古材風フレーム( 不要品リメイク )

d0351435_16384893.jpg

今日は不要品を使って作る

古材風フレームの作り方をご紹介します^^

d0351435_16384864.jpg

こちらのフレーム素材が

ザ・不要品

d0351435_16384840.jpg

軽いから、壁掛けだってOK ☆

今日の材料はコチラ


d0351435_16411806.jpg

ザ・段ボール!

d0351435_16411870.jpg

青果物などに使われる厚みのある段ボールは

強度がしっかりとしているので、

雑貨作りにはもってこいの素材なんです。

解体してストックしておくと、

いざというとき、お役立ち^^

--------------    作り方   --------------

d0351435_16411854.jpg

1 中窓を抜く

d0351435_16445561.jpg

2 中窓と外枠の点を結ぶように

溝を入れる

カッターで切れ目を入れて表面をめくります。

d0351435_16445590.jpg

3 両面テープを貼った厚紙を

段ボールの厚み幅、フレームの周りの長さにカットする

d0351435_16502310.jpg

4 段ボールの断面を隠すように、

厚紙を貼る

d0351435_16502328.jpg

5 対面する2面を着色する

6 塗料が完全に乾いたら、隣り合う2面を

塗るために、マスキングテープで養生する

d0351435_16521013.jpg

7 残り2面を着色し、マスキングテープを剥がす

d0351435_16521091.jpg

8 茶系の絵の具をスポンジペイントする

9 再び下地と同じ色でスポンジペイントする。

この時下塗りの茶色を

塗りつぶしてしまわないように注意。

d0351435_16562122.jpg

古材風ペイントができました。

さらに

d0351435_16562120.jpg

10 ビニール手袋に白い塗料をつけ、

トントンと叩くように汚れ加工を施す

d0351435_16590812.jpg

完成です!

d0351435_16593031.jpg

お好みのポストカードを

フレーム裏に貼って、

簡単 ☆ スグデキ!

かすれたペンキのくすみと汚れが経年をかんじさせる、

古材風のフレームができあがりました。

d0351435_22100948.jpg

断面をカバーしてやれば、

段ボールだって、このとおり^^

カッターで簡単にカットでき、

厚みを生かすこともできる段ボールは

アイデア次第でいかようにも。

d0351435_22101326.jpg

普段は捨ててしまうのだから

思い切ってアレンジできるのも、

不要品リメイクのよいところ^^

d0351435_22162412.jpg

今回のポイントは、

段ボールの断面をカバーすることと、

板に見せるための古材風ペイント。

フレームの四角に斜めに切り込みを入れ、

茶系をのぞかせた重ね塗りをすることで、

素材自体を錯覚させます。

名付けて、だましペイント^^

d0351435_22162378.jpg

ちなみに今回使った塗料は

ターナーミルクペイント

・ フロリダピンク

・ クリームバニラ

・ ピスタチオグリーン

・ ヘンプベージュ

段ボールで作る古材風フレーム、

是非 お試しください^^








by pinkpinkolife | 2016-05-30 09:57 | エコリメイク雑貨 | twitter | facebook