク)

d0351435_11270217.jpg

壁に直接固定しないので、

2WAYディスプレイを楽しむことができます。

入れ物としても、

小物のステージとしても ・・・

その時のレイアウトにあわせて、

是非お試し下さい^^

d0351435_11394555.jpg

久しぶりに

模様替えスイッチが入りました。

夏休みの隙間時間を狙って

部屋の雰囲気を少し変えてみようと思います^^








by pinkpinkolife | 2016-07-22 06:54 | エコリメイク雑貨 | twitter | facebook
d0351435_13444786.jpg

空き缶の使い道

いろいろ

d0351435_13444603.jpg

ツールスタンドにも

d0351435_13454600.jpg

ガーデンポットにも

d0351435_13460877.jpg

花器にだって使えます。

なんなら、転がしておくだけでも。

d0351435_13482183.jpg

使い終わった空き缶に色を塗って

ラベルやステンシルして作るリメイク缶。

通称 「 リメ缶 」

ブームを通り越して、もはや文化の域。

d0351435_13454598.jpg

まだまだ大旋風中のリメ缶ですが、

ポイントになるのはやはりペイント。

下地剤はもちろんのこと、

錆風ペイントや汚れの入れ方など、

できばえを左右するのは質感の見せ方、

だましペイントです^^

うまくだますことができれば大成功!

普段捨ててしまうような空き缶ですが、

色の塗り方を少し工夫するだけで、

たちまちアンティーク雑貨に早変わり☆

空き缶だって、

あっという間にアンティーク!

そんなアンティーク風リメ缶の作り方ですが、

日刊住まいsumaiの連載で作り方を

紹介していますので是非そちらもご覧下さい^^

簡単 ☆ スグデキ!



by pinkpinkolife | 2016-06-03 06:49 | エコリメイク雑貨 | twitter | facebook
d0351435_12190317.jpg

段ボールでインテリア作り!

3日間連続の段ボールネタですが、

今日も宜しくお付き合いくださいませ^^

関連記事



d0351435_12190395.jpg

今日は縱横、どちらの向きでも使える

ガッツリ収納ボックスの

作り方をご紹介します。

d0351435_12472951.jpg

持ち運びだってラクラク!

今日の段ボールはコチラ


d0351435_12190750.jpg

二度目の登場、

くまもん印の段ボールです。

田舎から送られてきたお野菜が

たっぷり2箱分、ありがたいことです^^


--------------    作り方   --------------

d0351435_12190384.jpg

1 蓋を切り落とす

d0351435_12301731.jpg

2 断面に厚紙を貼る。

すいかを入れても底が抜けない

5ミリ幅の段ボール。頼りになります!

d0351435_12301733.jpg

側面には手掛穴もあります。

( 持ち運びにも便利! )

穴周辺も忘れずにカバリング。

d0351435_12301748.jpg

6 着色する

そしてここで久しぶりに登場!


d0351435_12423128.jpg

ダイソーのコルクシール!

作業部屋の引き出しを物色していると、

懐かしのアイテムがでてきました☆

まだぽんたが生まれてもいない一昔前に、

よく使ってたんだよね^^

例えば

d0351435_12482100.jpg

d0351435_12482145.jpg


d0351435_12423170.jpg

7 コルクシールをアンティーク加工する。

↑       ↑
after    before

アンティークワックスが染みこむ染みこむ!

いい塩梅です!

d0351435_12512103.jpg

8 コルクシールを箱縁に1周させる

d0351435_12512125.jpg

9 箱側面に転写シールでグラフィックを入れる

d0351435_12521955.jpg

完成です!

シンプルかつスタイリッシュな

収納ボックスができました☆

d0351435_12521903.jpg

強度のある箱なので、ガッツリ遠慮なく。

丈夫で手掛け穴のある段ボールは

捨てちゃうにはもったいない!

d0351435_12521910.jpg

インテリアに、収納に、まだまだ使えます^^

使い道は無限大!

d0351435_12472935.jpg

段ボールリメイク☆

是非 お試し下さい^^








by pinkpinkolife | 2016-06-01 06:43 | エコリメイク雑貨 | twitter | facebook
d0351435_11311792.jpg

切って塗るだけ!

d0351435_11311794.jpg

今日は段ボールを使って作る

パッチワークトレイの作り方をご紹介します^^

d0351435_11311768.jpg

壁掛けだってOK☆

今日の段ボールはコチラ


d0351435_11311707.jpg

amazon 段ボール。

--------------    作り方   --------------

d0351435_11353322.jpg

1 底から3cmのラインで底の部分をを切り取る

d0351435_11353332.jpg

2 蓋を切り取る。

底と蓋はほぼ同サイズなので、

底面の台紙として使います。

d0351435_11353371.jpg

3 2枚の蓋をそれぞれ3分割する

箱の中に並べてサイズを確認、調整します。

d0351435_11471936.jpg

4 箱の断面に両面テープで厚紙を貼る

d0351435_11471952.jpg

5 (3)にアンティークペイントを施す

水性塗料を塗ったあと珈琲ペイントで

アンティーク加工しています。

使った塗料






d0351435_11505010.jpg

6 底箱をペイントする

7 底面に(5)を両面テープで接着する

d0351435_11505019.jpg

完成です!

乱雑になりがちな小物をトレイオン☆

フレームに囲まれているので、

無造作に並べてもすっきり♪

d0351435_11505069.jpg

壁掛けやおもてなしトレイとしても。

d0351435_11505032.jpg

え!これってamazon箱なの!?

話題のネタ作りにも是非どうぞ^^

切って、塗るだけ!








by pinkpinkolife | 2016-05-31 06:39 | エコリメイク雑貨 | twitter | facebook
d0351435_16384893.jpg

今日は不要品を使って作る

古材風フレームの作り方をご紹介します^^

d0351435_16384864.jpg

こちらのフレーム素材が

ザ・不要品

d0351435_16384840.jpg

軽いから、壁掛けだってOK ☆

今日の材料はコチラ


d0351435_16411806.jpg

ザ・段ボール!

d0351435_16411870.jpg

青果物などに使われる厚みのある段ボールは

強度がしっかりとしているので、

雑貨作りにはもってこいの素材なんです。

解体してストックしておくと、

いざというとき、お役立ち^^

--------------    作り方   --------------

d0351435_16411854.jpg

1 中窓を抜く

d0351435_16445561.jpg

2 中窓と外枠の点を結ぶように

溝を入れる

カッターで切れ目を入れて表面をめくります。

d0351435_16445590.jpg

3 両面テープを貼った厚紙を

段ボールの厚み幅、フレームの周りの長さにカットする

d0351435_16502310.jpg

4 段ボールの断面を隠すように、

厚紙を貼る

d0351435_16502328.jpg

5 対面する2面を着色する

6 塗料が完全に乾いたら、隣り合う2面を

塗るために、マスキングテープで養生する

d0351435_16521013.jpg

7 残り2面を着色し、マスキングテープを剥がす

d0351435_16521091.jpg

8 茶系の絵の具をスポンジペイントする

9 再び下地と同じ色でスポンジペイントする。

この時下塗りの茶色を

塗りつぶしてしまわないように注意。

d0351435_16562122.jpg

古材風ペイントができました。

さらに

d0351435_16562120.jpg

10 ビニール手袋に白い塗料をつけ、

トントンと叩くように汚れ加工を施す

d0351435_16590812.jpg

完成です!

d0351435_16593031.jpg

お好みのポストカードを

フレーム裏に貼って、

簡単 ☆ スグデキ!

かすれたペンキのくすみと汚れが経年をかんじさせる、

古材風のフレームができあがりました。

d0351435_22100948.jpg

断面をカバーしてやれば、

段ボールだって、このとおり^^

カッターで簡単にカットでき、

厚みを生かすこともできる段ボールは

アイデア次第でいかようにも。

d0351435_22101326.jpg

普段は捨ててしまうのだから

思い切ってアレンジできるのも、

不要品リメイクのよいところ^^

d0351435_22162412.jpg

今回のポイントは、

段ボールの断面をカバーすることと、

板に見せるための古材風ペイント。

フレームの四角に斜めに切り込みを入れ、

茶系をのぞかせた重ね塗りをすることで、

素材自体を錯覚させます。

名付けて、だましペイント^^

d0351435_22162378.jpg

ちなみに今回使った塗料は

ターナーミルクペイント

・ フロリダピンク

・ クリームバニラ

・ ピスタチオグリーン

・ ヘンプベージュ

段ボールで作る古材風フレーム、

是非 お試しください^^








by pinkpinkolife | 2016-05-30 09:57 | エコリメイク雑貨 | twitter | facebook
d0351435_06475125.jpg

空き缶をパッチワークペイントした

和風リメイクです^^

d0351435_06475222.jpg

ベースの色を塗り、マスキングテープで

堺を作りながら重ね塗り。

d0351435_06500236.jpg

セリアのメタルシールは

鋲使いにぴったり。

d0351435_06500366.jpg

いつもの空き缶リメイクとちょっと違う

和風なリメイク缶ができました^^

わびさび風~








by pinkpinkolife | 2016-05-27 07:02 | エコリメイク雑貨 | twitter | facebook