ブログジャック ☆ 第3弾











みなさんこんにちわ! pinko@旦那です。










猛暑の週末になりましたがいかがお過ごしでしょうか?















帰省中の pinko から1日に何枚も何枚も










子供達の写メールが送られてきます。















もう pinkoママは ぽんたさんにメロメロのご様子☆















つい1週間ほど前までは










なんとなーくしか目が見えてない感じ










だったんだけど、今はしっかり見えるように










なったみたいで、あやすと笑うしで










本当に可愛くて仕方ないらしいw















よく 「男親は女の子が可愛い」 っていうけど










女性は逆に男の子の方が本能的に











可愛くみえるんかな??















まあなんにしろもうすぐご一行様が帰ってくるんで










成長した姿を楽しみに待っている










パパでした☆















さてさて、今日は写真がいっぱいある










から記事も超長いよ!ちょっとコーヒーでも










今のうちに用意して見た方がいいかもw















じゃ早速だけど、今日はまず










この写真みてプリーズ ↓





 
d0351435_17404423.jpg











見ての通り、これはベランダです。















あー、そのー、今 pinkoいないんで










僕が毎日水やりがしやすいようにレイアウトとか










メチャクチャになってるんで










その辺見苦しいけど許して m(_ _)m















で、今日はこのウッドデッキの作り方を










ポイントを押さえながら一気にご紹介します!















ちょっともう1回さっきの写真を










見て欲しいんだけど、見ての通り










下に敷いてる 「すのこ」 みたいな部分を










よーく見てみて ↓






d0351435_17404423.jpg











まあ、いつものように 「ネジがないでしょ」









っていうのが今回は言いたいんじゃなくて










これ、端から端まで1本の板で作ってあるんです。















長さにして約3m!















これにはもちろん訳があって










例えば、小さい「すのこ」を何枚か買ってきて










並べたとすると、お風呂とか玄関とかで経験ある人も多い










と思うけど、上を歩くとその「すのこ」の歪みと










床自体のコンクリ歪みのせいで 「カタカタ」










と音がするし、すぐにすのこの位置が










ずれちゃったりしちゃうでしょ?















言われてみると「あ!」って思い出した人も多いのでは??















だからここは作るのも運ぶのも










かなり面倒にはなるけど










「端から端まで継ぎ目なく1本の板」










にはこだわる必要があるんです。















それともう1つ。










使う木の材質にも注意が必要。










普通は外に置くものだし、人が上を歩く










ものだから、環境に耐える 「材質が固い丈夫な木材」










ってのをイメージしちゃうでしょ。















これ実はNG。










固い木材、例えば檜とかパイン材みたいなのとかを










使うと、その木材自体の固さのせいで










床と「すのこ」の間に隙間が出来るんです。















床にしたって、ベランダみたいなコンクリの場合










は人間がコテ塗りしてる以上、どうしても100%水平










にはなっていないんです。















そんな凸凹のある床に、カチカチの










固い木材置いたら、そりゃ隙間くらい










できて当然ですよね。















そうなると、上を歩けばまた「カタカタ」の音が










でてしまうってわけです。















ちょっと長くなってしまったけど、じゃ何がいいか










っていうとおすすめはこちら ↓






d0351435_17404433.jpg











これ 「赤松」 っていいます。















ちょうど板の端っこ持ったら釣り竿みたいに










ちょっとだけしなる柔らかさがあります。










しかも激安!!










幅10cm・厚さ1.5cmくらいの板で










100円/1m くらいのコストパフォーマンス!















これウチでもいろんなものによく使います。















この赤松、いくら柔らかいっていっても










そこは建築用木材だけに、適度な堅さと










耐久性があります。















ウチのベランダももう3年くらいになると










思うけど、全くどこも異常なく使ってるから










僕もけっこう信頼&好んでこの板使ってます。















で、これをどうやって組むかっていうとこちら ↓






d0351435_17404400.jpg











↓ ここから先は上の画像を振り返りながら見て下さい。















まあ見てもらえば分かる通りだけど










いくつかポイントがあるとすれば










まず 「底板」 の間隔。















これが広すぎると「上板」が人間の重さに










耐えられなくなってヒビ入っちゃう。















かといって間隔狭くすると、せっかくの










赤松の適度な弾力性がなくなって










「カタカタ」音発生装置に変身してしまう。。















なんでも適度さってのが大事なんです。















ちなみにウチの場合は確か50cmくらいにしてた










ような気がします。(←かなり うる覚え)















あとは、「底板を敷く方向」。















ベランダは、それこそ水をガンガン










流して掃除したりするから、その流した










水や泥なんかがちゃーんと「溝」に流れるように










「溝」とは垂直に並べないと絶対だめです。















それからあとは、「使用するネジ」。















これはさっきも言ったとおり水をガンガン










使う以上はサビに強い「ステンレスネジ」を










使うことをお勧めします。















これちょっと高いけど、サビてしまうと










その「サビ跡」がコンクリ床に染みついてしまって










シミがとれなくなってしまうのを未然に防ぐためです。















特に賃貸はこんな錆跡が残ったら大変だから。















さて、結構字ばっかしで長くなってきた










けど、こっからは実践編いくよ!















じゃまずはネジの打ち方から。










まずはよくやる失敗例 ↓






d0351435_17404424.jpg











これはネジを直接打ってしまったことによる










とてもよくある失敗例です。











まあ、誰しもが必ず一度はやるやつw















ネジの場合は太さがあるので、直接木材に










ネジを打つとこういう風にパリッと










木が割れちゃうんです。















これを未然に防ぐためには予めネジの太さ










よりやや小さい穴をドリルであけておいて










あげるとOK! ↓






d0351435_17404444.jpg











こんな感じ。これにネジを入れれば絶対に










パリッといくことはないです。















ただ、今回のウッドデッキの場合は










もう一工夫必要。 ↓






d0351435_17404476.jpg











さっきの穴が3mmだったんだけど










これにさらに8mmの穴を合わせて










こんな風に2段溝を作ってあげるんです。















ちなみに上に写っているのが8mmのドリルビット。















で、これにネジをいれるとどうなるか? ↓






d0351435_17404422.jpg











こんな感じで一段奥にネジの頭が










埋まってしまうわけです。















そしてこの後はこいつの出番 ↓






d0351435_17404472.jpg











バスコーク!















これはよくお風呂のタイルなんかの隙間を










埋めたりするのに使います。










いわゆる「目地剤」ってやつ。















これは塗って固まるとこんな感じに ↓






d0351435_17404491.jpg











触るとちょうどスーパーボールみたいな感覚










これをさっき作った溝に注入します ↓






d0351435_17404461.jpg











これで万事OK!















ウッドデッキの場合は再三言っている










「防錆対策」ってのがとても重要になってきます。















特に僕の場合は絶対に表にネジを










出したくないのでどうしても裏からネジを










打つことになります。















そうするとこれまたどうしてもネジの頭が










コンクリの床と接してしまうので










可能な限りこのような対策をして錆を










出さないようなひと工夫が必要なんです。















どうですか? こんな簡単に作れそうな










デッキ一つとっても結構考えなきゃいけない










ポイントってあるもんでしょ!















デザインはもちろん、使用条件や使用場所










などによっても、また考えるポイントは変わっていきます。















この「考える」ってのもDIYの楽しみの1つ。















みなさんもどうぞこういった割と簡単な










ものからDIYをはじめてみて下さい。















意外とはまっちゃうかもよw















いやー、今日は実に長かった。。










こんなに書いたの大学のレポート以来だよwww















あ、最後にもうちょっとだけ ↓






d0351435_17404429.jpg







これ 「電池でノーマット」ってやつ。















ウチはマンションなんだけど










なぜか蚊と子ハエが異常に多い・・・・。















で、試しに半信半疑で買ってみたこの商品










これハンパなく効く!















もう3年前から使ってるけど、これを










玄関の外に1機、ベランダの外に2機装備したところ










蚊もハエも全くいなくなった!















ただし夏の間、24時間稼働しっぱなし状態での話です。










お困りの方、ちょっと試してみる価値はありまっせ☆















今日は長々とお付き合い下さってどうもありがとう!










では、また第4段で元気にお会いしましょう (サラバ!









−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−







PS : たくさんのコメントを頂き、本当にありがとうございます!







このコメントがブログジャックのパワーの源になっています☆







仕事もありまして、なかなか返信できませんですいません。。







また時間見つけてコメントお返させて頂きますね。










あともうひとつ。 ブログランキングの方もすごく多くの







皆さんに応援してもらってるみたいで







こちらも もうとっても嬉しいです ☆






本当にありがとうございます!重ねて御礼申し上げます m(_ _)m






d0351435_17365254.jpg

 

 

 

 

 

 

d0351435_17365259.gif


d0351435_17365266.gif


d0351435_17365255.gif

 


by pinkpinkolife | 2010-08-21 22:10 | 匠のpink pinko life | twitter | facebook