絵日記

d0351435_17510173.jpg

これもまた

懐かしい時代にトリップさせてくれる

魔法の記録帳です。

関連記事 → 25年前の自作漫画

ファイルを開くと






d0351435_17510127.jpg

クリアポケットには絵日記のようなものと

リーフレットがファイリングされています。

d0351435_17510170.jpg

12年前にトリップ!

25歳の記録です。

書き始めの日付は2003年12月20,21日。

師匠とお付き合いを始めてから

初めてのクリスマスの日記です。

この時は丁度つきあいだして1ヶ月だったので、

師匠もそれはそれはやさしかったものです ( 笑 )

( 職場の同僚でした )

舞子ビラ神戸でリングをプレゼントされたことを

書いていますね ~ 。

なんとこの時師匠から渡されたプレゼントは

工事現場に落ちてそうな金具パーツ。

( 百一回目のプロポーズ?)

はははと苦笑いしている私に、

この紐を引っ張ってというので、紐を引っ張ると

どこからともなく指輪(ティファニー)が

紐をつたって薬指にスポリと入る演出付きでした。

25歳、感動!

これは日記に書かなくても覚えていますよ ^^

そう、

これは師匠とのお付き合い日記。

休日ふたりで出かけたことなどなどを書き綴った

25歳の私のときめき日記です 。

この日記を読み返す度にあの頃の楽しかった

思い出がよみがえってくるのです。

d0351435_17510188.jpg

そして次のページはその2週間後。

年末の帰省で、両親に報告。

彼氏できたん~うふふ♪と母に言うと、

「 K さん? 」

なんで知ってんの!!!!!!

お付き合い前から色々なところへ

遊びに連れて行ってくれた話を母にしていたので、

うすうすと感じていたのだそう。

そしてそのまま大阪に戻る時に

母も一緒に着いてきて ( いつも仲良し ♪ )

師匠とご対面。そうそう。この頃師匠の乗っていた車は

こだわりの外車でしたが、これがさんざんでした。

故障しまくり ( これがまたいいのだとか )。

結婚式の日にはクーラーが壊れて汗だくで

会場に向かったり、高速道路でボンネットから煙が出たり、

コロコロ ( ←車のことをそう呼んでいた ) には

大変な思いをさせられました。

壊れて直して、また壊れたら直して、、、

そうやっていくうちに愛着も増し、

ますます愛おしくなっていくのだと。

コロコロなんて名前まで付けちゃってさ。

そういえば、なんでコロコロ?

日記に書いてないから、思い出せない!!

( やっぱり記録しておくことが大事だね! )

この日はヘッドライトが故障していたと

いうことが書かれています。日記を見ると、

あ~そうだった、、、と。

d0351435_17510178.jpg

そしてクリアポケットには、

大阪から愛媛に戻った母からの手紙が。

お正月早々あなたについて来た ~

~ 会った瞬間ちょっととまどい緊張しましたが、

二日目に会った時は、もうまひしていました。

まひ (;‾Д‾) ???

d0351435_17510116.jpg

そして末文には

とびついてキスをすると思うよ。

                   母より

とびついてキス (‾ロ‾|||)!?

d0351435_17510199.jpg

なんだ、びっくりした。

チャロさんでした。

( チャロ・実家で飼っていた犬 )

手紙には大阪でのお礼と

愛媛の実家にも来てもらってという内容。

そしてその2ヶ月後には


d0351435_17510144.jpg

早速愛媛の実家に師匠を連れていきました。

チャロや父、弟にも会わせ、

地元の友達のうちにまで押しかけた。

ホッタキ ( 親友 ) の家でキムチ鍋を食べ、酒を飲み、

そのまま朝ごはんまでいただいている。

朝の献立は絶品鮭だったらしい。

などなど、事細かく記録しているので、

記憶がよみがえりやすいのです。

d0351435_17510100.jpg

枚方パークやあやめ池遊園地のアイスリンクに

行ったことや、モデルルームの狭さにびっくりしたこと。

部屋着はおそろいのユニクロスウェットだったこと。

師匠は何一つ覚えてないでしょうね。

私はこの魔法の日記があるから、

10年前の初々しい気持ちにいつでもワープできるのです 。

d0351435_17510221.jpg

2人とも犬が好きなので、

関西のワンワンスポットは行き尽くしました。

閉園したところが多いのが残念。

d0351435_17510217.jpg

この頃から風呂掃除もしてくれてたんですね ( 笑 )

枯れた観葉植物を植え替えた話もかかれています。

今も10年前も師匠は変わんないね。

d0351435_17510228.jpg

コンロのガス管が焼けてしまった時には

d0351435_17510224.jpg

すぐに直してくれていました。

師匠はいつでもどこでも何でも屋さん。

ロングブーツのジッパー、アクセサリー、

修復不能と思っても、彼に託すと

うそのように元通り。

d0351435_17510295.jpg

そしてこちらは12年前の

師匠の DIY !

当時部屋で使っていたちゃぶ台( アジアン風 )の

脚が壊れてしまったので買い換えようと思っていたところ、

捨てるなら欲しいと師匠がいうので譲ると ・・・

( 当時は別々に住んでいました )

なんとびっくり!

ちゃぶ台がおしゃれなモダンテーブルに

変身しているではありませんか!

シックなマット黒に塗り替えられ ( もちろん脚も修理され)、

丸くくり抜かれたテーブルの穴には

ガラスがはめ込まれていて、天板の裏についている

スイッチを入れると、ライトアップされるんです。

そのスイッチは壊れた扇風機から取ったものだと

いうのだから、これまた驚き!

天板ガラスの上にカクテルを置くと、

まるでおしゃれなバーカウンター。

後にも先にも、

これほど衝撃だった before after はありません。

この人と結婚したい!と思わせられた ( 笑 )

稲妻級のできごとでした。

これも日記に書かずともしっかり覚えています。

( 師匠は忘れているでしょうが )

今思えば、この頃から兆候が現れていますね。

ふたりの DIY LIFE は、始まっていたのです。

悔やまれるのは、このテーブルの

写真を撮っていなかったこと。

この時はまさか本当に師匠と結婚して、

インテリアブログを書くようになるだなんて、

思ってもみなかったことですもの。

2003年12月から綴り始めたこの絵日記は、

2004年5月でストップしています。

なぜならパンパカパン、

神様からの授かり物、さくらんぼさんが

2人のもとに舞い降りてきてくれたから。

お付き合い日記はわずか半年で終わってしまったけど、

ファイルにはたくさんのリーフレットと、

その頃の出来事が思い出される絵日記。

アウトドアが好きな師匠に、

本当にいろんなところに連れてってもらいました。

日記を読み返す度に、

懐かしく幸せな気分になる私なのでした ^^

記憶からすぐに消えてしまうちっぽけな出来事も、

日記や写真などに残しておけば

いつでも思い出すことができます。

今はこのブログが自分の日記帳のようなものですが、

自分の記録だけでなく、

こどもたちの思い出も形に残してあげなくては!!

一冊もアルバムも持っていないぽんたさん、

さくらんぼさんのアルバムを開いては

「 ぽんたおらんね ~ 」

「 ぽんたまだおらんね ~ 」

・・・ このお仕事が終わったら必ずやと

( 毎度ながら ) 気持ちだけは十分な私なのでした。




いつもに増してどうでもよい内容が続きましたが二日間

お付き合い下さった皆さん、

どうもありがとう。

このお仕事が終わったらまた雑貨ネタに戻します☆









by pinkpinkolife | 2015-01-21 06:46 | インテリア | twitter | facebook