おこめクレヨンで大人のお絵かき

d0351435_10030885.jpg

今日は昨日に引き続き


童心に戻ってお絵かきを楽しむ

アートボードの作り方をご紹介します^^

d0351435_10030818.jpg

ポイントは「好き」なアイテムを描くこと!

モノ作りにはノリが大切です☆

楽しくなくっちゃ意味ありません!

d0351435_10073406.jpg

今回イラストを描くツールはコチラ


なんとお米からできたクレヨンです!

ターナーアクリルガッシュジャパネスクカラーと

同じ色名の日本の伝統色が16色セットになっています。

大人かわいい色ですね~!!

--------------    作り方   --------------

d0351435_08275748.jpg

1 ボードにベース色を塗る

使った塗料


d0351435_10071329.jpg

2 水溶きボンドでティッシュペーパー(2枚組みの1枚)

を筆で延ばしながら貼り付ける。

d0351435_10071321.jpg

表面が滑らかだとクレヨンがのびにくいので

まずはボード作りからはじめます。

( ザラつきのある紙材が適しています )

今回は木製ボードを使ったので、

その上にティッシュペーパー(ペーパーナフキンも可)を

貼ってクレヨンの色伸びをよくしました。

よれている部分や破れは味わいとなるので気にせずに。

d0351435_10071341.jpg

3 ボンドが乾いたら重ね塗りします。

この時下地をチラ見せするのがポイント。

使った塗料


d0351435_10315586.jpg

4 クレヨンでイラストを描く

5 水を含ませた綿棒で色を拡げる

おこめクレヨンはAラインになっているので

線画もかけるし、軟らかいので色塗りもスムーズです。

なめらかに色を広げることができるので、

微妙な混色や重ね塗りをすることができます。

d0351435_10315590.jpg

厚塗りすると油絵風にも。

水性ペンキや絵の具ではこの描写はできません。

6 転写シールを貼る

なんと相性のよいことでしょう!!

驚くほどしっくりと馴染みます。

d0351435_10522876.jpg

完成です!

世界にオンリーワンのアートボードが

楽しいうちに完成しました!

さくらクレパスを使って遊んでいる子供の隣で

おこめクレヨンで一緒にアートボード作り。

子供と一緒にお絵かきの時間を共有できていいですよ^^

ちなみに幼稚園でも小学校でも使っている

さくらクレパス はクレヨンとパステルの

特徴を合わせもつ描画材料です。

クレヨン+パステル → クレパス

クレヨンとクレパスの違いってなに?

子供にそう聞かれたことないですか^^

d0351435_10522887.jpg

絵を描く時は

好きなものを好きなように描くのが一番です。

学生の頃に授業で描かされた静物画や風景画、

デッサンなんかも大ッ嫌いでしたねー。

与えられたテーマだとなぜだかテンションがあがりません。

さくらんぼさんの夏休みの絵画も苦戦しました。

「とんぼ」とか「夏休みの思い出」とか

毎年同じすぎ、ありきたりすぎです。

「 すきな人の顔 」

とか

「 きのう食べたもの 」

とか

そんなほうが子供達だってノリよく描けるはずなのにね!

大人のお絵かきは自由でいいですよ。

クレヨンでお絵かきなんてもう何十年もしてないわ

という方も多いのではないでしょうか。

クレヨンお絵かき、皆さんも是非お試しください^^








by pinkpinkolife | 2016-08-30 07:50 | ハンドメイド | twitter | facebook