100円カトラリーが大変身!

d0351435_17511702.jpg

簡単 ☆ スグデキ!

アンティーク風ペイントで

100円カトラリーを蘇らせましょう ^^

d0351435_17511706.jpg

経年で酸化した黒ずみや赤錆びのイメージを

アクリル絵の具を塗り重ねることで表現しています。

複雑そうに見えますが、驚くほど簡単にできるので、

今日はこのお試しあれのペイント法を紹介します ^^

d0351435_17511711.jpg

インテリアのディスプレイや

スタイリングの脇役にもぴったりですよ ~

( 絵の具を塗っているので食事には使えません )

ペイント前の姿はこちら


d0351435_17511705.jpg


もう使わないであろう食器類を沢山処分しました。

カトラリーも同様に食器棚から出したのですが、

この100円カトラリー ・・・

食卓ではもう使ってないものだけど、

柄の装飾が素敵なので

ディスプレイ雑貨として再利用することにしました。

d0351435_17511739.jpg

* ペイント手順 *

1/ 黒をベタ塗りします ( 下地作り )

( アクリル絵の具でもペンキでも可 )

d0351435_17511776.jpg

2/ 下地塗料が完全に乾いたら、

アクリル絵の具 アンティークブロンズ ( ターナー )

を塗ります。

乾いた筆先に少量の絵の具をとり、

叩くように塗るのがポイント。

下地が隠れてしまわないように、

まだらに色を重ねます。

d0351435_17511782.jpg

3/ ( 2 ) が乾いたら、

黒銀 ( ターナー ) を塗ります。

( 2 ) 同様、下地の色を残しながら。

行程 ( 1 ) でベタ塗りした黒、

そして 光沢カラー( 2 )( 3 ) を重ねるによって

カトラリーのレリーフが際立ち、

劣化した素材の風合いがでます。

d0351435_17511783.jpg

工程2            行程3

今回はシルバースプーンの鈍い光沢感を

だしたかったので黒銀を使いました( ↑ 写真 右 )が、

その行程を省くと、赤錆風の

スプーンに仕上がります。( ↑ 写真 左 )

さらにこれにゴールドライトを重ねると

アンティークゴールドのスプーンになります ^^

関連記事








d0351435_17511718.jpg

4/ 仕上げです ^^

水溶き絵の具 ( グレー ) を少量垂らし、

ティッシュで押さえるように拭き取ります。

こうすることによって白い染みができ、

よりリアルな風合いがでます。

水溶き絵の具ペイントはこちらの記事に

まとめてリンクしています



d0351435_17511797.jpg

5/ 最後はアクセント付け。

絵の具( 白 ) をビニール手袋に少量とり、

カトラリーの表面を触るように絵の具を乗せます。

( ラップ、ティッシュ、などでも可 )

アクセントペイントはこちらもどうぞ



絵の具が乾けば、

完成です ^^

d0351435_17511795.jpg

フレンチ、インダストリアル、シャビー、、、

特に大人インテリアと相性がよいので、

さまざまなシチュエーションにお試しください ^^

↑ ちなみにこちらのスタイリングに使ったもの、

全て 100 円リメイク 雑貨です ☆

d0351435_17511786.jpg

イマドキ100円ショップは本当にすごいよね ^^

欲しいものは何でもそろいます ☆








d0351435_17511712.jpg

簡単 ☆ スグデキ!アンティーク風ペイント

お試しあれ ~ ^^









by pinkpinkolife | 2015-02-19 06:46 | 100円リメイク雑貨 | twitter | facebook