ブログジャック☆第4話







お~い、バズ! ちょっと手伝ってくれよ!















バ 「手にノコギリなんか持って、










一体どうしたんだウッディ!?」















いや、あまりにもTAKUMYが毎日










真剣に作業してるから、僕も手伝ってあげようと思って。















バ 「そうだな、TAKUMYにしては珍しく










ちゃんと毎日作っているな。










よし、ウッディ! 私も手伝うとしよう!」















OK! じゃこの板をノコギリで










カットするからバズはしっかりと










押さえておいてくれないか?















バ 「了解だ保安官! ・・・・こんな感じでいいか?」










d0351435_17414243.jpg











そうそう! そのまましっかり押さえといてくれよ~!

























じゃ、カットするぞ!

























せ~のっ! それっ!!








































d0351435_17414233.jpg











!!!!!!!!!!!










d0351435_17414285.jpg











!!!!!!!!!!!!!!










d0351435_17414284.jpg











・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




















d0351435_17414221.jpg








うわあああああああああああああ










たたたたたたたた大変だあーーー!!















bズ 「ふぇrwf4えrつjれqtjq0ぺr9」















だだだだだだだだだ、、










大丈夫かいばばばバzズ!!!















バ 「だだだだd大丈夫なわけないdろ!!」















おおお、おーいソルジャーのみんなー!










スクランブル、、スクランブルだ!










ちょっと集まってくれ!!!















兵全員 「集合完了!」















ばばばbバズの手がとれちゃったんだ!










おねがいだ、、助けてくれよ!!















兵1 「落ち着いて下さいウッディ大佐。










バズ少佐は 「おもちゃ」 でありますから、










そんなにあわてなくても大丈夫です!」














・・・あ、そうか!










僕たちはおもちゃだったんだ!















兵1 「ではこれより修理を開始します。」











d0351435_17414220.jpg








ガチャガチャ・・・・ウイーーーン











兵1 「修理完了!」















・・・・はぁ~よかった~。










一時は本当にあせったよ。















バ 「それは我が輩のセリフだ!










ちょっと手伝おうとするとすぐこれだ。」















ごめんよバズ。そんなつもりじゃなかったんだ。















バ 「まあとりあえずちゃんと直ったことだし、










このことはもういいから










今日の記事を進めてくれ。」















よし、わかった。じゃ気持ちを切り替えて










昨日の続きからスタートだ☆










じゃ今日はまず、この 「背板」 から作っていくよ ↓










d0351435_17414213.jpg











そういえばここは 「大きい板がないから無理だろ?」










って話してたとこだけどこれ、どうするの??















匠 「まあ見ておくんだウッディ。ここにはこの










赤松の端材を使うことにするよ。」 ↓










d0351435_17414276.jpg











パイン集成材より薄いんだね。










それに天然板だから、フシとかもあって










なんだかとっても木目がキレイだ☆















匠 「そうだろ! 背板の部分は、正面から










一番目に入るところだから、こういう木目が










きれいなものを使おうと思ってね。」















でもTAKUMY、この板なんだか反りが










激しい気がするんだけど大丈夫?















匠 「そう、それがこの赤松のような










柔らかい板の最大の難点なんだ・・・。










まあ、これについてはまた後日話すよ。」















OK! で、これをどうするかというと










まずはジグソーで全部の板が同じ










長さになるようにカットする。










そのあと、板の側面に建材仮止め用の










強力な両面テープを貼る。 ↓










d0351435_17414250.jpg











そしたら、次に板同士を連結するように










貼り合わせていく ↓










d0351435_17414234.jpg











貼り終えたら、さっきジグソーで










カットしたところがまっすぐになるように










ヤスリをかけていく ↓










d0351435_17414257.jpg




















次は前回同様、ステイン塗装を先に済ませておく ↓










d0351435_17414256.jpg











うわー、やっぱり天然の板は木目が










本当に綺麗だね!










TAKUMYが赤松を使った狙いも










この木目の美しさのためなんだ。















さあ、いよいよ次からはお楽しみの










「組み上げ作業」 に入るよ!










まずは昨日作った棚板を










この背板に固定する ↓










d0351435_17414236.jpg











こんな感じでがっちりとね!










あ~! なるほどなるほど!










こうすれば短い板だけでも










こんな風に大きな面積を










作り出すことが出来るんだね!















でも、これまだ両面テープで仮止めしただけの










状態だから、とてもじゃないけど「背板」










としての強度が全然足りない。










この板同士の接続には、他の棚板部分










をうまく使ってくっつけていくんだ。















固定にはクギではなくて 「ネジ」 を使う。










クギでは接着強度が全然足りないからね。










ネジはこんな風に入れていく ↓










d0351435_17414277.jpg











このネジを入れてる場所は










棚の「背面」とか「底面」とかの部分だから、










完成時に、正面や横から










見ても一切見えない場所だよね。















こういう見えないところには










遠慮無くどんどんネジを打ち込んで










家具自体の剛性を上げるんだ。















そういう風にして、バラバラだった










「背板」 同士をくっつけていくんだ!










ちなみに今回使ったネジはこれ ↓










d0351435_17414202.jpg











細軸のコーススレッド。










これはなんといっても安いし、










しかもこのネジにはちょっとした










ヒミツがあるんだ。










そのヒミツってのがこれ ↓










d0351435_17414224.jpg











ネジの先っぽに 欠けたような彫りが










入ってるのが分かるかなあ?















この 「彫り」 が実にいい仕事するんだ!










このネジは、直接木に打っていっても










この彫りの部分が先にネジ穴を自分で










彫っていってくれる。















それによって、ネジ径の下穴が出来るから、










木にそのまま直接ネジを打っていっても










木が バリって割れてしまうことがないんだ!










ちなみに、木に下穴を開けずに










直接ネジ打ちした場合はこうなる ↓










d0351435_17414339.jpg











ね、便利なヤツでしょこれ!










じゃ、このネジを使ってどんどん










他の板も固定していくよ! ↓










d0351435_17414350.jpg











横板はこれでよし!




















他の棚板も同様に ↓










d0351435_17414303.jpg











なんとな~くカタチになってきたね!










ネジを家具の見える部分に打った場合は










この「木工パテ」ってやつで










ネジ穴を埋めてしまう ↓










d0351435_17414353.jpg











使い方はいたってカンタン!










塗って、ヘラでのばすだけ~♪ 










d0351435_17414330.jpg











本気でキレイに穴埋めする場合は










3~4回くらい 「塗る → のばす」 の作業を










繰り返す必要があるよ。















まあ、ネジを見えるところに打たない










ってことが一番の理想なんだけどね。










よし!残りの棚板も一気に組み上げるぞ! ↓










d0351435_17414391.jpg











中板をくっつけて天板も最後に接合する ↓










d0351435_17414321.jpg











よ~し! これで組み上げの部が終了だ!!










心配だった背板も、これでもうバッチリ










ガチガチにくっついてるよ。















バ 「お~! 我が輩が描いたデザイン画










通りに出来上がってるではないか!










ここまでがすべて端材だけで










作られてるとは驚きだ。」















そうだねバズ。 思いのほか本当に










しっかりと組み上がっているね。










明日はいよいよ最終塗装と引き出し製作だ!










あとは生かすも殺すも仕上げ次第!










なんだか楽しみになってきたよ ☆















じゃ、みんなもこの飾り棚が










はたしてどんな風に仕上がるのか










期待して待っててくれよな!















それじゃ、また明日~♪









ア~ディオース!!















                       つづく






 

d0351435_17365254.jpg

 

 

 

 

 

 

d0351435_17365259.gif


d0351435_17365266.gif


d0351435_17365255.gif

 




by pinkpinkolife | 2011-04-03 23:50 | 匠のpink pinko life | twitter | facebook