ブログジャック☆第2話











d0351435_17414134.jpg











よ~しバズ、もうちょっと左だ。










・・・って違う違う! それは反対!










僕から見て左だよ!















バ 「ウッディ、どうだ? この辺でいいか?」















OKOK! そこでバッチリだ! じゃ、ソルジャーの










みんなは壁紙を固定するテープを準備してくれ。















兵全員 「ラジャー!」







d0351435_17414191.jpg











よ~し、テープで壁紙をしっかりと貼ってくれよ~☆










これが僕たちの撮影ステージになるんだ!















バ 「毎回こんな作業をしてるのか?」















そうだよ。 まあステージって言っても










壁に裏紙をテープで貼ってるだけなんだけどね。










よ~し準備OK! じゃ早速はじめようかバズ!










今回は約束通り君が主役で話を進行してくれよ!

















バ 「OKだ保安官! じゃ早速いくぞ!」







d0351435_17414168.jpg











バ 「やあ諸君! わが輩の名は










バズライトイヤーだ!! 悪の帝国










ザークの侵略から銀河を守るスペース










レンジャーだ! この私がいれば、










君たちの安全は保証されたようなもの










だから安心してk・・・・・」















・・・って、ちょっとちょっと










待って待って!! 










まず全然関係ない話が長すぎるし、










それにおもいっきりライトが君にかぶっちゃってるし










そのかぶり方が、前回の僕の登場シーンとも、










これまたおもいっきりかぶっちゃってるじゃないか!















バ 「・・・・そ、そうか? いや~なかなか主役で










話をしたことがないから正直どうやって進行










していけばいいのか分からないんだ。」















まったく、これだから素人は困るよ。










いいかい、バズ、僕がお手本を見せてあげるから










よーく見ておくんだよ! まず、出だしは元気よくこうだ!










d0351435_17414150.jpg











や~あ、みんな~!!










僕の名はウッディ!!










みんな、元気してた~??















今回は、僕たちが力を合わせて、みんなで楽しく










記事を更新していくからよろしく頼むぜ!!















バ 「・・・さすがは3本も映画の主役をはっただけあるな。










字も大きくて迫力がある。 ウッディ、










悪いがやはり君が今回も










話をすすめていってくれないか?」















え!? あれだけ登場を楽しみにしてたのにいいのかい?















バ 「・・・うむ。。やはりこの仕事は










スペースレンジャーには向かないみたいだ。」















しょうがないな~。 分かったよバズ。 










 今回もぼくが話を進めていくから、










君もしっかりアシストしてくれよ!










d0351435_17414178.jpg











バ 「あれ? もしかして君はPIX○Rの??」















おい! 話をきいてるのかい!?










しかもそのネタもまた、前回の










ぼくの登場シーンのまんまじゃないか!















・・・・まったくもう。 一人でやった方が










よっぽどうまく話が進みそうだよ・・・。










 じゃ、いつものお約束やるからちょっとそこに立って










d0351435_17414149.jpg











今回のバズも僕と同じく 「特撮リボルテック」 っていう










可動式のおもちゃなんだ。 このフィギュアの販売元










「株式会社ケンエレファント」さんにフィギュアのブログ










掲載許可をもらってるから、とりあえず










お約束だけ読んでくれよな! ↓





d0351435_17414183.jpg
















じゃ、いよいよスタートするよ~☆










今回のテーマはこちら! ↓










d0351435_17414131.jpg











バ 「・・・こちら!って、ウッディ、これはいったい何だい??










ただの廃材にしか見えないんだが。」















そうそう、これただの「廃材」さ!










しかも「材木」と呼ぶにはあまりにもサイズやら材質やら










が不揃いだろ。 感のいい人なら分かると思うけど、










これは 「端材(はざい)」 ってやつなんだ。















バ 「端材?? ああ! 昔TAKUMYから










聞いたことがあるぞ! たしか何かを作ったときに出る










いらなくなった余りの木材のことじゃないのか?」















その通りだよバズ! TAKUMYはもう










ずいぶんな数の家具を作ってきたから、










当然たくさんの「端材」 が出てしまうんだ。




















大きさもバラバラだし余りの部分だけに










大きい板も残ってない。 いわゆる「ゴミ」といっても










いい部分なんだけど、貧乏性のTAKUMYは










捨てられずにこうしてとっておいてるんだ。















バ 「しかし、こんな細長い木ばっかりじゃ










とっておいても何も作れないだろう。」















う~ん、そう言ってしまえばそこまでだね。










捨ててしまえばただのゴミなんだけど










 「これで何かを作ることは出来ないかな?」










ってのを今回はちょっと考えてみようかってことなんだ。










これ、ほとんどが「パイン集成材」の端材だから、










素質はとてもいい木材だからね☆















バ 「なるほど。貧乏性のTAKUMYが考えそうなことだ。










でも、これだけ短くて細い木ばかりでは、










家具のようなものは作れないだろう?」















そうだねバズ。 さすがに家具は無理だ。










でもちょっとした 「飾り棚」 みたいなもの










とかだったら作れそうじゃない??










そうだ! 君は絵が得意だから作れそうなものの










イメージ画をささっと書いてみてくれよ!















バ 「OK! じゃ我が輩がデザインしてみるぞ!」







d0351435_17414119.jpg











バ 「これなんてどうだい、ウッディー?










大体大きさは縦横50~60cmくらいの










ちょっとした飾り棚だ。」















お~!バズいい感じじゃないか! 引き出しも付いてるし、










ちょっとした小物や雑貨をディスプレイする










飾り棚としてはとても重宝しそうだね☆










どう、TAKUMY? こんなの作れる?















匠 「う~ん、ウッディ、実にアイデアは悪くないんだけど、










この背面の部分の板はどうするんだい?










こんなに大きな端材は残ってないぞ。」










d0351435_17414186.jpg











あっちゃ~、本当だ。この背板は無理だね。















匠 「いや、実はそうとも限らないんだな。 よし!










端材だけで作れるところを見せてあげるよ。」















え!? 出来るのTAKUMY!?















匠 「まあ断言はできないけど、できそうなテクってのが










あるんだ。 よし決めた! これ実際に作ってみよう!」















さすがTAKUMY!  そうと決まれば早速作業開始だね!










いやはや ずいぶんと前置きが長くなってしまったけど、










これでやっとテーマが決定だ!















 今回のテーマはこちら ↓










「端材(はざい)でGO!!」















端材でどこまでモノを作れるかに挑戦だ!










・・・でもさっき 作れそうな「気がする」みたいなことを










さらっと言ってたけど、もしかして今こうして










記事書いてる段階で、まさかまったく作り始めていない










なんてことはないよね??















匠 「ん? まだなにもはじめて










ないですけど何か?」















・・・でたよ、やっぱり見切り発進だ。















ということは、作りながらリアルタイムで










ブログを進行していくのかい?















匠 「その通り! いやほら、サラリーマンだからさー










まとまった空いた時間てのがないわけよ。










 だからこれから毎日昼休みと放課後返上で、










作っては出来たとこまでブログにアップ










ってのを繰り返すしかないだろ?」















バ 「じゃ失敗に終わることもあるってことか?










なんだか急に不安になってきた・・・。」















匠 「まあまあ、なんとかなるって。」















ああ、、これだからTAKUMYは・・・。















じゃ、見ての通り今日はなーんにも出来ていないので、










これだけ長い記事にもかかわらず、










肝心の製作画像は















「端材写真1枚だけ」 ということで










本日まさかの 「これにて終了」。















こりゃ今回はブログジャック長くなるかも・・・。










じゃ、また明日 何かが出来てたらお会いしましょう。






























バ 「・・・おい、今日で2日目だというのに










本当にいいのか、こんなので?」






























もういいんだバズ・・・(涙)




















                  つづく






d0351435_17365254.jpg

 

 

 

 

 

 

d0351435_17365259.gif


d0351435_17365266.gif


d0351435_17365255.gif

 


by pinkpinkolife | 2011-04-01 23:50 | 匠のpink pinko life | twitter | facebook