ブログジャック ☆ 第3弾






みなさんこんにちは! pinko@旦那 です m(_ _)m










まずこれ見てください。昨日のアクセス状況 ↓





d0351435_17402813.jpg









昨日のアクセス数 2872 !







これまじでスーパー惜しかった!!












あと128人よ!  1 2 8 !!






なんという生殺しwww









pinkoだったら、わりとちょくちょく 3000いってんだよな・・・。





やっぱしヤツには勝てないのか・・・orz















でも昨日もまたとても多くの人に来てもらって





そしてまたいっぱいコメントもらって





またしても有頂天になっちゃったみたいwww















今日こそは pinko をギャフンと言わせるべく





そして pinko の不在中も、夫がアクセスを保つべく





アクセス数 3000人/日を目指して





今日も元気に怒濤の3日連続更新です(笑)















昨日は、愛妻 と 愛息子 のお見舞いに行ってきましたよ☆









そりゃね、我が子は可愛いんだって!





親バカと言われようがなんと言われようが、やっぱ可愛い





もんは可愛い。まじ可愛い ハアト





はやく皆さんにも写真をお届けしたいのですが、




さすがにこれはpinkoがしたいだろうなと思って、





こっそりアップしたりするのは自重してます。















なんせpinkoはブログジャックされてるなんて





思ってもみてないわけですしw















そんなわけで、もう少しだけ可愛いベイベの写真、





お待ち下さいm(_ _)m マジ可愛いから ハアト















では前置きが長くなりましたが今日のテーマはこちら





「 塗 装 」 です。















塗装ってDIYした家具にかかわらず、例えばフォトフレームとか





額縁 とか、お皿とか、まあいろいろなモノをリメイクする





ときにも使えますよね。





DIYは嫌だな~って人でもお手軽リメイクに使えるテク





なんで知ってて損はないでしょ。





しかも皆さん大好きな 「アンティーク風塗装法」 を





ご紹介します。















ではまずはこの画像を見てください ↓





d0351435_17402861.jpg






写真右側に移っている 「ショーケース」





今日はこれを題材にして、塗装のテクみたいなやつを





ご紹介します(^^)/















使う塗料の写真、忘れちゃっててないんですが、まあ





これはホームセンターで売ってる 「水性塗料」 なら





なんでもいいです。塗料のグレードにより値段が結構違いますが





値段なりの差は確実にあります
















安いのはムラがでたり何回も重ね塗りしないといけなかったりで





結果高くついちゃったりもしますので、この辺はお財布事情





に合わせてご検討下さい(笑)















塗るときには 「刷毛」 ってやつを使います。





これはまあただの「筆」ですが、水性塗料用とか





油性用、ステイン用なんてかんじで分かれて売ってます。





ただ、経験上 「万能用」 ってかいてあるやつさえ





持ってれば、どんな塗料でもOKです。















さて、さっきのショーケースの制作途中の画像が





ありましたのでちょっと見てぷりーず ↓





d0351435_17402851.jpg






これがショーケースの「上半分」制作途中画像。















大型家具は非常に重いので、大体このように 「上」 「下」





を分けて制作し、最後に自宅でくっつけて完成させます。










じゃないと車に入らないんですよ(汗)










もちろん、最後にくっつけるときは前回=第2弾の





「応用編」のテクを使ってくっつけるんですよ。















で、この画像のように、まずは一気にベース色を塗ってしまいます





この家具場合は「白」ですね。





これをムラなくきれいに塗りあげます。





塗り終わったら今回の目玉、「アンティーク風加工」です!















では、まずは「アンティーク加工後の写真」見てください ↓





d0351435_17402820.jpg






比較のために再度加工前の写真 ↓





d0351435_17402851.jpg







なんか削れたような感じの「サビ」入ってるの分かりますか?





ちょっと 「サビ」の拡大部分もどうぞ ↓





d0351435_17402817.jpg

















これ、ほとんどの人はヤスリで削ってこんな風合いを





出してると思いますが、僕の場合はこれも





「塗装」 で一気にいきます。















やり方は至って簡単!!





「こげ茶色」 みたいな塗料を筆でカスカス塗り





するだけですw  この「カスカス塗り」がなんと言えば





うまく伝わるのか分かりませんが、少量の塗料で





カスカス と塗っていくんです。










って全然わかんねーよw










こればっかりは経験がものをいう世界なんで





テクはご自身で頑張って身につけて下さい。















削るのもいい風合いが出るんですが、下塗りや





削り作業が必要(=作業が増える)なのと、





なんせめんどくさいのでやりませんw















でも、この「塗りアンティーク」の仕上がり具合は抜群で





本物よりも本物らしく(?)綺麗に仕上がります☆















どうです? 「塗って簡単アンティーク」





やってみて損はないですよ♪










最後にこのショーケースのアクリルについてひとこと。





アクリルを切るときは専用の 「アクリルカッター」





ってやつを使います。 ↓





d0351435_17402805.jpg







上に写っているのはアクリル専用接着剤。





この2つがあればアクリルは怖くないです。















そしてせっかくなんでもう1つ。





第1弾でご紹介した 「トリマー」 の使用例もどうぞ ↓





d0351435_17402850.jpg








トリマー使うとこんな感じのデコレーションができます。










さてさて今回の塗装編、いかがでしたでしょうか?















塗りで簡単アンティーク!





これなら女性でも誰でも手軽にできますよね♪





練習がてら、一度何か小箱でも塗ってみて下さい。





驚くほど簡単にアンティークモノに変身しますよ☆















ではでは、あとは皆さんの鬼アクセスを期待しまして





本日は終了させていただきますm(_ _)m










あ れ ば 第4弾でお会いしましょう (←もうすぐ帰ってくる・・)




d0351435_17365254.jpg


 


 


 


 


 


 


d0351435_17365259.gif


d0351435_17365266.gif


d0351435_17365255.gif



by pinkpinkolife | 2010-06-24 17:27 | 匠のpink pinko life | twitter | facebook