カテゴリ:エコリメイク雑貨( 206 )

| twitter | facebook
d0351435_14083890.jpg

キッチンの片隅に置いておくだけで、アウトドアな空気が流れるボトルはklean kanteen 風。

マットカラーで主張しすぎない存在感がクール!

d0351435_14083883.jpg

ただ飾るだけでなく、蓋を開ければ入れ物として使うことができるんです。
口が狭いので、茎や枝の長い花器使いにも向いています。

この形状、もうお分かりですね^^

beforeはコチラです

d0351435_14083862.jpg

飲料水のボトルです

d0351435_14232390.jpg

空きボトルに色を塗っただけの簡単リメイクですが、今回のぴったり賞は塗料の色!

ミルクペイントシリーズ「ピスタチオグリーン」がなんと、ワイド・インスレートのマットフォリッジカラーと一緒の色なんです!

d0351435_14282648.jpg

ボトルに着色して転写シールを貼れば簡単☆スグデキ!

klean kanteen 風のボトルがあっという間にできあがりました^^

使った塗料

d0351435_14332661.jpg


落ち着いた色彩なので、少しだけ色味を足したいコーナーアクセントにもぴったり。

アウトドア気分がよりいっそう楽しめる、ガーデニング使いもおすすめです!

d0351435_14390180.jpg

あめ玉やひとくち菓子を詰めて、ピクニックに連れていっても。

そして帰りは、どんぐりや木の実をたくさん入れてお持ち帰り^^

行楽日和にも活躍するリメイクボトル、どうぞお試しください!








by pinkpinkolife | 2017-11-08 06:30 | エコリメイク雑貨 | twitter | facebook
d0351435_05541173.jpg

日ごとに日没も早まり、読書に没頭してしまう季節がやってまいりました!

スマホで読書できてしまう時代ですが、皆さんは電子書籍派?それとも紙書籍派?

d0351435_05541048.jpg

私は断然「紙の本」派で、紙の質感やページをめくる感触、背表紙が並んだ後ろ姿にもうっとりします。

一週間に一度は大型書店に入り浸り、今週の一冊探し。
私のへそくりは本のためにあるとも言っていいほど、本が大好きです。

増え続ける蔵書で部屋の中は小さな図書館状態ですが、それもまた嬉し。

d0351435_05541158.jpg

なかなか手放すことのできない紙書籍ですが、これはもう読まないかもと思った本は思い切って処分。

ソフトカバーの書籍は古本屋に持っていくか、廃棄します。

そして装丁のしっかりしているハードカバーの書籍は、ひと手間加えてインテリア化大作戦☆

読み終わった本をリメイクすれば、たちまちリビングの主役級になっちゃうんです!

今日は塗るだけ簡単!紙の本だから叶う、ブックリメイクをご紹介します^^

d0351435_05541198.jpg

■ ブックリメイクの手順

カバーを外した書籍の台紙(表紙)に、ラベルを貼るくぼみを作ります。

カッターで切り込みを入れ、ラベルの幅寸に台紙を1~2mmほどめくります。
(くぼみの深さは切り込みの深さで調節)

d0351435_09300949.jpg

水性塗料で表紙(表・裏)と背を着色します。

d0351435_09321123.jpg

使った塗料

d0351435_09370593.jpg

ダストメディウムを少量の水で薄めて塗布し、ウエスで押さえながら付着させます。

ダストメディウムを使うと滲みだけでなく、粉をかぶったような質感を表現することができます。

d0351435_09394489.jpg

水で薄めた水性ウッドステイン(チークをまんべんなく染み込ませて、茶染みを加えます

d0351435_09462513.jpg

両面テープを貼ったラベルをくぼみにはめ込んだら完成です!

ラベルは平面に貼るより段差をつけることで、グッと上質な印象に仕上がります。

d0351435_09492947.jpg

一冊より二冊・・・二冊より三冊。

本は単体より集合体が俄然、かっこいい^^

それぞれ色は違いますが、加工法を統一することでまとまった雰囲気に。

d0351435_09513635.jpg

使った塗料

d0351435_09591019.jpg

背にはラベルなどの装飾は一切加えず、あえてシンプルに。
ナチュラル、ヴィンテージ、モダン・・・
雑味ないグラデーションは、どんなテイストにもすんなりと馴染みます。

空間に添えるのは色味だけ。
アンティーク洋書とはまた違う、ブックディスプレイの楽しみ方です。

d0351435_10051541.jpg


小説や伝記、テカテカなカバーに包まれた書籍もペイントするだけで大変身^^

お気に入りの雑貨と一緒に飾ったり、ギャラリーのように並べてみたり、、、
雑貨感覚で楽しく活用することができるんです。

d0351435_10235978.jpg

読み終えた紙書籍はひと手間加えて、眺める楽しみに。

手放す前に是非お試しください^^








by pinkpinkolife | 2017-10-27 10:46 | エコリメイク雑貨 | twitter | facebook

d0351435_12444254.jpg

器選びも楽しいグリーンライフ^^

管理が手軽な多肉植物はどんな容器にアレンジしても、コロンとかわいくおさまります。

d0351435_12491239.jpg

まぁるいフォルム繋がりで、卵の殻に一株植え。

d0351435_12444277.jpg

複数個並べると、かわいい存在感はさらにアップ☆

自立した卵の殻はなんだかとってもアーチスティック!

d0351435_12553207.jpg

キュートな色彩のドライフラワーをアレンジすると、カジュアルでポップな雰囲気に。
オブジェ感覚で造形を楽しむことができます^^

d0351435_12520779.jpg

インテリアとしてそのまま飾っても絵になる卵の殻。

普段何気なく捨ててしまっている卵の殻も、アイデア次第で立派なインテリア雑貨に。

ミニ多肉プランターの作り方は日刊住まいsumaiの連載でご紹介しています。
小さな一株植えに、是非お試しください^^

d0351435_12584635.jpg









by pinkpinkolife | 2017-10-13 06:30 | エコリメイク雑貨 | twitter | facebook

d0351435_16012123.jpg

女性の間でも人気の工業系スタイル。
鉄やサビなどの重厚で無骨な風合いを楽しむ男前インテリアは、根強い人気ですね^^

工業系スタイルの代表アイテムといえば、空き缶をリメイク加工したリメ缶。
サビ塗装を施したジャンクポットは迫力のある存在感で、コーナーをグッと男前に盛り上げてくれます。

ハードテイストが魅力の男前スタイルですが、かっこいいだけに物足りなさを感じたことはありませんか?

そんな時は対照的なイメージのものを組み合わせるのがおすすめです!

例えば、手芸用のアンティークリボンをサビ缶にひと巻き^^
冷たく硬い表情が、どことなく可愛らしい表情になりました。

d0351435_16012199.jpg

無機質な素材には植物がおすすめ!
静寂な空間に温もりが生まれます。
金属の渋い色味とグレイッシュな多肉植物の相性は抜群です。

d0351435_16012176.jpg

それだけでは渋みの強いジャンクポットも、リボンやタグを加えることで明るく柔らかなイメージに。

今日は男前テイストに大人かわいいをプラスさせた、甘辛ミックスのジャンク缶の作り方をご紹介します^^

今日の材料はコチラ

d0351435_16320410.jpg

空き缶ならなんでもOKです^^

d0351435_16320455.jpg


■ 塗装が命!サビペイント術

ジャンク缶は見た目が100パーセント!

塗り過ぎてしまうとわざとらしいテクスチャになることもあるので、腹八分目が丁度よい塩梅です。

塗装前にはマルチプライマーを塗布して、塗料の密着性をよくさせておきましょう!

d0351435_16320357.jpg

2色のラストメディウムを全面に塗布して赤錆を表現します

d0351435_16415730.jpg

アイアンペイント(アンティークシルバー)をスポンジで叩くようにして塗布します。
この時下地を塗りつぶしてしまわないように気を付けて。

再びラストメディウムを表面に少量付着させます。

d0351435_16453273.jpg

アンティークワックス(ホワイト)をウエスにとり、押さえるようにしてところどころに付着させます

d0351435_16564809.jpg

水性ウッドステイン(チーク)を表面に垂らし、ウエスで押さえるようにして拭き取ります

d0351435_16582542.jpg

タグを通したリボンを缶周りに巻けば完成です!

d0351435_17033179.jpg

シルバー、ゴールド、ブロンズのトリオポットの
beforeはコチラ 

d0351435_17050975.jpg

ヨーグルトの空き容器です^^

d0351435_17084878.jpg

使った塗料

(アンティークシルバー・アンティークブロンズ・アンティークゴールド)

d0351435_17132117.jpg

女性らしさが加わったジャンク缶はダークな空間だけでなく、明るく開けた空間にも。
無骨でありながらも大人可愛い雰囲気が、コーナーをしっとりと落ち着かせます。

ガーデンポットやツールスタンドにもぴったり!

d0351435_17273037.jpg

男前ベースにフリルやレースなどのディティールをプラスする甘辛ミックス。
一見男っぽいんだけど、どこかかわいらしい。

サビ缶に女性らしさをプラスワン☆甘辛ミックスのリメ缶、是非お試しください^^








by pinkpinkolife | 2017-09-27 06:30 | エコリメイク雑貨 | twitter | facebook

たまごの力

d0351435_07163280.jpg

トキメキ止まないもののひとつ「たまご(の殻)」。

色、形、大きさ、触感、油断すると壊れてしまうとことも全部ひっくるめて、たまご(の殻)が好き。

d0351435_07163234.jpg

6年前のように、再びたまごの殻を収集しております^^

中身は殻の先から流し出して卵料理行き。

d0351435_07163194.jpg

6年前に作った、たまご作品は今も健在です^^

たまごのシャンデリアは何度か落下させてしまって小ぶりになってしまったけど、なかなか手放すことができなくて(汗)
著著「プチプラ雑貨本」でもご紹介した紅茶染めのたまごオブジェも全て保管しています。

d0351435_07452203.jpg

今回は増えてきたドライフラワーと組み合わせようと思って。

花かごのバードネスト(鳥の巣)とか?

d0351435_07500064.jpg


眺めていると・・・なでなでしてみたくなりませんか(笑)?

だまされたと思って頬にあて、すりすりしてみてくださいませ。
(中身が詰まったものより、中身のない殻だけがおすすめ)

想像以上に、癒やされますよ^^








by pinkpinkolife | 2017-08-07 06:30 | エコリメイク雑貨 | twitter | facebook
d0351435_11110645.jpg

今月も今日で終わりなんて、今日になってびっくりです(笑)=3
そろそろ夏も折り返しかと思うとすごく寂しいですよね!寂しいですよ!
(そんなことありません?)

朝のラジオ体操と宿題が終わったら町内を練り歩いてセミやメダカを捕まえに・・・
休日は山や海で飯ごう炊飯、汗をかいたあとに飲む麦茶のンマイことよ!

自然に囲まれた田舎の夏はとにかく楽しく、子供の頃そうやって過ごした楽しい夏が私を夏好きにしたんだなぁ。
1年の半分が夏だったらいいのにと、本気でそう思っている私です。

そういえば?
小学生の朝のラジオ体操はどこ行った?

d0351435_11110644.jpg

暑い夏も真っ盛りですが、今日はクーラーの効いたおこもりリメイクにもぴったり!
DIYペイントして作る、陶器製のアンティークボトルの作り方をご紹介します。

品と静けさのあるベージュやブラウンは、落ち着いた空間つくりには欠かせない定番カラー。
こっくりとした温かみのある色味で、秋に向けての模様替えの準備にもおすすめです。

ドライフラワーとの相性もよいので、ナチュラルなインテリアにもぴったりです!

d0351435_11110659.jpg

同じ色の瓶を並べていますが、陰影効果でコントラストのあるレイアウトになりました。
形違いの瓶を数本集合させることで、静物画のようなアーチスティックなビジュアルが完成!

古く色褪せた陶器瓶に見えますが、実はこれらは全て不要品と呼ばれる「空き瓶」なんです。


beforeはこちら

d0351435_12423885.jpg

普段は捨てられちゃう(?)空き瓶ズです

夏場はとくに飲料水の消費が増えるので、今がチャンス^^
飲み終わったあとのボトル瓶はストックしておくべし!


■簡単!アンティークペイントの手順

d0351435_12444994.jpg

1 瓶の表面にマルチプライマー(塗料の定着剤)を塗る

2 オフホワイトの塗料で着色する

3 水で薄めたステインを少量垂らし、ティッシュで押さえるようにして拭き取る


d0351435_12500710.jpg

コルク栓もステインで着色すれば、アンティークな風合いがアップ!

ピカピカのガラス瓶もアンティークペイントすることで、静寂さをまとった絵画のようなたたずまいに。

今回の作品の注意点は、塗装前に下地剤を塗っておくこと!

ガラスは水を吸収しない素材です。
水性塗料で着色することはできますが、定着しません。
水に濡れたりこすれてしまうと、塗膜が簡単に剥がれてしまうんです。

今回の作品は塗装面に水で薄めたステインを塗布するため、塗膜がふやけてしまう可能性があります。
下地剤を塗って塗料の密着をよくさせ、失敗を未然に回避しましょう!

d0351435_12423885.jpg
d0351435_13102252.jpg

クリアなガラス瓶と色褪せたアンティークボトルを見比べてみると、色が違うだけなのに重量も違ってみえますね。

d0351435_13120376.jpg

空き瓶だって色を塗れば立派なインテリア雑貨に変身!

陶器製のような重みと経年の深みある色合いで、コーナーディスプレイにも活躍してくれます^^

d0351435_13200676.jpg

コルク栓付きの小瓶は中世のヨーロッパを彷彿させるような貫禄のある佇まいで、単体でも絵になります。

アンティーク雑貨や古道具などとも好相性!

d0351435_13224457.jpg

この夏は空き瓶をたっぷり溜め込んで、アンティークペイントのおこもり夏休みなどはいかがでしょうか?

アンティークペイントでつくる陶器風ボトル瓶、是非お試しください^^








by pinkpinkolife | 2017-07-31 06:30 | エコリメイク雑貨 | twitter | facebook
d0351435_14381570.jpg

月曜日からご紹介している水性ウッドステイン 記事も今日と明日を残すのみになりました。
連日のお付き合い、ありがとうございます^^

ペイントばかりで飽きてきちゃったなんて言わないで~
今日はですね!
かっこいいステインのイメージが払拭されるような、見た目も爽やか!ビタミンカラーシリーズをご紹介しますよ!

d0351435_14381594.jpg

■レインボーカラーの水性ウッドステイン

ご存じでしたか?
ステインにもこんなポップなレインボーカラーが存在していたなんて!

普段はブラウン系しか使わないので、私も今回初めて使わさせていただきます。
ドキドキの初挑戦☆

いつもは、作るものを決めてから作業にはいるのですが、今回は自分にとって馴染みのないトーンなので、創作物のイメージがわきません(恥)

いくら考えてもいいアイデアが浮かばない場合は・・・

案ずるより産むが易し!着色してから考えます!

早速、作業部屋の端材をかき集めて・・・いざ着色!

d0351435_14381599.jpg

着色してみると想像どおりの鮮やかさで、これは未知の世界。

鮮やかな色がしっかりと、そして木目もきれいに浮き上がっていて、ちょっと感動しました。
でもどう扱ってよいのかも、わからない(汗)。

ちなみに今回使った木材は100均のまな板や板材をカットした使いのこり。
まちまちのサイズですが、組み合わせれるパーツを再利用してインテリア雑貨を作ることにしました。

d0351435_14580569.jpg

できました!

いきなり完成カットでごめんなさい。

作業プロセスを撮り忘れるといういうポカをしてしまい、
工程写真がありません・・・。

d0351435_15034403.jpg

■カラフルな端材を組み合わせて簡単DIY!

作り方は簡単なので、出来上がり図からご想像くださいませ。

カラーステインで着色した木材は鮮度が強くかんじたので、古材風ペイントを施してトーンダウンさせています。

d0351435_15100074.jpg

4枚の板材を組み合わせて作ったスクエア型の棚は、向きを変えて楽しめる個性的でユニークな佇まい。

d0351435_15131943.jpg

目を引くポップな色合わせとフレキシブルな使い方ができる小棚は、お子さんと楽しむちっちゃなDIYにもぴったりです。

夏休みの自由工作に、いかがでしょうか^^?

d0351435_15164206.jpg

こちらはマスキングテープペイントでラインを加えた作例。

レッド、ピンク、ブラウンに着色した3枚の板を貼り合わせ、ベージュとブルーのマスキングテープを貼っています。

d0351435_15180693.jpg

■使い終わった塗料瓶の再利用

塗料を使い終わった塗料瓶は、なんともアーチスティックな佇まい!

瓶の内側が自然に着色されてできた、アトリエの産物です。

d0351435_15291994.jpg

瓶の中にティーライトキャンドルを入れると、着色されたガラス越しに灯る小さな炎が、幻想的な雰囲気を演出してくれます。

d0351435_15291907.jpg

端材だって不要品だって、色を塗れば新しい使い方が見えてくる!

水性ウッドステインを使ってDIYペイント、是非お試しください^^

明日は水性ウッドステインウィーク、最終日!
これまでのペイント作品を振り返りながら、改めてステインの魅力をお伝えしようと思います。

どうぞお楽しみに^^







by pinkpinkolife | 2017-07-28 06:30 | エコリメイク雑貨 | twitter | facebook

廃材は最強の素材

d0351435_11464032.jpg

捨てれば「廃材」活かせば「素材」

廃材を素材として見ればさまざまな使い道が見えてくる!

d0351435_08464210.jpg

昨日公開した「パッチワークボードのウォールフック」の流れで

今日は普段何気なく捨ててしまっている

廃材、かまぼこ板を材料に作った

DIY雑貨を写真でご紹介します^^

ちなみにパッチワークボードに使ったかまぼこ板の数は13枚。

トップ写真のウッドBOXは側面がかまぼこ板でできています。

かまぼこ好きな一家と思われるかもしれませんが、

練り物が好きなのはさくらんぼだけで、

需要量は多くありません。

かまぼこ板はかまぼこ板アートをしている伯母から譲り受けた物。

送ってもらったストックがあるので枚数には困りません。

練り物のまち愛媛!さすがです^^

d0351435_11464015.jpg

かまぼこ板だけで作った無印良品風の飾り棚

無塗装でナチュラルな雰囲気に仕上げました。

d0351435_11463976.jpg



かまぼこ板だけで作った廃材リメイク。

d0351435_12101277.jpg


インテリアシェルフの引き出し部分もかまぼこ板で作りました。

d0351435_12150753.jpg

スマホスタンドだってかまぼこ板で簡単☆スグデキ!

廃材にもひと手間とデザインを加えてもうひと活用!

アップサイクルすることで廃材は

愛着の持てるアイテムに生まれ変わるんです^^

インテリア使いにも最適なかまぼこ板ですが

実は工作ツールにも活躍してくれる優れもの☆

d0351435_12260558.jpg

牛乳パックを直線カットしたい時も

かまぼこ板の補助があればすごく便利なんです。

空洞になっている容器は安定感がなく

定規とカッターだけではカットしにくいですよね。

そんな時に活躍するのが

d0351435_12295030.jpg

かまぼこ板マット!

7枚のかまぼこ板を重ねて作った牛乳パック専用の(笑)

カッティングマットです。

もう10年近い付き合いになる、頼りになる相棒です。

ぴったり賞とはいきませんが、相棒のおかげで

牛乳パックの直線切りはストレスフリー!

d0351435_12294978.jpg

カッターを押し当ててもパックがへこんだり

ふらふらしたりしないので、カッターを滑らせるだけで

簡単に直線切りすることができるんです。

d0351435_12372091.jpg

まっすぐスパッとね^^

相棒が居なければ、牛乳パックをカットする度

ストレスを感じていたことでしょう(笑)。

たかがかまぼこ板、されど最強のかまぼこ板!

今日はかまぼこ板の活用アイデアをご紹介しましたが、

廃材を素材として見てみるとその使い道は無限大です。

しかも0円だなんて、素敵です!

廃材は最強の素材、捨てちゃう前に

是非お試しください^^








by pinkpinkolife | 2017-06-07 06:46 | エコリメイク雑貨 | twitter | facebook
d0351435_08464370.jpg

部屋の四方に広がる「壁」。

何をどうやってレイアウトすればお気に入りの空間になるか

壁面ディスプレイは悩ましいインテリア問題ですよね。

ですが広い面積を占めるスペースだからこそ、

遊びどことがいっぱいなんです^^

壁を装飾する方法は沢山ありますが、

今日はプチプラDIYで

簡単☆スグデキ!

殺風景な白い壁を自分だけのギャラリーのように楽しめる

ウォールフックをご紹介します^^

d0351435_08464375.jpg

色とりどりの古材が一列並んだパッチワークボードに

アンティークのアイアンフック。

壁に掛けておくだけでも目を引く個性的なウォールフックは

それだけでも立派なインテリア。

そして見た目だけでなく、ちょいひっかけにも欠かせない

収納名人なんです^^

d0351435_08464210.jpg

ひっかけ収納はもちろんのこと、ドライフラワーや

お気に入りの小物をハンギングレイアウトしたり、

使う場所によって使い道のアイデアは実にさまざま。

インテリアと収納と・・・

何もない壁面をギャラリーのように装ってくれる

パッチワークボードのウォールフックの

材料はコチラ^^


d0351435_09235065.jpg

かまぼこ板とインテリアフック(セリア)

メインの材料はこのふたつ。

材料費はわずか数百円で作れちゃうんです^^

d0351435_09234979.jpg

作り方はとっても簡単!

今日ご紹介したウォールフックの作り方は

大人女性向けライフスタイルメディア folk で公開しています。

是非お試し下さい!


by pinkpinkolife | 2017-06-06 09:43 | エコリメイク雑貨 | twitter | facebook
d0351435_09220417.jpg

頬に照りつけるようになってきた日差しが眩しい

初夏のベランダガーデン。

もうすぐ半袖の季節ですなぁ ~

d0351435_09220404.jpg

夏が始まればこれまたベランダ時間が制限されるので、

ガーデニングは今のうちに楽しんでおかないと=3

夏は暑いし紫外線も気になるし、

それより何よりセミの襲撃が怖いのです。

d0351435_09220455.jpg

ちょうどいい具合に牛乳パックが溜まってきたので

ガーデンポットを作りました。

ペイントしただけ^^

--------------    作り方   --------------

d0351435_09290084.jpg

1 牛乳パックの頭を切り落としマルチプライマーを塗る

d0351435_09322134.jpg

2 好みの色でペイントする

d0351435_09322146.jpg

3 牛乳パックの開口部を手でちぎり取る

d0351435_09335320.jpg

4 転写シールでグラフィックを加える

d0351435_09335233.jpg

完成です!

d0351435_09342260.jpg

使った塗料

( アンティークローズ・ミッドナイトブルー・バタークリーム )

d0351435_09363006.jpg

使った塗料

( クラウディーブルー・ミモザイエロー
バタークリーム・カントリーオリーブ )

d0351435_09363009.jpg

使った塗料

( クラウディーブルー・チョコレートブラウン
バタークリーム・ミルクティーグレージュ )

d0351435_09384924.jpg

定規や養生テープを使わないので面倒な下準備はいりません。

フリーハンドでの塗装とカットが醸し出す

手作業ならではのご愛敬、

温かみのある作品に仕上がります^^

d0351435_09383450.jpg

before

d0351435_09393075.jpg

 after

はっきりとした花の色が映える夏にもオススメ☆

牛乳パックで作るガーデンポット、

是非お試しください^^








by pinkpinkolife | 2017-05-10 06:46 | エコリメイク雑貨 | twitter | facebook