ドライフラワー・オススメ本

d0351435_17510326.jpg

素敵な本に出逢いました

d0351435_17510318.jpg

FLOWER WORKS (著:ombak )

カバーのビジュアルに惹かれ手に取り、

ページをめくり

ハートをわしづかみにされました。

d0351435_17510305.jpg

御著者は ombak さん。

ショップの店名なのか、

アーチストさんのお名前なのかわかりませんが(すみません)

ombak さんの素敵なフラワーアレンジメントの

作品が満載のビジュアル本です。

フラワーアレンジメントの本は沢山あるけど、

こんなに見入ったお花の世界はありません。

アンティークの空間に添えられている

ドライフラワーのリースや、

ギフトに贈られるボックスフラワー。

見たことのないような個性的なアレンジメントの

美しさに目が釘付けになりました。

インテリアディスプレイの参考にもなるし、

アレンジメントの how to も紹介されているので、

お花好きさんにはオススメの一冊です!!

すっごく素敵 ☆

d0351435_17510389.jpg

本の中の芸術品を眺めていたら、

お花あそびをしたくなってきました。

d0351435_17510344.jpg

けれども今は、

まずは暮らしを整えていかねば ・・・ ( 汗 )

中途半端なものを一つずつ片付ける方が先。

今年の抱負 「 丁寧に暮らす 」 には

ほど遠いですが、少しずつ ・・・ ^^:>

↑ 家にあるリースを撮りました。

色褪せた紫陽花やユーカリのリースは

アンティークな雰囲気がたっぷり。

師匠に 「 クサイ! 」 と捨てられちゃったもの数知れず ( 笑 )

たしかに、臭いがきついものもあるんです。

ヒペリカムは相当きつかったよ。

クサイからと玄関の外に吊していたら、

カラスの群れが啄みに来たことがあったんです。

間近で見た羽を広げたカラスは

めちゃめちゃデカイく獰猛でした。

あの時は本当に驚きました ( 笑 )

それ以来ヒペリカムは外には出しません。

d0351435_17510364.jpg

リース以外にも部屋の中は

あちこちにドライフラワーを飾っています。

花びら、実、種 、、、

色や質感も微妙に違うけど、風合いのあるその姿は

どこか共通しているようにかんじます。

d0351435_17510324.jpg

ガラス瓶に閉じ込めたり

束ねたり リースにしたものを壁掛けしたり、

ボックスに詰め込んだり、、、

d0351435_17510320.jpg

ショーケース ( セリア100円リメイク雑貨

の中にもプチっとドライ。

と 。。。

d0351435_17510336.jpg

先日の25歳トキメキダイアリーにも登場した

師匠からのクリスマスプレゼントのリング。

残念なことにもう薬指には入らなくなったので

ショーケースの中で輝いております。

出産してお尻やお腹だけでなく、、、

指の先まで太ってしまったなんて 。。。

年を重ねる度に増える

たるみやしわ、それに白髪 ・・・ ( 涙×涙 )

鏡に映った老婆のような姿はまるで

25年前自分が描いていた

ホラー漫画の怨霊のよう。

鏡を見る度に ヒィッ ・・・ !

驚きます ( 涙 涙 涙 )。

まぁ人は見かけぢゃないからね、、、と

自分で慰め、立ち直らせていますが ( 虚しい )。

嗚呼 ・・

花のように美しく年を重ねていきたいものです。。。









by pinkpinkolife | 2015-01-23 20:17 | インテリア | twitter | facebook