100円リメイク☆工業系収納雑貨の作り方

d0351435_17530128.jpg

今日はペイントで100円リメイク ☆

塗るだけ、簡単!

普段何気に使っている日用品も、

色を変えるだけで

別用途まで思いついちゃう ☆

今回はそんな

ザ ・ 日用品が

インダストリアルな色気をまとった

鉄製風ボックスに変身する

before after を紹介します ^^

d0351435_17530103.jpg

今日紹介する100円商品は

なんと 2 WAY ☆

付属の仕切りを利用すれば、

棚使いもできるんです ^^

before はこちら


d0351435_17530136.jpg

・ 花の袋物ストッカー

という商品名。

冷蔵庫(冷凍庫)で使う整理用品だそう。

( キャンドゥで買いました )

d0351435_17530175.jpg

-------------------------    作り方   -------------------------

1 下地に黒を塗る

( 塗料弾きが気になる方は下地剤を使ってください )

2 スポンジにアクリル絵の具のグレーを染みこませ、

ぽんぽんと軽く押し当てながら

塗料をまだらに定着させる

d0351435_17530118.jpg

3 白(水溶き絵の具)を筆先で軽くのせ( ↑ 写真1 )

4 染み跡が残るように、余分な水分を

ティッシュペーパーで拭きとる ( ↑ 写真2 )

乾くと白い染みができます ( ↑ 写真3 )

d0351435_17530122.jpg

4 アクリル絵の具 バーストアンバー と チョコレートを

混色したものをスポンジに含ませ、

容器の角部分などに付着させます。

経年サビが出そうな部分を意識して。

d0351435_17530271.jpg

6 付属の仕切りにも同じ要領でペイントする

( 同じサイズでベニヤ板を

カットした仕切りも作りました )

d0351435_17530218.jpg

完成です ☆

無骨でクールな色気が漂う

インダストリアルボックスができました ^^

簡単 ☆ スグデキ!

d0351435_17530268.jpg

絵の具を塗り重ねて風合いを出した

ザ ・ 日用品。

もはや冷蔵庫には入れたくない代物に

汚れ果てました。

形はそのままでも色が変わるだけで

商品そのもののイメージが大きく変わり、

本来の用途とは別の使い方が思い浮かびます。

d0351435_17530263.jpg

仕切りが付いてあるとことも

今回の商品のグッドポイント ☆

容器の向きを変えてみると

ラック使いできるという発想も

色を変えてみてからの思いつき。

d0351435_17530220.jpg

色を取っ払って

形そのものから着想するという

リメイク法はとにかくシンプル。

コレだと何か思いつかなくったって、

とりあえず色を変えてみると、

見えてくるものがあるんです。

 ( そこからスタートする方が断然

   イメージするものを多く得られます )

アイデアが浮かばない時は

とりあえず色を変えてみる。

そうすると

頭の中の引き出しが解放され、

過去に見たことのある何かにリンク

されるんです。

普段から興味のあるものを

調べたり収集したりする

収集、記録癖だけはあるんで ( 笑 )、

これはいろんなところで役立つことが多いです。

これは主観ですが、インプットして蓄積したものは

自然とアウトプットに繋がっていて、

これはまた 好きこそ物の上手なれ という

ことわざにも通じていると思っています。

頭の中には無意識に沢山の情報が

しまい込まれているもの。

特に自分の興味のあるものは

一番引き出しやすいところに隠れています。

何か作ってみたいけど

何にも思い浮かばない、

そういう時は

塗ってみるんです!

これが私の思う

一番 簡単で効果的なリメイク法。

処分品がある方は手放しちゃう前に

是非 お試しを ^^









by pinkpinkolife | 2015-09-15 06:46 | 100円リメイク雑貨 | twitter | facebook