ブログジャック ☆ 第4弾


みなさんこんにちは! pinko@旦那です。

昨日は仲間たちとラジコンサーキット行ってきた☆


ラジコンは僕の趣味のひとつなんだけど、

僕は遊びにだけは超まじめなんで

この日のためにそれこそ2週間くらいかけて

整備したり準備したりして万全の体制で行くわけ。


それでも毎回派手に壊れてしまうんで

帰ってまたまたマシン整備の繰り返し。。。

でもこの作業も楽しかったりしてね。

まあ趣味ってのはそんなもんなんだろねw


そうそう、話は変わって毎日多くの方々が

このブログを訪問してくれてるんだけど、

毎日何人かは「初訪問」の方がいるはず。


このフレッシュさんたちが初めて見る記事が

このブログジャック中だって考えると

もう気の毒で気の毒でwww


フレッシュさんの皆さーん

このブログはいまちょっと事故ってるだけだから

何日かしたらまた遊びにきてねーw


さてさて、今日は何書こうか。。。。

まだ選手交代して4日目だっけか?


もうネタがないんですけどwww

っていいながらもちゃんと写真用意しときましたよ!


今日のテーマは前回に引き続き 「考えるDIY」 です。


前回も書いたとおり、DIYするにあたって

家具の強度とか使用条件とかデザインとかを考えて

設計していくってのはもちろんなんだけど

実際置く場所や用途なんかを考えると

家具そのものの設計以外にも

考えなくてはいけないポイントってのがあります。


まずは以前紹介したクローゼットを例に

その、ポイントってのをご紹介します。


じゃ早速これ見てぷりーず ↓

d0351435_17404593.jpg

このクローゼットの詳細は、以前お話

しましたが、今日はこの 1~3の「番号」 入れてる

ところについてのお話です。


じゃまずは「1」番からね。

「1」の拡大図がこちら ↓

d0351435_17404575.jpg

写真にかいてある通り、この家具ではこういった

「隙間」 がある部分は、全てキッチリ

幅 5mm で作ってあるんです。


上部の 小窓 や ルーバー扉部 の

隙間ももちろん 5mm。

ただし、この前面ドア扉の下側の隙間だけは

その倍の 1cmをとっております。


なんでかって??

それは 「子供家具」 だからです。


子供って想像もしないようなこと平気でするでしょ?

この扉だって、想像するに扉の下側に指を置いたまま

扉を閉めちゃったりして、、指挟まれちゃって、、

んで指の皮がずる剥けになって、、、、

うわー!、、、想像するだけでも痛々しい。。


特にハイハイ期の子供とかが

ちょうど手が届く位置なんだよね、ここ。


だから、指置いたまま扉閉まっても

挟まれてケガしないないように、ここだけ

ちょっと広めに隙間とってあるんです。


かといって1cm以上開けるとデザイン的にも

影響がでてくるんでここは1cmが限界。

そんな感じで、言われなきゃ気づかないけど

本当はちょっと大事なポイント、
 
それが 「考えるDIY」 設計。 


じゃ、お次は「2」番の拡大図 ↓

d0351435_17404507.jpg

ちょっとわかりにくいかもしれないけど、

これ、前面扉の「左側」だけ開けた状態の拡大図。

扉は中央のマグネットで「カチャ」って閉まる仕組みに

なってるんだけど、磁石の上下に付いてる

「ストッパー」ってのにちょっと注目。


子供って、大事な家具なのに

「壊れるから扉はやさしく閉めてね (ハアト」 っていっても

もうそんなの一切無視でガンガン閉めるでしょw


だからその勢いで壊れてしまわないように

こういうストッパーを上下にズバッと付けておいて

壊されるのを未然に防ごうってわけです。

これも大人用なら注意して閉めるから要らない部分。


そして最後の「3」番。ここは底板部分。 ↓ 

d0351435_17404589.jpg

見ての通り、底板の手前だけ

ちょっと張り出すように長めに作っています。

もうお分かりかと思いますが、これは 「地震対策」。


このクローゼットは背板のある「後方側」に

重心を持たせており、かつ重めの3つの引き出しで

「下側」にも重心をかけているから

ちょっとやそっとの地震ではそう簡単に

手前側には倒れない設計なんだけど、

それでも全然安心とはいえないから

こうして底板の手前を張り出させてあるわけです。


そういったちょっとした配慮ってのも、家具を設計する上では

意外と重要だったりします。

他にはこれ ↓

d0351435_17404508.jpg

これウチの「板壁」ってやつ。

これについてはさて何を考えるべきかっていうとここ ↓

d0351435_17404523.jpg

そう、板壁の一番下の横板だけは

ちょっと濃いめの色で塗っておくんです。


これなんでかって? 

答えは 「掃除機」。


ちょっと考えてみればすぐ思いつくけど

毎日のお掃除で掃除機がけは欠かせないでしょ。

その掃除機がリアルにこの部分に

ガンガン当たるわけですよ。


そうすると、はじめのうちは綺麗なまま

だろうけど、時間が経つにつれて

この部分だけ 「掃除機ガンガン当たり跡」

がついて黒く汚れてしまうでしょ。


だから最初から濃いめの色をあてておいて

その汚れやキズを目立たなくするための

「考えるDIY」 設計。


それと同じ考えでいくと

足のある家具だってその発想。


もし足と床の隙間に掃除機が入らなかったら

ほこりが溜まる一方で、しかも家具なんて

そう簡単に移動できないからどうにもならないでしょ。


ウチの足つきの家具、まずショーケース ↓

d0351435_17404591.jpg

チェストだって ↓

d0351435_17404504.jpg

ディスプレイボードだって ↓

d0351435_17404509.jpg

ね、こんなところが僕のやさしさライセンスw


こうやって、事前に「考えるDIY」設計をすることによって

日常のストレスなくいつまでも家具を大事に

使っていけるってわけです。


どうですか? こんな僕でも実はいろいろ

と考えながら作っているんですよw


これからDIYしてみよう!って皆さんの

ちょっとしたヒントにでもなればなぁと思います。


何度も言ってるけど、DIYならサイズもデザインも自由自在!

涼しくなったらちょっとDIYにチャレンジしてみてはいかがですか?


いやはや、ここ2回ほど記事長くて

ちょっとまじめに書いちゃって疲れたよw

では今日も長々と失礼しましたm(_ _)m


また次回お会いできればお会いしましょう。アディオ~ス!

( ↑ もうすぐ pinkoさんご一行が帰ってくる )









by pinkpinkolife | 2010-08-23 17:48 | 匠のpink pinko life | twitter | facebook