ドキドキの撮影当日とイケメン カメラマンさん

d0351435_22152960.jpg

HEY!
COME ON,SMILE !

前日から心拍数あがりまくりの撮影日当日!

カメラマンさんのノリノリテンションとともに、いざ撮影スタートです!

d0351435_18543375.jpg

緊張の予感、的中・・・!
こんなにお客さん多いなんて聞いてませんよ(汗)。

それもそのはず、今回の撮影はいつもの小さな100均DIYではななく、プロツールを使って作る本格DIYの家具をご紹介するという、スケールのデカイお仕事。

しかも雑誌ではなくカタログに掲載されるとのことで、もはや私ひとりの手には負えません。

そこで今回旦那に助けてもらい、この日は・・・
こんな日が来るとは(笑)!夫婦で共作するDIY撮影だったんです!

d0351435_19014966.jpg

カメラマンさんのコロケースから次々に出てくる秘密兵器に驚きながら、着々と撮影が進んでいきます。

高密度な人口と撮影器具とで、部屋の中は明らかに酸素不足(笑)。

うち、狭いわ~と改めて思い知った日。
d0351435_19130219.jpg

たくましい三脚の横に、うちの二郎丸ちゃんを並べてみました。

持ち物は主に似ると言いますが、実にワイルドなカメラマンさんの三脚!

d0351435_19130116.jpg

それに比べて我が家の二郎丸ちゃん・・・

一蹴りで飛ばされそう。

ちっちゃ!

d0351435_19182015.jpg

怖くて普段触れない丸鋸も、この機にちょっとだけ持たせてもらいました^^

分厚い木材も驚くほど滑らかに、紙のように切れるんですね!
糸鋸でギーコギーコのアナログ作業がバカらしくなってしまいました(汗)
d0351435_19203977.jpg

普段の撮影は一畳サイズのローテーブルで充分なのですが、今回は全てが大きいので床置きでの撮影になりました。

ちっちゃな100均DIYとは違う、本格DIYはワイルドづくし!

d0351435_19241167.jpg

DIYにまつわるプラスαのコーナーには私の作業エプロンなんかも登場します。

私の提案するコーナーは、ちっちゃいです。

d0351435_19254074.jpg

プロフィール写真にはジャンケンの結果、師匠ではなく私が入ることになりました。
DIY歴10年のご夫婦?みたいなかんじで。

「ハイ、ステキな笑顔で!」と言われても、頬がひきつってしまって・・・(汗)。

どうやったらカメラマンさんみたいなステキな笑顔がつくれるんでしょうかね!?

d0351435_19324514.jpg

手際のよい撮影隊の皆さんと、下準備バッチリの師匠とのタッグで撮影はあれよあれよと進み、あっという間に撮影終了です!

この頃には前日からの緊張もなくなり、皆さんと楽しくお話することができました^^

d0351435_19365505.jpg

 GOOD JOB!

EVERYONE
LOOK FORWARD!

※カメラマンさんは日本人です(笑)


そういえばですが、カメラマンさんってノリがよく、イケメンの人が多いんです!

d0351435_13372623.jpg

著書「ちいさなブロカント~」を撮って下さった木村文平さんは、三つ子のパパさん。

この本の撮影が4年前で、まだ小さなお子さんたちの写真を撮影の合間に嬉しそうに見せて下さったのを覚えています。イケメンのイクメンカメラマンさん^^(2013年撮影)

木村さんは「北欧、暮らしの道具店」の特集でもご活躍されているので、直接会えなくてもワンクリックでお顔を拝見でき、当時のことを家族で懐かしむことができます。

ほんわかしたお人柄に我が家のこどもたちも「ぶんちゃん」の愛称で、とてもなついておりました。

d0351435_13372622.jpg

「ぶんちゃん!あそぼ!」

当時3歳だった息子も今では小学1年性のわんぱく坊主。ああ、懐かしい!

そして懐かしいを通りこして忘れられないカメラマンさんが・・・

d0351435_13575530.jpg

我が家のアイドル、がねしゃん!です^^

がねしゃん(磯金さん)は一冊目の著書「プチプラ雑貨ハンドメイド」そして3年間のCome home!連載を撮って下さいました。

おちゃめなキャラでいつも撮影現場を和ませ、笑わせ、撮影パートナーのライター小山さんにお尻を叩かれ(笑)、もはやレジェントキャラのカメラマンさんです!(2012年撮影)

d0351435_14052488.jpg

連載が終わって2年半が経ちますが、未だに撮影という言葉を聞くと、がねしゃんを思い出します。

d0351435_14091737.jpg

連載が終わり、いつも来てくれるがねしゃんが来なくなって一番悲しんだのは、息子のぽんた。

1歳の時から4年間も通い続けて下さったので、ぽんたにとっては親戚のおじちゃん以上の存在でした。

d0351435_14091780.jpg

本当によくぽんたを可愛がってくれ、撮影に来てくれているというよりぽんたと遊びに来てくれていたようなかんじで、撮影日はお茶を飲んだり、お話していた時間の方が多かったです。

本当に自分のおじいちゃんだと思っていた息子は、毎日「じいちゃん明日来る?いつ来る?」なんて、がねしゃんに会える日を指折り数え、当日はべったりの甘えっ子に。
いつかまたお会いできればと・・・センチメンタルに懐かしんでしまいました^^>

話が脱線してしまいましたが、緊張しながら迎えた今回の撮影日。

カタログの出来上がりを、引き続きドキドキして待つ毎日です^^







by pinkpinkolife | 2017-08-03 06:30 | インテリア | twitter | facebook