アンティークな刷毛

d0351435_09473487.jpg

ペイントツールはかっこいい

d0351435_09473401.jpg

特に刷毛や筆の佇まいが好きで、

毛先が硬くなってしまった刷毛なんかは

柄の部分をペイントして

インテリアディスプレイに活用しています。


d0351435_09592794.jpg

関連記事



d0351435_09473406.jpg

今日は100円ショップ(キャンドゥ)で買った

刷毛の柄の部分をアンティークペイント。

その before after をご紹介します。

d0351435_10043256.jpg

ビジュアルがよい画材で作業すると

アーチスティックなものが作れそうな気がしたりして^^

before


d0351435_10043225.jpg

普段刷毛はホームセンターで買うのですが、

キャンドゥのパトロール中に心引かれてしまいました。

なんか可愛い形。

d0351435_10043144.jpg

金具の部分をラストメディウムで錆ペイントして

d0351435_10180120.jpg

柄の部分をアンティークペイントして

使った塗料


( ANTIQUE SILVER / JET BLACK )

d0351435_10180021.jpg

水性ウッドステインで茶染みを加え

d0351435_10213413.jpg

ゴム手袋に付けた白塗料をところどころに付着させれば

d0351435_10213447.jpg

使い込まれたような風合いが魅力な

アンティーク風の刷毛ができあがりました!

d0351435_10261122.jpg

赤銅が錆びたような無骨なイメージと

光沢のあるクールなブルーグレイ。

時を経て味わいを増したオールドアイテムは

置いておくだけで雰囲気のある空間を演出してくれます。

d0351435_10261161.jpg

真新しいブラシがアンバランスですが、

これは今からナチュラルユーズしていくとして、、、

ペイントの役目を終えた使い古した刷毛は

インテリアオブジェに是非お試しください^^








by pinkpinkolife | 2016-09-30 06:46 | 100円リメイク雑貨 | twitter | facebook