100円収納雑貨 ☆ ミラクルぴったり賞

d0351435_17530983.jpg

今日は100円木箱をアレンジした

収納ボックスの作り方を紹介します ^^

d0351435_17530903.jpg

スケルトンな前面とすのこ状に組まれた

開放感のある木箱は

ミラクルぴったり賞 ~ ☆

材料はコチラ


d0351435_17530970.jpg

 商品名を控え忘れてしまいました ・・・

(  スミマセン>< )

写真上の木箱はセリアかダイソーのもの。

写真下は残念ながら廃盤になってしまった

セリアのコレクションケース レクタングル。

d0351435_17530955.jpg

-------------------------    作り方   -------------------------

1 すのこ状になっている木箱の

一面の板3枚をはずす。

板の接合面の隙間にカッターを入れ

刃先を押し込みながら力を加え ・・・

d0351435_17530931.jpg

2 ある程度の切り込みが入ったら

ペンチで引っ張り、板をはがす

3 板はホチキスの芯のようなもので軽く固定

されています。

危ないので忘れずペンチで抜き取っておくこと、。

d0351435_17531034.jpg

木箱の一面がオープンな状態になりました

d0351435_17531003.jpg

4 標本箱の蓋を本体から取り外し、

ステイン剤を塗布する

d0351435_17531091.jpg

5 オープンになった木箱の一面に

標本箱の蓋をはめ込む

☆ 縦横高さまでミラクルぴったり賞 ☆

d0351435_17531067.jpg

接着剤を使う必要もないくらい、

ぴったりとおさまりました!!

d0351435_17531049.jpg

6 木箱の前面にセリアの転写シールで

アクセントを入れる。

そのままだと、

印字縁周りの白い余白シールの

部分がすごく気になります。

そんな時は

d0351435_17531008.jpg

7 インクパット加工をする。

転写シールは背面によって

印字周辺の余白部分が目立つ場合があります。

今回のような茶や黒っぽい背面の場合には

スタンプの(使い古した)インクパットが有効です。

色は毎度ながらの 「 エスプレッソ 」。

転写シールとその周りに

ぽんぽんとパットをはたいて

インクを馴染ませてやると、目立っていた

余白部分の気になりが軽減します。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

↑                 ↑

インクパットなし       インクパット加工あり

d0351435_17531036.jpg

写真上 インクパットなし

写真下 インクパット加工あり




d0351435_17531016.jpg

完成です!

前面がクリアでオープンな

収納ボックスができました ^^

d0351435_17531041.jpg

実用にもディスプレイにも使える

ウッドボックスは魅せる収納の代表選手です。

市販の木箱を組み合わせてみると

同じサイズのものがあったり、

相性がよかったりと、アレンジを加えることによって

単体使いよりも面白いものに

仕上がることがあります。

そんな 「 ぴったり賞探し 」 。

ヒットした時は

想像以上にテンションあがりますよッ (゜∀゜)=3

ぴったり賞雑貨、

是非 お試しあれッ ☆
http://pinkpinko.exblog.jp/page/33/
by pinkpinkolife | 2015-09-28 06:46 | 100円リメイク雑貨 | twitter | facebook