検証☆塗装剥げの悩みを解決!

d0351435_10080191.jpg


ガラスやプラスチック、アルミなどに塗装した時、

皆さんこんな経験ありませんか?

水に濡れて塗膜がべろりと剥げてしまったり、

爪や何かの角で塗装が擦れてしまったり、

折角綺麗に塗れたと思ったのに、

ガックリです。。。

木材や繊維はそんなことはありませんが、

塗料が定着しない素材は

ちゃんと塗れたように見えても定着が弱いので、

簡単に塗装剥げしちゃうんですよね。

私も何度うっかりガックリしたか数知れません。

このブログにもそんなご質問をよくいただくので、

今日は持っておくと便利な

塗装前の下地剤をご紹介します^^

塗装前のこのひと手間があるだけで

簡単に塗装剥げを軽減できるので、

お悩み解決です!

まずひとつめはコレ☆


d0351435_10285414.jpg

DIY される方なら一本は持っておられるであろう


塗装前の素材にムラなくシューッ=3

吹き付けるスプレータイプのプライマーです。

乾くと接着剤が固まったような状態になります。

この塗膜が塗料の密着をよくしてくれるんです。

私は臭いのある塗料やスプレーが苦手でなので

これは勝負時にしか使いませんが、

効果は絶大です!!

そしてもうひとつオススメなのが

コレ


d0351435_10080190.jpg


モウモウさんのイラストパッケージが可愛い

ターナーミルクペイントシリーズの

マルチプライマーです。

d0351435_10080168.jpg

こちらは筆で塗るタイプ。

乳白色でサラサラ、嫌な臭いもありません。

なんなら、モウモウさんイラストと

ミルク缶のフォルムにつられ、

つい飲んでしまいそう。

子供の手の届かない場所での管理が厳守です(笑)。

d0351435_10080059.jpg

下地液を素材にまんべんなく塗ると、

ミッチャクロンマルチと同じように、

薄い塗膜ができます。

この膜が素材と塗料とを密着させる、

接着剤の役割を果たしてくれるんです。

あとは

この上にペイントを施すだけ。

d0351435_11034957.jpg

・ミッチャクロンマルチ(株式会社染めQテクノロジィ)

・マルチプライマー (ターナー色彩株式会社)

・定着剤なし

定着剤を塗ったもの2種と、

定着剤を塗らず直接塗料をのせたもの、

このみっつの違いを検証してみます。

d0351435_11082308.jpg

まずは下地剤を塗らず

そのまま塗料を塗った容器。

ほんの少しの摩擦でいとも簡単に

塗装が剥げてしまいます。

カリカリぽろぽろ、

まるで卵の殻のよう。

d0351435_11103788.jpg

(写真上)マルチプライマー(ターナー)

(写真下)ミッチャクロン(染めQ)

塗料がしっかり定着しているので

爪で擦ったくらいではびくともしません。

金属で何度もこすらないと剥げないくらい、

頑固に密着しています。

d0351435_11144237.jpg

次は表面を水で濡らして水分を含ませ、

塗膜を柔らかくして削ってみました。

(写真上)下地剤なし

塗膜がふやけるわ剥がれるわ

もうボロボロです。

(写真下左)ミッチャクロン(染めQ)

とっても頑固です。

さすがミッチャクロン!!!

(写真下右)マルチプライマー(ターナー)

ミッチャクロンほどのしがみつきは

ありませんでしたが、

簡単に塗膜剥がれることはありません。

d0351435_11194046.jpg

以上の実験からも明確なように

定着剤を使うと使わないとでは、

塗料の密着度が全然違ってくるんです。

今回2種の定着剤

ミッチャクロンマルチ(染めQ)と

マルチプライマー(ターナー)を

ご紹介しましたが、この他にも色々あるので

塗装剥げにお悩みの方は是非お試しください^^

例えば師匠がラジコンの塗装に使っている

やつなんかも強力だそうですが、

私はシンナークサイやつが苦手なんで、、、

今日ご紹介した2種をオススメします^^

d0351435_11034957.jpg

見た目は同じだけど・・・

d0351435_11200013.jpg

ふとした時に、

ボロがでるんです。








by pinkpinkolife | 2016-03-23 09:41 | ハンドメイド | twitter | facebook